犬にハエを寄せ付けない方法

共同執筆者 Pippa Elliott, MRCVS

家庭でハエが大量発生すると、ペットの犬が人間以上に苦しむことになります。犬にとって鬱陶しいだけでなく、肌を噛まれて炎症や感染症を起こす可能性もあります。掃除の習慣を変えたり、ハエ除を用いるといった比較的簡単な方法でハエを追い払い、噛まれないよう予防することがでできます。グルーミングを頻繁に行い、定期的に家の中を掃除し、防ハエ剤を用いましょう。

方法 1 の 3:
犬のグルーミングとトイレのしつけをする

  1. 1
    定期的にグルーミングをする ハエは汚れや悪臭に引き寄せられます。そこで、1か月に1~2回は飼い犬を入浴させ、ブラシで毛を整えると、ハエを寄せ付けにくくなります。飼い犬にハエが集まっている場合は(夏場は特に)、このブラシがけと入浴を通常の毎月のグルーミングに付け加えましょう。[1]
    • 肛門や性器の周りが汚れたままの状態で放置されることがないよう、洗浄とトリミングを行いましょう。
  2. 2
    トイレのしつけをする ハエは糞便に卵を産みます。犬の衛生状態が悪いと、ハエに噛まれやすくなります。そこで、庭の特定の場所でのみ排泄をするよう犬をしつけ、後始末が簡単に行えるようにしましょう。毎日のトイレ習慣を確立して、適切な場所で排泄をすることができた時はご褒美をあげましょう。[2]
  3. 3
    犬の寝具を毎週最低1回は洗う 犬の寝具を洗濯することで臭いや汚れの蓄積を防ぎ、隠れているハエの卵も取り除くことができます。こうした寝具はペットにも安全な洗剤と温水を用いて手洗い、あるいは洗濯機洗いをしましょう。毎週1回は必ず洗濯するようにして、汚れ、臭い、そして卵を寄せ付けないようにしましょう。[3]
  4. 4
    犬の寝具に重曹を振りかけてしつこい臭いを除去する 洗濯をしても寝具が臭う場合は重曹を使ってみましょう。少量を振りかけて15分程置き、掃除機で吸い取ります。必要に応じて、あるいは洗濯をする度に、この手順を繰り返して悪臭を防ぎましょう。[4]
    広告

方法 2 の 3:
ハエの大量発生を防ぐ

  1. 1
    ケージの周りにあるドッグフードや骨はすぐに片づける ドッグフードや骨は片づけましょう。置いたままにしておくとハエが寄ってきます。飼い犬の食事の時間を決めて、居住空間にハエが大量発生しないよう注意しましょう。[5]
  2. 2
    毎週数回カーペットに掃除機をかける 犬がハエにたかられている様子が見受けられたら、すでに大量発生しているのかもしれません。定期的にカーペットに掃除機をかけると、肉眼では見ることの出来なかったハエの卵も吸い取ることができます。家の中の掃除機がけをしたら、卵が再び入り込まないよう掃除機のダストボックスは屋外で空にしましょう。
  3. 3
    部屋や庭にゴミを残さない ハエは汚い環境を好むので、犬がハエに噛まれないようにするためには居住空間を清潔に保つことが不可欠です。ゴミ、犬の排泄物、古くなった食べ物などはすぐに捨てて、ハエ好みの悪臭の発生を防ぎましょう。[6]
  4. 4
    日中の気温が高まる時間帯は犬を家の中に入れる ハエは夏季、特に日中の時間帯に最も活発になります。気温が高くなるほど、犬にハエが寄ってくる可能性が高まります。午前中後半から午後にかけての時間は、犬を家の中に入れましょう。[7]
    広告

方法 3 の 3:
ハエ除けを用いる

  1. 1
    ワセリンを犬の耳に塗る 犬の耳がハエに噛まれることが多い場合はワセリンを薄く塗りましょう。少量のワセリンを手に取り、耳の両側に塗っていきます。こうすることで、ハエは耳に着地できなくなり、噛まれた傷も治癒するでしょう。[8]
    • 噛まれたことでできる生傷はハエをさらに引き寄せます。従って、ワセリンを塗って覆うことが炎症の予防にもつながります。
  2. 2
    酢、ミネラルオイル、エッセンシャルオイルでハエ除けを手作りする 薬品を用いたハエ除けの使用を避けたいという人は、240ミリリットルのアップルサイダービネガー、同じく240ミリリットルのミネラルオイル、さらに2.5ミリリットルのエッセンシャルオイルを混ぜ合わせたものを使いましょう。エッセンシャルオイルは、シトロネラ、レモングラス、ビターオレンジ、ユーカリ、クローブから選びましょう。さらに470ミリリットルの食器用洗剤も加えましょう。最後に、この液体と水を1:5の割合で混ぜ合わせます。犬の身体の特にハエがとまりやすい部位に噴きかけましょう。[9]
    • この方法の安全性や効果は実証されていません。
  3. 3
    ハエ取りあるいはハエを捕獲するための植物を設置する 吊るすことのできるハエ取りであれば、犬が届かない場所に設置してハエの駆除を行うことができます。こうしたハエ取りを使用することに何らかの理由で抵抗がある場合は、ハエジゴクといったハエを捕獲する性質のある植物を取り入れることで、ハエを徐々に減らしていきましょう。[10]
    • ハエジゴクは屋外でも窓際ででも栽培することができます。定期的な手入れが必要です。
  4. 4
    シトロネラキャンドルを焚く シトロネラの香りは犬に無害である一方で、ハエ除けとして効果的です。ハエを殺したくないという場合は、シトロネラのキャンドルを購入し、ハエが気になる部屋に置いて焚きましょう。[11]
    • シトロネラを主成分としたエッセンシャルオイルやクリーニングスプレー等を使うことも可能ですが、ハエは煙を最も苦手とするのでキャンドルが効果的でしょう。
    • キャンドルを灯したままの状態で部屋離れたり、ペットの手が届く場所で使用しないようにしましょう。
  5. 5
    ペットに害のない市販のハエ除け剤を使用する ハエ除け剤にはペットに有害の製品も含まれるので、使用方法を注意深く読んだうえで購入しましょう。犬向けの製品以外は使用しないようにしましょう。ハエ除け剤を毎日、犬や犬用品に噴きかけましょう。または使用方法に従いましょう。
    • 防虫菊を用いて製造されているハエ除け剤はペット害はなく、犬にも安心して使用することができます。[12]
    • ペットにも安全な防ハエ剤はオンラインショップやペットショップなどで購入可能です。
  6. 6
    軟膏の処方や犬に安全な製品について獣医に相談する 飼い犬に頻繁にハエがたかる場合は、獣医で抗生物質クリームを処方してもらいましょう。また、現在ハエ除け剤を使用していることとその種類を伝え、犬に対して安全に使用することのできる効果的なものがないか相談してみましょう。[13]
  7. 7
    犬に有害なハエ除け剤は使用しない 人間には害のないハエ除け剤でも、犬には致死的ですらあることもあります。「犬用」ということが明確に分からない製品や、獣医から使用しないよう指示されている製品は決して用いないようにしましょう。
    広告

ポイント

  • 耳が長い犬ほど肌の表面に血管が近いためハエに噛まれやすいという特徴があります。飼い犬がこうした犬種の場合は特に気をつけ、ハエから守りましょう。[14]

広告

注意事項

  • 市販のハエ除けを用いる時は使用方法や警告を注意深く読み、安全に使用しましょう。
広告

このwikiHow記事について

この記事はPippa Elliott, MRCVSが共著しています。 獣医であり、Royal College of Veterinary Surgeons(王立獣医師会)のメンバーでもあるエリオット医師は、30年以上にわたり、かかりつけ獣医、そして獣医外科医として獣医療の実践に努めてきました。1987年にグラスゴー大学にて獣医科学と獣医外科学の学位を取得してます。エリオット医師は生まれ故郷の町にある動物診療所に20年以上勤務しています。
カテゴリ:
このページは 117 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告