犬に好かれる方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

犬は忠誠心が強く、とても賢い動物です。人間と犬は継続的な友好関係を築くことができます。適切な環境やルールを設けることで、犬から敬意と、何よりも大切な愛情を受けることができるでしょう。

パート 1 の 3:
家庭に適応させる

  1. 1
    リーダーになる 犬が飼い主に敬意を示し、また飼い主が犬にとって幸せで安心できる環境を提供するには、飼い主がリーダーになりましょう。飼い主がリーダーになると、犬は家庭内での上下関係を理解します。子供がいる場合は、犬の順位は子供以下である必要があります。飼い主または主に犬の世話をする人がリーダーになると、犬はリーダーに敬意を示します。適切な上下関係を構築すると、飼い主と犬、両者にとって幸せで安全な家庭を築くことができます。
    • 犬は本来、群れで行動する習性があり、尊敬できる対象に面倒を見てもらっている状況に安心します。つまり、犬の世話をして安心感を与えることで、服従させ決定権を持つことができます。[1]
  2. 2
    一貫性を持つ 犬が不満を感じる最大の要因として、飼い主の指示に一貫性がないことが挙げられます。犬は、混乱やストレスを避けるために物事を予測することを好む動物なので、一定の習慣とルールが必要です。[2] 飼い主が毅然とした態度で白黒はっきりさせると、犬は安心して愛されていると感じます。例えば、犬がルールを守ったら必ず褒めると、犬に自信がつき飼い主からの愛情を感じて、より飼い主を喜ばせようとします。[3]一貫性を持ち明確な態度で接すると、犬から尊敬され愛されます。
    • 犬は人間が犬に期待することを理解できません。飼い主が食事をしているときに人間の食べ物を食べさせたくない、または家具に乗らせたくないのであれば、絶対にさせてはいけません。犬は「例外」の概念を理解できません。
    • 例えば、ある日はベッドに犬を上がらせたのに、次の日に泥まみれになった犬がベッドに飛び乗ったら怒る、などが一貫性のない行為です。犬はこの違いを理解できません。[4]
    • 「座れ」「待て」など、コマンド(命令)は短くシンプルにし、同じコマンドを使い続けましょう。「待て」を使っていたのに、別の日に「じっとして」など異なるコマンドを使ってはいけません。「伏せ」と言いながら伏せを覚えさせたのであれば、ソファーから犬を下ろすしつけをするときに「伏せ」を使ってはいけません。犬は伏せればいいのかと思ってしまいます。代わりに「下りろ」などのコマンドを使いましょう。
  3. 3
    社会化させる 犬は社交的な動物です。飼い主以外の人間や他の犬と交流させましょう。犬は飼い主と出かけることが好きなので、出先で人や動物と触れ合わせると、愛されていると感じます。[5]また、犬は人や動物に慣れると、社交的な振舞い方を学びます。
    • 本来、犬は群れをなして行動する動物なので、群れに属していると安心します。犬をドライブや公園に連れて行ったり、一緒に旅行も楽しみましょう。犬を退屈させないだけではなく、犬への愛情表現にもなります。[6]
    広告

パート 2 の 3:
しつける

  1. 1
    犬の言語で表現する 犬は人間とは違い、ボディーランゲージでコミュニケーションをとるので、簡単なコマンド以外の言葉は理解できません。飼い主は犬のボディーランゲージを理解し、犬の気持ちを読み取りましょう。さらに大切なのは、飼い主のボディーランゲージです。特に犬をしつける際のボディーランゲージには注意しましょう。犬は飼い主の言葉よりもボディーランゲージを読み取って理解します。[7]
  2. 2
    良い行いを教える 犬に良い行いを教えることは、絆を深める手段の一つです。この良い行いには、「座れ」や「伏せ」などの行動も含みます。
    • また、悪い行いをしないようにしつける必要もあります。例えば、人間や他の犬を噛まない、脱走しない、攻撃的にならないなどです。[8]
  3. 3
    落ち着いた声で話しかける 犬に話しかけましょう。必ずやさしく落ち着いた声で話しかけるようにします。怒鳴ったり、怒ったりしてはいけません。飼い主の声の調子から愛情を感じさせましょう。[9]
    • 犬は飼い主の言葉と同じくらい、ボディーランゲージに注意を払っていることを念頭におきましょう。犬と一緒にいるときは、自分自身の体の動きを常に意識しておきましょう。[10]
  4. 4
    しつけを強化する 犬をしつける際は、罰を与えるのではなく、肯定的にしつけを強化すると犬が学習しやすくなります。良い行いをしたときは必ず褒めたり、撫でたり、おやつをあげたりしましょう。こうすると、犬は良い行いを自ら選んで行動するようになります。何をすれば良いかを把握していると、犬は安心感と幸福感を得ます。犬が良い行いをしたら、必ずすぐに反応するようにしましょう。しかし、褒めすぎは禁物です。 [11]
    • 犬にご褒美としておやつをあげることは、良い行いとおやつが結び付くので、犬に良い行いをするように促すことができます。ご褒美はおやつだけではなく、おもちゃ、声がけ、ゲーム、アクティビティーなど、数種類を取り入れましょう。嬉しそうな声で肯定的な言葉をかけて褒めて、背中をかいてあげましょう。
  5. 5
    罰を与えるのではなく、教える 犬が何か悪いことをしたり、コマンドに対して間違えた行動をした場合でも、罰してはいけません。どうして罰を受けているのか、犬は理解できないことがあるからです。代わりにどうすれば良かったかを教えましょう。教えて行動を正すのであって、決して声を上げたり叩いてはいけません。[12]飼い主の手は、犬を叩くためにあるのではないことを頭に入れておきましょう。首輪やリードを引っ張り、正しい行いを教えましょう。威厳のある口調で教えて、犬が指示通りに行動した場合は、褒めてご褒美をあげましょう。[13]
    • 公正な態度で、なお且つ厳しく接します。愛情を持って教え、怒らず、犬が従ってくれることを信じましょう。
    • 例えば、犬が吠えたのに対し「だめ」と言ったら、犬が吠えるのをやめたとします。この場合は、吠えたことに対し罰するのではなく、吠えるのをやめたことを褒めてあげましょう。
    広告

パート 3 の 3:
世話をする

  1. 1
    適切なタイミングで愛情を注ぐ 愛情表現は適切なタイミングで行うことが必要です。犬が良い行いをした場合、愛情表現をして肯定的にしつけを強化しましょう。悪いことをしたときに愛情表現をすると、その行動をしても良いと犬に教えることになります。
    • 愛情表現をする適切なタイミングは、運動・食事の後、コマンドに従ったとき、行動に改善が見られたとき、または落ち着いているときなどです。犬が怒っているとき、イライラしているとき、クンクン鳴いているとき、飼い主にお願いをしているとき、またはルールを守らないときは愛情表現をしてはいけません。[14]
  2. 2
    撫でる 犬を撫でるのは、犬とを絆を深める行為ですが、正しく行う必要があります。多くの犬は、頭を撫でられたり触られたりするのを好みません。この行為は支配の意味を持つからです。代わりに、耳の後ろを掻いてやるか、背中や尻尾の付け根辺りを撫でましょう。[15]または、顎の下やお腹を掻いてやっても良いでしょう。[16]
    • 犬を抱きしめるときは注意が必要です。支配されていると感じ怖がる犬が多い一方、抱きしめられるのが好きな犬もいます。犬の反応を見て、抱きしめても大丈夫かを判断しましょう。
  3. 3
    おやつを与える 犬に好かれるひとつの手段として、おやつを与えることが挙げられます。しかし、必ず良い行いをしたときにのみご褒美として与えるようにしましょう。おやつをあげる前に、「座れ」「待て」などのコマンドを出して従わせましょう。おやつは必ず肯定的にしつけを強化するものとして与えましょう。
  4. 4
    運動させる 運動が十分でない犬は、元気がなくふさぎこむ傾向があるので、散歩は毎日行いましょう。[17] 散歩中はリードを弛く持つと、飼い主の落ち着いていてリラックスしている状態が犬に伝わります。また、匂いを嗅がせたり探検させることも重要です。ゆっくりと長い散歩をさせることで、犬にとって必要で喜びでもある精神的・感覚的な刺激につながります。[18]
    • 犬は健康維持の為に、毎日の運動が必要です。しかし、運動といっても犬にとっては楽しいアクティビティーでもあるのです。散歩に連れ出す、一緒にゲームをする、運動をさせるなど、犬にとって楽しいことをさせると犬は愛されていると感じます。また、精神的な刺激や健康の維持にもつながり、犬は飼い主からの愛情を感じ取り幸福感を得ます。[19]
  5. 5
    時間を共にする 犬と一緒にアクティビティーをすることは、とても大切です。毎日の運動、しつけ教室、グルーミング(毛などの手入れ)または遊ぶことで、時間を共にすごしましょう。[20]
    • 犬との遊びには、走る、追いかける、持ってこいをさせるなどが含まれます。
    • 犬に毛布をかけたり、尻尾を引っ張ったりしてからかってはいけません。[21]
  6. 6
    側にいる 犬と時間を共にする方法は、犬を抱きしめるだけではありません。犬は飼い主の隣や足元で寝ることや、寄り添うのが好きです。犬が常に愛されていると感じられるように、上手に時間をとって犬との時間を楽しみましょう。[22]
  7. 7
    はけ口を与える 人間と同様、犬もストレスを感じたり、退屈したり、または欲求不満になったりするので、はけ口が必要です。犬に留守番をさせるときは、何かすることを与えましょう。安全な噛むおもちゃを用意し、中におやつやチーズのかけらを入れておくと良いでしょう。[23]
    • 掘るのが好きな犬の場合は、庭の一角を木のフレームで囲い、柔らかい土を入れて「掘ってもいい場所」を与えましょう。庭への被害が抑えられます。
  8. 8
    食事を与える 犬に食事を与えることは毎日の必要な作業ですが、絆作りの一環にすることができます。健康的で美味しい食事を与えると、犬に関心と愛情を示すことができます。時間と興味があれば、犬の食事を手作りしてみても良いでしょう。[24]
  9. 9
    グルーミングをする 犬と絆を深める方法のひとつとして、グルーミングがあります。犬の体を洗いブラッシングをして、常に清潔にしましょう。グルーミングをすると犬と時間をすごしながら犬の体に触れるので、その行為が愛情として犬に伝わります。[25]
  10. 10
    お腹を掻く 犬は触れられるのが好きな動物で、犬にとってはコミュニケーションのひとつです。お腹を掻いてやると、犬は愛されていると感じます。時間に余裕があるときは、マッサージをしてあげましょう。首から背中、わき腹にかけて毛や皮膚を円を描くようにして撫でましょう。きっと気に入るはずです。[26]
  11. 11
    目線を同じ高さに合わせる 座るなどして目線を犬と同じ高さにして遊び、愛情を示しましょう。犬は信頼されていると感じ、また飼い主を信頼することにもつながります。常に立って上から犬を見下ろしている状態だと、犬は支配されていると感じストレスになります。[27]
    • 飼い主は常に優位性を示し続ける必要があるので、目線の高さを合わせることは良くないと唱える訓練師もいます。目線の高さを合わせて遊ぶか、それともリーダーであり続けるのが良いのかは飼い主が判断しましょう。
    広告

ポイント

  • 飼い始めの犬は、飼い主に慣れるのに少々時間がかかるでしょう。もし隠れても放っておきましょう。いつか距離を縮められるはずです。
  • 年をとった犬でもコマンドを覚えることはできますが、時間がかかることもあるので気長に構えましょう。
  • 飼い主に慣れていない犬には、触れないようにしましょう。徐々に慣れ始め、触れるようになります。
  • 公園や犬が入れる場所に行く際は、犬と一緒に行くようにすると犬との絆が深まります。
  • 犬に好かれるには時間がかかります。まずは甘くやさしい声で話しかけ、犬に認識されることから始めましょう。飼い主が近くにいると安全だと感じることができるでしょう。
  • 犬と一緒に寝るのは良くないと考える人が多くいますが、実は犬との絆を構築するための適切な手段であるとして推奨されています。
  • 散歩中は、犬は飼い主の後ろか横を歩かせましょう。飼い主はリーダーであると犬に認識させ、服従させることができます。
  • 犬を人間のように扱いましょう。犬は素晴らしい動物です。決して残酷な扱いをしてはいけません。犬に好かれているかは関係なく、ただただ愛情を注いで世話をして犬を幸せにしましょう。

広告

注意事項

  • 保健所などに収容されていた犬は、飼い主を信用したり新しいことを覚えたりするのが難しいかもしれません。前の飼い主によって傷つけられている可能性もあるので、忍耐強く接しましょう。時間をかけて忍耐強く愛情を注ぐことで、信頼感を与えましょう。
  • 前の飼い主によって傷つけられていた犬は、叱ると動揺するでしょう。焦らずに時間をかけてやさしく接しましょう。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ:
このページは 1,607 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告