ノミは一般的な寄生虫で、犬に痒みや不快感を与えます。ノミが寄生すると、うっとうしく駆除するのが困難なだけでなく、そのまま放置していると犬にとって危険な状況になることがあります。大半の場合、犬の行動を観察したり、グルーミングをしている時に目視で探したり、ノミやノミの糞が落ちていないか飼育環境を確認することで、ノミが寄生しているかどうかわかります。

パート 1 の 3:
犬にノミが寄生していないか確認する

  1. 1
    犬が過剰に掻きむしったり噛んだりしていないか観察する ノミに刺されると痒みが増すので、犬が体を普段より掻きむしったり噛んだりしているのを見て、ノミが増殖していることに初めて気づくということがよくあります。[1]
    • その他に頭を左右に振る、毛が抜ける、かさぶたができる、急性湿疹ができるなどの兆候が見られる場合があります。[2]
  2. 2
    犬の皮膚に小さくて赤く腫れがっている箇所がないか調べる ノミ に刺された箇所は通常、他の虫刺されより小さく、見つけるのが難しいため気をつけて探す必要があります。[3]
    • 犬の中にはノミの唾液に強く反応し、赤い部分がより広範囲に広がり、炎症が深刻化する犬もいます。[4]
    • 飼い主が、自分の皮膚に赤い斑点があることに気付いた場合は、飼い主もノミに刺されている可能性があります。
  3. 3
    大人のノミがついていないか犬の被毛をチェックする 犬の皮膚が見えるように指で被毛をかき分けて、大人のノミを探します。ノミは尻尾の付け根や腹部、耳の後ろに寄生する傾向にありますが、体のどの部位にも寄生している可能性があります。[5]
    • 大人のノミは鉛筆の芯ぐらいの大きさです。小さく平べったい虫で、赤褐色から黒っぽい色まで様々です。
    • ノミは発見されないように、被毛をかき分けている指の隙間から逃げ回ることがあることを念頭に置いておきましょう。
    • 犬がよく過ごす場所にノミが潜んでいることが多く、軽度の寄生の場合は被毛についているノミを見つけるのは困難かもしれません。
  4. 4
    犬を白いタオルの上に立たせブラッシングする ノミがついている場合、犬をブラッシングすると、ノミが興奮して落ちてくることがあります。犬の毛からノミが飛び出してきたら、白いタオルの上に落ちているのが簡単に確認できるはずです。[6]
  5. 5
    ノミ取り用の櫛と石鹸水を使って、犬の被毛についているノミの糞をチェックする ノミ取り用の櫛を被毛にあて、犬の皮膚にあたるまで軽く圧力をかけます。毛の根元から毛先まで、櫛を皮膚にしっかりあてて、丁寧にブラッシングします。[7]
    • 櫛を通す度にノミやノミの糞が櫛についていないか確認し、ぬるい石鹸水に櫛をつけて消毒します。
    • ノミの糞は小さな黒い粒のようなものですが、実際には乾燥した血を含んでいます。石鹸水の入っているボウルにノミ取り用の櫛を浸けると、粒が徐々に赤く変わっていくはずです。
    • 水に漬けた後に粒の色が変わらず黒いままであれば、おそらくホコリでしょう。
    • 粒を湿らせたカット綿の上に置いて、色に変化が見られるか観察してみてもよいでしょう。粒の周りが赤茶になる場合は、ノミの糞の証です。
  6. 6
    犬の歯茎が白っぽくないか口の中をチェックする 歯茎が白っぽくなっている場合は貧血を起こしている可能性があり、ノミの寄生による失血の兆候かもしれません。[8]
    • 貧血を起こしている場合は、低体温や倦怠感などの他の症状が見られることもあります。[9]
    • ノミが原因の貧血は、特に幼い子犬や小型犬にとって危険です。
    広告

パート 2 の 3:
飼育環境をチェックする

  1. 1
    犬のベッドや食事エリアにノミの糞が落ちていないか確認する 犬のベッドに小さい黒い粒を見つけたら、軽く濡らした白いタオルまたはペーパータオルで拭き取ります。数分経って赤くなり始める場合は、ノミの糞です。[10]
    • ベッド、食事エリアなど犬がよく過ごす場所を調べましょう。
    • 犬の飼育環境で成虫のノミが見つかる場合もあります。
  2. 2
    白い靴下を履いて犬のベッドの周辺を歩く ノミやノミの糞が落ちている場合は、靴下につくので見えやすくなります。[11]
  3. 3
    器に入れた水と常夜灯を使って灯火採集をする 犬のベッドの近くの床に、石鹸水の入った小さい器を置き常夜灯をつけます。その辺りにノミがいる場合は、常夜灯の光によってきたノミが石鹸水に跳び込み溺れます。[12]
    • 犬が誤って石鹸水を飲んでしまわないように、一晩、犬小屋に入れるか別の場所に寝かせましょう。
    広告

パート 3 の 3:
ノミの対処

  1. 1
    犬にノミが寄生している場合は、獣医師に連絡する 動物病院で相談すると、飼い主の家庭に適切な治療計画を提案してもらえるでしょう。室内飼いの猫、外飼いの猫も含めて、飼っている動物全てを治療する必要があります。[13]
    • ノミの一般的な退治方法として、月に1回犬の首の後ろに薬を垂らす駆除薬だけでなく、シャンプーやスプレー、パウダータイプなどの駆除薬が挙げられます。
    • 製品の組み合わせによっては犬に害になる場合があるので、自分の犬と飼育環境にあった治療計画を立てることが重要です。
  2. 2
    ノミの駆除に市販の薬や天然素材を試す 市販のノミ駆除スプレーやパウダーは犬に寄生したノミや犬のベッド、家中のノミを退治するのに効果があるでしょう。また、犬のブラシをレモンジュースにつけてから犬にブラッシングをすると、ノミがつきにくくなります。
  3. 3
    家を隅から隅まで掃除する 家中のカーペット、敷物、ベッド、布製の家具類に掃除機をかけ、ノミやノミの卵を取り除きましょう。[14]
  4. 4
    ノミの大量発生を解決するためにノミ駆除薬をスプレーまたは噴霧する 駆除薬は非常に危険な化学薬品なので、他の方法でどうしてもノミの駆除ができない場合に限り使用します。[16]
    • ノミ駆除剤の中には、エアロゾル・スプレータイプのものもありますが、くん煙(煙・霧)剤を設置した後、自動で蒸散し始めるものもあります。このタイプの駆除剤を使用すると、その場所から離れる時間があるので、化学薬品にさらされないですみます。
    • こうした化学薬品を使用する間は、マスクをして自分を守らなければなりません。もしくは、専門の害虫駆除業者に家に来てもらうように手配しましょう。
    • 駆除作業が行われている間は、一時的に避難する必要があるので、犬や他のペットをどうするのか計画しておかなければなりません。通常3~6時間ほど避難してればよいことになっていますが、駆除剤のラベルをしっかり読まなければなりません。
  5. 5
    庭の芝は短い状態を維持できるように、週に一度刈る 芝刈りは、犬が外にいる時にノミに跳びつかれることに対する予防対策になります。
    • ノミは暗い場所を好みます。芝刈りをするとノミは日にさらされるため、庭での増殖が抑えられます。
    広告

ポイント

  • 少なくとも週に1~2回は家の掃除機かけをして、ノミが愛犬に寄生するリスクを下げましょう。掃除機をかけると、カーペットや敷物、家具からノミ、繭、卵、幼虫を取り除くことができます。
広告

注意事項

  • ノミの駆除剤用スプレーやくん煙材(煙・霧)を使用する間はマスクをして自分を守らなければなりません。もしくは、専門の害虫駆除業者に家に来てもらうように手配しましょう。
  • 猫用のノミ駆除薬を絶対、犬に使用してはいけません。
広告

必要なもの

  • ブラシ
  • 白いタオル
  • ノミ取り用の櫛
  • ボウルに入った石鹸水
  • 常夜灯
  • ノミ刺されの薬

関連記事

ソファに付いたペットのおしっこ臭を取るソファに付いたペットのおしっこ臭を取る
犬の無駄吠えを止めさせる犬の無駄吠えを止めさせる
体温計を使わずに犬の体温を測る体温計を使わずに犬の体温を測る
犬の軟便を治す犬の軟便を治す
犬の下痢を治す犬の下痢を治す
犬に吐かせる犬に吐かせる
犬のうつ病を見分ける犬のうつ病を見分ける
犬が土を食べるのを止めさせる犬が土を食べるのを止めさせる
犬のイボを除去する犬のイボを除去する
他人に吠える犬のしつけ他人に吠える犬のしつけ
犬用に鶏肉を茹でる犬用に鶏肉を茹でる
下痢の犬用に食事を手作りする
犬の脱水症状を見分ける犬の脱水症状を見分ける
犬の捻挫に対処する犬の捻挫に対処する
広告

このwikiHow記事について

Pippa Elliott, MRCVS
共著者 ::
獣医、Royal College of Veterinary Surgeons(王立獣医師会)
この記事の共著者 : Pippa Elliott, MRCVS. Royal College of Veterinary Surgeons(王立獣医師会)のメンバーでもあるピッパ・エリオット獣医師は、30年以上にわたり、かかりつけ獣医師、そして獣医外科医として獣医療の実践に努めてきました。1987年にグラスゴー大学にて獣医科学と獣医外科学の学位を取得し、生まれ故郷の町にある動物診療所に20年以上勤務しています。
カテゴリ:
このページは 95 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告