犬の歯を磨く方法

共同執筆者 Pippa Elliott, MRCVS

この記事には:歯磨きの準備をする歯を磨く歯磨きを嫌がる犬の歯をきれいにする32 出典

愛犬の手入れの中で重要なもののひとつが、歯磨きです。定期的に歯を磨く理由のひとつとして口臭予防が挙げられますが、清潔な歯は愛犬に健康や幸福をもたらし長寿にもつながります。歯垢や歯石は口臭だけではなく歯の欠損の原因になります。歯科衛生が深刻な状態になると、痛みを伴うだけではなく命に危険を及ぼす感染症につながり、腎臓、心臓、肝臓に損傷を与える場合もあります。定期的に愛犬の歯を磨いて、愛犬と飼い主両者の生活の質の向上に役立てましょう。

パート 1
歯磨きの準備をする

  1. 1
    犬用の歯ブラシを使う 犬専用に作られた多種多様の歯ブラシがあり、ペットショップで購入できます。[1]
    • 犬用歯ブラシの毛は柔らかく、磨きにくい場所にもブラシが届くように作られています。[2]
    • 愛犬の大きさに合わせて歯ブラシを選びましょう。大きい犬種には大きめの歯ブラシを使います。小さい犬種には口の大きさに合わせた小さめの歯ブラシが必要です。
    • 飼い主の指先にはめて磨く、指サックタイプの歯ブラシもあります。細かいところまで磨くことができますが、愛犬が間違えて飼い主の指を噛んでしまう可能性があります。
    • 成人用歯ブラシを愛犬の歯磨きに使用してはいけません。必要であれば、子供用の柔らかい歯ブラシを使いましょう。
    • 愛犬が歯ブラシを嫌がった場合は、専用に作られたパッドやスポンジなどを使っても良いでしょう。[3]
  2. 2
    犬用の歯磨き粉を選ぶ 犬用の歯ブラシがあるように、犬用の歯磨き粉も多数存在します。人間用の歯磨き粉は絶対に使ってはいけません。[4]
    • 人間用の歯磨き粉には、フッ素の他に犬にとって有毒な成分が含まれていることがあります。人間は歯を磨いても歯磨き粉を飲み込みませんが、犬は飲みこんでしまいます。人間用の歯磨き粉が犬の体内に入ると、嘔吐を引き起こし、腎臓に損傷を与える危険性があるので注意しましょう。[5]
    • 犬用の歯磨き粉には様々な味がついています。愛犬のお気に入りの味が見つかれば、歯磨きがしやすくなり、愛犬にとっても歯磨きが楽しい時間になるでしょう。
    • 愛犬のお気に入りの味を見つけるまで、様々な味の歯磨き粉を試してみましょう。[6]
  3. 3
    子犬の頃から歯磨きを開始する 子犬の頃から歯磨きを始めるのが理想的です。[7] 生後8週から開始できます。
    • 愛犬が幼い頃から歯磨きをさせて、歯ブラシの感触や動きに慣れさせましょう。[8]
    • 生後6~7ヶ月ですべて永久歯に生え変わるので、子犬の頃から歯磨きを始めたからといって、愛犬の歯の健康に大きく影響するわけではありません。
  4. 4
    歯磨きのタイミングを選ぶ 歯磨きのタイミングは、歯磨きの成功率を大きく左右するでしょう。愛犬が落ち着いてリラックスしている時が良いでしょう。[9]
    • 疲れて抵抗する力がなくなるので、運動したり遊んだ後に歯を磨きましょう。

パート 2
歯を磨く

  1. 1
    飼い主の手が口の中にある状況に慣れさせる 歯磨きの第一歩として、愛犬に飼い主の手が口の中や口元にある状況に時間をかけて慣れさせることが大切です。頻繁に愛犬の口やマズル(鼻口部)を指で触ることから始めましょう。[10]
    • 犬が口やマズルを触られることに慣れるには時間がかかるでしょう。
  2. 2
    飼い主の指から歯磨き粉を舐めさせる 次に飼い主の指に少量の犬用歯磨き粉を乗せ、愛犬に舐めさせ、歯磨き粉の好みを見ます。また、こうすると愛犬が歯磨き粉の味に慣れ、実際に歯磨き粉が歯ブラシの上に乗っていても受け入れやすくなります。[11]
    • 愛犬が歯磨き粉を舐めたら、唇を持ち上げて歯と歯茎を指で磨きましょう。歯ブラシと同じ動きをすることで、実際に歯ブラシを使うときに受け入れやすくなります。[12]
  3. 3
    歯ブラシを見せる 歯ブラシを犬に見せて、口に入れる前によく観察させましょう。
    • 歯ブラシに歯磨き粉を乗せて舐めさせても良いでしょう。舐めたら褒めてあげましょう。愛犬が口元に歯ブラシがある状況に慣れやすくなります。[13]
  4. 4
    歯を磨く 歯ブラシが届きやすい歯を数本やさしく磨いてみましょう。一番長くて磨きやすい、犬歯が良いでしょう。このとき、歯磨き粉はつけてもつけなくても構いません。[14]
    • 上唇をやさしく持ち上げてから歯ブラシを歯にあて、ゆっくりと前後に動かします。
    • こうすることで、愛犬に歯と歯茎にあたるブラシの感触に慣れさせることができます。また、愛犬がどのように反応するかを見ることもできるでしょう。
    • 中には歯磨きをすぐに受け入れる犬もいますが、嫌がったり攻撃的になった場合は、慎重に事を進めましょう。家族や友人が愛犬を撫でて落ち着かせている間に行うのが理想です。
    • 落ち着いた声でなだめるように話しかけると、落ち着くでしょう。それでも嫌がったり攻撃的になった場合は、一度歯磨きを中断し、時間を置くか別の日に再度試しましょう。継続して改善が見られないようであれば、獣医やドッグトレーナーに相談しましょう。
    • 歯を数本磨いたら、愛犬におやつをあげて褒めてから歯磨きを終了しましょう。[15]
  5. 5
    表側の歯を磨く 愛犬が歯磨き粉の味と歯ブラシの感触に慣れたら、実際に歯ブラシに少量の歯磨き粉を乗せて磨いてみましょう。ゆっくりとやさしく愛犬が触られ慣れている歯から磨き始めます。徐々に磨く面積を広げて、表側の上下の歯を磨きましょう。[16]
    • 一度の歯磨きで磨く歯の本数を徐々に増やし、愛犬が慣れたら全ての歯を磨くようにしましょう。[17]
    • 歯肉線に沿って磨くようにすると、唇を持ち上げることなく愛犬に歯磨きを慣れさせることができます。[18]
    • 一度の歯磨きは数分に抑えましょう。愛犬が全ての歯磨きの工程に慣れるまで、数回必要でしょう。
    • 歯磨きの最中は、落ち着いた声で愛犬を褒めてあげましょう。[19]
  6. 6
    歯の裏側を磨く 一度に全ての歯の表側を磨けるようになったら、裏側も磨きましょう。[20]
    • 片手をマズルに乗せてから上唇を引き上げ、口を開けさせます。口を開けるのを嫌がったら、口の内側に優しく力を加えると口を開けることができます。
    • 口を開けたら、歯の裏側を少しだけ磨いてみましょう。ゆっくりと小さい面積から磨き始め、愛犬が歯磨きに慣れたら徐々に面積を増やしましょう。[21]
    • 犬の舌は歯の裏の歯石の蓄積を抑制する働きをしていますが、歯ブラシで磨くことでよりその効果が高まります。
  7. 7
    習慣にする 歯磨きの頻度が高いほど、犬は飼い主の手が口の中や口元にあることに慣れるので、歯磨きがしやすくなります。[22]
    • 痛みや危険な感染症を引き起こす歯周病を予防することができるので、毎日歯を磨くのが理想的です。[23]
    • 愛犬の歯が抜けた、口の周辺を触られることに敏感である、または口からの出血がある場合は、歯磨きを中断し獣医に相談しましょう。[24]
    • 徐々に慣れさせ、最終的に毎日歯を磨けるようにしましょう。毎日磨けない場合は、なるべく頻繁に磨くように心がけましょう。

パート 3
歯磨きを嫌がる犬の歯をきれいにする

  1. 1
    布を使う 歯ブラシと歯磨き粉を使って歯を磨くのが理想ですが、どうしても歯磨きを嫌がる場合、他にも方法があります。歯ブラシを嫌がる場合は、薄い布で歯磨き粉を歯に塗りましょう。
    • 布は指に巻いて使用します。履き古したストッキング、使い古した洗面用タオル、またはガーゼを使っても良いでしょう。[25]
    • この方法で歯を磨くと、歯と歯磨き粉の間に摩擦が起こり、歯垢の蓄積を抑制することができます。
  2. 2
    噛むおもちゃを与える 噛むおもちゃは、退屈をしのげストレスを抑制できるだけではなく、柔らかい歯石を拭き取り歯茎をマッサージすることができます。[26]
    • 皮、ナイロン、またはゴム製の噛むおもちゃを与えましょう。獣医におすすめのおもちゃを聞いてみても良いでしょう。
    • 定期的な歯磨きの補助として、噛むおもちゃと骨を与えましょう。しかし、長期に渡って歯磨きの代用として与えるのはやめましょう。
  3. 3
    歯に良いドッグフードを与える 缶詰めではなく、ドライタイプのドッグフードやおやつを与えると、歯垢と歯石の蓄積を抑制することができます。[27]
    • デンタルケア効果のあるフードもありますが、歯磨きを代用するものではありません。
  4. 4
    ジェルやスプレーを使う この他にも歯磨きの代用になるものとして、ジェルやスプレーが挙げられます。定期的に使用して、歯石の蓄積を引き起こすバクテリアの成長を阻止しましょう。[28]
    • ジェルやスプレー、その他の製品は使用する前に獣医に相談しましょう。
  5. 5
    獣医に磨いてもらう 飼い主からの歯磨きを嫌がる犬は、動物病院で歯を磨いてもらいましょう。
    • 愛犬の定期健診の際、必ず歯の状態についても確認しましょう。[29]

ポイント

  • 歯磨きの際に声を荒げると、愛犬が歯磨きと否定的な事象を結び付けてしまうでしょう。愛犬の歯磨きは、やさしくリラックスして行いましょう。
  • 愛犬の歯を磨いた後、すすぐ必要はありません。多くの犬用は磨き粉には酵素が含まれており、歯垢の蓄積を抑制するため、長く歯に付着しているほど効果があります。
  • 愛犬が飼い主からの歯磨きを拒否する場合は、獣医にかかるのが最善策でしょう。
  • 歯磨きのみにかかわらず愛犬をしつける際は、進歩が見られるたびにご褒美としておやつをあげたり褒めたりしましょう。しつけを良い記憶と結びつけ、しつけに協力するようになります。おやつはドライタイプを与えると、歯垢の蓄積を防ぐことができます。[30]
  • シーズーやブルドッグなどの小さめの犬種でマズルの短い犬は、他の犬種に比べて歯の生える部分が小さく歯同士が近い位置に生えています。そのため歯垢や歯石が蓄積しやすく、特に頻繁に歯を磨く必要があります。一日に2度、最低でも1度は歯を磨くのが理想です。[31]

注意事項

  • 愛犬の歯に問題があると判断したら、獣医に相談しましょう。
  • 愛犬の歯の手入れをしないと、口腔衛生以外に健康にも様々な悪影響をもたらします。きちんとしたデンタルケアは、愛犬により幸せな生活とより長い寿命をもたらします。
  • 愛犬が歯磨きを拒否した場合、無理やり押さえつけて歯を磨いてはいけません。歯磨き中に怖がったり攻撃的になる場合は、すぐに歯磨きを中止しましょう。動物行動学の専門家に相談する必要があるかもしれません。[32]

出典

  1. https://www.aspca.org/pet-care/virtual-pet-behaviorist/dog-behavior/brushing-your-dogs-teeth
  2. http://www.peteducation.com/article.cfm?c=2+2089&aid=384
  3. http://www.peteducation.com/article.cfm?c=2+2089&aid=384
  4. http://www.peteducation.com/article.cfm?c=2+2089&aid=384
  5. http://www.peteducation.com/article.cfm?c=2+2089&aid=384
  6. https://www.aspca.org/pet-care/virtual-pet-behaviorist/dog-behavior/brushing-your-dogs-teeth
  7. https://www.aspca.org/pet-care/virtual-pet-behaviorist/dog-behavior/brushing-your-dogs-teeth
  8. https://www.aspca.org/pet-care/virtual-pet-behaviorist/dog-behavior/brushing-your-dogs-teeth
  9. http://pets.webmd.com/healthy-dog-teeth-10/slideshow-brushing-dog-teeth
続きを 表示する… (23)

記事の情報

この記事はPippa Elliott, MRCVSが共著しています。 獣医であり、Royal College of Veterinary Surgeons(王立獣医師会)のメンバーでもあるエリオット医師は、30年以上にわたり、かかりつけ獣医、そして獣医外科医として獣医療の実践に努めてきました。1987年にグラスゴー大学にて獣医科学と獣医外科学の学位を取得してます。エリオット医師は生まれ故郷の町にある動物診療所に20年以上勤務しています。

カテゴリ:

他言語版:

English: Brush a Dog's Teeth, Italiano: Pulire i Denti del tuo Cane, Español: cepillarle los dientes a tu perro, Deutsch: Die Zähne eines Hundes putzen, Português: Escovar os Dentes de um Cão, Русский: чистить зубы собаке, Nederlands: De tanden van je hond poetsen, Français: brosser les dents d'un chien, 中文: 给狗刷牙, Bahasa Indonesia: Menggosok Gigi Anjing, Čeština: Jak vyčistit psovi zuby, ไทย: แปรงฟันสุนัข, Tiếng Việt: Chải Răng cho Chó, العربية: تنظيف أسنان كلبك

このページは 1,200 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?