犬の知能をテストする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:知能テストテスト結果を向上させる5 出典

動物の知能に関する研究は、まだ未知の部分が多いため、研究の主題を決めることさえ難しい場合があります。ごく基本的な疑問でさえ明確な答えが得られず、実験結果について延々と意見が飛び交います。[1]それを踏まえて、愛犬のテスト結果が思わしくなくても、今まで通り、この子は世界で一番賢い犬だと自慢しましょう。

パート 1
知能テスト

  1. 1
    ストップウォッチを用意しましょう。このテストには、秒単位で測定できる時計が必要です。これから行うテストは、問題解決と環境適応能力を判定します。
  2. 2
    タオルを犬の頭に放り投げます。犬に大判タオル、または小さい毛布の匂いを嗅がせます。犬の頭にタオルを放り投げ、頭を完全に覆いましょう。ストップウォッチを始動し、犬がタオルを払い除けるまでの時間を測定します。次のポイントを記録しましょう。
    • 30秒またはそれ以下:3ポイント
    • 31~120秒:2ポイント
    • 払い除けようとしたが120秒以内にはできなかった:1ポイント — タオルを除けてあげましょう。
    • 払い除けようとしなかった:0ポイント
    • 犬の頭にタオルを放り投げる前に、椅子で練習してみましょう。滑らかな動きで、タオルが一度で犬の頭に掛かるように練習します。[2]
  3. 3
    タオルの下におやつを隠しましょう。まず、犬におやつを見せます。犬が見ている前で、おやつを床に置きます。それから、おやつにタオルを被せます。ストップウォッチを始動し、犬がおやつを手に入れるまでの時間を測定しましょう。
    • 30秒またはそれ以下:3ポイント
    • 31~60秒:2ポイント
    • 試みたが60秒以内にはできなかった:1ポイント 
    • 試みなかった:0ポイント
  4. 4
    床の低い位置に隙間を作ります。このテストでは、犬の口吻(鼻から口の部分)は届かないけれど、前足が届く程度の狭い隙間を床の上に作ります。ソファを使うか、または本を両端に置き、その上に幅の広い板を置いて隙間を作ることもできます。犬が板を倒さないように、板の上に重しを載せましょう。[2]
  5. 5
    障害物を使ってテストしましょう。犬が見ている前で、おやつを板やソファの下に置きます。犬の口吻が届かない所まで、板の下におやつを押し込みます。時間を測りながら、おやつを取るように促しましょう。
    • 2分以内におやつを獲得した(前足で):4ポイント
    • 3分以内におやつを獲得した(前足で):3ポイント
    • 3分以内には獲得できなかったが、前足は使った:2ポイント
    • おやつを獲得できず、口だけで取ろうとした:1ポイント
    • 興味を示さなかった:0ポイント
  6. 6
    隠されたおやつの見つけ方を教える。次は、犬の記憶力を試すテストです。問題解決の能力を試すテストではありません。このテストを行うにあたって、犬が一連の流れを理解する必要があります。まず、逆さにしたプラスチックカップの中におやつを入れます。次に、犬におやつを探すように指示します。カップを持ち上げ、おやつがある場所を教えます。おやつがカップの中にあることを理解するまで、この動作を8~10回繰り返します。[3]
  7. 7
    犬の記憶力を試しましょう。逆さにしたプラスチックのバケツかカップを3個、30 cmの間隔で床に置きます。犬が見ている前で、おやつをその中のひとつに入れます。犬を部屋の外に連れ出し、30秒後に再び部屋に戻ります。そして、おやつを探すように指示します。
    • 最初の試みで探し当てた:2ポイント
    • 2分以内に探し当てた:1ポイント
    • 探し当てられなかった:0ポイント
  8. 8
    結果を集計しましょう。ポイントを集計してテストの結果を見てみましょう。
    • 11~12ポイント:天才犬
    • 8~10ポイント:服従訓練学校の優等生
    • 4~7ポイント:平均的な生徒
    • 1~3ポイント:吠えるのは上手だが、頭を使うのは得意ではない
    • 0ポイント:被験者がモップの可能性あり

パート 2
テスト結果を向上させる

  1. 1
    ゲーム感覚で楽しませましょう。テスト結果を向上させるために、犬への熱心な指導は大切です。しかし、犬がテストに興味を持たないと、途中で投げ出してしまうかもしれません。身振りや笑顔で犬を励まし、テストに興味を持たせましょう。ただし、興奮しすぎると、すべき事を忘れてしまうため注意が必要です。
  2. 2
    特別なおやつを用意しましょう。テストを成功させるためには、犬の協力が必要です。興味を持たせるために、匂いがする特別なおやつを用意しましょう。柔らかく、匂いが強いおやつを使うと、犬は素早く見つけて食べます。これまで紹介したテストを一度に行う場合は、おやつを豆粒大に切り分けましょう。
    • 小さく切ったホットドッグ、調理した鶏肉、チーズなどもおやつとして利用できます。[4]
    • 記憶力テストを行うときは、乾燥した無臭のおやつを使いましょう。
  3. 3
    犬の飼い主がテストを行いましょう。上記のテストは、犬と普段一緒にいる人物が行うと、結果の信頼性が向上します。テストを行う人物が、犬と生活して3カ月以内だと、正確なテスト結果が得られない場合があります。[2]
  4. 4
    子犬にテストした場合は、成犬になってから再度テストを行いましょう。1歳以下の子犬は、成犬に比べて賢さの判定が分かりにくく、指示に従わない場合もあります。[2]
  5. 5
    宝探しで訓練しましょう。犬が見ている前で、箱の中やテーブルの下におやつを隠す間、「待て」の指示を出します。犬がおやつを探し当てたら、次はさらに探しにくい場所におやつを隠します。犬がコツを掴んだら、見ていない隙におやつを隠します。このとき、数個の障害物の陰におやつを隠しましょう。[5]
  6. 6
    「新しい芸」のコマンドを教えましょう。この方法は、犬が自分で考える能力を引き出すのに効果的です。すでにクリッカーを使って芸を教えていると、スムーズに進行します。クリッカーを鳴らし、犬に「新しい芸」と指示を出します。犬が何か芸をしたらおやつを与えて褒めましょう。さらに、「新しい芸」を繰り返し指示し、犬が違う芸をした場合のみおやつを与えます。おやつがなくなるか、犬がまごついてしまうまで続けましょう。[6]
  7. 7
    パズル型の知育玩具を与えましょう。犬の側にしじゅういて訓練することは難しいため、宿題として頭を使うおもちゃを与えましょう。中におやつが隠されたおもちゃは、パズルを解くとおやつが出てくる仕組みになっています。中には、音声指示を出すおもちゃもあります。ただし、何でも噛む癖のある犬に与えるときは注意が必要です。

ポイント

  • 犬と一緒に遊べる知能ゲームを、オンラインやモバイルで探してみましょう。

注意事項

  • 毛布を使う場合は、犬がすぐに払い除けられる軽い物を使いましょう。子犬や小型犬を重いキルトで窒息させないように注意しましょう。

必要なもの

  • ストップウォッチ
  • 毛布またはタオル
  • おやつまたはおもちゃ
  • バケツかカップを3個(できれば同じ物)

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ:

他言語版:

English: Test a Dog's Intelligence, Español: evaluar la inteligencia de un perro, Italiano: Testare l'Intelligenza di un Cane, Português: Testar a Inteligência de um Cão, Deutsch: Die Intelligenz deines Hundes testen, Русский: проверить интеллект собаки, Français: tester l'intelligence d'un chien, Bahasa Indonesia: Mengetes Kecerdasan Anjing, Nederlands: De intelligentie van een hond testen, العربية: اختبار ذكاء كلبك, ไทย: ทดสอบสติปัญญาของสุนัข, Tiếng Việt: Thử trí thông minh của chó

このページは 626 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?