犬を洗う方法

共同執筆者 Pippa Elliott, MRCVS

この記事には:犬を洗う準備をする犬を入浴させる入浴後のグルーミング適切な入浴習慣を知る記事のサマリー56 出典

犬に必要な入浴の頻度は、犬種、サイズ、被毛のタイプ、活動状況など、様々な要因で異なります。頻繁に外に出る犬はこまめに洗う必要があるかもしれません。一方、室内犬は数か月に一度でよい場合もあります。入浴を怖がる犬もいますが、少しの知識と準備で、犬と飼い主の両方にとって入浴を楽しい時間にすることができます。

パート 1
犬を洗う準備をする

  1. 1
    場所を選ぶ 小型犬であれば、ランドリールームやキッチンのシンクで入浴させることもできます。大型犬の場合は、シャワー室やバスタブで洗ってもよいでしょう。寒くなければ屋外で洗う手もあります。[1]
    • バスタブやシンクで洗う場合、濡れると底が滑りやすくなります。タブやシンクの底にタオルを敷くと、犬が落ち着くとともに、足が滑るのを防ぐことができます。[2]また、ゴムのバスマットや滑り止めテープを使ってもよいでしょう。[3]
    • できれば、閉鎖された場所を選びましょう。犬が入浴中に怖がったり、動揺したりして、逃げ出そうとするかもしれません。バスタブを使う場合は、浴室のドアを閉めましょう。屋外で犬を洗う場合は、犬が逃げないようにフェンスで囲まれた場所を選びましょう。[4]
  2. 2
    犬の準備をする 入浴前に被毛を全体的にブラッシングします。特に被毛が厚い、量が多い、ダブルコート(上毛と下毛の二重構造)の場合は重要です。また、毛の絡まりやもつれを取り除きましょう。[5]
    • 犬にダニが寄生している場合は、獣医師に除去を依頼するか、自分で取り除きましょう。
    • 被毛に粘着性の物質(ペンキ、タール、松やになど)が付着している場合は、ワセリンか植物油を塗って24時間おきます。食器用洗剤でも落とすことができます。[6]
  3. 3
    犬の爪を切る 爪が長いようであれば、入浴前に爪を切りましょう。入浴中に犬が暴れたり、嫌がったりして、誤って傷つけられるのを予防します。
    • 爪を切りすぎではいけません!爪の中のクイック(神経と血管)は傷つきやすく、すぐに出血し、感染症を引き起こすことがあります。爪の切り方が分からない場合は、グルーマーや動物病院で少額で切ってもらうことができます。[7]
  4. 4
    必要な道具を揃える 犬の入浴中、すべての道具が手元にあると作業が楽に進みます。タオル、綿球、犬用シャンプー、おやつ、手ぬぐいまたはスポンジを用意しましょう。ホースや着脱式シャワーヘッドがない場合は、すすぎ用にバケツなどの容器が必要です。
    • シャンプーなどのボトルの蓋を外しておきます。そうすると、濡れた犬を押さえながら蓋を開ける必要がありません。
    • 犬がバスタブの中で神経質になるようであれば、誰かの助けが必要かもしれません。犬を洗う間、押さえてもらうことができます。
  5. 5
    耳に綿球を詰める 耳の中に水が入ると、耳感染症を起こすことがあります。[8]綿球を詰めて、外耳道が濡れないようにしましょう。[9]
    • 綿球を耳の奥深くに押し込んではいけません。耳から落ちない程度で十分です。
  6. 6
    首輪を外す 首部分を洗うために首輪は外しましょう。入浴中に犬を押さえるため首輪が必要な場合は、ナイロン製の首輪を使いましょう。革製の首輪は濡れると縮むため、首を絞めつけてしまうことがあります。[10]

パート 2
犬を入浴させる

  1. 1
    お湯の温度を調節する 人間と同様に、犬もお湯の温度に敏感に反応します。入浴前に温度を確かめましょう。熱すぎない、暖かいお湯を使います。冷たすぎると犬の体温を下げてしまうため、特に子犬には危険です。[11]
    • シンクやバスタブで洗う場合は、犬の膝までお湯を満たしましょう。
  2. 2
    犬の体をお湯で濡らす 耳に水が入ったり、目がシャンプーで沁みたりするため、頭や顔を洗うのは避けましょう。まず、首の後ろから始め、被毛全体をお湯で濡らします。被毛が厚い犬の場合、時間がかかるかもしれません。[12]
    • ホースや着脱式のシャワーヘッドがあれば、それでお湯をかけましょう。犬を驚かせないために、お湯の勢いが強すぎないように注意しましょう。
    • バケツやピッチャーを使う場合は、頭にお湯をかけないように気をつけましょう。[13]
    • シャワーヘッドや蛇口に装着できる、ペット用のスプレーノズルも販売されています。[14]
  3. 3
    シャンプーをつける 犬の被毛が厚いまたは長い場合、小さな容器にシャンプーと水をあらかじめ混ぜておくとよいでしょう。こうすると、シャンプーの泡が被毛に均等に行き渡ります。[15]被毛が短い場合は、シャンプーを体に直接かけます。マッサージしながらシャンプーを被毛に揉み込みましょう。
    • シャンプーをつける際、手ぬぐいやスポンジを使う必要はありません。むしろ泡立てたシャンプーを手で揉み込んでいくことで、しこりや炎症などの皮膚の異常を調べることができます。[16]
    • 犬の頭や顔にシャンプーをつけてはいけません。顔が汚れている場合は、濡らしたタオルで汚れをやさしく拭き取りましょう。[17]
    • 犬の被毛が長い場合は、根元から毛先に向かってマッサージしながらシャンプーを行き渡らせます。こうすると、毛が絡むのを防ぐことができます。[18]
  4. 4
    体を洗う 頭を除いた体全体にシャンプーを揉み込んでいきます。脇の下、腹部、尾、脚の付け根部分もていねいに洗いましょう。[19]
    • 説明書に従ってシャンプーをつけおきします。穏やかなノミとり成分を含むシャンプーもあり、作用するまで一定時間おく必要があるかもしれません。
  5. 5
    顔をきれいにする 顔が汚れていれば、濡らしたタオルで汚れを拭き取ります。耳の中を濡れたタオルで拭いてはいけません。内部が濡れると感染症を引き起こすことがあります。[20]
    • せつ腫と呼ばれる皮膚感染症にかかっている犬もいます。せつ腫は小さなニキビまたは赤いおできのように見えます。犬にせつ腫が見られる場合は、適切な処置方法について獣医師に尋ねましょう。獣医師は殺菌作用のあるシャンプーや軟膏を勧めるかもしれません。
    • 顔の皮膚がひだ状になっている犬の場合は、ひだの間もタオルでていねいに拭きましょう。
  6. 6
    泡がなくなるまですすぐ 被毛からシャンプーを残らず洗い流すことが重要です。被毛が厚いまたはダブルコードの場合は、時間がかかるかもしれません。[21]すすぎを十分にしないと、シャンプーが皮膚を刺激したり、皮膚のpHバランスが崩れることがあります。
    • すすぐ際も頭や顔にお湯をかけないように注意しましょう。ピッチャーやバケツを使ってすすぐ場合、顔にお湯がかからないように背中から流しましょう。ホースやシャワーヘッドを使う場合は、顔に向けないように気をつけましょう。[22]
  7. 7
    体を乾かす 吸収性の高いマイクロファイバータオルを使うと乾燥時間を短縮できますが、普通のバスタオルでも構いません。[23]犬の背中にタオルを被せ、軽くたたいて乾かします。長毛種の場合は被毛が絡まってしまうことがあるため、タオルで擦ってはいけません。犬は本能的に体を振って被毛を乾かそうとするため、水しぶきを浴びてしまうかもしれません。[24]
    • ヘアードライヤーを使って被毛を乾かす飼い主もいます。犬が火傷をしないように、低温や冷風に設定しましょう。ドライヤーの風を顔に当ててはいけません。[25]
  8. 8
    被毛を櫛でとかす 被毛が長いまたは量が多い場合は、毛が絡まないように濡れている間にとかすとよいでしょう。毛の絡まりを防ぐグルーミングスプレーを使うと作業を楽に行えます。[26]
  9. 9
    犬におやつを与える 入浴は楽しいことだ覚えさせるために、入浴のたびにおやつを与えましょう。おとなしくしていたら褒めてあげましょう。そうすると、犬は入浴は怖いことではなく、褒められておやつももらえる楽しい時間だと思うようになります。[27]
    • 飼い犬がとりわけ入浴を怖がっているようであれば、入浴中に少量のおやつを与えてもよいでしょう。

パート 3
入浴後のグルーミング

  1. 1
    耳の掃除をする 綿球を耳から外します。溜まった耳垢を取り除き、刺激や炎症を防ぎましょう。[28]ノバルサンオチックなどの犬猫用のイヤークリーナーを使ってもよいでしょう。[29]また、ウィッチヘーゼル、過酸化水素水(オキシドール)、またはオーガニックのリンゴ酢と精製水を同量で混ぜ合わせた溶液を使うこともできます。[30]
    • イヤークリーナーを綿球に含ませます。耳の掃除に綿棒を使ってはいけません。綿棒を深く入れすぎて鼓膜を傷つけてしまうことがあります。[31]
    • 耳の内側を綿球で拭い、耳垢がついていないかを確かめましょう。綿球に耳垢がつかなくなったら、耳の掃除は終了です。また、クリーナーに浸した綿球で、耳介と呼ばれる耳の外側(ひらひらとした部分)も拭きましょう。[32]
    • クリーナーを直接耳の中に入れたり、スプレーするのは避けましょう。これを嫌がる犬も多いため、入浴と嫌な経験を結びつけないようにさせることが大切です。[33]
    • 外耳道に毛が伸びている場合は、獣医師に相談しましょう。外耳道で毛が絡まってしまう犬種もおり、耳感染症を引き起こすことがあります。[34]
  2. 2
    溜まった涙を拭き取る 常に涙があふれている状態の流涙症(涙やけ)にかかっている犬もいます。[35]これはテリアやチワワなどの短頭種によく見られる症状です。[36]溜まっている涙をやさしく拭き取り、炎症や細菌感染を予防しましょう。[37]
    • 目の周りにも安心して使える涙やけ除去剤を使いましょう。スプレータイプやローションタイプの除去剤が販売されています。除去剤を清潔な綿球に含ませ、目の周りをやさしく拭きましょう。[38]
    • 少量のココナツオイルを目の下の被毛が変色している部分に塗ると、皮膚への刺激を軽減します。[39]
    • 流涙症による被毛の変色に効果がある涙やけ除去剤が、ペットショップやインターネットで販売されています。スプレータイプの他、あらかじめ除去剤を浸み込ませた洗浄綿タイプもあり、簡単に使えます。低アレルギー性であることを確認し、タイロシン酒石酸を含まない製品を使いましょう。この抗生物質は猫や犬への使用は認可されていません。[40]
    • プードルやシーズーなどの犬種には、睫毛重生と呼ばれる症状が見られることがあります。これは、睫毛が外側ではなく内側に向かって生える状態で、目が刺激されて多量の涙が出ます。飼い犬の目に涙が頻繁に溜まっているようであれば、獣医師の診察を受けましょう。単に顔の形状が原因かもしれませんが、用心するに越したことはありません。[41]
    • 犬の目の洗浄に過酸化水素水、リンゴ酢、メーク落とし、ヒト用目薬、水酸化マグネシウムを使ってはいけません。[42]
  3. 3
    再びおやつを与える 犬がきれいになったら、もう一度おやつを与えましょう。また、おとなしくしていたことを褒めて、撫でてあげましょう。ゲームをして遊んであげるのもよいでしょう。[43]

パート 4
適切な入浴習慣を知る

  1. 1
    洗いすぎに注意する 通常、皮膚感染症にかかっている、または悪臭がする場合を除き、犬を洗う必要はありません。犬が臭わないように、一般的には月に1度の入浴で十分です。[44]必要以上の入浴は、皮膚に刺激を与えてしまい、頻繁に体を掻くようになるかもしれません。[45]
    • 被毛をこまめにブラッシングしましょう。次の入浴まで犬をきれいに保つとともに、皮膚と被毛の健康も促進します。[46]
    • 飼い犬が皮膚感染症にかかっている場合は、入浴や治療方法について獣医師に尋ねましょう。
  2. 2
    犬を入浴に慣れさせる 犬を家に迎えたばかりであれば、入浴を怖がるかもしれません。入浴は楽しいことだと思わせるいくつかのコツをご紹介します。[47]
    • 飼い犬が入浴を恐れていたら、まず空のバスタブ(または犬を洗う他の容器)に犬を入れます。この段階ではお湯を入れてはいけません。そして、やさしい声で犬に話しかけ、おやつやおもちゃを与えます。こうすると、犬は入浴は楽しいことだと思うようになります。[48]
    • 徐々に体にお湯をかけて慣らしていきます。入浴のたびにおやつを与えましょう。
    • 子犬が生後5週間になったら体を洗って、入浴に慣れさせましょう。この頃から入浴は楽しいことと覚えさせると、さらに成長した時の入浴が楽になります。[49]
  3. 3
    適切なシャンプーを選ぶ 犬用のマイルドなシャンプーを使うのが理想的です。pH値が7程度の中性シャンプーを選びましょう。人工香料や着色料を含む製品は、皮膚に刺激を与えるため避けましょう。[50][51]
    • 人間用のシャンプーを犬に使ってはいけません。犬と人間の皮膚のpHバランスは異なるため、人間のシャンプーを使うと犬の皮膚のpHバランスを崩してしまいます。バランスが崩れると、細菌、寄生虫、ウイルスの繁殖を招きます。[52]
    • オートミールシャンプーは大抵の犬に適しています。シャンプー選びに迷ったら、まずこのシャンプーを使ってみましょう。
    • 飼い犬の皮膚に湿疹などの問題があると、体を頻繁に掻くようになり、さらに症状が悪化します。ティーツリーシャンプーで皮膚炎などの症状が緩和される場合もあります。[53]ティーツリーシャンプーは飲み込むと有害なため、犬が口にしないように注意しましょう。皮膚に問題がある場合のシャンプー選びについて、獣医師に相談してみましょう。
    • ノミよけ効果のあるシャンプーも販売されています。ピレトリン、除虫菊、シトラスオイルを含むシャンプーを試してみましょう。[54]
  4. 4
    肛門嚢を安全に絞る方法が分からなれば、そのままにしておく 肛門嚢は肛門の両脇にある小さな袋です。グルーミングの一環として肛門腺絞りを行っているグルーマーもいます。獣医師が認め、自分でも安全にできる自信があれば実行しても構いませんが、そうでなければそっとしておきましょう。
    • 肛門嚢に炎症、腫れ、赤みが見られたら、獣医師の診察を受けましょう。[55]

ポイント

  • 犬に話しかけて安心させましょう。
  • 足先をていねいに洗って、汚れや細菌を取り除きましょう。
  • シャンプーを完全に洗い流しましょう。シャンプーが残っていると、皮膚に刺激を与えます。
  • 入浴前にブラッシングをしましょう。入浴前のほうが被毛の絡みを容易にとることができます。
  • 服が濡れるのを覚悟しましょう!犬を洗うためにお気に入りの服を着る必要はありません。古いジーンズやTシャツで十分です。
  • 犬の鼻、口、耳、目に水やシャンプーが入らないように注意しましょう。
  • 気温が高ければ、子供用プールで入浴させてもよいでしょう。
  • 有害なノミ駆除剤を含むシャンプーは避けましょう。ノミとり首輪も犬や飼い主にとって有害です。食用にもなる珪藻土を乾いた被毛に塗ると、ノミは自然に死滅します。カーペットに振り掛けても効果があります。また、お好みであれば、大さじ数杯の珪藻土をヒト用サプリメントして摂取することもできます。
  • 犬の耳に水が入ると不快な耳感染症を引き起こすことがあるため、くれぐれも用心しましょう。
  • 犬が嫌がるようであれば、無理に入浴させてはいけません。
  • 小型犬であれば、バスタブ同様にシンクでも簡単に入浴させることができます。

注意事項

  • 湿疹などのアレルギー反応が現れたら、直ちに獣医師に相談しましょう。
  • 犬の被毛を染めてはいけません。深刻な健康問題を引き起こすことがあります。

必要なもの

  • バスタブまたはシンク(小型犬の場合)
  • タオル
  • ペット用シャンプー
  • スポンジまたは手ぬぐい
  • バケツ、ピッチャー、または着脱式のシャワーヘッドやスプレーノズル
  • 綿球
  • 犬用ブラシ/櫛
  • おやつ

出典

  1. http://healthypets.mercola.com/sites/healthypets/archive/2011/10/11/mistakes-that-can-ruin-dogs-bath-time-for-his-lifetime.aspx
  2. http://healthypets.mercola.com/sites/healthypets/archive/2011/10/11/mistakes-that-can-ruin-dogs-bath-time-for-his-lifetime.aspx
  3. https://www.aspca.org/pet-care/virtual-pet-behaviorist/dog-behavior/bathing-your-dog
  4. https://www.aspca.org/pet-care/virtual-pet-behaviorist/dog-behavior/trimming-your-dogs-nails
  5. http://www.paw-rescue.org/PAW/PETTIPS/DogTip_Shampoo.php
  6. http://www.paw-rescue.org/PAW/PETTIPS/DogTip_Shampoo.php
  7. https://www.aspca.org/pet-care/virtual-pet-behaviorist/dog-behavior/trimming-your-dogs-nails
  8. http://healthypets.mercola.com/sites/healthypets/archive/2011/10/11/mistakes-that-can-ruin-dogs-bath-time-for-his-lifetime.aspx
  9. http://www.cesarsway.com/dog-care/dog-grooming/How-to-bathe-your-dog
続きを 表示する… (47)

記事のサマリーX

犬を入浴させる前に、全身の毛にブラシをかけ、綿球を犬の外耳道に入れて耳の感染症を防ぎましょう。お風呂のお湯は、温かいけれど熱過ぎない温度に調節します。犬の首から尻尾までを濡らし、毛が完全に濡れている状態にしてから、犬の背中にシャンプーを適量つけて揉み込みます。犬の頭以外の全身を泡立てた後に、洗面タオルで優しく犬の顔をきれいにします。犬を完全に洗い流し、タオルで軽く押さえて水気を取ります。

記事の情報

この記事はPippa Elliott, MRCVSが共著しています。 獣医であり、Royal College of Veterinary Surgeons(王立獣医師会)のメンバーでもあるエリオット医師は、30年以上にわたり、かかりつけ獣医、そして獣医外科医として獣医療の実践に努めてきました。1987年にグラスゴー大学にて獣医科学と獣医外科学の学位を取得してます。エリオット医師は生まれ故郷の町にある動物診療所に20年以上勤務しています。

カテゴリ:

他言語版:

English: Wash a Dog, Español: bañar a un perro, Português: Dar Banho em Seu Cachorro, Deutsch: Einen Hund baden, Français: laver son chien, Русский: помыть собаку, Nederlands: Een hond wassen, Italiano: Lavare un Cane, 中文: 给狗洗澡, Bahasa Indonesia: Memandikan Anjing, Tiếng Việt: Tắm cho Chó, 한국어: 강아지 목욕시키는 법, العربية: تحميم كلبك, ไทย: อาบน้ำน้องหมา

このページは 148 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?