PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

飼い猫がトイレを使わずに悩んでいませんか?猫の行動を正すためには、なぜトイレを使わなくなったのかを理解することが重要です。多くの場合、その根底にある原因がストレスを引き起こすのです。例えば、家庭内での変化が原因として考えられます。また、猫が突然トイレを使わなくなった場合、高齢の猫は特にそうですが、健康上の問題もよくある原因の1つです。

方法 1
方法 1 の 3:
引越、新しいトイレ、嫌な出来事の後にしつけ直す

  1. 1
    トイレを適切な場所に移動させる 猫は大きな物音や他のペットからの嫌がらせなど、その場所で怖い思いをした後にトイレ使わなくなることがあります。また、トイレの場所を変えたり、新しい家に引っ越した後などに、飼い主がトイレに選んだ場所を嫌がる場合もあります。猫から人が来るのが見えて、静かで人の出入りが少ない場所にトイレを置くと良いでしょう。猫が追い詰められたと感じないように、少なくとも出口が2つある部屋を選びましょう。[1]
    • トイレは、餌と水のボウルから離れた場所に置きましょう。猫はこの2つの場所を一緒にするのを好みません。
    • トイレに素早く出たり入ったりしたり、トイレの近くで用をたすなどの行為があれば、猫がトイレで不快な経験をした可能性を示す兆候です。[2] このような兆候があったら、トイレを新しい部屋へ移動させましょう。
    • 自宅が複数階の場合は、各階に少なくともトイレを1つ置いておきましょう。[3]
  2. 2
    トイレの近くでおもちゃで遊ぶ トイレのある場所で猫と遊んであげましょう。おもちゃ(餌ではない)をトイレのある部屋に置いておけば、猫はそこで過ごし、部屋を良い場所として関連づけるでしょう。[4]
    • 猫をトイレに連れて行き、猫に自分で調べさせてもよいでしょう。ただし猫をトイレの中に落としたり、トイレを使ったご褒美に餌を与えてはいけません。この方法は猫を不快にしたり、怖がらせて逆効果になる可能性があります。[5] 犬とは違い、過去にトイレを使っていたなら特に、猫は自分でトイレを選ぶ必要があります。
  3. 3
    トイレを清潔に保つ 猫がトイレの端に乗ったり、トイレのすぐ横で排泄をした場合は、トイレが汚れている可能性があります。[6] 少なくとも1日に1回、できれば2回、固まった猫砂を取り除いて新しいものを足します。週に1回、重曹か無香料の洗浄剤でトイレをきれいに洗いましょう。[7]
    • 固まらない猫砂を使用している場合は、猫が嫌がる臭いの蓄積を防ぐために、2〜3日ごとに全ての猫砂を取り替えましょう。[8]
    • 香料入りの洗浄剤で猫のトイレを掃除してはいけません。殺菌剤には、猫にとって有害な化学薬品を含む製品が多いため、猫のトイレ専用に特別に作られていない限りは使用してはいけません。[9]
  4. 4
    徐々に新しい猫砂に替えていく 別の種類の猫砂を購入した場合は、少しずつ替えていきましょう。古い猫砂に少し混ぜて、猫砂を取り替えるごとに徐々に量を増やしていきます。[10] 猫にとっては、今まで使っていた猫砂と同じような質感で無香料の猫砂の方が楽に適応できるでしょう。[11]
    • 今まで使っていた猫砂が手に入らない場合は、新しい猫砂を2〜3種類購入し、それぞれ別のトイレに入れて並べ、猫に好きな方を選ばせてあげましょう。
    • 特に猫が慣れていた猫砂とは質感が違う場合は、猫砂の深さを変えてみましょう。5cm未満の浅く敷いた猫砂を好む猫が多く、長毛の猫は、トイレの床まで掘れるように、さらに浅く敷いたトイレを好むことが多いようです。[12]
  5. 5
    新しいトイレの問題を解決する 新しいトイレの交換に対して猫の反応が悪い場合は、猫の興味をよりそそるように工夫をしてみましょう。[13]
    • カバーのついたトイレを好む猫もいれば、カバーなしを好む猫もいます。カバーをつけたり取り外したりして様子を見ましょう。
    • 猫トイレ用のビニール製ライナーを取り外してみましょう。これは猫の爪に引っかかることがあります。[14]
    • ほとんどの猫は自動トイレにうまく適応しますが、すべての猫がそうとは限りません。臆病な猫が自動清掃のモーター音に怯えてしまい、トイレの使用を拒否するリスクがあります。猫が怖がりそうな場合は、普通のトイレを使い続けるのが一番良いでしょう。
    • トイレが前のものより小さい場合は、より大きいトイレに変える必要があるでしょう。側面が低い大きなトイレが最適ですが、中にはプラスチック製の収納箱をトイレに使う飼い主もいます。[15]
  6. 6
    酵素入り洗浄剤で糞尿を掃除する 猫がトイレをうまく使えなかった場合、汚れてしまった場所を猫の尿に対応する酵素入り洗浄剤(または酵素入り粉末洗剤10%と水の溶液)で掃除をしましょう。洗浄剤で掃除をした後は、冷水ですすぎます。酵素入りの洗浄剤は、猫を同じ場所へ引きつけてしまう尿の臭いを取り除くことができます。[16]
    • 最大限きれいにするためには、水分が乾いた後に消毒用アルコールを軽くスプレーし、そっと擦って自然乾燥させましょう。
  7. 7
    猫が粗相をした場所に戻らないよう対処する 猫が同じ場所へ行く癖がついてしまった場合は、そこへ立ち入れないように塞ぐか、良い習慣を学ぶまで一時的に止めさせる方法を考えましょう。
    • 猫が暗い隠れ場所から出てこない場合は、明るい照明を取り付けましょう。できれば猫の動きに感知して作動するものが良いでしょう。[17]
    • ラグマットや他の場所に、アルミホイルや両面テープを敷くなどして、猫にとって居心地の悪い場所を作ってみましょう。[18]
    • 猫がカーテンに排尿してしまった場合は、猫がトイレを使うようになるまでカーテンを上にまくって、猫から届かないように留めておきます。[19]
    • ビニールシートやシャワーカーテンで家具を覆っておきましょう。[20]
    • 使用していない時は、浴槽と流しに水を浅く貯めておくと良いでしょう。[21]
  8. 8
    問題のある場所にトイレを置く 解決策の1つは、猫の好みを受け入れて、トイレとして使っている場所に新しいトイレを置くことです。猫がリビングルームのラグマットの真ん中をトイレとして使っていたとしたら、もちろん無理がありますが、人目につかない家の片隅で粗相をしているなら、そこにトイレを置くことを検討するべきでしょう。
    • あるいは、餌のボウルを粗相をした場所に置くことも一案です。ほとんどの猫は、排泄と食事を同じ場所ではしません。
  9. 9
    猫の好みを上手く利用する どの方法も上手くいかない場合は、ゆっくりと移行していく手段を取る必要があるでしょう。例えば、猫がカーペットで排尿をしたがる場合、同じカーペットの一部をトイレの中に敷いてみます。猫がすすんで使う場合は、翌日にそのカーペットの上に少量の猫砂を置いてみましょう。猫が完全に猫砂に慣れるまで、さらに猫砂を追加しながら、カーペットの汚れがひどくなったら取り替えましょう。
    • この方法が上手くいくように、猫をカーペットがない場所にしばらく閉じ込めておくか、一時的にカーペットを巻いておく必要があります。ですが、猫がストレスを感じたり退屈をしていたら、閉じ込める方法は逆効果になる可能性があります。
    • 同じように、猫が室内と屋外の両方で過ごし、排泄はほとんど屋外でする場合、庭の土や砂(肥料なし)をトイレに加えてみましょう。ここでも同様に、猫がトイレに好む庭の土や砂に、猫砂を少しずつ追加して、土や砂から猫砂へゆっくり移行していきます。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
その他の原因への対処

  1. 1
    避妊、去勢手術をする これはトイレトレーニングには必要な条件ではありませんが、手術をするとトイレの外で排尿をする可能性が低くなります。特に去勢をしていないオス猫は、ストレスを感じた時、他のオス猫と仲が悪い、またはメス猫を魅きつけたい時などに、尿を噴射するスプレー行為をします。[22]
    • 手術をするのが早いほど、スプレー行為が止まる可能性が高いでしょう。スプレー行為を長く放置すると、手術をした後でもこの習慣が続くことがあります。[23]
  2. 2
    猫のストレスを減らす 人間と同じように、猫も環境やスケジュールの変化でストレスを受けることがあります。家族の誰かや他のペットが家を出た後、または新しいペットを迎え入れた後などに、トイレを使わなくなる可能性があります。家の模様替えに悪い反応をする猫もいます。次の方法で猫のストレスを減らしてあげましょう。
    • 隠れ場所やキャットタワーの高い場所など、猫が1人でいられるプライベートな場所を作りましょう。
    • 猫を放し飼いにしている場合は、好きな時に出入りさせてあげましょう。[24]
    • 猫が近づいてくるのを待って、静かに一貫した対応をしましょう。遊び足りなくてストレスを感じる猫もいれば、飼い主の気が向いた時に、撫でられたり、抱っこされるのを嫌がる猫もいます。
    • 猫の好ましくない行動が続く場合は、獣医師、または動物行動の専門家に相談をしましょう。
  3. 3
    スプレー行為に対応する 猫が垂直なものにお尻を向け、尻尾を小刻みに震わせて尿を噴射した場合、猫はスプレー行為をしています。実際にスプレー行為を目撃しなくても、猫のお尻より少し高い位置で、強い尿の臭いがする場所を探してみましょう。幅木や床に筋状の跡が流れているはずです。どんな猫でも縄張りを主張する行動をしますが、去勢をしていないオス猫に一番よく見られます。猫のスプレー行為への対処方法は次の通りです。
    • スプレー行為は多くの場合、ストレスや他の猫の存在に対する反応です。[25] 上記のアドバイスに従って、猫のストレス問題に対処しましょう。
    • スプレー行為が、特にドア、窓、通気口に集中している場合は、新しい近所の猫への反応の可能性があります。 よその猫を庭に入らせないようにする、または室内ではブラインドを閉めて自宅の猫から外が見えないようにしましょう。
    • スプレー行為で獣医師の検査を受ける猫の約30%に何らかの病状が認められます。[26] 特に解決策が見つからない場合は、猫を検査してもらうと良いでしょう。
  4. 4
    子猫の成長に合わせて小さいトイレを取り替える 子猫を引き取った場合、子猫が成長したら大きいトイレが必要になるでしょう。猫がトイレで楽に向きを変えられて、掃除をしそびれてしまった場合でも、汚れていない場所を見つけて排泄ができるくらいの大きさを選びましょう。[27]
  5. 5
    長毛猫のもつれた毛を刈る 長毛種の猫の中には、排泄時にお尻の周りの毛を汚してしまう猫もいます。これが痛みや不快な経験を引き起こし、猫がトイレと関連付けてしまう可能性があります。このような状況に気づいたら、もつれた毛を慎重に刈って取り除きましょう。[28]
  6. 6
    飼い主が留守中の被害を最小限にする 飼い主が留守中に問題を起こす猫もいます。例えば、飼い主の匂いが強くする場所で排尿することがあります。大抵はベッドです。寝室のドアは閉めておくようにペットシッターに指示し、猫がペットシッターのそばを通らなくても、いつでも行けるようにトイレを余分に用意してあげましょう。[29]
    • できれば、猫がすでに会ったことのあるペットシッターに依頼するか、少なくとも出かける前に猫にペットシッターを紹介しておきましょう。
  7. 7
    ペットの多頭飼い世帯での行動を改善する 尿でのマーキング(スプレー行為)は、他の猫や犬との対立へのよくある反応で、過去にペット同士が仲良くしていたとしても起こることがあります。良い結果をもたらすには、ペットがお互いに近づかずに、餌場やトイレへ行けるようしましょう。[30]
    • 各ペットにトイレを1つずつと、余分にもう1つ用意します。できれば、少なくとも2つの出口がある別々の場所にトイレを置きます。
    • 各ペットにそれぞれのベッドとフードボウルを与えて、トイレと他のペットのフードボウルからは離れた場所に置きましょう。
    • それぞれの猫に、キャットタワーなどで高い場所や隠れられる場所を用意すると良いでしょう。
  8. 8
    悪い行動が続く場合はペットを引き離す それでもまだ猫がトイレを使わない、または他のペットに対して攻撃的な行動をとる場合は、 ペットを引き離す方法をより厳しく実行しましょう。この方法は、新しい猫を迎える際に必要になることが多いでしょう。[31]
    • 猫たちをドアが閉まった部屋にそれぞれ分けて、ドアを隔てて匂いは嗅げても姿は見えないようにします。同じドアを挟んで両側で餌を与えたり、毎日部屋を入れ替えてお互いの匂いを嗅がせましょう。
    • 数日したらドアを開け、お互いの反応が悪くなければ、近寄らせてみましょう。
    • 攻撃的な行動をとる場合は、リードやハーネスを使って、短時間同じ部屋で安全に対面させます。遊ばせたり、餌を食べさせたりして、その都度少しずつお互いの距離を近づけていきましょう。
    • 猫が落ち着いたら、猫の頭にツナ缶の汁を少し擦り付けてみましょう。これによって、毛繕いしながらリラックスができ、猫同士で毛繕いをする可能性もあります。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
医学的な問題を排除する

  1. 1
    猫が排尿に苦労しているかを見極める 猫が排尿しようと力んでいたり、長い時間をかけても出せなかった場合には、猫をすぐに獣医師に連れて行きましょう。特にオス猫は、尿道(膀胱から陰茎までの管)が狭くなったり、詰まるなどして排尿障害を発症することがあります。通常、尿道が完全に詰まって全く排尿ができなくなるまで、少量の尿が排出されます。これは生命に関わる状況であり早急な治療が必要です。また、腸管にも閉塞が起こる可能性があります。
    • 尿路感染や尿路閉塞を起こしている猫の中には、長時間排尿しようとする、性器を舐める、または飼い主に泣きつくなどする猫もいます。[32]
  2. 2
    猫に糞便の問題があるか判断する 猫でも便秘になります。慢性的になると、特別な餌や下剤が必要になる可能性があります。下痢も珍しいことではなく、中には炎症性腸疾患に関連する慢性的な下痢もあります。このような状態はいずれも猫にとって不快であり、トイレを怖がったり、トイレに間に合わず排便してしまうことがあります。
    • 炎症性腸疾患の猫の多くは、明らかな理由がなく、症状が時々しか出ません。食欲の変化、無気力、嘔吐、または吐き出す毛玉の増加などが、腸内の不快感の兆候であることがあります。
  3. 3
    トイレへのアクセスを改善する 猫が高齢である、または怪我をしている場合は、以前のように楽にトイレに入ることができていないかもしれません。猫が足を引きずっている、椅子やベッドに跳び上がるのに助けが必要である、脚が震えている、または背骨や尻尾の周辺に痛みがあるように見える場合は、すぐに猫を獣医師に連れて行きましょう!猫がトイレをより快適に使えるように、縁が低いトイレや、側面に切り込みがある「出入り口」のついたトイレなどを用意してあげましょう。また、猫がトイレの中で楽に向きを変えられる大きなトイレを検討する必要があるかもしれません。
    • 太りすぎの猫は、今までのトイレにもはや楽に収まらないかもしれません。より大きいトイレを用意し、猫の減量を始めましょう。猫にとって安全な減量方法については、獣医師に相談しましょう。
  4. 4
    獣医師に相談して他の健康問題を阻止する 猫がトイレの外で排尿してしまうのは、猫の医学的な問題によって起こることが多くあり、尿路感染症、糖尿病、慢性肝疾患、甲状腺機能亢進症、膀胱炎(尿中結晶の有無にかかわらず)、腸の疾患(炎症性腸疾患)が含まれます。判別がつかない時は、獣医師に健康診断をしてもらいましょう。
    • 獣医師からの質問に答えられるように、猫の行動を観察しておきましょう。考えられる質問には次のようなものがあります。猫はトイレのすぐ側で排尿をするか、それとももっと離れた場所でするか?尿の量はどのくらいか?猫はトイレの中で排尿しようとするか?排尿時に声は出すか?水を飲む量は増えているか?尿の色はほぼ透明色か、普通の色か、濃い色か?排尿の頻度は?これらの質問に対する答えを用意しましょう。
    • 医学的な原因がない場合でも、獣医師が、猫のスプレー行為を防止するために抗不安薬を処方することもあります。これは、効果があると保証されたものでも、安全な解決策でもありません。獣医師に抗不安薬の良い点と悪い点について質問しましょう。[33]
    広告

ポイント

  • 排尿の跡を全て見つけるには、目立たない部分も探す必要があります。これにはカーペットの裏側やその下の敷物と床も含まれます。ブラックライトを暗闇で使用すれば、尿のついたシミが発光して目に見えるようになります。
  • 複数の猫を飼っていて、どの猫がトイレの外で排尿したか分からない場合は、猫にフルオレセイン(蛍光色素)を与えることについて、獣医師と相談しましょう。これは害のない染料で、ブラックライトの下で猫の尿を一時的に青く発光させます。[34] あるいは、どの猫がトイレの外で排尿するか分かるまで、猫を別々の部屋で飼いましょう。
  • 猫がトイレにいる間に犬がちょっかいを出したり、猫砂を引っ掻き回したりする場合は、犬が猫用のトイレへ行けないように、ベビーゲートで遮断してしまいましょう。猫はゲートの下からすり抜けられても、犬にはすり抜けられないくらいの高さに設定しましょう。[35]
広告

注意事項

  • 猫がトイレを使わないからといって、尿や糞を猫の鼻に擦り付けるなどの罰を与えてはいけません。[36] 罰を与えても猫の行動は改善されません。
  • 猫の尿はアンモニア系の洗浄剤で掃除してはいけません。尿にはアンモニアが含まれているため、掃除をした後でもアンモニアの臭いが猫を同じ場所に引き寄せるかもしれません。[37]
  • 狭い場所にたくさんの猫を飼っていると、スプレー行為が起こる可能性が高くなります。複数の研究によると、猫を10匹以上飼っている世帯では、ほとんど避けられない問題だと考えられます。[38]
  • ストレスを受けた時にスプレー行為をする猫は、新しい不安の原因に直面するとスプレー行為を繰り返すことがよくあります。このような場合は、すぐに獣医師に診てもらえば、この問題がいつまでも続く癖になる前に、長期的な解決策を見つけやすくなります。[39]
広告

関連記事

マットレスについた猫の尿を取り除くマットレスについた猫の尿を取り除く
猫にノミがいるかを確かめる猫にノミがいるかを確かめる
猫の死期が近いことを知る猫の死期が近いことを知る
猫のおしっこの臭いを取る猫のおしっこの臭いを取る
猫の口を開けさせる猫の口を開けさせる
子猫に糞をさせる子猫に糞をさせる
発情期の猫を落ち着かせる発情期の猫を落ち着かせる
夜中飼い猫に起こされるのを防ぐ夜中飼い猫に起こされるのを防ぐ
活発な子猫を寝かしつける活発な子猫を寝かしつける
自家製の猫駆除剤を作る
猫に扉を引っかかせない猫に扉を引っかかせない
子猫を母猫から引き離す子猫を母猫から引き離す
猫の熱を下げる猫の熱を下げる
愛猫とコミュニケーションをとる愛猫とコミュニケーションをとる
広告
  1. http://icatcare.org/advice/problem-behaviour/soiling-indoors
  2. http://www.aspca.org/pet-care/cat-care/common-cat-behavior-issues/litter-box-problems
  3. http://www.humanesociety.org/animals/cats/tips/preventing_litter_box_problems.html
  4. http://icatcare.org/advice/problem-behaviour/soiling-indoors
  5. http://icatcare.org/advice/problem-behaviour/soiling-indoors
  6. http://www.aspca.org/pet-care/cat-care/common-cat-behavior-issues/litter-box-problems
  7. http://icatcare.org/advice/problem-behaviour/soiling-indoors
  8. http://www.aspca.org/pet-care/cat-care/common-cat-behavior-issues/litter-box-problems
  9. http://www.aspca.org/pet-care/cat-care/common-cat-behavior-issues/litter-box-problems
  10. http://icatcare.org/advice/problem-behaviour/urine-spraying-cats
  11. http://www.humanesociety.org/animals/cats/cat_problem_solver/litter_box.html?credit=web_id96068337
  12. http://www.humanesociety.org/animals/cats/cat_problem_solver/litter_box.html?credit=web_id96068337
  13. http://www.aspca.org/pet-care/cat-care/common-cat-behavior-issues/urine-marking-cats
  14. http://www.humanesociety.org/animals/cats/tips/marking_territory.html
  15. http://icatcare.org/advice/problem-behaviour/stressed-cats
  16. http://www.humanesociety.org/animals/cats/tips/marking_territory.html
  17. http://icatcare.org/advice/problem-behaviour/urine-spraying-cats
  18. http://www.thecatsite.com/a/how-to-choose-the-right-litterbox
  19. http://www.aspca.org/pet-care/cat-care/common-cat-behavior-issues/litter-box-problems
  20. http://icatcare.org/advice/problem-behaviour/soiling-indoors
  21. http://www.aspca.org/pet-care/cat-care/common-cat-behavior-issues/urine-marking-cats
  22. http://www.aspca.org/pet-care/cat-care/common-cat-behavior-issues/aggression-between-cats-your-household
  23. http://www.humanesociety.org/animals/cats/tips/marking_territory.html
  24. http://www.vet.cornell.edu/fhc/Health_Information/brochure_housesoiling.cfm
  25. http://www.aspca.org/pet-care/cat-care/common-cat-behavior-issues/urine-marking-cats
  26. http://www.peteducation.com/article.cfm?c=1+2137&aid=3288
  27. http://www.aspca.org/pet-care/cat-care/common-cat-behavior-issues/urine-marking-cats
  28. http://www.aspca.org/pet-care/cat-care/common-cat-behavior-issues/urine-marking-cats
  29. http://icatcare.org/advice/problem-behaviour/urine-spraying-cats
  30. http://icatcare.org/advice/problem-behaviour/urine-spraying-cats

このwikiHow記事について

Francine Miller
共著者 ::
認定動物行動カウンセラー
この記事の共著者 : Francine Miller. フランシーン・ミラーはカリフォルニア州サンディエゴにある「Call Ms Behaving」の設立者で、同社では犬と猫の問題行動に関するカウンセリングを行っています。 応用動物行動カウンセラーとして16年以上の経験を有し、専門は攻撃的行動、分離不安症、恐怖症、恐怖反応、破壊行動、尿マーキング、強迫性障害の治療。陽性強化のみを用いた行動管理プランと修正プランに基づく指導を行っています。アメリカン・カレッジ・オブ・アプライドサイエンス(ACAS)にて犬の行動カウンセリングを学び学位を取得。 同大学にて応用動物行動科学とファミリーカウンセリング(ペットを持つ家庭専門)の修士号課程を修了。国際動物行動コンサルタント協会(IAABC)の認定準会員、ペットプロフェッショナル協会の会員でもあります。 この記事は15,355回アクセスされました。
カテゴリ:
このページは 15,355 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告