猫のトイレトレーニングをする方法

共同執筆者 Pippa Elliott, MRCVS

この記事には:正しいトイレを選ぶトイレの手入れをする猫にトイレの使い方を教える不適切な排せつに対処する病気の可能性を排除する

多くの場合、猫は幼少のうちに母猫からトイレの使い方を習います。しかし、野良猫や人に飼われていなかった猫を最近飼い始めたのであれば、その猫はトイレの使い方がわからないかもしれません。[1]また、きちんとトイレをマスターした猫でも、時には使い方を「忘れて」、家の中で用を足し始めることがあります。 この「失敗」の原因は病気によるもの、ただ単にトイレが気に入らない、設置場所が気に入らないなど、多岐に渡ります。[2] トイレを使ったことのない猫を飼い始めるにせよ、トイレを使わなくなった猫の再トレーニングにせよ、いくつかのコツをつかめば猫のトイレトレーニングはきっとうまくいきます。

パート 1
正しいトイレを選ぶ

  1. 1
    大きなトイレを選ぶ 猫が不適切な場所で排せつをする主な原因には、猫にとってトイレが小さすぎるということがあります。[3]まだ成長期にある猫なら、 今はぴったりのサイズでも、数か月後には小さすぎて使えなくなってしまうでしょう。これは非常に重要な問題です。[4]一般的に、猫に合ったトイレを選ぶには、念には念を入れて大きめのサイズを選ぶと良いでしょう。そうすれば猫は広くてスペースが十分にあると安心し、また、あっという間にトイレが狭すぎて使えなくなるということはないでしょう。
    • 小型の猫や高齢の猫には、楽に出入りができるように側面の低い箱を選びましょう。[5]
  2. 2
    カバーの有無を決める カバーのあるトイレとないトイレの、どちらにも長所と短所があります。カバーに関して好みのうるさい猫もいれば、まったく気にしない猫もいます。愛猫はどちらが好きか、両方のタイプを試してみましょう。[6]
    • カバー付きトイレの最大のメリットは、プライバシーを確保できる点です。プライバシーにこだわる猫もいます。また、家庭に犬がいてトイレの中を漁る危険性がある場合、カバー付きであればそれを防止することができます。[7]
    • カバーは内部に臭いを閉じ込めるため、トイレが汚いと臭いがこもって猫がトイレを使いたがらなくなってしまいます。[8]
    • 非常に大型の猫は、トイレの中で向きを変えたり、砂を掘ったりするのが大変かもしれません。[9]
  3. 3
    トイレを複数用意する トイレを一つ以上設置できる場所が家庭にあれば、二つか三つ用意する価値はあるでしょう。猫を多頭飼いしている場合や、トイレトレーニング中の子猫がいる場合は、複数のトイレが必要です。また、猫一匹に対してトイレを一つ、さらに予備用を一つ用意することを推奨する専門家もいます。[10]
  4. 4
    最適な場所を見つける 排せつ物を埋めるのは猫の本能ですが、トイレに行きにくければ、猫は別の場所を見つけて用を足すでしょう。[11] 猫の気に入るトイレ置き場を探すには少々の試行錯誤が必要かもしれませんが、場所選びの際に考慮するべき基本的なポイントがいくつかあります。
    • 近づきやすく、便利な場所にしましょう。用を足したいときにトイレを探して遠くまで行かなければならないのでは、猫も嫌がります。家の中のおおむねどこからでも行きやすい場所を選びましょう。 [12]
    • 餌と水の近くにトイレを設置してはいけません。猫は給餌場を家の中の一種の本拠地と見なすため、本能的にそこから離れた場所で排尿、排便をしようとします。餌と水のボウルの近くにトイレを設置すると、猫は不安を感じ、トイレ以外の場所で用を足す可能性が増加します。[13]
    • 静かで穏やかな場所に設置しましょう。多くの場合、猫は静かで邪魔されない場所で排便するのを好みます。騒がしく、人の往来が激しい場所(洗濯機のそばや居間など)にトイレがあると、そのせいで猫がトイレを使わなくなる可能性があります。静かであまり人が通らず、猫が見つけやすく行きやすい場所を選びましょう。[14]

パート 2
トイレの手入れをする

  1. 1
    正しい猫砂を選ぶ 砂の上を歩くと心地よく、排せつ物を埋めやすいため、基本的に猫は固まる猫砂を好みます。飼い主にとっても固まる砂を使うと排せつ物をすくい取りやすく、トイレの手入れが楽にできます。[15]
    • 香り付きの砂を嫌がる猫もいます。 米国動物愛護協会は、香りや消臭効果付きの猫砂を使うと、猫の皮膚を刺激したり、アレルギー反応の原因となったりすることがあると警告しています。[16]
  2. 2
    適量の猫砂を使う 砂が多すぎると、猫が排せつ物を埋める際に蹴った砂がトイレから否応なく飛び散ったり、こぼれ落ちたりしてトイレ周辺を汚してしまいます。逆に砂が少なすぎると、猫は排せつ物を埋められないと考え、トイレの外で用を足してしまいます。また、猫砂が少ないと悪臭の原因になる上に、掃除が少々大変になります。[17]
    • 専門家の推奨によると、深さ約5㎝程度の猫砂を入れるのが適量ということです。 [18]また、猫が砂を掘ったり埋めたりしやすいように、10㎝程度が適量だとする専門家もいます。[19]
    • まずは5㎝程度の猫砂を入れてみましょう。それで猫が気に入らない様子なら、10㎝程度まで砂を足してみましょう。
  3. 3
    猫のトイレをきれいに保つ 子猫やトイレトレーニング中の猫がいる場合、初めの数週間は、「ここが排便をするべき場所だ」と猫にわからせるために、ごく少量の尿や糞をトイレの中に残しておきます。[20]しかし、猫がきちんとトイレの場所を覚えたら、 トイレは常に清潔に保たなくてはなりません。実際のところ、猫がトイレを使わない最も一般的な原因は、汚れたままにしておくことです。[21]
    • 砂で固まった尿や糞を毎日取り除きます。トイレをなるべく清潔に保つために、1日に2回の掃除を推奨する専門家もいます。[22]
    • 週に1度はトイレの丸洗いをしましょう。掃除の際は、温水と肌に優しい石鹸を使用し、強い化学洗剤を使ってはいけません。トイレに薬品の残りや匂いがつくと、猫の健康に害を与えたり、猫がトイレを嫌がったりすることがあります。 [23]
    • トイレ本体を洗い、しっかりと乾かしたら、きれいな砂を猫の好む深さ(上述の通り5~10㎝程度)まで入れます。[24]

パート 3
猫にトイレの使い方を教える

  1. 1
    猫の排せつのタイミングを知る 一般的に言って、猫は昼寝の後、遊んだり走り回ったりした後、食事の後などに排せつをします。[25]猫の生活パターンを把握しておくと、どんな時に排せつをする確率が高いかがわかります。そうすれば、そのタイミングで猫をトイレに(ソファなどではなく)連れていくことができます。
  2. 2
    トイレのそばで猫と遊ぶ 猫は遊んだり、走り回ったりした後に排せつをする必要があるため、トイレの近くで遊ばせるとトイレトレーニングが楽になります。活発に動くことでトイレに行く必要が高まるため、そのタイミングで猫をトイレに導いたり、中に入れてあげましょう。[26]
    • トイレを置いた部屋にドアがあれば、猫と一緒に部屋に入り、ドアを閉めます。おもちゃも持って入り、猫がトイレに行きたくなるまで、おもちゃを追いかけたり、飛びついたりさせましょう。[27]
  3. 3
    トイレの使い方を教える 母猫からトイレの使い方を教わっていない猫には、方法を教えてあげる必要があります。と言っても、飼い主が実際に猫のトイレを使ってみせる訳ではありません。かわりに、ちょうど排せつしそうなタイミングで猫をトイレまで連れていき、砂を掘ることを教えなくてはなりません。[28]
    • 指先で猫砂を少し脇へひっかいて見せ、お手本を示します。猫がトイレで排せつをしても、それを砂で埋めることを知らない場合は、飼い主が指で糞に砂を少しかけて見せます。時間はかかりますが、猫は飼い主が自分と同じ行動を期待していることを次第に理解します。 [29]
    • 砂を掘り、糞を埋めることを猫に教える時は、飼い主自身の指で掘って見せることが大切です。猫の前足をつかんで無理に掘り方と埋め方を「教えて」みても、猫は驚き、不安を覚え、次第にトイレに対する嫌悪感が膨らんでしまいます。[30]とにかく気長に根気強く、愛猫がいずれは自分でトイレの使い方を学んでくれると信じましょう。

パート 4
不適切な排せつに対処する

  1. 1
    決して猫を怒鳴らない 猫は決して飼い主を困らせようとしているのではない、と頭に入れておくことが大切です。粗相は何らかの病気のせいか、設置したトイレや猫砂の使い心地があまり良くないせいかもしれません。怒鳴ったり、叱りつけたりしても、猫が飼い主を怖がるだけで問題解決の役には全く立ちません。[31]
  2. 2
    排せつ物はあるべき場所へ移す 猫がトイレ以外の場所で排便をしてしまったら、糞をゴミ箱へ捨てるのではなく、ペーパータオルで拾い上げ、猫のトイレに移します。こうすると猫は糞の匂いを嗅ぎ、トイレと排便とを関連付けて学習するため、トイレの存在を印象付けることができます。[32]
  3. 3
    失敗のあとをきれいに掃除する 床やラグ、家具の上などで排尿や排便をしてしまったら、また同じ場所で排せつをしないように、その場所を徹底的に掃除することが必要不可欠です。自分の排せつ物の匂いがする場所があると、猫はその場所と排せつ行為とを関連付けて覚えてしまいます。[33]
    • じゅうたんや家具には酵素入り洗剤を使いましょう。このタイプの洗剤は尿や便の臭いを分解するため、猫がその後同じ場所で排せつする確率が下がります。[34]
    • それでも猫が同じ場所で排せつを続ける場合、可能であれば部屋のドアを閉め、猫が入れないようにしましょう。また、アルミホイルや裏返した細長いじゅうたんなど、猫の嫌いな素材を問題の場所の周りに敷いてみるのも一案です。 [35]
  4. 4
    問題の場所に餌と水を移す 猫がトイレ以外の場所での排せつを続け、しかもお気に入りの場所ができてしまったなら、そこに餌と水を移動してみましょう。猫は生まれ持った本能で、食べ物と水の近くでは排せつをしません。この方法なら、頑固な猫にトイレの使用を奨励できるかもしれません。[36]
  5. 5
    一時的に監禁期間を設ける トイレ以外の場所で排せつをする愛猫の癖が治らない場合、一時的に監禁する作戦を検討してもいいかもしれません。この方法は、他の方法がすべて功を奏さなかった場合にのみ、最後の手段として実行します。[37]
    • 猫を安全に閉じ込められる部屋を選びます。猫が動き回れるだけの充分な広さがあり、極端な高温や低温にならないことを確認します。つまり、監禁作戦を実行する季節によって、夏なら涼しく、冬なら温かい部屋が必要です。 [38]
    • 部屋の端に猫のトイレを設置し、反対側に猫のベッド、餌、水を用意します。 猫は餌や水の近くでは排せつしないため、充分に広い部屋を使いましょう。[39]
    • それでもトイレを使わない場合は、猫砂を監禁部屋の床にばらまいてみましょう。猫は必然的に猫砂の上で用を足すことになり、猫砂と排せつ行為との関連性を次第に学習します。[40]

パート 5
病気の可能性を排除する

  1. 1
    別の場所で排せつをしているかチェックする 猫がトイレを使わない場合、家中をよく調べて、とにかく排せつをしていることを確認する必要があります。どこにも排尿をしていない場合は、部分的もしくは完全な尿道閉塞の可能性があります。愛猫がまったく排尿をしていないようであれば、直ちに動物病院へ連れて行かなくてはなりません。[41]
    • トイレを使わず、別の場所で排尿をしている場合は、尿路感染症に感染している可能性があります。尿路感染症や尿路閉塞に罹患した場合、感触が冷たく肌に滑らかなタイル、コンクリート、木製のフロアリングなどの上で排尿したがる猫もいます。
  2. 2
    尿に血液が混ざっていないか調べる 猫下部尿路疾患(FLUTD)、腎臓・膀胱結石の初期の症状に、血尿と排尿困難があります。[42] 排尿時に鳴く、性器を過剰になめてきれいにするといった場合も注意が必要です。こういった症状が見られたら、なるべく早く獣医師の診察を受けさせることが大切です。こういった疾患を放置すると、尿道が閉塞し、死に至ります。[43]
    • 動物病院では、全身の診察に加えて、多くの場合、尿検査と尿培養検査を行い、さらに病気の原因と患部を特定するためにレントゲン検査が行われるでしょう。
    • 腎臓結石であれば、おそらく治療薬が処方されます。膀胱結石と診断されたら手術で石を取り除くか、膀胱の中で石を粉砕して流し出す治療が行われます。 [44]
    • 尿路感染症や腎臓・膀胱結石の猫は、充分な水分を摂れていない可能性があります。水は毎日交換し、猫がいつでも新鮮な水を飲めるようにしておきましょう。食事の少なくとも半分はウェットフード(缶詰)を与えるように獣医師から指導される場合もあります。[45]
  3. 3
    嘔吐、下痢、体重減少に注意する 消化管が炎症を起こすと、炎症性腸疾患(IBD)の原因になります。炎症性腸疾患の主な症状には嘔吐、下痢、体重減少、無気力などがあります。また、炎症性腸疾患の猫には、血便が見られることがあります。ただし、炎症が起こっている消化管の部位によって、表れる症状は異なります。愛猫にこういった症状が見られたら、なるべく早く動物病院へ連れて行きましょう。
    • 猫の示す症状が炎症性腸疾患によるものかを確認するために、多くの場合血液検査と便検査が行われます。さらに、患部を特定するためにレントゲン検査と超音波検査のどちらか、または両方を行うことがあります。[46]
    • 炎症性腸疾患の治療には炎症と免疫反応を抑えるコルチコステロイドが処方されます。また、重症度によっては抗生剤による治療を行う場合もあります。[47]
    • 炎症性腸疾患の治療の一環として食事療法を勧められる場合があります。炎症性腸疾患の猫の食事には、主に低アレルゲンのキャットフード、また食物繊維が多く脂肪の少ないキャットフードが用いられます。 [48]

ポイント

  • 猫が粗相をしても、決して罰を与えてはいけません。
  • 猫が行きやすい場所にトイレを設置しましょう。また、家の中であまり騒がしくない場所を探しましょう。
  • トイレを使ったらおやつをあげると、猫はトイレを良い場所だと学習します。
  • 引っ越しの際に、新居の小さな部屋で監禁作戦を実行するのも良いでしょう。猫は安心し、トイレの場所を覚え、新居を汚すことがなくなります。
  • 犬も飼っている場合は、猫がトイレを使う時に犬が邪魔をしないように注意しましょう。

注意事項

  • 排尿時に明らかに痛そうな様子を見せたり、血尿や血便が出たりしたら、直ちに動物病院へ連れていきましょう。

出典

  1. https://www.longmonthumane.org/?q=litter-box-training
  2. http://www.humanesociety.org/animals/cats/tips/solving_litter_box_problems.html
  3. http://www.catinfo.org/?link=litterbox
  4. http://www.catbehaviorassociates.com/kitten-litter-box-training/
  5. http://www.animalhumanesociety.org/training/litter-box-101-preventing-and-solving-litter-box-problems
  6. http://www.humanesociety.org/animals/cats/tips/preventing_litter_box_problems.html
  7. http://www.humanesociety.org/animals/cats/tips/preventing_litter_box_problems.html
  8. http://www.humanesociety.org/animals/cats/tips/preventing_litter_box_problems.html
  9. http://www.humanesociety.org/animals/cats/tips/preventing_litter_box_problems.html
続きを 表示する… (39)

記事の情報

カテゴリ:

他言語版:

English: Litter Train a Cat, Español: entrenar a un gato para usar la caja de arena, Português: Treinar um Gato para Usar a Caixa de Areia, Italiano: Abituare un Gatto alla Lettiera, Русский: приучить кошку пользоваться лотком для туалета, Français: entrainer un chat à faire ses besoins dans une litière, Tiếng Việt: Huấn luyện Mèo Đi vệ sinh, Bahasa Indonesia: Melatih Kucing Buang Air, العربية: تدريب قطة على صندوق الفضلات, Nederlands: Een kat leren op de bak te gaan, Deutsch: Einer Katze beibringen, die Toilette zu benutzen, 中文: 训练猫咪使用猫砂盆, 한국어: 고양이 배변 훈련하는 법

このページは 262 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?