猫の世話をする方法

共同執筆者 Pippa Elliott, MRCVS

この記事には:猫を入手する愛猫のしつけをする愛猫に餌を与える愛猫の健康を維持する20 出典

猫は、遊び好きな性格や愛情深いしぐさ、愛らしい顔つきなどの特徴を持つので、理想的なペットとなり得ます。しかし、既成概念とは異なり、猫は「手間がかからない」訳ではありません。飼い主は、愛猫の健康と幸福を保つために猫の世話をする方法を熟知して、新しく友になる猫が最善の生活を送れるように備えましょう。

パート 1
猫を入手する

  1. 1
    子猫か成猫のどちらを入手するのかを決めましょう。[1] 子猫は可愛いらしくて魅力的ですが、自分が子猫のエネルギーレベルについていけるかどうかを正直に自問しましょう。動物愛護センターには引き取り手の少ない愛らしい成猫が数多くいます。成猫は子猫に比べておとなしくて静かですが、以前の生活環境が原因で行動障害を抱えている場合もあります。成猫には子猫に比べてすぐに対処しなければならない病状があるかもしれません。さらに、子猫は引っ掻き癖が苦痛になるほど強いので、それを受け入れられるかどうか判断をしましょう。
  2. 2
    特定の猫につきまとう健康問題を考慮しましょう。特に入手したい猫がいるならば、長期的なケアが必要かどうかを知るために、その猫の病歴を尋ねましょう。その猫の医療的な必要を賄う余裕がありますか。
    • 入手したい猫が健康であったとしても、その品種を考慮に入れましょう。純血種の猫は、克服を要するその種独特の遺伝的な問題を抱えているかもしれません。例えば、マンクスやスコティッシュフォールドのような扁平顔の猫は、呼吸障害をよく発症します。[2]
    • 純血種の猫は、雑種の猫よりも遺伝的な健康問題を抱えやすいでしょう。[3]
  3. 3
    猫に費やせる時間を考慮しましょう。猫は犬のように散歩に連れて行く必要はありませんが、だからといって猫の世話には時間がかからないと勘違いをしないようにしましょう。猫も沢山の遊びを必要とする活動的なペットであり、飼い主の気配りが求められる愛情深い相棒です。猫のトイレを掃除したり、計画的で栄養バランスの取れた食事を与えるためにも時間が必要です。
    • 室内飼いの猫の平均寿命は13−17年なので、飼い主は、新しい家族の成員に対して長期的な責務を担うという認識を持つ必要があります。[4]
  4. 4
    猫にかかる費用を賄えるか試算をしましょう。猫の初期購入費としては、愛護センターから猫の里親として数千円で入手するケースから、純血種を数万円で入手するケースまで幅があります。初期購入費以外にも、餌や猫砂、おもちゃや医療にかかる費用が必要になるでしょう。ASPCA(アメリカ動物虐待防止協会)は、猫の入手初年度に約1,035米ドルの費用がかかると推定しています。[5] (主な用品の購入と初期医療処置の終了後は、必要経費額が減少します。)
  5. 5
    動物愛護センターから猫を引き取れるかを考慮しましょう。ワクチン接種や健康診断、避妊・去勢手術済みの猫が入手できることを考えれば、入手費用は最小限といえるでしょう。[6] 責任感のある飼い主であれば、「無償」で猫を入手したとしても(例えば捨て猫を拾うなど)、こうした処置を施す費用を最終的にかけなければならなくなります。

パート 2
愛猫のしつけをする

  1. 1
    猫のトイレを使うように愛猫をしつけましょう。[7] 大半の猫は砂の感触を好むので、室内のどこよりも猫のトイレを選ぶでしょう。それでも、トイレとして最善の場所を選ぶために必要ないくつかのステップを確認します。
    • 猫のトイレは、人間や犬あるいは大きな音に邪魔をされない、静かな場所に置きます。
    • 猫のトイレは清潔に保ちます。糞は毎日取り除き、箱は週毎に掃除をしましょう。さらに猫砂は、最低週に一度は交換か追加をしましょう。[8]
    • 多頭飼いの場合は、トイレの数が足りるようにします。猫が二匹いる場合は、屋内の3カ所に猫のトイレを置きましょう。優位の猫が劣位の猫に特定のトイレを使わせないように威嚇する場合があります。
  2. 2
    猫のトイレを居心地のよい場所にしましょう。トイレを使っている最中に愛猫を驚かせたり怖がらせたりすると、トイレと悪体験を結びつけてトイレを避けるようになるかもしれません。多少余計に費用がかかるとしても、大きめのトイレを購入しましょう。猫は大きな箱(高さではなく、広さ)に心地よさを感じます。[9]
    • 猫は急な変化を嫌うので、猫砂の種類を突然変えないようにします。ベントナイト系猫砂から掃除のしやすいクランプ(尿を吸収して固まる)タイプのものに変えたり、あるいはその逆を行うと、猫は嫌がってトイレを使わなくなる場合があります。
    • 芳香剤の匂いが強すぎる猫砂は、猫のトイレの利用を妨げる原因となるので使用を避けましょう。
  3. 3
    若猫や老猫の必要を考慮しましょう。子猫、あるいは関節炎などの健康障害を抱えた老猫にとって縁が高すぎるトイレは出入りが困難です。子猫や特別な必要がある猫には、猫が容易に通える場所に縁の低い猫のトイレを置くか、出入りの高さ調整が可能な猫のトイレを購入しましょう。
  4. 4
    猫の爪研ぎ器を準備しましょう。ものを引っ掻く習性は猫の正常な習性なので、訓練によって止めさせることはできません。愛猫に爪がある場合は、爪研ぎ器を1つか2つ準備して家具や木工品などを引っ掻かれないようにします。爪研ぎ器があれば、猫は正常で健康的な行動に思う存分浸れるでしょう。[10]
    • 愛猫は抜爪してある、つまり前足か後ろ足、あるいは両足の爪を手術により切除してあるかもしれません。抜爪済みの猫は引っ掻くことができないので爪研ぎ器は不必要です。
  5. 5
    猫が進入禁止場所に入るのをやめさせましょう。猫は好奇心が旺盛で、カウンターに飛び乗ったり猫に来て欲しくない場所に来たりするでしょう。猫が飛び乗るタイミングでボトルの水を霧状に吹きつけるトレーニングマットを用いるか、あるいははっきりと「だめ」というだけでもこの習性を正すことはできます。辛抱強く時間をかければ、進入禁止区域に入らないように愛猫を訓練できます。
    • ガラガラと音を立てる缶(炭酸飲料水の空き缶に数個の小石を入れて飲み口をテープで塞いだもの)を用いることもできます。缶を軽く床に落として禁じられた場所へ来た猫を追い払います。猫に缶を投げつけるのはやめましょう。
  6. 6
    猫用フェロモン製品の利用を考慮しましょう。猫に安らぎを与える合成フェロモンで空気を満たす猫用フェロモン製品は、スプレータイプかコンセントに接続する拡散器タイプがあります。[11] フェロモンは猫のトイレや引っ掻きなどの問題行動を軽減し、ストレス性や心配性の猫を落ち着かせる効果も報告されています。

パート 3
愛猫に餌を与える

  1. 1
    愛猫に与える餌の種類を決めましょう。キャットフードには様々なタイプが存在します。ドライタイプに半生タイプ、缶詰タイプが一般的です。ドライタイプと比較して、半生タイプと缶詰タイプは猫の食事に多くの水分を供給できます。通常は、飼い主の好みで最終的な種類の選択を行います。
    • 病気持ちの猫には、特定のタイプの餌が必要になる場合があります。獣医に推奨タイプを尋ねましょう。
  2. 2
    キャットフードの優良ブランドを選択しましょう。他の動物と同じく、猫に必要な特定の栄養素があります。猫は「完全な肉食動物」なので、重大な健康障害を避けるために動物蛋白を摂取する必要があります。[12] 獣医に高品質の餌について尋ねましょう。安価な製品は、愛猫の幸福と健康を維持する上で必要となる十分な栄養素を含んでいないかもしれません。
    • 牛肉や鶏肉、七面鳥などの動物の肉や魚を多く含む餌を探しましょう。[13]
    • タウリンやアルギニンといった重要なアミノ酸、さらにアラキドン酸やリノール酸といった脂肪酸を同時に含む餌を探しましょう。[14]
    • 獣医の許可があったものを除いて、愛猫に人間の食事を与えないようにしましょう。人間の食事の中には猫に深刻な病気を引き起こしたり、有毒であったりするものがあります。(例:チョコレート)
  3. 3
    キャットフードに表示されている給餌ガイドに従いましょう。[15] 通常は、猫の年齢と体重、そして活動量に応じて餌を与えます。[16]
    • 愛猫の餌と給餌法について懸念がある場合は、獣医の推奨は何かを尋ねましょう。
  4. 4
    愛猫に餌を与え過ぎないようにしましょう。獣医の勧めに厳密に従い、現代の猫が直面する最も重大な健康障害のひとつである肥満症を避けるために、愛猫が十分な運動を行うようにします。肥満症の猫は、中年期にさしかかると糖尿病を発症しやすくなります。体重過剰は、猫に関節炎や心臓病、その他の健康障害を引き起こします。[17]

パート 4
愛猫の健康を維持する

  1. 1
    猫の毛の必要に応じてブラッシングを行いましょう。猫は自分でグルーミングを行うので、ブラッシングの必要はないと思うかもしれません。しかし、長毛種の猫は週に数回、短毛種の猫は週に一回、ブラッシングを行う「必要」があります。そうすれば、室内の抜け毛を減らし、猫が嫌がる毛玉対策につながります。
    • 抜け毛の多い猫(特に長毛種の場合)には、金属製で櫛目の細かいブラシを用います。そうしたブラシは猫の毛の奥まで梳けるため抜け毛を低減します。
  2. 2
    猫をブラッシングしながら皮膚の状態を確認しましょう。蚤や他の寄生虫、異常な赤班や腫れもの、できものやその他の皮膚疾患に注意を払います。疑わしいものを見つけたならば、その旨を獣医に伝えて処置方法についてのアドバイスを求めましょう。
  3. 3
    年毎の定期検診予定を立てましょう。[18] 人間の家族と同様に、猫も定期的な検診を必要とします。人間の子供とは異なり、猫は人間に自分の具合が悪いことを伝えられません。健康維持のための定期検診で獣医を訪れるには、猫は人間に頼るしか方法がないのです。最低でも年に一回は猫の検診のために獣医を訪れましょう。歯や耳、目や心臓の診察、ブースター接種に加えて、蚤や回虫の駆除などを行います。猫の飼い主の誰もが、自身のペットに猫伝染性腸炎(FIE)と猫インフルエンザ、さらに猫白血病ウイルス(FeLV)の予防接種を受けさせるように考慮すべきです。これらの病気はすべて感染すると致命的なので、予防接種を受けてペットを保護しましょう。ここに挙げたワクチンの他、場合によっては他のワクチンの接種済み証明もないと、猫の一時預かりサービスを利用する必要が生じた時に、施設は猫の受け入れを拒否する場合があります。獣医は、ご自身のペットがまさに必要としているどのようなワクチンを接種すればよいかを助言してくれるでしょう。愛猫の健康や行動になんらかの疑問があれば、できるだけ早く獣医に相談をしましょう。
    • 最適な健康状態を保つために、老猫は年に二回、獣医を訪れる必要があるかもしれません。
  4. 4
    子猫の場合は獣医の訪問頻度を上げます。人間の赤ちゃんと同様に、子猫は成猫に比べてより頻繁に獣医を訪問する必要があります。子猫は生後八週目辺りから、各種予防接種と回虫駆除を受けるために獣医を2、3回訪ねなければなりません。最低でも、猫ジステンパーと狂犬病予防接種は受けましょう。獣医は、随意の予防接種を受けるメリットについても相談に乗ってくれるでしょう。猫白血病などの疾病リスクについて獣医から十分な情報を得た上で、接種するワクチンの種類を決定しましょう。
    • 獣医は、子猫に蚤や耳ダニの有無も確認して、必要があれば治療を施します。
    • 子猫には必ず回虫駆除を施すようにします。子猫の大半には、子猫の発育を妨げるうえに人間に伝染する可能性がある回虫が存在します。
  5. 5
    愛猫に避妊もしくは去勢(あるいは「不妊」)手術を施しましょう。雌猫の避妊手術そして雄猫の去勢手術実施には、多くの利点があります。不妊手術は、放浪癖や尿スプレーの傾向といった望ましくない行動を抑制します。身体的には、望まれない妊娠や子宮留膿症などの疾病を防ぎます。[19] 最も重要な点として、避妊手術は世界中の望まれない子猫の数を低減します。
    • 子猫にふさわしい避妊・去勢手術時期について獣医に相談をしましょう。通常、獣医は生後二ヶ月後から六ヶ月後の間を推奨します。
  6. 6
    猫に歯ブラシの使用を慣れさせましょう。猫も歯科疾患を患います。猫の歯を磨くには、柔らかい毛先の歯ブラシと猫用歯磨きペーストが必要です。「人間用の歯磨きペーストは決して用いない」ようにしましょう。人間用の歯磨きペーストに含まれている多量のフッ素は猫のお腹の調子を崩すうえ、多量摂取は猫にとって有毒です。猫に猫用歯磨きペーストを与えて味見をさせることから始めます。次回は、猫に歯磨きペーストを味わわせた後、自身の指を上歯の歯肉に沿ってなぞります。同様の動作を歯ブラシを用いて繰り返します。上奥歯の歯肉線に沿ってやや上向きに歯ブラシの毛先をあてがい、歯ブラシの毛先が歯肉線の内側まで届くようにします。歯肉線に沿って小さな円を描くようにして、奥から前に向かって歯を磨きます。ペットの歯磨きは30秒以内で終えられるでしょう。
    • 最初から口内全体を磨こうとしないようにします。たとえ上歯の外部のみが磨けたとしても、全く磨かないよりは良いでしょう。歯科疾患予防で最も重要な部分を対処しているからです。
  7. 7
    必要ならば、専門家による歯の洗浄を行いましょう。最善の歯磨きを施していても、猫によっては時折専門家による歯の洗浄が必要な場合があります。歯磨きは、見える範囲内の歯垢や歯石の低減には役立ちますが、歯肉線の直下にできる歯石を取り除くことはできません。専門家による洗浄時は、獣医に麻酔中の猫の口内をじっくりと検査してもらうよい機会でもあります。下記に歯科疾患の兆候を列挙します。[20]
    • 口臭
    • 弛緩歯
    • 変色歯もしくは歯石に覆われた歯
    • 口内過敏もしくは痛む口内
    • 出血
    • 多量の流涎もしくは摂食時における餌の落下
    • 食欲不振もしくは体重減少
  8. 8
    愛猫に必要な運動時間を必ず取りましょう。精神的な幸福感と身体的健康を維持するために、愛猫は飼い主と毎日ふれあう必要があります。猫のおもちゃや会話、グルーミングを通して共に時間を過ごしましょう。レーザーポインターやボール、おもちゃのネズミや羽根などの道具を用いて愛猫と一緒に遊ぶのもよいでしょう。

ポイント

  • 愛猫の健康を最適に保つために、愛猫には高品質な餌を適量分だけ与えるようにします。
  • 愛猫のブラッシングは最低週一回、長毛種の場合はさらに頻繁に行います。
  • 牛乳は猫のお腹の調子を崩します。愛猫に与えるうえで最も望ましい液体は水です。
  • 愛猫の飲み物に対する選り好みが激しい場合は、水道水ではなく濾過した水を与えてみましょう。
  • 面白情報 猫には甘みを感じる味蕾が欠けていますが、アミノ酸を感じる味蕾(肉向け)は大変発達しています。
  • 猫には爪があり、興奮したり恐怖を感じた時、あるいは腹を立てた時に爪を立てます。猫は引っ掻くことがあるので注意しましょう。愛猫と遊んでいる最中に愛猫が引っ掻く場合は、はっきり「だめ」といい、遊びを中止します。やがて猫は学習をして、遊んでいる最中に爪を立てないようになるでしょう。
  • 猫に噛まれたり引っ掻かれたりした場合は、石けんと水で傷口を洗浄してから、アルコール(あるいは他の消毒液)で消毒して絆創膏を貼ります。腫れや感染の兆候が見られる時は医師の診察を受けましょう。
  • 最低年に一度は愛猫に獣医の検診を受けさせましょう。
  • 室内に置く植物の種類に注意を払いましょう。観賞用の花の中にはペットにとって非常に有毒なものがあります。(例:ポインセチア)
  • 子猫は室内で飼いましょう。外飼いの猫は怪我や病気、犬からの攻撃やその他の危険にさらされるので、室内飼いの猫に比べて遥かに短命です。

注意事項

  • 不必要になった猫を捨てるのはやめましょう。望まれない動物は、近くの動物愛護センターに引き渡します。センターは愛犬や愛猫を引き取って、ふさわしい飼い主を捜すように努めます。動物を捨てるのは残酷です。
  • 猫の虐待はやめましょう。自分が猫だとしたら虐待を受けたいと思いますか。(猫には鋭い爪があります。猫をいじめるとひっかかれるでしょう。)

出典

  1. http://www.adoptapet.com/blog/adopting-a-cat-or-a-kitten-which-is-better-for-me/
  2. http://www.worldofdani.com/healthproblemsextremepersiansen2.htm
  3. http://www.icatcare.org/advice/cat-breeds/inherited-disorders-cats
  4. https://www.aspca.org/pet-care/cat-care/general-cat-care
  5. https://www.aspca.org/adopt/pet-care-costs
  6. http://www.animalhumanesociety.org/adopt/adoption-fees
  7. Feline Internal Medicine Secrets. Michael R. Lappin, DVM, PhD. Hanley and Belfus, Inc. 2001
  8. Litter Box Preference in Domestic cats: Covered Versus Uncovered. E.K. Grigg, et al. Journal of Feline Medicine and Surgery April 2013 vol. 15 no. 4 280-284
  9. Litterbox Size Preference in Domestic Cats (Felis catus). N.C. Guy, et al. Journal of Veterinary Behavior Clinical Applications and Research. March–April, 2014Volume 9, Issue 2, Pages 78–82
続きを 表示する… (11)

記事の情報

この記事はPippa Elliott, MRCVSが共著しています。 獣医であり、Royal College of Veterinary Surgeons(王立獣医師会)のメンバーでもあるエリオット医師は、30年以上にわたり、かかりつけ獣医、そして獣医外科医として獣医療の実践に努めてきました。1987年にグラスゴー大学にて獣医科学と獣医外科学の学位を取得してます。エリオット医師は生まれ故郷の町にある動物診療所に20年以上勤務しています。

カテゴリ:

他言語版:

English: Take Care of a Cat, Español: cuidar un gato, Italiano: Prenderti Cura di un Gatto, Русский: заботиться о кошке, Deutsch: Sich um eine Katze kümmern, Français: prendre soin d'un chat, Tiếng Việt: Chăm sóc Mèo, Nederlands: Voor een kat zorgen, العربية: الاهتمام بقطة, 한국어: 고양이를 돌보는 법, ไทย: วิธีการเลี้ยงแมว, Čeština: Jak se starat o kočku, Bahasa Indonesia: Memelihara Kucing, Português: Cuidar de Gatos, 中文: 照料猫咪

このページは 1,239 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?