猫はオス猫もメス猫も子猫も外見や行動がよく似ていて、外から見ているだけでは性別が判断しにくい動物です。しかし、ちょっとしたポイントを知っていれば、オスかメスかを判別することができます。生後間もない子猫はまだ生殖器が十分に発達していないため、性別判断は生後数週間たってからにしましょう。

方法 1 の 2:
生殖器の特徴を見て性別を判別する

  1. 1
    猫を丁寧に扱いましょう。猫を抱きかかえないと性別を見ることができません。抱き上げられることが嫌いな猫もいるので、猫が安心できるように時間をかけてください。
    • 猫の近くに座ったり立ったりして近づきます。自分の手の匂いなどを嗅がせて安心させましょう。
    • もし猫が警戒しているようなら、少し時間を置いてからにするか、誰かほかの人に代わってもらってもいいでしょう。
  2. 2
    猫のしっぽを持ち上げます。片手で猫を優しく抱きかかえ、あやします。もう片方の手で生殖器が見えるようにしっぽを持ち上げましょう。
    • もし猫が体を任せてくれるようであれば、椅子やソファに座って作業をすれば、猫を手から落としたりする心配なく作業ができます。
    • もし誰か他の人に手伝ってもらえる場合は、あなたがしっぽを持ち上げる間、パートナーが両手で猫をしっかり抱きかかえてもらうようにしましょう。
    • もし猫がしっぽをいじられることを嫌がるようであれば、しっぽと背中の間を優しくくすぐってあげましょう。この部分を触ってあげると、大抵猫は自分からしっぽを持ち上げます。[1]
  3. 3
    オス猫の生殖器の特徴を見てみましょう。オス猫とメス猫を見分ける一番確実な方法としては、しっぽの下にある生殖器をみることがあげられます。オス猫の生殖器は一目瞭然なので、まずはオス猫の生殖器がついているかいないか見てみましょう。
    • オス猫は、肛門と陰嚢とペニスを持っています。メス猫は肛門と尿道口のみを持っています。
    • オス猫の陰嚢は毛に覆われ、陰嚢の中に睾丸があります。睾丸の大きさはおよそサクランボの種〜サクランボ程度で、オス猫のお尻あたりが2つふくらんで出ているように見えます。もし猫の毛が長くて陰嚢を目で確認できない場合は、毛を水で濡らしてみると、陰嚢の確認がより簡単になります。
    • 去勢手術を受けたオス猫にも陰嚢は残っていますが、小さくなってしまうことが多いでしょう。[2]
    • ペニスは陰嚢の下、猫の後ろ足の太ももの間に小さな突起のようになって、位置しています。オス猫の生殖器は、コロン(:)のような形に見えます。
    • オス猫の肛門と生殖器の間はおよそ1インチ(2.5cm)となり、子猫の場合は、0.5インチ(1.3cm)程になります。
  4. 4
    メス猫の生殖器の特徴を見てみましょう。もしオス猫の生殖器の特徴がない場合、メス猫の生殖器があるかを確かめます。
    • メス猫は、肛門と尿道口、垂直な切れ目のような形をした外陰部をもっています。メス猫の生殖器は、セミコロン(;)のような形をしているでしょう。[3]
    • メス猫の肛門と外陰部の間の距離はオス猫より短く、大抵の場合は0.5インチ(1.3cm)程になります。
    広告

方法 2 の 2:
その他の特徴からオスかメスかを判別する

  1. 1
    毛色を確認してみましょう。もし産まれたての子猫がたくさんいる場合は、一方の性に特定された毛並みの色を知ることで、猫の性別判断が可能です。
    • キャリコ(大きい斑の黒、白、オレンジ)や、トータシェル(まだら状になった黒、オレンジ、茶色、そしてまれに白)などの三色の色合いを持つ猫は、大抵の場合メスです。
    • オレンジや赤っぽい色の毛を持つ猫はオス猫であることが多いでしょう。ただ、この方法は必ずしも正確とは言えないので注意してください。[4]
  2. 2
    去勢をしていない猫の性別ごとの行動の特徴を見てみましょう。去勢をしていない猫は、猫がもっている本来の性別ごとの行動や癖があります。
    • 去勢をしていないオス猫はメス猫よりも性格が積極的で、頭も大きく、体もしっかりしています。唸ったり、外に出て数日帰ってこなかったりすることもあります。自分のテリトリー(領域)に、においの強いおしっこをひっかける、マーキング行為を行います。[5]
    • メス猫はおしっこをひっかける行為をすることは、オス猫に比べ、あまり見ることはないでしょう。
  3. 3
    猫の盛りや妊娠してるサインがないかを見分けましょう。暖かい季節になると(または部屋の空調が暖かく調節されていたりすると)、3~5週間ごとに、それまでおしっこをあちこちにひっかけることがなかったメス猫が盛りに入って、妊娠の準備ができていることを示し始めます。盛りに入った猫の行動は以下の通りです。
    • 鳴き声でオス猫を誘います。その鳴き声は、まるで痛みに苦しんでいるかのように聞こえるときもあります。
    • しっぽを持ち上げて生殖器をみせつけたり、しゃがみ込んで受け入れる体勢をとったります。外陰部に透明な体液が分泌されていることもあります。
    • 周りのものや人、動物などにいつも以上にすり寄ったりします。[6]
    • 妊娠しているメス猫の場合、お腹が下がってきます。
    • 出産経験のある猫は、乳首がお腹から出てくることもあります。ただ、オス猫にも乳首はあるので、間違って見分けることのないように注意してください。
    広告

ポイント

  • 猫の生殖器を確認することが、一番確実な判別方法です。猫の性格によって性別を判断することは、一番不確実な方法なので気をつけるようにしましょう。専門家によると、オス猫とメス猫によって性格が違うというのはまったくあてにならない話だということです。
  • もし一人で作業をする場合、皮の手袋や長袖の服を着て、作業の間に猫に引っ掻かれても大丈夫なように肌を守りましょう。
  • 自分の飼い猫ではない猫や、捨て猫などの場合は、無理に生殖器を見る判別方法をすることはやめましょう。猫が自分に慣れてくるまで時間をかけて待つか、動物病院に連れていく方法をおすすめします。



広告

関連記事

How to

ソファに付いたペットのおしっこ臭を取る

How to

猫が妊娠しているか調べる

How to

野良猫を捕まえる

How to

鶏の性別を見分ける

How to

猫のおしっこの臭いを取る

How to

犬と猫を仲良く同居させる

How to

ベタの性別を見分ける

How to

愛猫とコミュニケーションをとる

How to

モルモットを楽しませる

How to

薬品を使わずにノミを退治する

How to

モルモットの妊娠を見分ける

How to

水槽のアンモニア濃度を下げる

How to

ヘビの駆除

How to

うさぎをなでる
広告

このwikiHow記事について

Pippa Elliott, MRCVS
共著者 :
獣医
この記事の共著者 Pippa Elliott, MRCVS. 獣医であり、Royal College of Veterinary Surgeons(王立獣医師会)のメンバーでもあるエリオット医師は、30年以上にわたり、かかりつけ獣医、そして獣医外科医として獣医療の実践に努めてきました。1987年にグラスゴー大学にて獣医科学と獣医外科学の学位を取得してます。エリオット医師は生まれ故郷の町にある動物診療所に20年以上勤務しています。 この記事は42,244回アクセスされました。
カテゴリ: ペット・動物
このページは 42,244 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告