様々な病気の症状により、猫の腹部が膨らむことがあります。突然膨らんだり、時間をかけてゆっくりと膨らんでいくことがありますが、どれだけ時間がかかったかに関わらず、腹部の膨らみを深刻な症状と捉え、できるだけ早く原因を突き止めるべきです。猫を観察して、獣医に相談し、かかっている可能性のある病気を検討し、原因を突き止めましょう。

パート 1 の 2:
原因の可能性を考える

  1. 1
    栄養失調の兆候がないか確認する 栄養失調の猫は腹部が膨張していることが多々あります。膨張した腹部はむくんでいたり、突き出ているように見えることがあります。また、腹部を覆う脂肪や筋肉がほとんど見られないかもしれません。栄養失調は以下の項目に当てはまる猫に起こりがちです。
    • 自家製の餌を食べている
    • 肉や動物性食品を与えられていない
    • ビタミンE、銅、亜鉛、カリウムが不足がしている
    • 植物オイルを大量に含む餌を食べている
  2. 2
    猫が単なる太り気味かどうか観察する 一般的に、猫は体重455グラムごとに、1日30カロリーを必要とします。これ以上のカロリーを摂取している場合、肥満になる可能性があります。
    • 獣医師に相談したり、キャットフードのパッケージに記載されている栄養成分表示を確認したりしましょう。[1]
    • 猫が太り気味かどうか確認できるボディコンディションスコアを利用しましょう。以下参照:https://petful-life.jp/diary/study/cat_bcs.html
  3. 3
    猫伝染性腹膜炎(FIP)の兆候に気付く FIPはウイルス感染から始まり、致死的な状態に陥ることがあります。FIPは猫の生息密度が高い地域や家庭で発生しやすくなります。膨張した腹部に加え、下痢がよくある兆候のひとつです。
    • 肝酵素値、ビリルビン値、グロブリン値を計測する血液検査を受けると、FIPかどうか確認することができます。[2]
    • 腹水の検体を取ることで、体内に腹水、胸水が溜まるウェットタイプのFIPかどうか診断できます。
  4. 4
    伝染病、ウイルス、寄生虫の兆候がないか確認する 様々な伝染性の病気により、猫の腹部が膨らむことがあります。多くの場合、軽症で済みますが、重大な問題につながる場合もまれにあります。以下の症状がないか確認してみましょう。
    • メス猫の生殖器官が感染する子宮蓄膿症:倦怠感、食欲不振、頻尿といった症状が見られます。
    • 回虫:猫の糞や肛門周りに見られる米のような物体が回虫です。[3]
  5. 5
    癌や腫瘍の兆候がないか確認する 猫の腹部の膨らみの一番深刻な原因は癌や腫瘍です。その疑いがあれば、直ちに獣医師の治療を受けましょう。一般的な癌や腫瘍の症状には異常な皮膚のできものや、食欲不振があります。 [4]
  6. 6
    代謝や消化の問題がないか確認する 猫の腹部が膨らむ原因のひとつとして、糖尿病や大腸炎のような代謝系や消化系の疾患があります。一般的な兆候は食欲、体重、体力の増減です。
    • 代謝や消化の疾患を疑うなら、血液検査を受けて、獣医師に診断してもらいましょう。[5]
    広告

パート 2 の 2:
獣医師に相談する

  1. 1
    猫の腹部が膨んだ時間の経過を説明する いつ、どれくらいの期間を経て猫の腹部が膨らんできたか説明します。猫を診断するに当たって、重要な情報になります。以下の項目に当てはまる場合は獣医に伝えましょう。
    • 1晩、または2、3日で猫の腹部が膨らんできた
    • 数週間、または数カ月かけて、猫の腹部が膨らんできた
  2. 2
    猫の食生活について話す 猫の食欲には、多くの場合、腹部の膨張との関連性が見られます。腹部の感染症や消化器官の病気が猫の食欲に影響するためです。以下の項目に当てはまる場合、獣医に知らせましょう。
    • 食べる量が減った
    • 食べる量が増えた
    • 食欲がまったくない
    • 食後に嘔吐する
    • 最近餌を変えた[6]
  3. 3
    血液検査を受けさせる 猫の腹部が膨らむ原因を突き止めるために血液検査は不可欠です。獣医師とて、血液検査の結果がなければ、免疫系の状態などについて十分な情報が得られません。
    • 血液検査によって、猫の免疫系についての情報を得ることができます。子宮蓄膿症のような感染症であれば、白血球数が上昇しています。 [7]
  4. 4
    獣医師に診断してもらう 内視鏡検査や生体検査をしてもらうため、内科専門の獣医師に猫を診てもらいましょう。適切な診断を下すために、様々な検査をする必要があるかもしれません。腹部が膨らむ理由を解明するためには、以下の検査の受診が考えられます。
    • X線写真:X線写真を撮ることで、癌腫瘍や感染した臓器の位置を確認しやすくなります。
    • 超音波検査:超音波検査から多くの情報を得ることができます。癌の発見、または癌ではないことを確認できるかもしれません。さらに、腹腔内外に液体が溜まっていないか確認することもできます。
    • 生体検査:猫の腹部に腫瘍や感染した箇所が見つかれば、生体検査をする必要があるかもしれません。[8]
    広告

関連記事

How to

猫にノミがいるかを確かめる

How to

猫のおしっこの臭いを取る

How to

子猫の性別を見分ける

How to

猫の死期が近いことを知る

How to

猫の口を開けさせる

How to

発情期の猫を落ち着かせる

How to

猫の熱を下げる

How to

猫の毛刈りをする

How to

活発な子猫を寝かしつける

How to

失明した猫の世話をする

How to

猫を追い払う

How to

子猫に糞をさせる

How to

猫の虫下しをする

How to

猫に寄生虫がいるかを確かめる
広告

このwikiHow記事について

Deanne Pawlisch, CVT, MA
共著者
認定動物看護師
この記事の共著者 Deanne Pawlisch, CVT, MA. ディアン・パウリッシュは、認定動物看護師としてイリノイ州で動物病院を対象にした企業研修や、ハーパー大学にて獣医助手の育成を行っています。2011年よりテキサス州サン・アントニオの動物福祉団体「Veterinary Emergency and Critical Care Foundation」の認定会員として活動しています。北イリノイ大学で人類学修士号を取得。
カテゴリ:
このページは 138 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告