環境汚染を防止する方法

共同執筆者 Kris Jensen

この記事には:持続可能な移動手段を選択する持続可能な食べ物を選ぶ持続可能な電力使用を心がける削減、再利用、リサイクル水源に化学物質を混ぜない啓蒙する29 出典

地球が存続していくために、環境汚染を止めることは必須です。地球に依存している私たちの健康や福祉もまた、こうした努力にかかっています。私たちが吸う空気には大量の汚染物質が含まれ、海や河川は化学物質で毒されています。このまま環境汚染が進んでいくと、本来の美しさ、活力、多様性といった要素が奪われてしまった地球しか残らないでしょう。この記事を読み、環境汚染を止めるために実践できるいくつかの方法を学びましょう。

1
持続可能な移動手段を選択する

  1. 1
    出来る限り徒歩や自転車を選ぶ 汚染を食い止めるための最も有効な手段の一つに、近距離の移動に自動車を使わないという方法が挙げられます。天気も良く、距離もあまり離れていないのであれば、徒歩や自転車といった手段を検討しましょう。大気汚染の軽減に貢献すると同時に適度な運動をすることにもつながり、新鮮な空気を楽しむこともできます。[1]
  2. 2
    公共交通機関を使用する バス、電車、地下鉄もまた、自家用車の使用を避けCO2の排出量を抑える効果的な方法です。住んでいる地域の公共交通手段が発達しているのであれば、ぜひ活用しましょう。運転中のように常に集中している必要もないので、移動中の時間で読書、あるいはニュースをチェックしたりシンプルにリラックスしても良いでしょう。
  3. 3
    外出を一度にまとめる 数日間で何度も移動をするということは、自動車を使用する度に環境を汚染していることを意味しています。数日間にわけて何度も用事を済ませる代わりに、一度の往復移動にすべてまとめてしまうことを検討しましょう。車は冷えたエンジンをかける時、運転時よりも20%多く燃料を消費するので、複数の外出を一度にまとめることでコストを抑えることにもつながります。[2]
  4. 4
    学校や職場へ相乗りする 長時間の通勤・通学は日常生活の一部に過ぎないかもしれません。徒歩や公共交通機関が選択肢にない場合は、相乗りをして学校や職場に向かうことを検討しましょう。運転を順番に担当したり、他の人と一緒に乗車することは、CO2排出量を削減するだけでなく、毎週のガソリン代を節約することにもつながります。[3] 相乗りすることによって職場の同僚と仲良くなったり、通勤のストレスが軽減されるという効果もあります。[4]
  5. 5
    自家用車を定期的に点検する 自家用車の使用頻度を減らすよう努めるほかに、良好な状態で維持することもCO2削減につながります。車のコンディションを維持することで、深刻なトラブルも防ぐことができるという相乗効果を見込むこともできます。良い走りを損なわないようにするためにも定期検診を欠かさないようにしましょう。[5]
    • 3か月おき、あるいは5000kmごとにオイルを交換しましょう。
    • 使用しているメーカーが推奨する空気圧に従って、タイヤの空気を充填しましょう。
    • エア、オイル、燃料のフィルターをメーカーが推奨する頻度に従って交換しましょう。
  6. 6
    安全運転を心がける 危険な運転は環境汚染につながります。安全に運転することで大気汚染を軽減することができます。安全運転によって燃料の消費量も減少するので、コストを抑えることも可能になります。自分がドライバーであるときは、次のような点に気を配り安全に運転ましょう。[6]
    • アクセルは優しく踏み、ゆっくりと速度を上げましょう。
    • 制限速度以内で運転しましょう。
    • 速度を一定に保ちましょう。(可能であればクルーズコントロールを活用しましょう。)
    • 車を停止するための十分な時間を確保しましょう。
  7. 7
    ハイブリッド車や電気自動車を次のマイカーとして検討する 電気自動車は電力のみで走行するのでCO2排出はゼロとなります。ハイブリッド車は電気と燃料の両方を組み合わせて走行します。電気自動車の環境汚染が最も少ないものの、どちらでも環境汚染を食い止めるために大きく貢献することができます。ハイブリッドは一定量の燃料が必要ではあるものの、通常の自動車よりも燃費が格段に優れていて、温室効果ガスの排出の少なくなります。ガソリン自動車よりもメンテナンスの手間がかからないという利点もあります。[7]
    • 電気自動車やハイブリッド車の購入価格は通常のガソリン自動車よりも高くなるという点に注意しましょう。

2
持続可能な食べ物を選ぶ

  1. 1
    可能な限り地元で生産された食材を選択する 国内外への食材の輸送は非常に多くの燃料を要します。こうした過剰な燃料消費が大気汚染につながります。何千キロも輸送されて食卓に届けられる食材の代わりに、地元の農家で収穫された農産物や持続可能な方式で生産された食材を選ぶようにしましょう。食材を購入する前に、農家や生産者にどのような技術を取り入れているのかを尋ね、環境汚染を食い止めるための努力について学びましょう。[8]
    • 地元農家の露店やファーマーズマーケットに出向き、野菜やフルーツは生産者から直接購入しましょう。
    • 近所の生協などに出向き、地元で育てられ生産された食材を購入しましょう。
    • 近所のスーパーなどでも、地本で育てられ生産された食材が販売されていないか見てみましょう。
  2. 2
    工場式農場で育てられた動物性食品の消費を減らす、あるいは止める 工場式農場とは効率を優先して精肉、牛乳、チーズ、卵などの動物性食品を生産する業務工程を意味しています。[9]こうした工場式農場は環境汚染の大きな要因でもあり、小都市一つ分に匹敵する大気と水を汚染している農場も中にはあります。[10] 環境破壊を食い止めるために、工場式農場から出荷された動物性食品の購入や消費をストップしましょう。
    • 動物性食品の摂取を完全にゼロにすることを止められている人は、こうした食品の使用を週1~2回程度に抑えてみましょう。また、草を食べさせるなどの持続可能な方法で生産された精肉を選んだり、地元のハンターによって仕留められた鹿肉などについて問い合わせてみても良いでしょう。
    • より大きく環境保護に貢献したいのであれば、ベジタリアンやヴィーガンというライフスタイルに移行することを検討してみましょう。
  3. 3
    有機栽培の野菜やフルーツを選択する 有機栽培の野菜やフルーツは、持続可能な手法を用いた農家によって生産されています。例えば、農薬は地下水を汚染してしまうので、こうした農家は使用しません。有機栽培の野菜やフルーツを選ぶことで、より環境にやさしい生産方法を支持することができます。[11]
    • 「オーガニック」「認定有機栽培」といったラベルが貼られている野菜やフルーツを探してみましょう。
  4. 4
    自分で野菜やフルーツを栽培する 庭で家庭菜園を始めるというのも優れた環境保護の手段です。植物や木がCO2を酸素に変換し炭素吸収源として機能するので、汚染が軽減されます。また、家庭菜園で育てる野菜やフルーツを食事に取り入れることで、スーパーで購入する食材の代わりとなります。スーパーで購入すると何千キロも輸送された食材が食卓に並んでいたかもしれません。 [12]
    • ガーデニング初心者の場合は小規模なものから取り組んでいきましょう。パティオに植木鉢を置いたり、ジャガイモ、トマト、レタス、キュウリといった野菜の苗を庭で栽培してみましょう。家庭菜園の規模は、作業に慣れていきながら数年をかけて大きくしていきましょう。

3
持続可能な電力使用を心がける

  1. 1
    使用していない部屋の照明や電子機器はオフにする プラグを抜いてさらに消費電力を抑えても良いでしょう。プラグを電源タップに差し込んでおくと、簡単にオフにできるだけでなく、接続してある電子機器のすべてを一度にオフにすることができるので便利です。
  2. 2
    消費電力の大きな節約につながりそうな小さな改善点を探す 消費電力を可能な限り減らすために取り入れることのできる小さな改善点は複数あります。下記の方法を読み、節電の努力を始めましょう。
    • 湯沸かし器の温度を49℃に設定しましょう。家庭内の消費電力の14~25%が水を熱する際に使用されています。湯沸し器の温度を49℃で維持することで、こうした消費電力を部分的に削減することができます。[13]
    • 洗濯物を自然乾燥させましょう。乾燥機を使う代わりに洗濯物をつるして自然に乾かすことで、年間1090キログラム程度のカーボンフットプリントを削減することができます。[14]
    • 食器は自然乾燥あるいは手作業で拭きましょう。食器洗い機の使用にかかっている消費電力を2.5%削減することができます。食洗機のドライサイクルを使用せずに、扉を開けて乾かしましょう。
    • 燃料効率の良い電球を使いましょう。電球型蛍光ランプ(CFL)を使うことで、照明にかかる消費電力量を最大75%削減することができます。こうした電球は通常の電球よりも発する熱も少なめです。[15]
  3. 3
    サーモスタットを夏場は25℃、冬場は20℃で維持する 通年の温度調整にかかわる動作を軽減することで、消費電力量も大きく改善されます。
    • 冬場の夜間のヒーターを13℃まで下げ、ブランケットなどを足して暖かさを保ちましょう。
    • エアコンの代わりに扇風機の使用して室内の温度を調整することを検討してみましょう。エアコンに比べると扇風機の消費電力量はかなり下がります。[16]
  4. 4
    窓やエアダクトに隙間がないことを確認する 窓枠にコーキングを施したり窓ガラスをはめ直したりするといった比較的シンプルな方法で解決する場合もある一方で、完全な取り換えが必要な場合も考えられます。冬場であれば防風処置や風よけなどを使用して、室内の熱が外に逃げないようにしても良いでしょう[17]
    • 新しく窓を購入するのであれば、ENERGY STAR® のような認定を受けている製品を選ぶようにしましょう。このような窓は節電のための基準や標準を満たしています。[18]
  5. 5
    住んでいる地域の電力供給源の選択肢を調べる 都市によっては、持続可能な方法で生産された電力を通常よりも低い価格で購入する選択肢を住民に提供している場合もあります。例えば風力、太陽光パネル、水力によって生産された電力を火力発電やガスの代わりに選ぶことができます。こうしたオプションが住んでいる地域に適用されているのか調べてみましょう。[19]
  6. 6
    燃料の切り替えが可能か調べる これは、ガスといった燃料源から電力等のより持続可能な燃料源への切り替えを意味しています。例えば、家庭内のガスコンロを電気タイプのものに取り換えたり、ガス炉を電気式ヒーターに取り換えることを検討してみましょう。[20]

4
削減、再利用、リサイクル

  1. 1
    可能な限り中古品を購入する 中古品を購入することで新品を生産する需要の削減につながります。同時に出費を抑えることも可能になります。地元のリサイクルショップ、中古家具や中古電化製品を扱う店舗を訪れてみましょう。広告で中古品の情報を探しても良いでしょう。[21]
  2. 2
    再利用が可能な製品を購入する 使い捨てのカップ、トレー、調理用品、あるいは食品包装などが大量のごみを生みます。使い捨ての食器などを使って埋立地のごみを増やすのではなく、再利用が可能なものを中心に使用しましょう。[22]
  3. 3
    包装が最低限の製品を選ぶ 食品を保護するために用いられている包装は、新たな原料と燃料を用いて生産されます。大容量のパッケージや、パッケージがそもそも無い製品等、最低限の包装しか用いられていないアイテムを購入するようにしましょう。どうしても包装されている製品が必要なのであれば、包装ができる限り抑えられているタイプのものを選ぶようにしましょう。[23]
    • 発砲スチロールがパッケージに用いられている製品は購入しないようにしましょう。発泡スチロールは一般的な梱包用の素材ですが、リサイクルが困難なことから埋立地のごみが増える大きな要因となっています。炭化水素が発生するという特徴からも環境汚染につながっています。[24]
  4. 4
    出来るだけ多くの身の回りのアイテムをリサイクルする 日常の生活で購入するアイテムのほとんどがリサイクル可能です。パッケージ状にリサイクルマークがついていない製品、あるいはリサイクルが難しくなりそうな混合素材を用いた製品は使用を控えるようにしましょう。[25]
    • ごみ収集業者がリサイクル資源の収集も行っているか確認しましょう。収集が行われていない場合は近所のリサイクルセンターまで分別したリサイクル資源を持っていくことが出来ます。
  5. 5
    リサイクルされた素材で作られた製品を購入する すでにリサイクルされた素材を用いた製品を購入することで、新しく生産するために必要な素材を軽減することにつながっています。[26]
    • 「リサイクル素材使用」「資源再利用」等と明記された製品を探しましょう。
    • 再利用した素材によって作られた製品は通常、全体の素材の何%がリサイクルされた素材にあたるのか記載されています。他よりもリサイクル率が高いアイテムを探してみましょう。

5
水源に化学物質を混ぜない

  1. 1
    環境にやさしい化学薬品を使用し、さらに量を減らす 家庭内や自家用車の掃除、あるいは体を洗う際も、化学薬品は排水溝から下水道に流れていき、地下水に行き着くこともしばしばあります。このような化学薬品は生態系を成り立たせている動植物に有害であるだけでなく、人間の飲食に対しても健康的ではありません。そこで、可能な限り自然で人体に無害な代替化学薬品を用いる必要があります。[27]
    • バスルームやキッチンを強い洗剤でこすり洗いをする代わりに、水にお酢を混ぜた混合液や重曹と塩のペーストを使ってみましょう。こうした自然な家庭用品を使っても普段の洗剤と同じ効果を得ることができ、排水溝から流して捨てたとしても水を汚染する心配もありません。
    • 自家製の洗濯用洗剤や食器洗い用洗剤を作ってみましょう。このような時間がどうしても作れないという場合、自然素材のみで作られた洗剤を購入しましょう。
    • 有害物質の代替策が見つけられない場合、一度の使用料を最小限にして用を済ませるようにしましょう。
  2. 2
    殺虫剤や除草剤を使わない このような強力な化学薬品は地面全体に行き渡り、雨が降るとさらに深く浸透して地下水に到達します。アブラムシからトマトを守りたかっただけなのかもしれませんが、殺虫剤を庭に使用する影響はそれだけに留まらず、人間やその他の生物の生存に不可欠な地下水を汚染します。
  3. 3
    医薬品を流さない 水道水で流してしまった大量の医薬品は衛生設備によって取り除くことが難しく、最終的に水を飲むすべての人に影響を及ぼします。一般的に出回っている医薬品には具体的な廃棄方法が記載されています。医薬品を捨てる必要がある場合は、水道水で流すという手段を取る代わりに、正しい方法を調べるようにしましょう。
    • 誤った人の手に渡らないよう、水に流すよう所轄官庁によって推奨されているような管理の厳しい薬もあります。流してはいけないという一般的な理解に対する例外措置と言えるでしょう。
    • 地元の薬局や管轄区域の警察署などで、医薬品を廃棄するための容器を配布していないか聞いてみましょう。
  4. 4
    有害廃棄物を正しく処理する 一部の成分には地面に浸透し地下水を汚染するという理由から、一般のごみと一緒に廃棄することが出来ないものもります。有害な化学物質を所持していて、どのように廃棄すれば良いのかがわからない場合は、管轄区域の衛生局などに問い合わせ、特定の廃棄場所について尋ねましょう。指示された廃棄場所に持参し正しく処理がされるよう徹底しましょう。
    • こちらのウェブサイト(英語)から米国の環境保護庁が指定している有害物質の一覧を確認することができます。
    • 電球型蛍光ランプ、乾電池といった特殊な製品はそれぞれ個別のリサイクル方法を要します。州によっては水銀が水や土壌に浸透してしまうことを防ぐためにリサイクルをすることが必須となっている場合もあります。廃棄物処理業者に問い合わせをするなどして、こうした製品をどのような方法でリサイクルが出来るのか確認しましょう。[28]
  5. 5
    水を節約する 私たちの身近に存在する水を守り、できる限り節約することも大切です。無駄遣いは限りある水資源を枯渇させ、環境も大きく影響を受けてしまいます。水の使用量を減らし、身近な生態系を健全な状態で保つために必要な措置を日常生活の中で講じることは決して難しいことではありません。下記の方法を参考に、節水を心がけましょう。
    • 水漏れがあればすぐに修理しましょう。
    • 蛇口やトイレに、低水圧のシャワーヘッドのような節水用のパーツを取り入れましょう。
    • 食器を洗っている間、蛇口の水をこまめに止めましょう。
    • 古いトイレや機器を、より最近の水の使用量が少ないモデルと取り替えましょう。
    • 乾燥している地域に住んでいる場合は特に、芝生の過剰な水やりは控えましょう。

6
啓蒙する

  1. 1
    住んでいる地域の主な汚染要因を知る 図書館に訪れたり、インターネットでけんさくしましょう。あるいは住んでいる地域の主な汚染源について詳しい人の話を聞いてみましょう。できる限り多くの情報に触れることで環境汚染に関する知識も深まっていきます。
    • 個人でも大気や水を汚染から守るために出来ることがある一方で、環境破壊につながる工業排気や排水を生み出す企業に大きな責任があります。住んでいる地域の水や空気を守るためには、何が環境を危険にさらしているのかをまず知る必要があります。
  2. 2
    自分が知っていることを周りにも伝える 環境汚染を食い止めることに関心を持っている人は多いものの、事態の深刻さを理解していなかったり、何をすべきか分からないという人も少なくありません。環境汚染について多少調べてきているのであれば、自分の知識を用いて周囲の人と問題について話し合い、変化を生み出しましょう。一人でも多くの人が汚染について知るほど、集団となって汚染を食い止める方法を見つける可能性が高まります。
    • 単に汚染問題について他の人と話すだけでも、興味深い話し合いに発展することもあります。汚染を食い止めるために自分で出来ることは何もないと思っている人に対して幾つか答えを用意しておきましょう。
    • 汚染と汚染によって生じる環境破壊は、深刻なトピックであることから触れることを嫌がる人もいます。この問題を真剣に気にかけているのであれば他の人の視点にも理解を示しながら、どのように地球に起きていることについて理解を深めらる手助けが出来るかを模索しましょう。
  3. 3
    校内新聞や地元紙に記事を執筆する 環境汚染を食い止めるための手段を紹介した記事を出版して広く知らせるという方法も、周囲の人の認知を高めるために有効です。今起きている問題と誰でも日常の生活ですぐに取り入れることのできる対応策を述べた論説を書いてみましょう。
  4. 4
    地元の汚染源に対して抗議活動を行う 住んでいる地域で操業している特定の工場や業界が、身近な環境を汚染していませんか?こうした場合は何が起こっているのか実際に声に出し、美しく安全な環境を維持したいという共通の考えを持つ人達と力を合わせましょう。インターネット等で調べ、住んでいる地域の状況をさらに深く理解しましょう。変化は最も身近な場所から始まります。地元の活動家になるという方法も、変化を生み出す最も効果的な選択肢でしょう。
  5. 5
    環境保護団体に参加する 住んでいる地域にすでに環境汚染を止めるために活動している団体があるかもしれません。見つけることが出来ない場合は友人同士でグループを立ち上げ、週1回、あるいはそれ以上の頻度で問題について話し合い、事態を改善するために何ができるかアイデアを出し合いましょう。[29]Facebook、ツイッター、近隣区域でのポスター掲示などを通して活動に対する認知度を高めメンバーを募りましょう。環境汚染に関する知識を広めるためのイベントを開催して、様々な人が何らかの方法で貢献できる機会を創出しましょう。下記をイベントのアイデアの参考にしましょう。
    • 河川のごみ拾いを主催してみましょう。
    • 汚染に関するドキュメンタリーの上映会も有効な方法です。
    • 地域の学校を訪れ、環境汚染を食い止めるために出来ることを子供たちに伝えましょう。
    • 地域の代表者と連絡を取り、水を有害物質から守るという視点を支援してもらえないか依頼してみましょう。
    • 空気を浄化するために植林を行っている団体に参加しましょう。
    • 自転車推進派となり、市内の安全なバイクレーン設置のために活動しましょう。

ポイント

  • 少し時間が経過したところで気合を入れて環境汚染改善のために行動を起こしましょう。ごみを見かけたら拾うようにしましょう!
  • カフェでコーヒーを購入する時は、タンブラーを持参しましょう。

出典

  1. https://www.carbonfund.org/reduce
  2. http://www.cleanairwisconsin.org/airquality/18ways.php
  3. https://www.carbonfund.org/reduce
  4. http://drivelesssavemore.com/carpooling-benefits
  5. https://www.carbonfund.org/reduce
  6. https://www.carbonfund.org/reduce
  7. http://www.afdc.energy.gov/fuels/electricity_benefits.html
  8. http://www.uvm.edu/vtvegandberry/factsheets/buylocal.html
  9. https://www.aspca.org/fight-cruelty/farm-animal-cruelty/what-factory-farm
続きを 表示する… (20)

記事の情報

この記事はKris Jensenが共著しています。 クリス・ジェンセンはリジェネレイティブデザイン(天然資源の復元と再生、そして活性化のプロセスに重点を置いたシステム設計)のコンサルティングを専門に行う会社、「Regenerative Communities Collective」の執行役員です。それ以前はカリフォルニア州の森林保護団体、「San Bruno Mountain Watch」にて最高責任者を務めていました。25年以上にわたり環境保全活動に取り組んでいます。

カテゴリ: 生態学

他言語版:

English: Help Stop Pollution, Español: ayudar a detener la contaminación, Português: Ajudar a Diminuir a Poluição, Italiano: Aiutare a Fermare l'Inquinamento, Français: contribuer à stopper la pollution, Deutsch: Dabei helfen, Umweltverschmutzung zu verhindern, Nederlands: Vervuiling tegengaan, Русский: помочь остановить загрязнение окружающей среды, 中文: 帮助制止污染, Čeština: Jak bojovat proti znečištění, العربية: المساعدة في وقف التلوث, Bahasa Indonesia: Mengurangi Polusi, Tiếng Việt: Góp phần giảm ô nhiễm môi trường, ไทย: มีส่วนร่วมในการหยุดยั้งมลพิษ, 한국어: 환경오염을 막는 방법, हिन्दी: प्रदूषण रोकने में सहायता करें, Türkçe: Çevre Kirliliğini Önlemeye Nasıl Yardımcı Olunur

このページは 294 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?