甘皮を押し上げる方法

共同執筆者 Laura Martin

完璧に手入れされた手は美しく上品に見えますが、素敵な爪のためにネイルサロンなどでお金をかける必要はありません!自分でマニキュアをつけるのであれば、甘皮(キューティクル)、または爪の根元に生えている薄い皮を数分かけて押し上げ、処理しましょう。爪床が長く見え、爪が更に上品に見えます。一方で甘皮を切り取るのは危険であり、痛みを伴う感染症を引き起こす恐れがあるため、甘皮を切るのは絶対に避けるべきです。

パート 1 の 3:
甘皮を柔らかくする

  1. 1
    アセトンフリーの除光液を使い、つけているネイルポリッシュを落とす 綿球にアセトンフリーの除光液を少量つけて優しく爪をふき、古いネイルポリッシュの残りを全て落とします。甘皮を押し上げた後は少々肌が敏感になり除光液がしみるかもしれないため、先にネイルポリッシュを落としておくよいでしょう。[1]
    • 更に爪に古いネイルポリッシュが残っていると甘皮の処理中に小さい欠片が爪床に入り込み、感染症を引き起こす可能性があります。
    • アセトンベースの除光液は爪と甘皮を乾燥させるため、アクリルネイルや特殊なマニキュアをつけているのでなければ、使用は控えるべきです。[2]  
  2. 2
    爪をぬるま湯に5~10分浸す ぬるま湯で甘皮が柔らかくなり、押し上げやすくなるため不快感もそれ程ないはずです。好みにより、ぬるま湯にホホバ油かココナッツオイルを入れると更に甘皮がしっとりとします。[3]
    • 長めにシャワーを浴びると甘皮が十分柔らかくなり、押し上げやすくなるでしょう。[4]
    • その他の方法として、美容用品を扱う店でアボガドオイルかキューティクルオイルを購入して甘皮に塗り、2~3分間そのままにします。必ず円を描くように塗り、その後温かい石けん水を入れたネイルディッシュに手を浸しましょう。クリームかオイルが甘皮についていることを確認し、5~10分間そのまま浸します。
  3. 3
    清潔なタオルで手を拭く 爪を浸し終えたら余分な水を払い、清潔な柔らかいタオルで手を優しく拭きます。こうすると、保湿成分が爪に馴染みます。[5]
    • 甘皮を押し上げると細菌感染しやすくなりますが、清潔なタオルを使えば手に細菌が広がるのを防ぐことができるでしょう。
  4. 4
    少量のオイルを甘皮につけ、3~5分間浸す ぬるま湯に浸していた甘皮は既に柔らかくなっているはずですが、更にローションやオイル、キューティクルリムーバー(角質軟化剤)を塗り、しばらくそのままにして保湿するとよいでしょう。ココナッツオイルや特別なキューティクルオイルなどを使うのであれば、長時間オイルをつけたままにしても問題ありません。[6]
    • 化学物質を含むキューティクルリムーバーを使う場合は説明書をよく確認し、塗布時間を確実に把握しておきましょう。説明書に沿わなければ、甘皮の下の爪がダメージを受ける恐れがあります。
    • キューティクルオイルやキューティクルリムーバーは、美容用品を扱う店で購入できます。
    広告

パート 2 の 3:
キューティクルプッシャーを使う

  1. 1
    木製のキューティクルプッシャーを使い、甘皮へのダメージを防ぐ オレンジスティック(またはオレンジウッドスティック)は小さい丸い棒状のもので両先端が丸く斜めになっており、爪の周りの繊細な皮膚を優しく押し上げるのに適しています。オレンジスティックは、美容用品を扱う店やオンラインショップで購入できます。[7]
    • 特に敏感肌の場合は、オレンジスティックを使用する前に綿で先端を包みます。綿球を割くか、手元にある綿のガーゼを使いましょう。
    • 柔らかい布や綿棒、または指だけで甘皮を押し上げてもよいですが、オレンジスティックを使う方がきれいな仕上がりになります。[8] 
  2. 2
    平らで頑丈な場所に手を置き、固定する 手が宙に浮いている状態で甘皮を押し上げようとすると、オレンジスティックで押す力をコントロールするのが困難になります。頑丈なテーブルやカウンターに手を置けば、甘皮を傷つけたり破ってしまうことはあまりないはずです。[9]
  3. 3
    スティックを使い、爪の根元に沿って皮膚を優しく押し上げる 角度をつけてスティックを持ち、甘皮を端まで押し上げ爪の脇まで優しく処理します。こうすると汚れが浮き、巻き爪になるのを防ぎます。スティックを使う際に円を描くように爪の上で動かすと、うまくコントロールできるでしょう。[10]
    • オレンジスティックで強く押すと爪が傷つくため、強く押してはいけません。
  4. 4
    甘皮を温かい濡れタオルで優しくこする 甘皮を押し上げたところの爪の根元に余分な皮膚が少し残っているかもしれません。切ったり無理に引きちぎると傷が深くなりやすく爪床が感染する恐れがあるため、切ったり引きちぎってはいけません。代わりに、ぬるま湯に浸した清潔なタオルで優しく角質を取り除きましょう。[11]
    • 処理が終わると、爪の根元の甘皮は滑らかな細い線になるはずです。
    • 取れにくいさかむけや皮があれば、キューティクルニッパーで最後の残りを切り取りましょう。この道具は甘皮へのダメージを最小限に抑えるために特別に作られています。ただし、半透明の角質を取り除くだけにしましょう。爪の根元に沿った皮膚を切ってはいけません。 
  5. 5
    ニッパーでさかむけ(ささくれ)を切る  ニッパーは通常甘皮の処理に使いますが、長くとがった刃はさかむけを切るのにも適しています。破れている皮膚の根元にニッパーをできる限り合わせ、さかむけを1度できれいに切り取りましょう。 [12]
    • さかむけは皮膚や甘皮が破れたり裂けたもので、一般的に爪の脇の溝や甘皮の下部にできます。
    • さかむけを処理しなければ更に裂けたり痛みが増し、感染症の危険性が高まる可能性があります。
  6. 6
    処理が終わったら、温かい石けん水で手を洗う  キューティクルオイルの残りが手についていたり、角質除去の処理による皮膚が少々残っているかもしれませんが、手を洗えばすぐに落ちるはずです。[13]
    • 爪にネイルポリッシュをつける前には完全に乾かし、オイルが少しも残っていないことを確認します。綿球をアセトンフリーの除光液に浸して各爪を拭き取り、乾燥させるとよいでしょう。
    広告

パート 3 の 3:
甘皮の手入れをする

  1. 1
    甘皮を毎日保湿する 甘皮を健康的に保つためには、毎日保湿すべきです。好みに合わせて保湿ローションやワセリン、お気に入りのオイルなどを使いましょう。保湿剤をつけて馴染ませ、甘皮に水分を吸収させます。[14]
    • 乾燥した甘皮は、剥がれたり裂けやすくなります。こうなると強い痛みを伴い感染症を引き起こす原因にもなり、以前よりも厚い甘皮が生えてくるようになるかもしれません。
  2. 2
    週に1回甘皮を押し上げる 時間が経つにつれて甘皮を押し上げる必要はなくなってきますが、定期的に整えるとよいでしょう。オレンジスティックをハンドクリームなどの近くに置き、週に1度シャワーの後に数分かけて保湿をして甘皮を押し上げましょう。[15]
  3. 3
    爪や爪の周りの皮膚を噛まない 爪を噛むと爪床はダメージを受けて修復が不可能となり、甘皮やさかむけ、爪の周りの皮膚を噛むことでも危険な感染症を引き起こす可能性があります。更に甘皮を傷つけると次に生えてくる際に皮が厚くなり、押し上げにくくなるでしょう。[16]
    • 爪が欠けたり割れても爪は噛まずに、爪やすり(ネイルファイル)を使って滑らかにしましょう。
  4. 4
    甘皮を押し上げる際には毎回新しいオレンジスティックを使用する 木製のオレンジスティックには多数の小さい穴があるため、完璧に消毒するのは困難です。使用後に処分してしまえば、次回マニキュアなどをつける際に細菌が繁殖する心配もないでしょう。[17]
    • 木製のオレンジスティックは使い捨てのため価格も安く、通常1袋に10本以上入ったものが売られています。
    広告

注意事項

  • 甘皮を絶対に切り取ったり裂いてはいけません。痛みを伴うだけでなく、切り傷により細菌が爪床に入り深刻な感染症を引き起こす可能性があります。
広告

必要なもの

  • アセトンフリーの除光液(必要な場合)
  • 綿球(除光液用)
  • ボウルに入ったぬるま湯
  • 清潔なタオル
  • 保湿剤またはキューティクルリムーバー
  • オレンジスティック
  • 綿(必要な場合)
  • 洗顔タオル
  • ニッパー(さかむけを切るため)

このwikiHow記事について

認定美容師
この記事はLaura Martinが共著しています。 ローラ・マーティンはジョージア州に住む認定美容師です。2007年よりヘアスタイリストとして働いています。2013年からは美容術の講師も務めています。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 193 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告