焼いたクッキーは美味しいものですが、クッキー作りの最大の楽しみは、生のクッキー生地を食べることであったりもします。しかし、生のクッキー生地は美味しいと同時に、少々危険性もあります。生卵を食べると、サルモネラ感染などの健康被害を受ける原因にもなりえます。生卵の危険性を避けながらクッキー生地の味を楽しむ方法もあります。安全に食べられる生地を作るには、砂糖、生地、小麦粉に加えて、その他の必要な材料を揃えましょう。

方法1の栄養成分表

    • 分量:生地1/2個または1個
    • カロリー:86 cal、脂質のカロリー:2 cal
    • 飽和脂肪酸:1 g 0% 、トランス脂肪酸 0 g 0%
    • 糖質:3 g 5%.

材料

方法1・2

  • バターまたはマーガリンまたはサンフラワースプレッド 3/4カップ(大さじ12杯)
  • 粉砂糖 3/4カップ(170 g)+黒砂糖(50 g)
    • または、粉砂糖 85g+黒砂糖 85g
  • 中力粉 3/4カップ(85 g)
  • 塩 ひとつまみ(適宜、有塩バターを使用する場合は不要)
  • バニラエッセンス(またはその他のエッセンス)小さじ2杯
  • カカオパウダー1/8カップ(15 g)(適宜)
  • チョコレートチップ(適宜)

方法3

  • 中力粉 1カップ
  • 黒砂糖 1 1/2カップ
  • 低脂肪バター(有塩) 1カップ
  • アーモンドバター 1カップ(適宜)
  • バニラエッセンスまたはその他のフレーバー(薄めまたは通常の濃度) 小さじ1杯
  • スキムミルクまたは低脂肪乳 1/4カップ

方法 1 の 3:
基本のクッキー生地

  1. 1
    大きめのボウルにバターを入れ、砂糖を加えます。滑らかなクリーム状になるまで、フォークで混ぜ合わせた後、バニラを加えます。
  2. 2
    小麦粉をふるいにかけた後、塩をひとつまみ足し、もったりとしてくるまでかき混ぜます。
  3. 3
    できあがったクッキー生地を味わいましょう。そのまま食べたり、もしくはそのままクッキーを焼く工程へ進んだり、お好みの方法で楽しみましょう。
    広告

方法 2 の 3:
チョコチップクッキー生地

  1. 1
    基本のクッキー生地のステップ1・2と同じ工程を行ないます。
  2. 2
    粉をふるう際、ココアパウダーを加えます。
  3. 3
    味のアクセントとしてチョコレートチップを混ぜ合わせます。
  4. 4
    完成です。
    広告

方法 3 の 3:
一瞬でできる低脂肪クッキー生地

  1. 1
    バター、砂糖、牛乳を混ぜ合わせます。水分の少ないカリカリのクッキー生地に仕上げたい場合、牛乳を加えないようにしましょう。通常の生地同様にしたい場合や、もったりしたペースト状にしたい場合には、牛乳を加えましょう。
  2. 2
    ボール状に丸めます。
  3. 3
    その後、別のボウルでバニラと小麦粉を混ぜ合わせて、大きめのボール状に丸めます。
  4. 4
    2つのボールをすり潰しながら混ぜ、大きなボール状へとまとめます。
  5. 5
    丸めてすり潰す作業を続け、どろっとしたペースト状になったら、食べ時です。
  6. 6
    クッキーを作る場合は、砂糖 大さじ3杯、(お好みで)チョコチップやチョコスプリンクル、牛乳 大さじ1杯を加えます。
    • 黄金色に変わり、表面がパリッとするまで、約17~20分焼きます。
  7. 7
    完成です。
    広告

ポイント

  • 基本的には作ったらすぐに食べるようにしましょう。生地をラップに包んで冷蔵庫に寝かせたり、ボウルに置いておいたりすると、時間が経つにつれて、砂糖と混ぜ合わせた油分が出てきてしまいます。包んでおいた塊が黄色い油にまみれた状態になっているのを見るのは非常に気持ちの悪いものです。
  • この生地は生のまま食べるためのものなので、必ずしも焼く必要はありません。焼く場合には、膨らし粉を加えましょう。なお、平らでカリッとしたクッキーを作りたい場合は加える必要はありません。
  • 粉砂糖が手元にない場合は、グラニュー糖を代用するとよいでしょう。
  • 日本で売られている卵は、通常、生食可能です。海外では、殺菌済みの卵はスーパーマーケットで簡単に手に入ります。生のクッキー生地を食べてみたいけれど、生卵を食べることに不安がある場合は、殺菌済みのものを使いましょう。
  • クッキー生地には何を加えても構いません。ピーナッツやペカンナッツを加えたり、キャラメルやピーナッツバターを混ぜ合わせたりするのもよいでしょう。
  • 乳製品を含まないクッキーを作る場合、サンフラワースプレッドなど低脂肪のスプレッドを使用します。しかし、ナッツスプレッドやシードスプレッドを使用すると密度の濃い生地ができあがるので、準備するときにはその点を念頭においておきましょう。また、それらのスプレッドをバターの代用品として使用するとこってりしたクッキーに仕上がります。こってりした味わいを思う存分楽しみたいという理由で代用するのは避けましょう。カロリーが高くなるだけでなく、そこに含まれるトランス脂肪酸が原因で、(バターに比べると)動脈性心疾患の危険性が高まります。
  • チョコチップを溶かしてから生地と混ぜると、チョコレートの風味が加わるだけでなく、まるでファッジのような食感を作ることができます。
  • ピーナッツバターはクッキー生地に加えるのに相性のいい素材です。ただし、風味が強いので、大さじ3杯以上は加えないようにしましょう。

広告

注意事項

  • 生のクッキー生地を食べる時の主な懸念事項は生卵だけではありません。小麦粉を生で食することも不安要素となり、消化活動が妨げられるだけでなく、アレルギーを悪化させる可能性もあります。食べ過ぎないようにしましょう。
  • サルモネラ感染の危険性があるため、生食可でない卵は使用してはいけません。
広告

関連記事

How to

ケーキのアイシングを作る

How to

ロックキャンディを作る

How to

パン生地の発酵を早める

How to

スモアを作る

How to

アイシングシュガーを使わずにアイシングを作る

How to

ベーキングパウダーの代用品を作る

How to

ケーキを冷ます

How to

パンのカビを抑制する

How to

チーズケーキの焼き上がりを確認する

How to

チョコチップを溶かす

How to

溶き卵を作る

How to

イーストを予備発酵させる

How to

チョコレートを溶かす

How to

焼かないクッキーを作る
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む163人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
このページは 250 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告