PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

生姜は食材あるいは香辛料のいずれとしてでも楽しめ、同時に胃痛をやわらげるなどの薬用目的にも使われます。一般に、香辛料をきかせた炒め物、ジンジャークッキー、さらにはモスコミュールなどのカクテルにも使用されています。生姜は美味しい根菜ですが、一度に一本を使うのは難しく、保存の問題が出てきます。数週間、さらには数ヶ月間、生姜を保存したい場合には、冷凍庫・冷蔵庫での保存方法を知っておく必要があります。以下の手順に従って、生姜の保存方法を学びましょう。

方法 1 の 5:
基本を知る

  1. 1
    新鮮な生姜を選ぶ できるだけ長く保たせたいのなら、一番新鮮なものを選び、購入後はなるべく早く使い切りましょう。新鮮な生姜を選ぶには、さわやかでピリっとした香りがあり、皮がなめらかできれいなものを探します。生姜の塊茎は、手の中で重く、しっかりとした固い感触があります。しわの寄っているものや柔らかく感じるものは避けましょう。そうしないと、すでに傷み始めている生姜を食べることになってしまいます。
    • 濡れているもの、湿り気のあるもの、かびの生えているものは避けましょう。
    • 冷凍庫と冷蔵庫のどちらで保存するかを決めましょう。すぐに使うなら、冷蔵庫で保存した方が使いやすく、容易に皮をむいたり刻んだりすることができます。生姜は冷蔵庫の中で3週間まで持ちます。それまでに使わないようなら冷凍庫に保存しましょう。
    • 冷凍・冷蔵保存を組み合わせることも可能です。すぐに使う分だけを切り取って冷蔵し、残りはもっと後で使えるように冷凍しておきましょう。 
    広告

方法 2 の 5:
生姜を冷蔵庫で保存する

  1. 1
    密封式保存袋に入れて保存する 皮付きのままの生姜を密封式保存袋に入れ、空気を押し出します。冷蔵庫の野菜室に入れておくと2〜3週間は美味しさを保つことができます。ほかの方法、たとえば紙袋で保存したり、ペーパータオルにくるんで袋で保存する方法と比べると、密封式保存袋を使うこの方法は数週間もの差をつけて一番長持ちします。[1]
    • すでに生姜の皮をむいてある場合でもこの方法は使えますが、皮付きの場合ほど長持ちはしません。
  2. 2
    ペーパータオルと紙袋で保存する 皮付きのままの生姜のかたまりをペーパータオルで丁寧につつみ、穴や覆われていない部分がないことを確認して紙袋に入れます。紙袋から空気を押し出し、封をして、冷蔵庫の野菜室に入れます。この方法では2週間ほど保存できます。
  3. 3
    紙袋に入れて保存する 時間がない場合は、単に生姜を紙袋に入れて冷蔵庫の野菜室に入れましょう。ほかの方法ほど長持ちはしませんが、もし1週間以内に使い切ると分かっているのなら、これは早くて簡単な裏ワザです。これはディルやコリアンダーといったハーブの保存にも効果のある方法です。
  4. 4
    皮をむいてすぐに蒸留酒に漬けて保存する 皮をむいたばかりの生姜をビンか密閉容器に入れ、蒸留酒または酸性の液体に漬けます。一般的に良く使われるものにはウォッカ、ドライ・シェリー酒、日本酒、その他米由来の酒、米酢、新鮮なライムの絞り汁などがありますが、ウォッカとシェリー酒が一番良く使われています。ウォッカは生姜の風味の変化を最小限におさえつつ、一番長い保存効果を持っています。[2]
    • これは効果的な保存方法ですが、液体によっては生姜の風味が少し、または大きく変化するということに留意しましょう。
    広告

方法 3 の 5:
生姜を冷凍庫で保存する

  1. 1
    食品包装用ラップに包んで密封式保存袋に入れて封をする 丁寧にラップを取り出して、皮をむいていない生姜を一重または二重に隙間なく包みます。密封式保存袋に入れて空気を押し出し、冷凍庫で保存すれば2か月ほどその生姜を使うことができます。ちなみに、凍った生姜を丸ごとすりおろすには、チーズおろし器を使うととても便利です。
  2. 2
    みじん切りにして冷凍する まず、生姜の皮をむいてみじん切りにします。次に、クッキングシートをひいたバットに、大さじまたは小さじの大きさに生姜をすくって並べます。バットを冷凍庫に入れて生姜を完全に凍らせたら、それをタッパーやビンなどのきっちりとフタのできる密閉容器に入れ替えましょう。冷凍庫に入れれば、6か月まで使えます。[3]
  3. 3
    小さく切って冷凍する 親指大や千切りなど、料理に使いたい大きさに生姜を切ります。皮ごとの冷凍方法と組み合わせて、皮付きのまま生姜を好みの大きさに切ってもよいでしょう。切ったらそれを密閉容器に入れ、冷凍庫で保存します。[4]
  4. 4
    皮をむいて輪切りにする 生姜を輪切りで使う場合は、皮をむいてから輪切りにした生姜をガラスのボウル等のフタのない耐冷凍容器に入れ、完全に凍るまで冷凍庫に入れます。速く冷凍させるために一時間後に生姜をひっくり返しても良いでしょう。生姜が凍ったら密閉容器に入れてフタをし、冷凍庫に入れます。この生姜は最低三ヶ月ほど持ちます。[5]
    広告

方法 5 の 5:
生姜を真空保存袋で保存する

ポイント

  • 好みに合わせて、切ったものではなく、みじん切りやミキサーにかけた生姜をドライ・シェリー酒と混ぜて保存することもできます。この方法だとより多くの生姜を保存することができて、調理時にもとても簡単に使えます。その際、ミキサーに少量のシェリー酒を加えると、ミキサーをかけやすくなります。
  • 生姜をすりおろすには陶器製の生姜おろし器を使うのが最も便利です。一般的なチーズおろし器を使うよりも格段に簡単で、価格もとても手頃です。こうした生姜おろし器はふちが上向きになっており、すりおろした生姜が横から落ちていかないようになっています。もちろん、錆びることもなく、チョコレートやナツメグといった他の食材にも使えます。
広告

必要なもの

  • 生姜
  • 紙袋
  • 冷凍・冷蔵
  • シェリー酒があるとさらにいろいろな保存方法が楽しめます。

関連記事

牛乳からクリームを作る
ベーコンが傷んでいるか判断するベーコンが傷んでいるか判断する
鶏肉を解凍する鶏肉を解凍する
傷んだ卵を見極める傷んだ卵を見極める
ビールをショットガン飲みする
腐った牛ひき肉を見分ける腐った牛ひき肉を見分ける
パンをおいしく温め直す
野菜を蒸す
オートミールを作る
アボカドを熟成するアボカドを熟成する
ブルーチーズが腐っているか判断するブルーチーズが腐っているか判断する
オーブンでステーキを調理するオーブンでステーキを調理する
人参を蒸す人参を蒸す
チェダーチーズを溶かす
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む10人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は13,808回アクセスされました。
カテゴリ: 食・おもてなし
このページは 13,808 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告