生涯のパートナーを選ぶ方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:理想のパートナーを決める優先順位を決める関係を成功させる「自分に最適なパートナー」を見つける7 出典

生涯のパートナーとは、あなたが今後の人生を共に過ごしたいと思う人のことです。生涯のパートナー選びは、人生において最も重要な決断の1つです。愛する人と人生の多くの時間を共に過ごすことは、喜びに溢れた経験、そしてお互いにとって充実した経験となり得るものですが、正しいパートナーを選ぶために非常に苦労する人も少なくありません。幸いなことに、パートナー選びで苦労しているのはあなただけではありません。多くの人が同じ苦労をしているのです。米国では、結婚した経験がなく、かつ一生結婚したくないと考えている人は総人口のわずか5%に過ぎません。[1]自分に最適なパートナーについて現実的な見解を持ち、そのようなパートナーを見つけるために最大限の努力をし、見つけたパートナーと真摯に付き合えば、あなたも愛する人と生涯を共にすることができます。

パート 1
理想のパートナーを決める

  1. 1
    自分を的確に理解しましょう。生涯のパートナー探しは、「あなた自身」から始まります。自分に最適な人を知るためには、まず自分自身を的確に理解する必要があります。自分が好きなことと嫌いなこと、そして、得意なことと苦手なことを理解しましょう。また、自分が人生とパートナーに求めるものを理解しましょう。現実的な視点を持ち、自分に正直に考えましょう。自分自身を分析することが難しければ、親しい友人に手伝ってもらいましょう。
    • 特に大切なのは、欠点も含めて包括的に「自分を愛する」ことです。自分を愛することができなければ、他の人に愛されることは期待できません。自分自身に対して否定的な見解を持っている時に生涯にわたる関係を築こうとすると、自分や自分の親しい人を傷つけてしまいがちです。「自分を愛する」というこの大事なステップを完了してから先に進みましょう。
  2. 2
    自分の人生の目標を定めましょう。生涯を誰かと共に過ごす場合、人生に関わる主な意思決定の際に、(毎回とは言わないまでも)ほぼ例外なく大筋で合意をする必要があります。自分の人生に関する重要で譲れない点についてパートナーの同意が得られないと、他の面では上手くいっていたとしても、パートナーとの関係が続かなくなることがあります。自分の人生の目標について、心を開き、正直に考えましょう。自分の心に嘘をつくと、いつまでも不満が残り、パートナーに対しても公明正大な態度であるとは言えません。この点についての詳細は、下記の「優先順位」の項目を参照してください。以下に、生涯のパートナーを選ぶ前に答えを用意しておくべき特に重要な質問をいくつか挙げます。
    • 子供は欲しいか
    • どこに住みたいか
    • 仕事をしたいか、家庭を管理したいか(あるいはその両方か)
    • 排他的な関係を求めるか
    • 死ぬ前に何を達成したいか
    • どのようなライフスタイルを求めるか
  3. 3
    過去のパートナーとの関係から手がかりを得ましょう。パートナーや自分の人生に求めるものがはっきりしない場合は、これまでの関係を振り返ってみましょう。過去のパートナーとの関係において下した選択は、それが意識的なものであっても無意識的なものであっても、パートナーに何を求めるかについての手がかりになる場合があります。また、長期的なパートナーシップを成功させるために取り組むべき課題についての手がかりになることもあります。以下に、過去の関係について検討すべき質問をいくつか挙げます。
    • そのパートナーのどこが好きでしたか?
    • そのパートナーと一緒に何をするのが一番楽しかったですか?
    • そのパートナーと意見が一致しなかったのはどのような点でしたか?
    • そのパートナーのどのような点を批判しましたか?
    • そのパートナーはあなたのどのような点を批判しましたか?
    • 関係が終わった理由は何でしたか?
  4. 4
    パートナーとの関係が始まったばかりの頃に、たくさん質問をしましょう。新しい人と出会い、デートをするようになったら、その人のことについて話をしましょう。パートナーに何を求めるか、人生の目標は何か、長期的な目標は何かなどを質問します。パートナーの倫理観、関心、精神的なことについての見解、食生活なども長期的な関係を成功させる上で重要な場合があります。これらについても恐れずに質問してみましょう。
    • ライフスタイルのあらゆる選択肢について質問を考える必要があります。例えば、その人はたばこを吸ったりお酒を飲んだりするでしょうか?精神的な問題を抱えているでしょうか?成長やキャリアのために自分が変わることを支えてくれるでしょうか?
    • 誤解がないように補足をすると、最初のデートでこれらの質問をする必要はありません。性急に個人的な質問をすると相手に嫌がられることがあり、新たな関係を始めようという努力が無駄になる危険があります。ただし、ライフスタイルに関するこれらの重要な質問は、関係が始まってからおよそ6か月以内には済ませておいた方が良いでしょう。

パート 2
優先順位を決める

  1. 1
    子供が欲しいかどうかを決めましょう。この決定は「とてつもなく」重要です。ひょっとすると、パートナーと共に行う決定の中で1番重要なものかもしれません。それにもかかわらず、多くのカップルはこのことについて相手と十分な話をしないままに生涯のパートナーを決めてしまっています。子供を育てることは他の何よりもやりがいのある行為となり得ますが、それには非常に大きな責任と金銭的な投資、そして少なくとも約18年間(あるいはそれ以上の間)は育児に直接的な責任を持って生きるのだという覚悟が伴います。したがって、軽い気持ちで決められることではありません。
    • 多くの米国人は子供が欲しいと思っています。[2]ただし、子供が欲しい人の割合は国によって異なりますから、直接話を聞く前にパートナーの意向を決めつけないようにしましょう。
  2. 2
    自分の文化や宗教が自分にとってどれくらい重要であるかを判断しましょう。文化や宗教が人生の大きな部分を占める人もたくさんいれば、主な文化や伝統以外にはほとんど影響を受けない不可知論者や無神論者もいます。いずれのライフスタイルも等しく価値がありますが、一部の人にとっては、自分とはまったく正反対のパートナーと長期的に付き合うことが難しい場合もあります。生涯のパートナーを決める前に、相手にとって文化や宗教の一致が重要であるかどうかを正直に見極めることが大切です。
    • 誤解がないように補足をすると、人種や宗教、文化が異なる人と共に生涯幸せな関係を築くことは実際に可能です。例えば、現在米国にはかつてないほど多くの異人種間のカップルが存在します。[3]
  3. 3
    お金の使い道を決めましょう。金銭的なことは話しづらいものですが、パートナー同士の金銭的な見解が大筋で一致していることは大切です。お金は、カップルの生活の展開において重要な役割を果たし得るものです。お金によって、それぞれの労働時間や仕事の種類、可能なライフスタイルなど多くのことが決まる場合があります。生涯の関係を築きたいならば、カップルとしてのお金の貯め方や使い方について率直に話し合うことが不可欠です。
    • カップルが行う金銭的な決定の例として次のような場合を考えてみましょう。カップルの片方は、20代と30代前半に世界中を大いに旅行をして周りたいと考えています。もう片方は、仕事で成功を収めて貯金をし、家を買いたいと考えています。この場合、いずれも自分の希望を実現できない可能性があります。
  4. 4
    パートナーに自分の家族とどのように付き合ってもらいたいか(およびその逆)を決めましょう。家族は生涯を通じて人の思考や行動に影響を及ぼします。生涯を誰かと共に過ごそうと考える人にとって、パートナーに自分の家族とどのように付き合ってもらいたいかを明確にすることは「必要不可欠」です。自分の家庭(カップルとその子供)においてパートナーが果たす役割、そして、その他の家族(自分の両親、兄弟、いとこなど)との間でパートナーが果たす役割を考えましょう。同様に、あなたのパートナーもあなたの役割について考えるべきです。
    • 例えば、子供がいるカップルでも、片方がフルタイムで育児をすることが必要な場合もあれば、ベビーシッターを雇って2人とも働ける場合もあります。同様に、自分たちの両親の家の近くに住んで頻繁に訪問することを望む人たちもいれば、両親と距離を置いて独立することを望む人たちもいます。
  5. 5
    お互いが望むライフスタイルを決めましょう。これは大きな決断ですが、幸運なことに、ある程度の期間一緒に時間を過ごせば、パートナーが求めるライフスタイルは明確に見えてくるはずです。自由時間をどのように過ごしたいか、お互いの友人とどのように付き合ってほしいか、どのような物質的快適さを求めるかなどについて、2人の意見が一致している必要があります。パートナーがすることの「すべて」を好きになる必要はありませんが、重要な決定や深い関与が求められる物事については、同意する必要があります。
    • 例えば、あるカップルにおいて、片方が月曜日の夜にプロレスを観たがっており、もう片方は同じ時間に自然に関するドキュメンタリーを観たがっているとしましょう。おそらく、このカップルは衝突を回避することができます(特に、ハードディスク・レコーダーの購入に2人が同意すれば)。他方、あるカップルにおいて、片方が家を買いたいと思っているのにもう片方は買いたくない場合や、片方が「遊び人」でありたいと思っているのにもう片方はそうではない場合などは、長期的な幸せを実現する上で大きな障害になります。
  6. 6
    どこに住みたいかを決めましょう。住む場所は、カップルの幸せのカギを握る可能性があります。多くの人は、自分と非常に親しい友人や親戚の近く、または、特定の活動を可能とする場所に住みたがります。同じ場所に住むことについてカップルの双方が満足していない場合は、(少なくとも)移動に多くの時間を費やす必要が生じるかもしれません。

パート 3
関係を成功させる

  1. 1
    パートナーへの期待を手放しましょう。パートナーとの関係を維持する過程で、パートナーが他の誰かのように振舞うことを期待しないようにしましょう。様々な重要事項について妥協をしたり、パートナーのために自分のささいな習慣を変えたりすることは可能ですが、本質的に、多くの人は長期間変わらないものです。パートナーに幻想を抱いたり、パートナーに欠けている性質を求めたりしないようにしましょう。同様に、あなたを満足させるためにパートナーが大きく変わることを期待しないようにしましょう。
    • 例えば、パートナーに時々ゴミを出しに行って欲しいと(もちろん丁寧に)頼むことには何の問題もありません。これは妥協可能な範囲内です。しかし、子供は欲しくないと思っているパートナーが突然子供を欲しがることは期待できません。子供が欲しいかどうかは非常に個人的な決断ですから、当然、容易には変えられないのです。
  2. 2
    自分がどのような人間であるかについて正直になりましょう。パートナーの主な性質から目を背けたり、それを変えようとしたりしてはならないように、自分に対しても同じ態度をとるべきです。デート中は、自分の過去や現在の状況について事実を折り曲げることで、好きな相手を喜ばせたくなるかもしれません。しかし、事実を折り曲げれば、罪悪感を招く上に、将来的な問題まで引き起こしかねません。パートナーが必然的に真実を知った時、2人の信頼関係が大きく損なわれる危険があります。[4]
    • 例えば、最初の数回のデートに普段よりお洒落をして出かけるのは全く問題ありません。しかし、実際は信心深いのに、相手を喜ばせるためだけに不可知論者を装うのは良くありません。嘘をついたり、自分に関する情報を隠したりしてパートナーに自分を誤解させることは、いずれも裏切り行為です。多くのカップルにとって、そのような裏切り行為から立ち直ることは容易ではありません。
  3. 3
    パートナー候補の人と共に多くの時間を過ごしましょう。誰かと長い間一緒に居られるかどうかを確かめる最良の方法は何でしょうか?「実行に移すこと」です!パートナーとの関係が長期的に成功するかどうかを知るためには、(できれば様々な環境で)多くの時間を共に過ごすことがとても大切です。数日間、数週間、あるいは数カ月間一緒に居ても大丈夫なら、その人は有望な候補かもしれません。
    • パートナーが自分の親しい人たちと仲良くできるかどうか(その逆も)についても、おそらく確かめておいたほうが良いでしょう。自分が社会的な関わりを持つ場にパートナーを連れて行き、友人や家族に紹介しましょう。パートナーが自分の友人や家族と仲良くできれば、心配事が1つ減ります。
  4. 4
    じっくりと時間をかけましょう。残りの生涯を共に過ごす人を探しているのですから、焦る必要はありません。パートナーとの関係が自然に進展するのを見守りましょう。交際する、一緒に住む、結婚するなどの交際上の出来事を、自分の予定通りに進めようと固執しないようにしましょう。焦ってこれらの決断を下すと、人生の優先順位について意見が合うかどうか分からない人と生涯を過ごすことになりかねません。
    • 相手のことをよく知るまではパートナー候補と性的関係を持たないようにしましょう。カジュアルな関係がより真剣な交際へと発展することはもちろんあり得ますが、性的な親密さを長期的な幸福の基盤とするべきではありません。性的な魅力や相性は長期的な関係を良好なものにするためのカギを握るものではありますが、性的関係を持つまでに時間をかければ、相手との全般的な相性をより良く理解することができます。
  5. 5
    パートナーの側にいる時の自分の行動を意識しましょう。自分の気持ちを偽ったり、可笑しくもないのに笑ったりと、自分が「偽物」のように振舞っていることに気がついたら、その相手と一緒にいて本当に居心地が良いわけではないことの表れかもしれません。逆に、その人と一緒にいてリラックスすることができ、完全に自分自身で居られると感じるならば、2人の関係は上手くいっています。時が経てば誰でも、自分を偽るだけのエネルギーを維持できなくなります。結婚して5年後にそのような事態が起きることは避けたいものです。
  6. 6
    犠牲を払う覚悟を持ちましょう。完璧な関係というものはありません。時には、パートナーのために自分の要求を犠牲にする必要もあるでしょう。具体的にどこまで犠牲を払えるかは、自分で決めれば良いことです。通常、良好な関係においては、お互いが払う犠牲のバランスがとれています。
    • 2人の関係のために払う犠牲は、自分のちょっとした癖や行動などに関する些細なものであるべきです。通常、重要な人生目標は犠牲にすべきではありません。重要な人生目標について意見が大きく隔たっている場合は、2人の相性が悪い可能性があるからです。例えば、自分に配偶者や子供がいるならば、友達と飲みに行く回数を減らすことは合理的な犠牲です。一方、子供がとても欲しいのにそれを諦めることは、すべきではありません。

パート 4
「自分に最適なパートナー」を見つける

  1. 1
    積極的になりましょう。誰にでも、その人に最適な人が存在します。その人を探しに行きさえすれば良いのです。新しい人たちと出会ったり新しいことを始めたりする努力をせず、家の外にさえも出なければ、自分に最適な人と出会う確率は非常に限られています。生涯のパートナーを探しているならば、まずは立ち上がって外に出ましょう。少なくとも、自由時間の一部を使って、社交的なイベントに参加したり、新しい人に会ったり、あるいは単に自分の身の周りで起きていることに関与したりするようにしましょう。
    • デートの「達人」と呼ばれる人たちの多くは、積極的なアプローチを勧めます。デートに仕事と同じくらいの努力を費やすべきだという人さえいます。[5]
  2. 2
    自分が好きなことをしている人たちと出会いましょう。一般的には、デートの相手を見つけたければ毎週金曜日の夜はやかましくて混み合った高価なナイトクラブに出かけるべきだと信じられていますが、その必要はありません。ハリウッドの有名人のように、完璧に着飾って愛想を振りまく必要もありません。このようなアプローチは「一部の」人には有効かもしれませんが、多くの人にとって成功の確率が一番高い方法は、単に自分の好きな活動を追求することです。自分の好きなことをすれば、自分と似たような関心や見解を持つ人たちに出会いやすくなります。当然のことながら、そのような人たちとは相性が合います。
    • 独りでする趣味でさえも人と出会うきっかけになり得ます!漫画を読んだり、ビデオゲームをするのが好きな人は、集会に参加してみましょう。絵を描くことが好きな人は、個展を開きましょう。文章を書くのが好きな人は、文章の書き方についてのワークショップに参加してみましょう。ほぼすべての趣味に関して、ワクワクするような活動が存在します。早速探してみましょう!
  3. 3
    自分らしくありましょう。生涯を共に過ごす人を探しているのだから、あなたも相手も完全に心を開いて自分らしくあるのが当然ではないでしょうか?しかし実際には、多くの人が相手のことをよく知るまでは完全に「心を開く」ことを躊躇します。身に覚えがあれば、関係の一番最初からあらゆる段階を通じて、完全に自分らしくあるように努めてみましょう。相手をデートに誘う時、最初の数回のデート、お互いをさらに深く知ろうとしている時、付き合い始める時、そしてその後も、常に自分らしくあるのです!そうすれば、自分らしくあることに不安を感じなくなるまでパートナーに「持ち堪えてもらう」のではなく、「ありのままのあなた」を愛する機会をパートナーに与えることになります。
  4. 4
    恐れないようにしましょう。生涯のパートナーを見つけるまでの道のりは危険に見えるかもしれません。自分に最適な人と出会うことはほとんど不可能に思えるかもしれません。最近恋愛で失敗した人は特にそう思うかもしれません。何をするにしても、希望を捨てたり、自分に最適な人に出会えないのではないかという恐れに屈したりしないようにしましょう。世界中の人々が、あなたが今抱えているのと同様の恋愛の悩みを抱えています。誰にでも、時には失敗が訪れます。生涯のパートナーを見つけるための唯一の「正しい方法」など存在しません。したがって、自分を他の人やカップルと比較して責めないようにしましょう。悲観的な考えのために生涯のパートナー探しから脱線しないようにしましょう。自分に最適な人を見つけるためのカギは、自信、恐れないこと、そして粘り強さです!
    • 嬉しいおまけとして、自信を持っている人は一般的に魅力的だと捉えられています![6]恐れのない自信は自己強化型の特徴であり、パートナー候補に対してあなたをより魅力的に見せます。デートに自信を持って臨めば臨むほど、リラックスしてデートを楽しむことができます。その結果、「次の」デートにより大きな自信を持って望むことができるのです。

ポイント

  • 自分の関心、好きなことと嫌いなこと、優先順位、そして一番大きな価値を持つものを把握しましょう。パートナーに自分と完全に同じものを求めることはできませんが、少なくとも敬意を持ってそれらを受け入れてくれる人を選びましょう。
  • 関係を成功させるためのカギは、明るいユーモアと完全な正直さです。この2つがなければ、何もないのと同じことです。
  • 言葉による暴力でも、肉体的な暴力でも、自分に対する暴力を決して認めないようにしましょう。暴力は受け入れられないものであり、暴力を振るう相手からはできる限り早く離れるべきです。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: | 人間関係

他言語版:

English: Choose a Life Partner, Español: elegir un compañero de vida, Italiano: Scegliere il proprio Partner di Vita, Português: Escolher um Parceiro para a Vida, Русский: выбрать спутника жизни, Deutsch: Einen Lebenspartner auswählen, 中文: 选择人生伴侣, Français: choisir son partenaire, Nederlands: Je levenspartner kiezen, Čeština: Jak si najít životního partnera, العربية: اختيار شريك حياتك, ไทย: เลือกคู่ชีวิต, हिन्दी: जीवन साथी चुनें, Tiếng Việt: Chọn Bạn Đời, 한국어: 인생의 파트너 선정하는 방법

このページは 3,348 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?