今年の夏、友人たちが行くプールパーティーに行きたいけれど、生理中だから行けないと困っていませんか?できればナプキンではなく、タンポン月経カップを付けて泳ぐのが一番快適でしょう。しかし、ナプキンしか持ち合わせていない場合でも、ナプキンを付けて泳ぐことは不可能ではありません。特に、プールサイドに座っているか、水着を濡らさず水の中を歩くだけにしようと考えているのであれば問題ありません。

ステップ

  1. 1
    ナプキン以外の選択肢を考えましょう。ナプキンを付けて泳ぐのは、必ずしも最善の方法ではありません。ナプキンは液体を吸収するようにできているため、プールの水も吸収します。できれば代わりにタンポン月経カップを使いましょう。[1]
    • タンポンや月経カップを使わない場合は、水着のボトムスを濡らさないようにします。ビーチであれば、水の中には入らず、パドリングをしたり、足だけ水に浸けて歩いたりするだけにしましょう。プールであれば、足を水に入れてプールサイドに座っていましょう。水の中に入りたいなら、タンポンか月経カップを使用するのが賢明です。
  2. 2
    ナプキンを外しましょう。泳ぎに行くときは、装着中のナプキンやパンティーライナーを取り外します。
  3. 3
    ナプキンを水着のボトムスに取り付けましょう。ナプキンを包装紙から外し、水着のボトムスに取り付けます。膨れ上がらないように、薄いナプキンを使用しましょう。また、体にぴったりフィットする水着を着るようにしましょう。ナプキンが濡れると粘着力は弱まりますが、ぴたっとした水着を着ればナプキンがずれるのを防ぎます。
  4. 4
    水着に足を通し、上に引っ張るようにして着用しましょう。
  5. 5
    水泳用のショートパンツを履くことを検討しましょう。ショートパンツは、水を吸収したナプキンの膨らみを隠すのに役立ちます。暗い色の布地なら、血液の漏れも目立ちません。
  6. 6
    プールでの一日を楽しみましょう! 快適さと衛生を保つため、パドリングを楽しむだけにし、腰まで濡らさないようにしましょう。ナプキンは濡れると水を吸収します。プールから出る時は慎重に、またナプキンで膨らんだ部分を隠すタオルを用意しておきましょう。
    広告

ポイント

  • ナプキンを装着する前に、陰部をよく拭きましょう。
  • ナプキンの種類は、普通の日用、多い日用、夜用のどれでも構いません。ただし、吸収量が多いナプキンであるほど、水を多く吸収し、ナプキンがより分厚くなります。
  • 普段、日中に多い日用や夜用のナプキンを使っているとしても心配はありません。普通の日用で間に合います。
  • 羽付きのナプキンを使用すれば、水着に固定でき、外れて流れてしまうのを防ぎます。
  • ビキニショーツを履きたくない場合は、スイムパンツのような肌が隠れるものを選びましょう。
  • 経血量にもよりますが、水から出た後、およそ15~35分以内にはナプキンを交換しましょう。
  • この方法は、特に湖や川、池、海で泳ぐ時に有効ですが、プールでも使用可能です。
  • 水の中では月経による出血が抑えられるため、パンティーライナーを使用しても大丈夫です。パンティーライナーならショートパンツを履く必要もないでしょう。
  • どうしてもナプキンを使用するのであれば、プールに行く前にこの方法をお風呂場で試してみましょう。
  • 水に入ると出血が止まるというのは迷信です。出血が抑えられる人もいるというだけです。水に入るとすぐに出血が止まるなどと思ってはいけません。

広告

注意事項

  • 過度に出血が多い時は、この方法を使ってはいけません。
  • 水の中で出血が続く場合は、この方法を使わないようにしましょう。
  • 水の中に入るとナプキンは膨らみます。
  • タンポンを使う場合、この方法を使う必要はありません。タンポンの方が清潔で、安心感もあります。
広告

必要なもの

  • 羽付きの薄いナプキン
  • 水着
  • 水泳用ショートパンツ

関連記事

How to

口周りの黒ずみを取る

How to

お酒の臭いを消す

How to

ペニスを洗う

How to

デリケートゾーンの匂いを消す

How to

女性が立ち小便をする

How to

歯磨き粉でニキビを治す

How to

手に付着したシリコンコーキング剤を落とす

How to

肌に付いた塗料を落とす

How to

埋没毛を処理する

How to

タンポンを使用する

How to

脂性肌を治す

How to

手指消毒剤を作る

How to

タンポンなしで泳ぐ

How to

重曹でニキビを治す
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む19人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は3,215回アクセスされました。
カテゴリ: 健康 | 個人衛生
このページは 3,215 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告