男らしくなる方法

共同執筆者 Trudi Griffin, LPC, MS

好むと好まざるとにかかわらず、男らしくなるには肝っ玉があるだけでは十分ではありません。世界中のあらゆる文化には、成年男性になったことを象徴する儀式や成年男性の特質を維持するための習慣があります。男らしさの定義に明確なものはありませんが、ほとんどの人が「男らしい」と考える特性は存在します。

パート 1 の 4:
知性を育む

  1. 1
    自分自身を知る 自分がどんな人間なのかを考えその人となりに満足しましょう。男らしくなる方法は1つではありません。格子縞のシャツを着て10日間シャワーを浴びずに木を伐採する人も、ミルトンやシェークスピアについて講義する教授も立派な「本物の」男になり得ます。大事なことはありのままの自分を理解し、揺るぎない自尊心をもつことです。[1]
  2. 2
    特定の分野に精通する どの分野を専門とするかはそれ程重要ではありませんが、精通している分野が1つあると非常に効果的です。男性は滅多に使われないファンシーな言葉を使うことを苦手としますが、何かを成し遂げなければならない時にはどうすべきかを心得ており、知性で切り抜けることに長けています。自分の専門分野を考えましょう。まだ特定できていないなら次に紹介するもの中から得意分野にできそうなものを選んでみましょう。[2]
    • 一般知識:何でもそつなくこなせるタイプなら一般知識を専門分野にすると良いでしょう。テレビに出たいという気持ちが少しでもあるならクイズ番組などに出場すると良いかもしれません。かなりの賞金を稼げるでしょう。分詞と品詞の違いや、翼竜の1属であるテロダクティルとラフォリンクスの違い、また1万円のスーツと66万円のスーツの違いを知っていませんか。
    • 歴史:次第に珍しくなっていますが、歴史専攻の男性は問題を非常に広い視野で熟考する傾向にあります。例えば、ローマの砲兵戦略、冷戦交渉の戦術、不透明なフランスの経済政策など色々な実例を元に物事の核心を追求します。彼らは、歴史を学ぶことの重要さは過去の過ちを再び起こさないようにすることだけではないことを知っています。
    • 女性:異性を研究分野にする人もいます。女性に関する知識を深めたいと思っている場合には、間違いを犯す覚悟を持ち失敗から多くのことを学びましょう。全ての女性にとって男性は「神からの贈り物」だと固く信じ、女性に対して常に侮辱的な態度をとり、無頓着で無知な男ほど悪質なものはありません。こういった特徴が全ての男性に当てはまるわけではありませんが、「女性の気を引こうとする」紋切り型の男性はもはや時代遅れであるだけでなく、厚かましいと言わざるを得ません。
  3. 3
    自分の間違いを認識し「『僕が』悪かった、ごめんなさい」と言うべき時を知る 間違えること自体は全く悪いことではありません。精神的に不安定で自信のない男性が「間違いは悪だ」と思っているだけです。そういった男性は根本的に自分に満足していないために、そのように考える傾向にあります。しかし自信に満ちた男性は自分の間違いに気づき、また恐れずにそれを認めるものです。[3]
    • 様々な方法で「ごめんなさい」と謝るようにしましょう。男性は「ごめんなさい」と言うことだけが謝る方法ではないことを知っています。無意識でも不当に扱ってしまった相手のために野球の試合のチケットを購入したりベッドに朝食を運んできたり、キャンプ旅行を計画したりします。これらの行為を通して「ごめんなさい」とは口に出さないけれども謝罪の気持ちを伝えます。男性は、つまらない6文字の言葉(ごめんなさい)を口にするよりもこういった行為の方が、後悔していることを伝えるのにしばしば効果的であることを理解しています。
  4. 4
    男同士のルールを理解する 男同士のルールとは何でしょうか。それは男性が行動の指針とする暗黙のルールで、少しずつ進化し続けていますが根本は滅多に変化しません。自分にとって意味のあるものだと思うなら男同士のルールを真剣に捉えましょう。自分を大事にしていることと同時に相手の男性にも尊敬の念を持って接していることを伝えることができるでしょう。ただし、ルール全てを鵜呑みにして行動する必要はありません。全ての男性が同じ考え方を持っているわけではなく、あなた自身も一般的な男性とは異なる部分もあるでしょう。男同士のルールがしっくりとこない、あるいは自分にとって意味をなさないと思うなら、無理をしてまでルールに則って行動する必要はありません。[4]次に男同士のルールをいくつか紹介しましょう。
    • デートで避けるべき事柄:実際に結婚するつもりがない限り、友人の姉妹(または兄弟)とデートしてはいけません。また、明確な許しがない限り友人の元カノや元カレともデートしてはいけません。明確な許しとは実際に友人に尋ねて許可をもらうことです。
    • 可能な時には所有物を貸してあげること:友人が作業用のブーツや、ドリル、電気鍋などを必要とする前日に貸して欲しいと求めてきたら、快く貸してあげましょう。車、ラッキーアイテム、自分のパートナーは必ずしもこれに当てはまるものではありません。
    • 他の男性への誕生日プレゼント:他の男性のために必ずしも誕生日プレゼントを用意する必要はありません。誕生日を執拗に尋ねられたら嘘をついても大きな問題ではありません。自分の彼女から嘘をつくように言われたと伝えれば良いでしょう。
    • 洗面所での会話:洗面所で他の男性に会話を切り出してはいけません。端のトイレが空いているのに、用を足している男性のすぐ隣を使うのは避けましょう。
    • 男性に送るテキストメッセージ:男性へのテキストメッセージにスマイリーフェイスや絵文字を使う必要ありません。相手への愛情を伝えたいためにメッセージを送る場合には例外として使うこともできますが、好ましくはありません。使うのであれば最小限に留めましょう。
  5. 5
    自己破壊的な考え方や習慣を手放す 男性であれば国や文化に関係なく心理的にまた文化的観点から不利な立場に立たされたり、自分に不利益をもたらす可能性を承知で人と交流したりしなければならない時があります。心に留めておきましょう。男性としての自意識を確立するにあたっての最初のステップは、自分が育った環境をできるだけ客観的に考えることです。[5]
    • 社会の隅に追いやられた人や反抗的な人を身体的に、あるいは精神的に虐待することが許容される環境や文化で育ちましたか。暴力を振るう理由としては、問題を解決したいという衝動的な欲求に襲われてというよりも、臆病さが原因であることがしばしばあります。「自分の権威を示そう」と友人や家族に対して暴力や脅迫に頼るのは不健康な態度で且つ有害です。
    • また「強さ」とは、感情を抑え、涙を堪え、決して脆弱性をさらさないことだと教えられましたか。この考え方の欠点は自分の感情を内面化して抑制しなければならないことです。そうすることで感情は益々悪化します。別の形の「強さ」に焦点を合わせましょう。例えば、逆境に立ち向かうことのできる、信頼に足る精神的に強い人物になりましょう。
    • 同性愛者を憎んだり恐れたりすることを教えられましたか。同性愛者とは同性に対してロマンチックな感情や性的魅力を感じる人たちを指しますが、これ以外でいわゆる異性愛者と異なる特徴はありません。好きな音楽や着る服などによってゲイが特定されることはなく、悲しい映画を見て泣いたり、妻に花のプレゼントをしたりしてもゲイにはなりません。また他人の感情を敏感に察知したり、人に親切に振る舞ったりしてもゲイにはなりません。同性愛嫌悪を顕にするのは勇敢な行為ではなく単に自分自身の性的不安を示すものであって、決して格好良いことでもクールなことでもありません。
    広告

パート 2 の 4:
体をケアする

  1. 1
    山奥で生活していても自分の体を清潔に保つ 私たちは体を清潔に保つことの必要性を理解しています。動物でさえも身繕いをします。最近では身だしなみの一環として、いわゆる「メンズグルーミング」がトレンドになっていますが、その罠に陥らないようにしましょう。メンズグルーミングは今やビジネスと化しておりファッション業界の各企業は、ボディケア製品はどんなに持っても持ちすぎることはないと消費者に絶え間無く訴え続けています。「メンズグルーミング」や「男性脱毛」は利益を追求するためのビジネスであり、決して高貴な男性の習慣ではなく、また健康的な習慣でも、道徳的に素晴らしい習慣でもありません。
    • 顎髭がなければ毎日顔を剃る必要はありません。男性によっては顎髭をきれいに伸ばせない場合がありますが、それでも問題はありません。その場合にはきれいに剃ってしまう方が良いでしょう。立派な顎髭を生やせるのであれば、それがその人の特徴です。男性は、自分のパートナーが自分の髭についてどんな印象を持つかと心配するきらいがありますが、好きで髭を伸ばしている人に対して誰にもそれを止めたり剃るように強制したりする権利はありません。自分らしく自然のままでいましょう。あなたが自分自身の主人です。
    • 一般的に胸毛や背中の毛、他の部分にある体毛も剃ったり整えたりする必要はありません。「滑らかで、彫刻のような(見せかけだけの)男性」のイメージは現代のファッション業界や映画業界などがビジネスとして作り上げたもので、全く無意味で表面的なものです。それに固執する必要はありません。毛深い人もいれば毛の薄い人もいます。自分の体、身体的特徴に自信と誇りを持ちましょう。それらは男性としてのアイデンティティを与えるために自然が作り出したものです。
    • 必要な時にシャワーを浴びたり風呂に入ったりしましょう。汚れや匂いに気づいた時にシャワーを浴びると効果的です。必ずしも毎日体を洗う必要はありません。車の修理や運動の前などそれなりの理由がある場合には、汚れたまま、あるいは匂いが取れないままでも放っておく男性も中にはいます。
    • 髪の毛や手の爪を定期的に整えましょう。普通の実用的なヘアカットを好む男性がほとんどですが、少し長めに整えたりスタイルをつけたりするのを好む人もいます。どちらも結構なことです。
  2. 2
    運動する 男性だからといって筋骨隆々である必要はありません。男らしくなるということは、自分の体をきちんとケアするということです。重量挙げをするという意味にとる人もあるでしょうが、それは人の好みです。健康を維持することで男らしさを調整しましょう。例えば、有酸素運動をする、女性に特化されていないヨガやピラティスを実践する、筋力トレーニングをする、ボディビルをするなど、健康的な食事を考慮しながら好きなスポーツを生活習慣として取り入れましょう。少なくとも1日に30分間のウォーキングをして脂肪を燃焼し筋肉をつけましょう。
  3. 3
    自分に合った服を着る 有名デザイナーの服や高価な服を着る必要はありませんが、自分の体にきちんと合う服を選ぶことが大切です。すべての男性が筋肉質で丈夫な体をしているわけではありません。服によっては着るとダブダブとなったり緩々したりして、見栄えが悪くなるものがあります。次のものを揃えると良いでしょう。
    • 見栄えの良いジーンズ: レジャー用のカジュアルジーンズ1本、仕事用のジーンズ1本、フォーマルなジーンズ1本でワードローブを完成させましょう。これらの基本アイテムをまず揃えて、それをベースに他の服を選ぶようにしましょう。
    • ボタンダウンのシャツ:繰り返しになりますが一般的には、レジャー用のカジュアルなシャツ、仕事用のシャツ、正式な時に着用するフォーマルなシャツがそれぞれ2〜3着あれば十分です。
    • 品のある靴:常に3〜5種類の靴が用意されていると便利です。仕事や式典用のフォーマルな靴、テニスシューズ、仕事用のブーツ、またカジュアル用の靴としてチャッカ靴、編み上げ靴、スニーカーなど、更にオックスフォード靴、トップサイダー、ローファーなどの少しフォーマルな靴を揃えましょう。ニーズと自分のライフスタイルに合わせてこれらを組み合わせましょう。
  4. 4
    精神的な支えにドラッグを使わない 男性は生まれつき冒険家でドラッグの魅力に惹かれて試してみたくなるものです。しかし、自分に満足している男性はドラッグを心の拠り所にはしません。支払いが重くのしかかって来ても、仕事が山積みになっても、個人的なプロジェクトが迫っていても(サッカーの試合は言うまでもなく)、ドラッグに頼ることなく人生のポジティブな面を味わう方法を見つけましょう。[6]
    広告

パート 3 の 4:
精神面をケアする

  1. 1
    生きる上での指針を見つける 裁判官、陪審員、死刑執行人であっても常に自分の仕事に満足しているわけではありませんが、何が正しくて何が間違っているのかを理解しており、人にも同じルールに則って生活して欲しいと望んでいます。自分の胸に手を当てて「他の人にそれをされたら自分はどう思うだろうか?」と自問してみましょう。生きる上での指針を考えるのに役立つはずです。
    • 真の男性はどんなに追い込まれても盗みを働くことは決してしません。絶望的な状況にあっても、人の物に手を付けるなどの行動を避け、人に助けを求めようとするものです。
    • また困っている人を助けることも厭いません。人には運が傾く時、支援が必要な時があることを分かっています。実際に役に立たないとしても、助けようという気持ちやその行動だけでも相手は元気付けられるものです。
    • 男らしい男性は友達、パートナー、家族を信頼します。また自分の言葉を実行に移し、他の人にも同じことを求めます。
    • 真の男性であるなら、自分にも他人にも決して嘘をつきません。良いフィードバックがもらえるように誠実であることを尊重し、たとえ傷つくことであっても真実であればそれを受け入れ納得することができるものです。
  2. 2
    自分なりの野心を持つ 男性は野心的な生き物です。稼ぎ手になりたい、仲間から賞賛され尊敬の念を抱いてもらいたいと思うものです。ただし、すべての男性が同じ職業やキャリアを選択するわけではありません。そのために同じ野心を抱くこともありません。どのようなキャリアまたは職業を選択しても(複数を持つ場合もあります)、目標を設定し達成できるよう努力する、または設定した目標を超えて必要な時にはいつでも自分自身を改革できるように努めましょう。自分自信にとっての成功を定義しましょう。[7]
  3. 3
    責任を求め自分が取った行動の責任を取る 男性と少年また大人と子供の主な違いは責任を負うか追わないかという点にあります。立派な青年男性は固い約束を尊重し義務を受け入れ、自分の行動に責任を持ちます。加えて、実際に汚れものを清潔にしたり乱雑な状態を整えたりもします。感情面でも人を傷つけないように心がけ、相手に嫌な思いをさせてしまった場合にはきちんと謝ることができます。[8]
    • 男性は「誰でも」父親になれることを分かっていますが、良い父親になれるのは父親になる責任を理解し受け入れることができる男性だけです。
    • 男性は自分自身がしたくないと思っていることは誰にもさせません。そのために自分に代わって困難やリスクを取ってくれる人を高く評価します。
  4. 4
    愛する人や大切に思っている人のために進んで犠牲を払う 犠牲を払える人になることは、好むと好まざるとに関わらず、成長の一部です。男性と少年との大きな違いは、男性が進んで物事に取り組むのに対して少年は文句を言うということです。特に愛する人のためには犠牲を払うことを自分の義務だと考えます。自分の時間やお金を費やす、他のあらゆるものを捧げることを義務として厭わずに行います。
  5. 5
    「理想的な」男性になる 「誰も見ていなくても」正義のために正しいことをすることが誠実さの証です。自分が決めた責任を果たせば男としての仕事はこなしたと思いたいところでしょうが、それだけでは理想的な「人間」になることはできません。常に正しいことを行い続け、自分の性格や誠実であるかどうかを分析しましょう。男らしくなろうとしているのであれば、まず理想的な男性になれるように努力しましょう。そうでなければ少年のままでいるのと変わりません。
    広告

パート 4 の 4:
愛情を育む

  1. 1
    心の奥に眠る内なる紳士を呼び出す あなたの内なる紳士は、あなた自身がすべきだと分かっていながらも怠慢さから時々忘れてしまう物事を実行するようにアドバイスをしてくれます。例えば次のような事柄です。[9]
    • デート中の費用を持つことです。もちろんデートの相手がそのような男性の行為を女性蔑視の古い時代への逆行だとみなさなければの話です。支払いは慎重に行いましょう。
    • 人のためにドアを開けること、椅子に腰掛ける手助けをすること、「お願いします」と「ありがとう」と言うことも紳士的振る舞いの1つです。一般的に恋人に敬意を示し、恋人を優先的に考えます。
    • 家事も紳士的な行動の1つです。パートナーとの生活が長くなると、例えばゴミ出し、料理、おむつ替えなどの家庭内での仕事を怠る傾向を示す男性がいます。真の男性とは、やりたくないと思っても家庭内の仕事を分担しなければならないことを心得ている人です。
    • 優雅な敗者になることも紳士としての振る舞いです。男性は生まれながらに競争心が強く「優雅な敗者」になるのは非常に困難なことです。ですが、敗北も勝利と同様に威厳を持って優雅に受け入れるようにしましょう。もちろん「言うは易し行うは難し」です。
  2. 2
    自慢話をしない 男性は恋の相手を追い求めることがこの上なく好きで、恋人を獲得する度に自慢げに話す傾向があります。「自慢しなければ、何も起こらなかったことと同じ」という概念に取り憑かれてはいけません。追い求めた恋が実れば、それで十分に成功の証になります。控えめな態度でも自信があれば、実際にはそうではなくても友人たちから女性キラーだと思われることも可能です。
  3. 3
    常に尊敬の念を持ってパートナーに接する パートナーとの関係ですべきこと、避けるべきことを次に紹介します。
    • すべきこと
      • パートナーの話を聞きましょう。
      • パートナーの些細な間違いを許しましょう。
      • 自分がすると言ったことを実行しましょう。
      • 自分が接してもらいたいようにパートナーに接しましょう。
    • 避けるべきこと
      • 非現実的な期待を抱いてはいけません。
      • 自分の欲しいものを入手できるように相手を操ってはいけません。
      • パートナーを人としてではなく物として扱ってはいけません。
      • パートナーがどんな気持ちになるか、どんな反応を示すかを知っていると思い込んではいけません。
  4. 4
    恋愛関係をゆっくりと進める 残念ながら人を居心地の悪い状況に追い込んでしまう男性がたくさんいます。そのような態度をとると恋人を遠ざけてしまうだけでなく、自分が欲しいものも手に入れられなくなります。同性愛者ではない男性なら、デートのペースを決めるのは女性であることを心得ています。女性がめまぐるしい恋愛に突入したい場合には、自分もその準備ができていると彼女に伝えて安心させ、彼女がゆっくりと関係を続けていきたいと思っているなら、いつまでも彼女のそばにいることを伝えて安心させることができるものです。女性にペースを設定させることで、男性は相手との関係を上手に運ぶことができ最終的には大成功を収めることができます。これは同性愛者同士の関係にも当てはまりますが、恋愛関係で最も重要なのはコミュニケーションであることを忘れないようにしましょう。パートナーとの対話を大切にしましょう!
  5. 5
    多少謎めかせる 謎めいていて興味をそそられる人が非常に魅惑的に映る場合があります。しかし神秘的であることが必ずしも強くて静かなタイプの人だという証ではありません。しばらくの間本心を隠しておき、後に意外なスキルや特性を披露したり、ジェスチャーを見せて驚かせることがあります。
    広告

ポイント

  • 近くで良いお手本をたくさん見つけましょう。年下でも模範的な男性だと思えばお手本にしましょう。自分の人生において誰が魅力的な男らしい男性ですか。彼らはどのように振る舞いますか。どんな職業に就いていますか。彼らから多くのことを学びましょう。ただし完璧な人はいないということを忘れてはいけません。あなたがお手本とする彼らもあなたと同様に修行中です。
  • 立派な男性になることと立派な女性になることは同じです。つまり自尊心を持ち、自分に優しく正直でいることです。服装や趣味、性的指向といった物事によって決まるものではありません。
  • 結婚するしないはあなた次第です。真の男になるために結婚が必要条件ではなりません。
  • 子供には健康的な関心を持ちましょう。男性が子供に親切に接する姿は何よりも魅力的に見えます。
  • 強い人は自己防衛のために反撃しますが、より強い人は反撃に出ることはありません。彼らは自分を守ることよりも高潔であることを重視します。言い換えるなら、自分の強みを知りましょう。精神的に強く善良な男性は拳を使って自分を守ろうとはしません。逆に冷静になります。自分を傷つける全てのものに力で反撃するのは不可能です。自分が更に傷つく危険を知っています。馬鹿馬鹿しいことに耐える必要はありませんが、絶対に必要でない限り腕力を行使してはいけません。また復讐を考えず、聖書にあるように「打たれたら反対の頬を相手に向ける」ような態度をとれば、周りからますます尊敬されるでしょう。

広告

注意事項

  • 男性が少年を卒業し大人としての特性を身に着けるには時間がかかります。個人個人の成長のスピードは様々です。立派な男性になれるように自分なりの努力をしましょう。
広告

このwikiHow記事について

認定カウンセラー
この記事はTrudi Griffin, LPC, MSが共著しています。 トゥルーディ・グリフィンはウィスコンシン州に住む認定カウンセラーで、依存症と精神衛生を専門としています。個人治療や地域医療の場で、依存症、精神病、心的外傷に苦しむ患者のカウンセリングにあたっています。2011年にマーケット大学にて臨床精神衛生カウンセリングの修士号を取得。
カテゴリ: 自己啓発
このページは 220 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告