男子をデートに誘う方法

この記事には:デートに誘う準備をする男子をデートに誘うための戦略5 出典

一昔前は、男子が女子をデートに誘うのがお決まりでした。しかし、今の時代、女子は男子にデートに誘われるのを待つ必要などありません。[1]男子をデートに誘いたいのであれば、前もって計画し、自信を持って的確に行動すればよいのです。

パート 1
デートに誘う準備をする

  1. 1
    起こりえる最悪の事態は何か考える 彼がまともな人間であるならば、丁寧に断られる、それが起こりえる最悪の事態ではないでしょうか。この事を頭に入れて、彼をデートに誘う準備をしておけば、万が一断られたとしても、そこまで辛い思いをしなくて済むでしょう。
  2. 2
    適切な場所と時間を選ぶ 緊張することなく、気楽にデートに誘えそうな場所を見つけましょう。学校の廊下、噴水前、運動場での練習後、その他、彼によく会う場所などを選ぶとよいでしょう。彼がリラックスした状態でいる時と、人目につかない場所を選びましょう。適切な時間と場所を選ぶ際に頭に入れておくべきことを以下で紹介します。
    • できるだけプライベートな空間を選びましょう。完全に2人きりになる必要はありませんが、実際にデートに誘うとなれば、ある程度はプライバシーがある空間のほうがお互いに落ち着くことができるでしょう。自分の友達が周りにいると、彼はプレッシャーを感じて正直に答えられない可能性があるので、正直に答えてほしいのであれば、ある程度のプライバシーはあったほうがよいでしょう。
    • 2人きりになれたからといって、その瞬間から大騒ぎしてはいけません。2人ともグループ内に居合わせるのであれば、低く小さめの声で「ねえ、ちょっと2人だけで話せないかな?」などと言い、一旦グループから離れましょう。
    • 不気味な人だと思われないよう気を付けましょう。毎朝、彼のロッカーの前に静かに立ったり、彼に電話をかけてはすぐに切るのを何度も繰り返したり、彼のことを人に聞いて回るなど、ストーカー行為のようなことをしていては、不気味がられてしまうかもしれません。
    • しつこくしないよう注意しましょう。 彼に付きまとったりしてはいけません。オンライン上でも同様のことが言えます。少し様子を伺う程度であれば構いませんが、四六時中彼に付きまとうのは異常な行動であると捉えられてしまいます。
    • 適切な時間と場所を選びましょう。演劇部の練習後などは、デートに誘うには良いタイミングであると言えますが、夜中の1時30分にテキストメッセージで誘うのはやめたほうがよいでしょう。
  3. 3
    デートプランを立てておく この彼をデートに誘うのは初めてならば、デートプランを立てておくと自信を持って行動することができるでしょう。実際にデートが始まってからプランを考える心配もありませんし、彼に「何するの?」と聞かれても、「ええと……どうしよっか」などと言わずに済みます。以下のアイディアを参考にしてみましょう。
    • 「彼に笑われる」「断られる」「友達ゾーンに置かれる」など、ネガティブなことばかり考え過ぎないようにしましょう。男子も女子にアプローチする時は同じ気持ちになるものです。これが、いわゆる友達ゾーンに多くの男子が置かれている主な理由です。勇気を出して実際に彼をデートに誘うまで、真実は分からないのです。きっとあなたにもできるでしょう!ほとんどの男子は女子に比べ、話しやすいので、彼の反応に驚くかもしれません。
    • 典型的なデートを計画しましょう。失敗しないデートプランを以下で紹介します。
      • ディナー:レストランへ行ったり、テイクアウトした物を家で食べたり、あなたが手作りするのもよいでしょう。
      • デートプラン:映画、コンサートやショー、博物館、コミックコンベンション、ハイキング、野球の試合などに行ったり、お互いに興味があることをしてもよいでしょう。
    • 相手が特に楽しめることをデートプランに取り込みましょう。自分と彼に共通の趣味があるか、彼が好きな事を自分も好きか分からないこともあるでしょう。彼は何をするのが好きなのかを知り、それを試してみましょう。そうすることで、彼が好きな事をもっと知りたいと思っており、彼のためなら新しいことに挑戦する気があることが伝わります![2]
  4. 4
    断られた時の対処法を考えておく 失敗した時のことよりも上手くいった時のことを考えるのが良いのですが、断られてしまう可能性も少なからずあるということを頭に入れておきましょう。もしかしたら他に好きな人がいるのかもしれませんし、あなたのことは友達としてしか見ていなかったため、驚いてしまったということもあるでしょう。どちらにせよ、何とか乗り越えるしかありません。その状況に冷静に対処したいのであれば、計画通りに行かなかった時のために、プランBを用意しておきましょう。
    • その場を去る理由を前もって考えておきましょう。「テストの勉強をしなければならない」「次の授業に行かなければならない」「友達との約束に遅れている」などの理由を用意しておくとよいでしょう。[3]
    • 彼にその気がないと察した場合に、何か切り出せる話題を考えておきましょう。彼にアプローチしたけれど、明らかに誘いを受け入れてくれる雰囲気ではなければ、何か他の話題を切り出せるようにしておきましょう。数学の宿題についてや、地元の野球チームの試合が今日あるかなどといった質問を用意しておけば、彼の元へ行ったことを変に思われないでしょう。

パート 2
男子をデートに誘うための戦略

  1. 1
    「チケットが余分にある」という手段を使う 映画やコンサート、お笑いライブ、その他、彼が興味を示しそうな物のチケットを2枚買いましょう。 そして、彼に話をする際に、さり気なく「友達にすっぽかされちゃったんだよね……」などと言い、彼がその話題に飛びついてこなければ、「一緒に行ってもらえないかな?このショーずっと見たかったんだよね。きっと楽しいと思うんだ」などと言ってみましょう。その場で思いついたように、さり気なく聞きましょう。
    • この方法なら、それほど緊張することなく男子をデートに誘うことができるでしょう。
    • しかし、あなたの意図があまり曖昧過ぎても、デート相手としてではなく、友達として誘われているのかと思われてしまう可能性があるので、注意が必要です。
  2. 2
    グループデートに誘う グループデートは、あなたと彼の間に恋の火花が散るかどうかを気軽に試してみるには最適な方法です。自分たち以外のカップルや、友人たちと出かけるのであれば、デートというよりは仲間付き合いのような雰囲気になるでしょう。ボーリングや映画、ディナーなどに友達たちと行くけれど、彼も一緒に来ないか誘ってみましょう。[4]
    • グループデートであれ、彼をデートに誘っていることには変わりありませんし、2人きりで出かけるよりも緊張感が薄れるでしょう。
    • グループデートが上手くいったら、2人きりのデートに繋げることが理想です。
    • 自分の意図を曖昧にし過ぎないよう気を付けましょう。グループデートと男女の友人らの付き合いを区別するのは難しいかもしれません。彼はデートだとは知らず、気まずい状況になってしまう可能性もあります。
  3. 3
    男子でも楽しめるデートに誘う 自分自身も楽しめそうな、彼や彼の友達が好きな事を選び、誘いましょう。(ネイルサロンに行くなど、女子が楽しむものは避けましょう!)
    • まずは、彼が何をすることが好きなのか調べましょう。女子よりも基本的に男子に人気があるアクティビティは多く存在しますが、彼の好きな事を知って驚くこともあるでしょう。
    • 映画を見に行くのであれば、幅広い層に人気があるものを選ぶようにしましょう。大ヒット中のアクション映画などならお互いに楽しめるかもしれません。
    • 自分も楽しめるアクティビティを選びましょう。本当はゴーカートなど好きではないのに、彼にあなたも好きだと思われているがために、常にゴーカートの遊び場へ行くのは避けたいものです。
  4. 4
    映画やコンサートに誘う 先程紹介した「余分なチケット作戦」と似た方法です。まずは気軽な会話を始め、新作映画や地元で公演予定のあるコンサートを話題に出し、彼が興味を示すか様子を見て、「僕も好きなんだよね」などと言うのを待ちましょう。あなたの意図が伝わらないようであれば、「私もその映画見たかったんだよね。週末にでも、一緒に見に行かない?」などと聞いてみましょう。
    • 思い付きで誘ったという雰囲気を出したいのであれば、「他に一緒に行ってくれそうな人が思い付かないんだよね」や「私の友達でそのバンドを好きな子いないんだ……」などと付け加えるとよいでしょう。[5]
  5. 5
    メモを利用してデートに誘う 彼のロッカーや教科書、バッグ、ギターのケースなど、彼にとって大切なアイテムの中にメモ書きを残すという方法もあります。「今度一緒に出かけない?」などと書き、電話番号も添えておきましょう。 あまりよく知らない男子を誘うには良い方法であり、それほど緊張することもないでしょう。この方法は効果的なだけでなく、可愛らしくて工夫に富んだ女子だという印象を与えることができます。
    • ロマンチックな雰囲気を出したいのであれば、彼を怖がらせるようなことを書かなければ、手紙を利用して誘うのもよいでしょう。
  6. 6
    電話でデートに誘う 彼のことをデートに誘いたいけれど、面と向かって誘うのは緊張してしまうという場合は、彼に電話をかけて、週末に出かけないか誘ってみましょう。仲の良い女子の友達がそばにいてくれたら、彼に電話をかける時に心の支えになってくれるでしょう。その友達が叫び声を上げたり、電話を失敗に終わらせるようなことをしない限り、あなたは落ち着くことができ、自信を持てるでしょう。彼に断られたとしても、ただ「じゃあね」と言って電話を切ればよいのです。
  7. 7
    面と向かって本当の気持ちを伝える 
    • 緊張する必要はありません。世間話から始めて、徐々にデートのお誘いへと話を持っていくとよいでしょう。
    • 彼に話しかけに行く時は、助け舟を出してもらえるよう、自分の友達にあなたが見える所にいてもらいましょう。
    • 彼に好きだと伝える時は、彼を好きな理由を全て述べましょう。そうすると、彼の自信も高まり、断られる可能性が少し減るでしょう。
    • 具体的な日にちを提案してデートに誘うとよいでしょう。あなたが立てたプランを気に入ってくれれば、誘いを受けてくれるかもしれません。
    • たとえデートが上手くいかなくても、友達でいたいことを伝えましょう。もし上手くいけば、2回目のデートをするとよいでしょう。あなたが怒らないと分かっていれば、彼も安心するはずです。「あなたって頭が良くて、優しくて面白いよね。あなたのことが好きなんだ。金曜日の夜、空いてたらディナーに行って、映画でも見ない?2人でもいいし、友達と一緒でもいいし。もし上手くいかなくても怒らないし、その時は友達のままでいられたらいいからさ」などと言えば快く誘いを受け入れてくれるでしょう。または、彼が誘いを受け入れてくれたら、友達のくだりを変更して「友達も何人か来てもいい?それとも私達2人きりのほうがいい?」などと言えば、彼の意見を尊重していることが伝わります。
    • 「あのさ、私と私の友達でディナーの約束してたんだけど、友達が自分の彼氏も誘ったんだよね。もしよければ、私のデート相手になってくれないかな?あなたのことが好きなんだ。あなたって頭が良いし、面白くてすごく優しいし。金曜の夜なんだけど、どうかな?」などと言い、彼の答えを待ちましょう。

ポイント

  • 彼はちょうど失恋から立ち直ろうとしている時かもしれません。ですから、デートするような気分ではない可能性もあることを理解しましょう。反対に、早く立ち直るために、新しい相手を探しているという場合もあります。
  • 彼のサインを間違って解釈してはいけません。間違って解釈してしまうと非常に気まずい状況になってしまうことがあります!
  • 男子は常に自分の感情を見せてくれると思い込んではいけません。彼だって緊張することもあれば、自分に対するあなたの気持ちが分からず悩むこともあるでしょう。
  • 彼のほうから行動を起こしてくれなかったからといって、自分には興味がないのだろうと思い込んだり、男らしくないと見なしてはいけません。あなたのことは好きだけれど、すでに付き合っている相手がいるため、あなたをデートに誘わないという場合もあれば、恥ずかしがり屋である、失恋を乗り越えようとしている、などといったことも考えられます。
  • 笑顔でいると自信があるように見えます。下を向いてボソボソと呟くように話していると、無関心な人だと思われたり、「この人とデートしてみたい」とは思われないでしょう。
  • ソーシャルメディアでフォローされた場合、彼に個人的にメッセージを送るほうが話しやすいと感じるのであれば、そうするとよいでしょう。
  • 落ち着いた態度でデートに誘いましょう。そうでないと、彼はストレスを感じたり、動揺してしまうかもしれません。
  • まずは彼と友達になり、タイミングを見計らって、彼に対する自分の気持ちを伝えましょう。
  • 2人きりの時にデートに誘いましょう。彼が友達といる時に誘うと、格好つけようとしてあなたの誘いを断るかもしれません。
  • この彼と本当に付き合いたいと思うかしっかり考えましょう。彼をデートに誘う前に、よく彼のことを観察しましょう。

注意事項

  • 彼をデートに誘ったからといって、そのデートで「自分がしたくないこと」をしなくてはいけないと感じる必要などありません。居心地が悪いと感じたら、すぐにその状況から抜け出しましょう。礼儀を心配する前に、自分の安全を守りましょう。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む547人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

他言語版:

English: Ask a Guy Out, Italiano: Chiedere a un Ragazzo di Uscire, Español: invitar a un chico a salir, Português: Convidar um Rapaz para Sair, Français: demander à un garçon de sortir avec vous, Deutsch: Einen Mann um ein Date bitten, Русский: пригласить парня на свидание, 中文: 约男孩出去, Nederlands: Een jongen mee uit vragen, Čeština: Jak pozvat muže na rande, Bahasa Indonesia: Mengajak Pria Berkencan, Tiếng Việt: Mời một anh chàng đi chơi, ไทย: ชวนหนุ่มไปเที่ยว, العربية: طلب شاب للخروج للمواعدة

このページは 116 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?