以前は思いやりや愛情を持っていた男性が、急に背を向けて二人の間に距離を置くようになった場合、不思議に思うのは当然のことです。男性が自分に興味をなくしたことを知るための様々な理論の中から、最適なものをこの記事では紹介します。何よりもまず、二人の間の意思疎通の大きな変化に注意しましょう。意思の疎通方法が少しでも変化したと感じたら、相手の行動を見極め相手と会話して問題に取り組み、周りの人に助言を求め自分自身のことに集中しましょう

方法 1 の 3:
意思疎通の変化に注意する

  1. 1
    意思の疎通が減ってきたかどうかに注意する これは、男性が興味を失いかけている最初の兆候のひとつかもしれません。通常は、自分と話したい時は間違いなく男性側から連絡をしてくるはずだと想定するでしょう。普段から電話やメッセージを頻繁にしてくる男性が、そうしなくなった時には注意しましょう。
    • 孤立したり会話が減ることは、興味の低下の兆候かもしれません。他の理由も考えられ、相手の個人的な生活の中での変化を示している場合もあります。多忙であったり、家庭内で解決すべき問題を抱えているのかもしれません。
    • 相手が興味をなくしたと単純に仮定するよりも、相手と向き合って直接聞くのが最善策です。
  2. 2
    短い会話に注意する 短い会話と意思疎通の減少には関連性があります。実際に話す際に、会話時間が非常に短いと気づいたら、そのことを自覚すべきです。
    • 例えば、以前は一回の電話で何時間も話していたのに、今は一回に10分程度しか話さないような状態であれば、相手が興味を失っているという兆候かもしれません。相手が電話やメッセージを長い間無視して返信しなかったり、明確な理由もなく、会話を終わらせようとする場合もあるでしょう。
  3. 3
    自分に対する相手の口調の変化に注意する これは、相手が興味を失っていることを強く意味します。男性の多くは気になる女性に対しては、優しく誘いかけるような口調で話しますが、他の人に対してはそうしないでしょう。相手の感情に変化が現れると、声の調子からは愛情が感じられなくなり、普通の話し方に聞こえるようになります。[1]
    • さらに相手は、不親切な態度で話したり、薄情なことを言ったりするかもしれません。これは、相手が自分に興味を失ったという明確な証拠です。自分を粗末に扱ったり、厳しいことや薄情なことを言う人と一緒に過ごす価値はありません。もしも相手が自分の外見、行動、振る舞いを非難するような言動をとる場合には、すぐにでも会話を終わらせるべきです。
  4. 4
    相手の話を聞く 二人で会話をしている時、相手はあなたの生活における大事なことについて質問するでしょうか?それとも相手自身のことだけに集中して話すでしょうか?あなたに興味のある男性であれば、深い会話をして本当のあなたを知ろうとするでしょう。相手が話す際には、会話が表面的かどうか、もしくは短い会話で終わらせようとしているかどうかに注意しましょう。[2]
    • 相手は興味があるかないかを、さりげなくあなたにわからせようとしている場合もあります。相手が話している内容や態度によく注意しましょう。
    • 相手は自分と冗談を言い合っているでしょうか?ユーモアに欠けるということは、相手の気分が落ち込んでいたり、うつ状態である場合も考えられますが、一般的には単純に興味喪失を意味します。
    • 相手が平凡なことを話すか、話題ついて深く話すかに注意しましょう。内容のある話題や感情を出すことを避けるようであれば、無関心であることを意味しているのかもしれません。
    • 相手が他の人との関係を、特に情熱的に話し始めた場合、相手はあなたを単なる友達として見ていることを示します。
    広告

方法 2 の 3:
相手の行動の変化に注意する

  1. 1
    相手が予定を取りやめるかどうかに注意する 二人で決めた計画を、予定変更もせずに頻繁に中止するようであれば、相手は自分と一緒に過ごしたくないという意味に受け取るべきです。相手はあなたと過ごすことを拒否しがちになるかもしれませんが、そうなると完全な危険信号といえるでしょう。
    • 自分だけが何かを提案したり、予定を立てていると気づいた場合には、まずは行動を控え、相手が予定を立てる努力をするかどうか様子を見ましょう。まだ相手が自分に関心がある場合には、何かしら予定を立てて一緒に過ごそうとするはずです。
    • 相手が予定を取りやめる際、明確な理由もなしに「することがあるから」と、ありきたりな言い訳をするかもしれません。相手が自分と一緒にいられない理由をはっきりと答えられない時は、そのことに気づく必要があります。相手は、予定を中止したことに関して逃げ回っているのかもしれません。予定を中止する明確な理由もなく、「他の人との約束がある」「今夜はちょっと無理なんだ」などと言い訳をするかもしれません。
  2. 2
    相手の他の人に対する態度に注意する 相手が彼の友人と接する時と同じ態度で自分と接しているか、違う態度で接しているかを見極めるのが難しい場合もあるでしょう。相手にとっては純精神的な(プラトニックな)友人だと分かっている人達に対して彼がどう接しているかを観察し、自分にも同じように接しているかを考えてみましょう。[3]
    • もし相手があなたに対して他の友人と同じように接しているのであれば、相手は普通に仲良くしているだけで、あなたに恋愛感情を持っているとは言えません。もし相手が自分に関心を持っていれば、他の友人達とは違うように接しているはずです。
    • 男性の中には、常に異性の気を引こうとする性格の人がいる一方で、本当に気になる人に対してしか口説かない人もいます。相手がどちらの性格であるかを見極めましょう。
  3. 3
    ボディー・ランゲージを見る ボディー・ランゲージは、人の感情を知る手掛かりになります。仮にある人が今いる状況に興味がなかったり居心地が悪い場合は、あなたからさりげなく遠ざかり、身体的接触を避けようとするでしょう。相手の居心地が悪そうな時や、自分との交流に無関心であることを示すボディー・ランゲージの合図に注意しましょう。[4]
    • 自分が話している間にも、相手は立ち去ろうとしたり、腕を組むしぐさをしたり、顔を背けたりするかもしれません。相手が無関心な場合は、ハグや腕を触られるというような身体的接触も避けようとするでしょう。
    • 視線を合わせる時間が短く、会話中に継続的に視線をそらす場合は、相手は自分の話に関心がない可能性もあります。[5] 一方で、恥ずかしがり屋の男性もいますので、無関心というわけではなく、緊張や恥ずかしさが表れているだけかもしれません。
    • 相手が無関心であることを示すボディー・ランゲージの合図は、体と足先をあなたから背ける、首を触る、腕を組む、床を見つめる、体を違う方向に向ける、などです。[6]
  4. 4
    相手が身体的接触をやめたかどうかに注意する どのような関係においても、触れることでお互いを魅力的な存在に感じ、身体的な親密さが増すものです。お互いの身体的接触の頻度と体の触れ方の変化に注意しましょう。[7]
    • 例えば、通常はお互い会うたびにハグをするとします。相手があなたに興味を失ったのであれば、相手の方からハグをするのをやめたり、あなたが相手をハグしようとするときに離れようとするかもしれません。
    • 今も身体的接触があったとしても、相手の関心が薄れてくると触れ方に変化が出てくるでしょう。ハグの代わりに腕を軽く触るなどのように、男性の多くが友人に対して行うような恋愛感情のない行為を、相手はするかもしれません。
  5. 5
    相手が注意を払っているかを見極める 男性に気になる存在の人がいる場合、その人が興味を持っていること、予定、その人に関することを覚えておくように努力するものです。男性が興味を失った場合には、このようなことを記憶にとどめる努力をやめてしまうでしょう。[8]
    • 例えば、あなたが自分の誕生日のことを何週間も話していたにもかかわらず、相手が忘れてしまう場合には、恐らく既に興味を失っているのかもしれません。
    • 相手が継続的にあなたとの会話の内容を忘れてしまう場合、例えばもうすぐ仕事の面接があることや、家族が会いに来ることなど、あなたの人生において重要なことにも、相手は恐らくもう興味がないのかもしれません。[9]
    • 他にも、花の贈り物や突然のプレゼントで驚かせるなどの相手が過去にしていたような意味のある意外な行為もなくなるかもしれません。
    広告

方法 3 の 3:
問題に対処する

  1. 1
    先に相手から自分に連絡をさせる 相手が以前ほど頻繁に連絡をしてこないことに気づいたら、自分から相手に接触するべきではありません。自分だけが電話やメッセージをしていたり、お互い相談もせずに何かの計画を進めている場合、相手は自分と会うことに興味がないのは明白です。[10]
    • 次のことを一週間試し、相手が変化するかを見てみましょう。まずは相手に連絡をせず、向こうから自分と会話を始めるかを確認しましょう。相手は会話をしなくなったことに気づいて連絡してくる場合もありますが、そうしないかもしれません。連絡がない場合は、相手は自分への関心をなくしたことを意味するでしょう。
  2. 2
    助言を求める 好きな相手と共通の友人がいる場合、可能であればその友人に、自分の好きな彼には他に気になる人がいるのか、それともまだ自分に関心があるのかを聞いてみましょう。
    • 逆もまた同様に、もし相手が他の人との恋愛関係について助言を求めてくるかどうかに注意しましょう。これは、相手は他の人が気になっているという明らかな証拠であり、あなたとは友人だけの関係だというです。もし相手が、「この子に気づいてもらえるにはどうしたらいいかな?」「この子にはどんなデートを考えたらいいかな?」と聞いてくるようであれば、あなたを恋愛対象として見ていないことが明らかです。
  3. 3
    相手に聞く 相手がまだ自分に興味があるかどうかを知るには、直接聞くことが唯一にして最善の方法です。相手の会話、行動、態度による憶測からは、相手の感情をある程度予測できますが、相手と直接会話するまでは決してわからないものです。
    • 直接聞くのは勇気がいることで、神経もすり減るでしょう。誰しも拒絶感を味わいたくはないですし、自分を弱い立場に置くことにもなります。ですが、相手の合図を誤って理解していたり、相手からするとはっきりしている合図を見逃している可能性もあります。[11]
    • 話を切り出す場合は、直接的でも間接的でもよいでしょう。相手に、「まだ一緒にいたいと思う?それとも、ただの友達の方がいい?」と聞いてみましょう。こうすると、問題の核心に触れることができ、相手がどう思っているかを共有する機会が生まれるでしょう。
  4. 4
    自分を大事にする 思いを寄せる男性を失うと感情的になる傾向があるため、自分を大事にすることは非常に重要です。自分に興味をなくした男性が、彼氏でも片思いの相手でも昔の彼氏でも、自分を大事にして優しくすることが大事です。[12]
    • 自分が幸せになれることをしましょう。友人と出かける、お気に入りの料理を作る、外で散歩する、絵を描く、新しい映画を見るなどしてみましょう。
  5. 5
    威厳を保つ 相手がもう自分に興味がないかもしれない事実を、優雅さと気品をもって受け入れましょう。相手とは距離を置き、不満や怒りを共通の友人に向けて発散しないように気をつけましょう。[13]
    • 恋愛関係の喪失や、共に過ごすはずだった将来像がなくなった状況を悲しむのは自然なことです。気が済むまで悲しんだ後は、人生の他の良い面に集中して、現状から気持ちを切り替えましょう。
    • 視野を広く持ちましょう。もちろん今は難しい状況ですが、世の中には、恋愛関係を求めている素晴らしい男性がたくさんいるはずです。
    広告

ポイント

  • 男性の感情は、様々な理由で変化します。あなたに問題があるわけではありません。しかし、自分にとって大事なものを探す努力をして、威厳を持って立ち去れるようにしましょう。
  • 自分を愛することを忘れず、素晴らしい人間であることを覚えておきましょう。自分に関心がない人のせいで、自分が不安定になってはいけません。

広告

注意事項

  • 「ああすればよかった」と考えすぎるのは絶対にいけません。そうなるはずだったことは実際には起こらなかったのです。今現在とこれからのことに集中しましょう。
  • 苦痛に感じないようにしましょう。恨みを持つと前進できない上に、起きた事実も変わるわけではありません。
広告

関連記事

How to

「別れたら死ぬ」と言っている人と別れる

How to

女の子が自分に気があるかどうかを見極める

How to

彼女との電話の会話を続ける

How to

女性に愛撫する

How to

カップルでセックスを大事にする

How to

彼氏の気を引く

How to

フレンチキスをする

How to

彼が本当に愛してくれているか知る

How to

彼が体目当てで付き合っているかを判断する

How to

彼氏を信頼する

How to

テレフォンセックスをする

How to

彼女に愛されているかどうかが分かる

How to

スプーンポジションで添い寝する

How to

彼に許してもらう
広告

このwikiHow記事について

Joshua Pompey
共著者
リレーションシップエキスパート
この記事の共著者 Joshua Pompey. リレーションシップエキスパートのジョシュア・ポンぺイは、10年以上にわたりオンラインデートサイト(出会い系)での活動方法に関するアドバイスを提供しています。2009年に自身で開設した恋愛コンサルティングビジネスでは、99%以上のカップル成立率を維持しており、その業績はCNBC、Good Morning America、Wired、そしてRefinery29でも紹介されました。世界で一番のオンラインデーター(出会い系上でデートをする人)と呼ばれています。 この記事は1,325回アクセスされました。
カテゴリ: 注目記事 | 恋愛関係維持 |
このページは 1,325 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告