他人の行動によって自分が傷つくこともあるでしょう。男性に傷つけられた場合、どう彼に自分の気持ちを伝えようか悩むかもしれません。不快に感じた出来事についてよく考え、自分の気持ちをどう伝えるか決めたら彼と話し合う時間を設けます。その後は、今後傷つくことを避けるため、いくつかのルールに従い前に進みましょう。

方法 1 の 3:
どう伝えるか考える

  1. 1
    自分の感情を理解する 自分を傷つけた相手に慌てて対立しようとする前に、今の状況と自分の気持ちについてよく考えましょう。以前にもこのようなことが起こりましたか?あなたが過剰に反応しているということはありませんか?自分の状況と感情についてよく考える時間を設けましょう。
    • 日記やフリーライティングを利用して気持ちを書き出すのが効果的です。タイマーを10分間にセットし、今の状況について何でも頭に浮かぶことを書き出してみましょう。
    • 自分の気持ちが落ち着くまで待つのは賢くもありますが、長く時間を空けるのはよくありません。あなたを傷つけたということを相手に忘れられては困ります。[1]
    • 定期的に日記をつけることで相手との間に生じる問題に気付けるでしょう。
  2. 2
    彼の立場になって考える なぜ彼はあのようなことをしたのか、相手の立場になって考えてみることも大切です。人は故意に相手を傷つけることもあれば、全く意図していなくても相手を傷つけてしまう場合があります。また、その人の生活面での精神的疲労があなたを傷つける要因となった可能性もあります。彼が直面している問題はないか、考えてみましょう。[2]
    • あなたが彼の立場を理解しようと努めても、彼の取った行動が許されるわけではありません。ただ、彼の視点から物事を捉えてみることで、あなた自身も状況を整理しやすくなるでしょう。
  3. 3
    自分の感情的欲求に注意を払う 今現在、傷ついているのであれば、まずはその感情に対処するべきです。そうすれば、落ち着いた状態で冷静に彼との話し合いに臨むことができるでしょう。そのためにまずあなたが取り組むべきなのはセルフケアです。[3]
    • お風呂に入ってリラックスしたり、栄養価の高い食事を取ったり、日記を書いたりして心を落ち着かせましょう。友達と時間を過ごしたり、夜にソファーでのんびりと過ごすのもよいでしょう。
  4. 4
    第三者の意見を聞く 傷つけられたという感情は一旦横に置いておき、友人や家族など、第三者のアドバイスをもらいましょう。起こった出来事を話し、彼らの意見を聞きましょう。[4]
    • 友人や家族はあなたの状況についてどう考えているでしょうか?あなたと同じような反応をすると思いますか?確かにあなたは傷つけられたと、あなたの考えを支持する場合もあれば、新しい視点から物事を見てあなたとは異なる考えを持つこともあるかもしれません。
    • あなたを傷つけた相手に対して強い偏見を持っていない人の意見を聞くようにしましょう。
  5. 5
    彼の反応をある程度予想しておく 「傷ついた」と相手に伝えたら、どのような反応をされるか考えてみましょう。今までの経験から、どのような状況になり得るか予測することができるかもしれません。[5]
    • 例えば、彼はよく被害者面をしたり、あなたを傷つけたことを否定しようとしますか?謝られても誠意を感じられない時がありますか?これから彼に立ち向かうにあたり、自分が分かる範囲で彼が示すであろう反応を予想しておきましょう。
    • 彼との話し合いから何を得たいのか考えてみましょう。謝罪してほしいのか、それとも態度を変えてほしいのかによって、どのようなアプローチを取るか変わってくるでしょう。自分が望む結果についても考えておくことが大切です。
  6. 6
    努力する価値があるか判断する 彼との話し合いから何を得たいのか考えます。そして、その話し合いで彼はどのような反応を見せるか想像してみましょう。彼に話し合いを持ちかけることで、あなたの欲求は満たされますか?たとえ理解してもらえなかったとしても、自分の気持ちを打ち明ける価値はありますか?
    • 話し合いをする価値があるかは、あなたにとって彼との関係がどれほど大切なものかによって決まるでしょう。あなたを傷つけた相手が配偶者、友人、親戚などの場合、話し合いを避けて通ることはできないかもしれません。ちょっとした知り合い程度の人ならば、話し合いを持ちかけるよりも、その人と距離を置く選択をしたほうがよいかもしれません。[6]
    広告

方法 2 の 3:
話し合う

  1. 1
    話し合いたいことをリストにする 具体的な例と共に、どのように傷つけられたかをリストにまとめましょう。話し合いによって生じる不安やストレスで頭が一杯の時や、話し合いの真っ最中に伝えたいこと全てを覚えておくのは難しく、話が脱線したり、他のことに気を取られてしまう可能性があるため、リストにしておくと便利です。
    • 自分の欲求や、前に進みたい気持ちを彼に伝えるとよいでしょう。
  2. 2
    事前に練習しておく 前もって言いたいことを練習しておきましょう。伝えたいことを紙に書き出し、鏡の前で声に出して読んでみましょう。もしくは、以前にアドバイスをくれた友人に、話し合いのための予行練習に付き合ってくれないか頼んでみるのもよいでしょう。[7]
  3. 3
    正直に伝える 相手に立ち向かう時は、率直な態度で接しましょう。話を取り繕ったり、彼のせいで傷ついたという事実をないがしろにしてはいけません。また、回りくどい言い方をする必要もありません。問題の核心を突きましょう。
    • 例えば、「先週の私の誕生日を忘れられて、とても傷ついた。大切に思われていない気がしたよ」などと言ってみましょう。
  4. 4
    落ち着いた優しい口調を保つ 大げさに反応し過ぎだとは思われたくないでしょう。感情的になっていると思われてしまうと、真剣に受け止めてもらいにくくなります。落ち着いた態度で接すれば、話し合いはスムーズに進むはずです。[8]
  5. 5
    自分を主語にして話す 相手と効果的に会話をするには、相手に守りの姿勢を取らせないことです。言葉を慎重に選ぶようにすれば、相手を非難せずに自分の気持ちを伝えることができます。「私」を主語にして話すとよいでしょう。[9]
    • 「私」を主語にすると、自分の感情の主導権を握ることができます。「先週の私の誕生日を忘れられて、私はとても傷ついた」などと伝えましょう。
    • その一方で、「あなたは私のことなんてどうでもいいんでしょ!私の誕生日を忘れるくらいなんだから!」のように相手を主語にして話すと、相手は攻撃されている気持ちになるかもしれません。
  6. 6
    具体例を挙げる 「とにかくあなたは私を傷つけた」などのような漠然とした言い方は好ましくありません。そのような伝え方では理解も共感もされないでしょう。相手も傷ついている場合はなおさらです。具体例を述べるようにしましょう。
    • 例えば、「あなたはいつも私に面倒を押し付けるよね」などと言うのではなく、「今朝、私に鈴木さんの相手をさせたこと怒ってるんだからね。先週も同じことをしたじゃない」などと言うようにしましょう。
  7. 7
    彼の言い分も聞く 今の状況について自分の気持ちを伝えたら、彼にも話すチャンスを与えましょう。たとえ同意できなくても、彼の考えもしっかりと聞くべきです。[10]
    • アクティブリスニングを実践し、相手が言っていることをしっかりと理解しましょう。この段階の彼の発言は、今後どうするか決めるための良い判断材料となるでしょう。
    • 彼が謝罪をし、今後どのように態度を改めていけばよいか尋ねてくるかもしれません。反対に、あなたの誕生日を忘れたのを自分の多忙なスケジュールやストレスのせいにするなど、守りの姿勢を取る可能性もあります。
  8. 8
    変えてほしいところを伝える 彼との関係を続けたいのであれば、変えてほしい部分を伝えてみるとよいでしょう。どうしたら今の状況を解決することができるか、前に進むにあたり、相手に何を求めるのかなど、できるだけ具体的に伝えるようにします。[11]
    • 例えば、「私にとって記念日はとても大切だから、その点は分かってほしい。これからは忘れないように誕生日や記念日はカレンダーに記録しておいてもらえると嬉しいな」などと言いましょう。
    • これは単に不満を並べるよりも効果的な伝え方です。彼に何をしてほしいのか、どこをどう直してほしいのか、具体的に述べましょう。
    広告

方法 3 の 3:
前へ進む

  1. 1
    自分の役割を理解する 相手との衝突や、心を痛めるような出来事に対処するには、将来同じことが起きないよう自分自身の態度をどう変えたらよいかを認識することが大切です。今までの状況を思い返してみると、「自分が違う態度を取っていれば、ここまで事態が悪化することはなかったかもしれない」などといった捉え方をすることもできるでしょう。[12]
    • 例えば、他に付き合っている相手がいたことを教えてくれなかったために傷ついたのであれば、そのような相手などいないだろうと思い込まずに最初に聞いておけば結果は違っていたかもしれません(オープンな関係を持つ人が増えているのは事実なわけですから)。
    • 今後は、「独身ですか?」や「他に付き合っている人はいますか?」などと相手に尋ね、明確にしましょう。
  2. 2
    境界線を引く 人付き合いがある場合、相手の言動によって傷つくことは避けて通れないでしょう。しかし、健全な境界線を設け、相手があなたの境界線を越えてこないよう徹底すれば、傷つく可能性は低くなります。人間関係における境界線は、「これ以上は我慢できない」という自分の限界を示します。[13]
    • 個人的な境界線を設け、自分の人生に関わる人たちと共有しましょう。
  3. 3
    罪悪感を感じずに真実のために立ち向かう 自分の欲求を満たしたり、境界線を引くことに対して罪悪感を感じる必要などありません。「あなたのせいで傷ついた」「境界線を越えて来ないで」などと言われると腹を立てたり、ショックを受ける人もいます。[14]
    • そのようなことが起きても、後ろめたさを感じる必要はありません。自分の幸せのために立ち向かおうとするのは当然のことです。
  4. 4
    理解してもらえない場合は別れる あなたを傷つけたことを彼が認めない場合、または、あなたの境界線を越えてくるようであれば、自分のためにも彼とは距離を置くのが賢明です。「私の考えを尊重してもらえないのなら、あなたとは一緒にいられない」などと明確に説明しましょう。
    • 簡単ではないかもしれませんが、境界線と自尊心を維持するためには、時に相手と距離を置かなければならないこともあります。
    • 自分の境界線を尊重してくれない相手と別れるのが困難な場合は、カウンセラーに相談しましょう。
    広告

関連記事

How to

壁の向こう側の会話を聞き取る

How to

すぐに涙を出す

How to

げっぷする

How to

恋人からの信頼を取り戻す

How to

他者に依存しない

How to

ソシオパスかどうかを見抜く

How to

復讐する

How to

キスが上手になる

How to

笑ってはいけない時に笑いを止める

How to

泣いている人を慰める

How to

笑い方を変える

How to

自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する

How to

男性からの好意に気付く

How to

相手が自分を本当に好きかを知る
広告

このwikiHow記事について

Trudi Griffin, LPC, MS
共著者 ::
認定カウンセラー
この記事の共著者 : Trudi Griffin, LPC, MS. トゥルーディ・グリフィンはウィスコンシン州に住む認定カウンセラーで、依存症と精神衛生を専門としています。個人治療や地域医療の場で、依存症、精神病、心的外傷に苦しむ患者のカウンセリングにあたっています。2011年にマーケット大学にて臨床精神衛生カウンセリングの修士号を取得。 この記事は4,739回アクセスされました。
カテゴリ: 人間関係
このページは 4,739 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告