性器ヒトパピローマウィルス(HPV)は最も罹患率の高い性感染症であり、性行為に活発な人なら生涯に一度は感染すると言われています。[1] HPVには40種類以上の型が存在し、その内数種のみが重篤な病状を引き起こします。無症状の男性感染者ではウィルスが検知されないまま、長期間潜伏したのちに発症する恐れがあります。そのため、性交渉経験のある人は、定期的な自己検診が重要になります。HPV感染症のほとんどは自然治癒しますが、HPVが原因となるがんの可能性を排除するために、症状が生じたら医師に相談しましょう。

パート 1 の 2:
HPVの徴候と症状を知る

  1. 1
    HPVの感染経路を理解する HPVは性器を含む皮膚同士の接触を介して感染します。膣性交、肛門性交、手指による性器の接触、挿入を伴わない性器同士の接触、そして稀に口腔性交からも伝播します。[2] [3] HPVは無症状のまま長期間持続感染する場合があります。つまり、性行為をしばらくしていなくても、1人のパートナーとしかしていなくても、HPVに感染している可能性があるということです。[4]
    • 握手や便座などの無生物(性玩具の共用は除く)からの感染はしません。また、空気感染も起こりません。[5]
    • コンドームではHPV感染を完全に防御できませんが、感染リスクの減少に役立ちます。[6]
  2. 2
    尖圭コンジローマを見つける HPVには、性器や肛門部位にしこりや腫瘍を形成する尖圭コンジローマの原因となるものがあります。しかし、尖圭コンジローマの原因菌となるHPVは低リスク型であり、がんを引き起こす可能性は高くありません。[7] 尖圭コンジローマか確認するには、次の症状を参考にしましょう。
    • 男性の尖圭コンジローマの好発部位は、包皮環状切除をしていない陰茎の包皮下、包皮環状切除済みの陰茎幹です。そのほかにも、睾丸、鼠径部、大腿部、肛門周辺に形成されます。[8]
    • 発生率は低いものの、肛門内部や尿道内部に発生が及ぶこともあり、排尿や排便時に出血、不快感を生じます。肛門性交をしていなくても、尖圭コンジローマは発生します。[9]
    • イボの数、形態(扁平状、隆起状、カリフラワー状など)、色(皮膚色、赤、ピンク、グレー、白など)、硬さ、症状(無症状、かゆみ、痛みなど)は人によってさまざまです。
  3. 3
    肛門がんの徴候をチェックする 男性におけるHPV関連がんの発生率は極めて低くなります。性交渉経験者の大多数がHPVに感染するなか、米国でのHPV関連の肛門がん罹患者は年間1600人ほどに留まります。[10] 肛門がんの初期症状は、無症状もしくは以下の症状を伴います。[11]
    • 肛門の出血、痛み、かゆみ
    • 肛門からの異常な分泌物
    • 肛門や鼠径部のリンパ節の腫脹(しこりを感じる)
    • 排便習慣の異常、便形状の変化
  4. 4
    陰茎がんを視認する 米国では毎年700人がHPVによる陰茎がんを発症しています。[12] 陰茎がんの初期症状として以下を呈します。[13]
    • 亀頭の先端や包皮(包皮環状切除術がされていない場合)を主とする、陰茎の皮膚の肥厚や色の変化
    • 陰茎部のしこりやびらん(通常痛みを伴わない)
    • 赤いビロード状の病変
    • 硬化した小腫瘤
    • 青褐色の扁平型腫瘍
    • 包皮内側の臭気を伴う浸出液
    • 陰茎根元の腫脹
  5. 5
    咽頭がんや口腔がんの徴候を確認する 直接的関与はないとしても、HPVにより咽頭や中咽頭(口の奥)がんの発症リスクが上昇します。[14] 一般的な症状は以下の通りです。[15]
    • 持続的な咽頭痛、耳痛
    • 嚥下困難、開口障害、舌を動かしにくい
    • 原因不明の体重減少
    • 頸部、口腔部、咽喉部のしこり
    • 2週間以上続く嗄声や声の変化[16]
  6. 6
    男性におけるHPVのリスク因子に注意する 特定の特徴を有する人はHPVに感染しやすくなります。以下のいずれかに該当する場合は、症状が無くても、定期検査や治療について知識を深めましょう。[17]
    • 男性間性交渉者、特に肛門性交の受け側
    • 免疫不全疾患(HIV・AIDS感染者、臓器移植後の患者、免疫抑制薬の服用者など)の男性
    • 複数のパートナー(性別問わず)との性交渉者、特にコンドームを使用しない性行為はリスクが高まります。
    • 常習的な喫煙、飲酒、ホット・マテ茶飲用、ビンロウ摂取は、HPV関連がん(特に口腔がん、咽喉がん)の発症リスクを高めます。[18]
    • 包皮環状切除なしの男性は発症リスクが高いと言われていますが、確証されたデータではありません。[19]
    広告

パート 2 の 2:
必要に応じて、医師の診断と治療を受ける

  1. 1
    ワクチン接種を検討する HPVワクチンの接種により、発がんリスクの高いHPV型の多く(すべてではありません)に対し安全性と予防効果の長期持続が確保されます。[20] ワクチンは若年者に有効性が高いことから、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は、以下の男性にワクチン接種を推奨しています。[21]
    • 21歳以下の男性(11歳か12歳頃の初交開始前が理想年齢)
    • 26歳以下の男性間性交渉者
    • 26歳以下の免疫不全疾患の男性(HIV感染者など)
    • 何らかの強いアレルギーがある場合は、ワクチン接種前に医療従事者に伝えましょう(ラテックスやイーストアレルギーの場合は特に)。
  2. 2
    尖圭コンジローマを治療する 尖圭コンジローマは数か月ほどで自然消退し、がん変性のリスクはありません。治療の目的は不快感の軽減になります。尖圭コンジローマの治療法には、自宅でクリームや軟膏(ポドフィロトキシン、イミキモド、シネカテキンスなど)を塗布する方法、もしくは、病院で凍結療法、酸、外科手術などで除去する方法があります。また、酢を患部に塗布して、扁平で視認できないコンジローマを目立たせる処置を行う場合もあります。[22]
    • HPVは無症状でも感染の可能性はありますが、尖圭コンジローマが発症している間は感染率がさらに高くなります。パートナーには感染リスクを伝え、尖圭コンジローマをコンドームなどで保護しましょう。
    • 尖圭コンジローマを引き起こすHPV型には発がんリスクはありませんが、複数のHPV型に感染している恐れがあります。がんの疑いや原因不明の症状を認めたら、医師に相談すべきでしょう。
  3. 3
    男性間性交渉者の場合は、肛門がんのスクリーニング検査について尋ねる 男性間性交渉者は、HPVによる肛門がんの発症率が非常に高くなります。該当する場合は、医師に性的指向を告げ、肛門パップテストについて相談してみましょう。3年毎(HIV感染者は1年毎)に肛門がんのスクリーニング検査を受けるよう医師に推奨される場合があります。
    • 医師が定期スクリーニング検査の必要性や有効性を推奨しない場合でも、検査概要の説明を受け、検査の自己決定権は尊重されるべきです。医師が提示せず、説明がない場合は、セカンドオピニオンを検討しましょう。
    • 同性愛が法律で禁じられている国では、LGBT国際協会やHIV予防機関を経由して治療や衛生教育を受けることが可能でしょう。
  4. 4
    定期的に自己検診を実施する 自己検診はHPV感染の早期発見につながります。がんを早期発見することで、簡単に切除ができ早期治療が期待できます。原因不明の症状が認められるなど、疑わしい場合は、早急に医療機関を受診しましょう。
    • イボの徴候や陰茎に異常がないか、陰茎部や性器周辺を定期的にチェックしましょう。[23]
  5. 5
    がんの症状か医師に相談する 医師は患部の視診や問診を基に、原因の診断に努めます。HPV関連がんの可能性を疑う場合は、生検を実施します。数日で検査結果がわかるでしょう。[24]
    • 歯科医は、定期健診時に、口腔がんや咽喉がんの徴候を確認できます。[25]
    • がんの治療法は、進行度や治療開始時期に応じて異なります。早期がんなら簡単な手術、レーザーや凍結療法などの局部治療で除去可能ですが、進行がんの場合は、放射線治療や化学療法が必要になります。[26]
    広告

ポイント

  • あなた自身もしくはパートナーが徴候や症状を発症せずに長期間HPVを保持している可能性が大いにあります。HPV感染したからといって、不貞行為の判断はできません。感染源を特定するのは不可能でしょう。性的活発な男性の1%が常時尖圭コンジローマを発症していると言われています。
  • 肛門がんは結腸がんとは違うことを覚えておきましょう。一部の症例を除いては、結腸がんとHPVの関連は証明されていません。[27] 医師に相談すれば、結腸がんの定期スクリーニング検査やリスク因子と症状の説明が受けられるでしょう。

広告

関連記事

How to

夢精を止める

How to

自慰衝動を我慢する

How to

彼女を興奮させる

How to

裸で外に出る

How to

こっそりとコンドームを買う

How to

ポルノを見ないようにする

How to

セックスのことばかり考えない

How to

コンドームを取り外す

How to

射精液を増やす

How to

コンドームのサイズを選ぶ

How to

ポルノ中毒に取り組む

How to

セックスを長持ちさせる

How to

女性に愛撫する

How to

女性を満足させる
広告

このwikiHow記事について

Janice Litza, MD
共著者 ::
学会認定家族医
この記事の共著者 : Janice Litza, MD. リッザ医師はウィスコンシン州在住の認定家庭医です。1998年にウィスコンシン大学医学部にて博士号を取得した後、13年間開業医として患者の治療に当たるかたわら、臨床学の教授として授業を行っています。 この記事は1,915回アクセスされました。
カテゴリ: 性的関心
このページは 1,915 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告