男性にキスをさせる方法

この記事には:良いムードを作る相手に身体的なヒントを与える相手に言葉でヒントを与える出典

好きな男性とのファーストキスを夢見ているのに、男性から行動を起こす気配が全く感じられないことに悩んでいるのですか?恐らく相手はあなたがどんな反応をするのかが分からず、緊張しているのでしょう。以下のステップを参考にし、男性からのキスを待っているという意思表示をしましょう。

パート 1
良いムードを作る

  1. 1
    息を綺麗にしましょう。家を出る前に、必ず歯と舌を磨きます。キスができそうな相手が出席するパーティーに参加する時は、ミントやガムを持っておきましょう。臭い息でキスをすることほど最悪な事態はありません。したがって、自分のためにも口臭はきちんと予防しましょう。
  2. 2
    キスに適切な場所を探し、男性と二人きりになりましょう。キスをするのにふさわしい場所に相手を誘い出します。例えば、相手を散歩や映画に誘ってみましょう。パーティー会場にいる場合は、別室に行き、相手を呼び出しましょう。「一緒に外に出よう」と誘ったり、その他の方法で二人きりになります(かくれんぼをするのも手かもしれません)。周りに友達がいる状況では良いムードが台無しになり、相手にプレッシャーを与える可能性があります。どうしても男性からキスをして欲しいのであれば、二人きりになる方法を考えましょう。
  3. 3
    二人きりになった後は、積極的になりましょう。自分に自信を持ち、相手に好意的に接します。たとえ緊張していても、それを態度に出さないようにしましょう。相手を受け入れるようなオープンな姿勢や身振りを見せることが大切です。腕や足を組まず、話している時は男性の目を見つめましょう。そして、相手に体の正面を向けます。相手の冗談には笑い、相手のことを褒めましょう。褒める際には、彼の好きなところを伝えるのです。例えば、「そのシャツ、とっても良く似合っているね。あなたの綺麗な目の色が引き立つよ」と伝えます。相手を良い気分にさせることを目指しましょう。
  4. 4
    相手に近付きましょう。男性との距離が離れている時は、相手に近付き、可能な限り距離を縮めます。必要であれば、男性に近付くための口実を考えましょう。ひょっとすると、相手もあなたに近付く方法を考えようとしていて、あなたの作戦にのって相手からキスをしてくれるかもしれません。
    • 外にいる場合は、少し震えながら「寒い」と言い、相手に近付きましょう。室内にいる場合は、相手の顔にまつ毛か何かが付いていると伝えましょう。顔を近付け、まつ毛を取るふりをします。そして、相手の目を見つめ、動かないようにしましょう。

パート 2
相手に身体的なヒントを与える

  1. 1
    相手の「タッチバリア」を取り払いましょう。タッチバリアとは、互いに好意を寄せ合っている二人の間にある目に見えない境界線のことです。思い切って自分からその線を越えてみましょう。例えば、笑う時に男性の腕に触れたり、隣に座っている時に自分の足で相手の足に触れてみましょう。相手に触れることで、自分が相手とのスキンシップ(キスを含む)に抵抗がないという意思表示ができます。男性から先にタッチバリアを越えてきた場合、相手の腕に触れたり、相手の手を撫でるなど、何らかの反応を示しましょう。そうすれば、相手からのスキンシップを受け入れていることが伝わるはずです。
  2. 2
    キスをしたくなるような唇を作りましょう。キスをすることを考える前に、まずは男性をそそるような唇を作る必要があります。乾燥していて切れていたり荒れている唇には誰もキスしたくありません!寝る前にワセリンやリップクリームを塗ることで乾燥を防ぎ、唇をきちんと保湿しましょう。男性がキスしたくてたまらなくなるような唇を目指します。例えば、男性とイチャイチャしている時に、いたずらっぽく唇を噛むのは男性を誘う古典的な方法の一つです。この方法を試す時は、男性とアイコンタクトを取ることを忘れないようにしましょう。[1]
    • 二人でディナーに行った際には、自分の唇に男性の視線を引けるような料理を注文しましょう。アイスクリーム、苺、スイカなど、したたりやすい食べ物を食べている時は、わざと唇に汁を少し垂らし、ゆっくりと舐め取ります。ただし、食べ方が汚く、すぐに服に食べ物をこぼすような人間だと思われないように気を付けましょう。
    • 男性が見ている時に、唇にリップグロスを塗りましょう。相手の目は自然とあなたの唇に行くはずです。ただし、リップグロスの塗り過ぎは禁物です。唇がベタベタになってしまいます。ベタつきを最小限に抑えるためには、リップバームやリップクリームを使うのが効果的です。
  3. 3
    視線で男性を口説き落としましょう。アイコンタクトは、キスをして欲しいという気持ちを男性に悟らせる時にとても役に立ちます。アイコンタクトを使えば、自分に自信があることを示せる上に、恥ずかしがっているふりもできます。キスをして欲しいという気持ちを相手に示す方法の一つは、相手の目をじっと見つめ、ゆっくりと相手の唇まで視線を下ろし、再び相手の目を見つめることです。相手があなたの意図を悟った場合、このタイミングで相手からキスをするはずです。男性が気付かなかった場合は、時間が経ってからもう一度試してみましょう。ただし、何度も挑戦するのは控えましょう。男性を少し気まずい気持ちにさせる恐れがあります。
    • 相手を視線で口説くもう一つの方法は、恥ずかしがっている素振りを見せることです。相手と一瞬アイコンタクトを取り、すぐに目を伏せ、小さな微笑みを見せましょう。そして、もう一度顔を上げ、自分の最も魅惑的な表情で相手を見つめるのです。
  4. 4
    自分から相手にキスをしましょう! 「最初のキスは男性からしなければならない」なんて誰が決めたのですか?相手からキスをして欲しいのであれば、最初は自分からキスをするのも手です。男性は、好きな女性の前では非常に緊張してしまいがちです。相手の緊張を和らげるためにも、自分から相手にキスをしてみませんか?自分に自信がある人間はとても魅力的です。勇気を出してキスをしてみましょう!

パート 3
相手に言葉でヒントを与える

  1. 1
    相手とイチャイチャしましょう。相手とイチャイチャすれば、自分の気持ちをあまりあからさまにせずに、相手への好意を示すことができます。軽い冗談で相手をからかいましょう(ただし、意地悪な発言は禁物です)。相手からキスをしてくれないということさえもからかってしまいましょう。これは、「キスをして欲しい」という自分の気持ちを相手に示す重要なヒントになるでしょう。
    • メールでイチャイチャしましょう。男性の気を引くような面白い内容のメールを送れば、1)自分の面白さをアピールでき、2)相手に興味があることを示せ、3)一緒にいない時でも相手に自分のことを考えさせられます。ただし、メールを送り過ぎないように気を付けましょう。相手が圧倒されてしまい、あなたに対する気持ちが冷めるかもしれません。
  2. 2
    相手に自信を持たせましょう。まるで世界には彼一人しか男性がおらず、彼が世界一強くてセクシーな男性であると思わせるような扱いをしましょう。相手の自信を高めれば、あなたにキスをするための勇気を相手に与えられるかもしれません!
    • 荷物を持ち上げたり、何かを開けたりすることを相手に頼んでみましょう。相手がその頼み事を聞いてくれた時に、「わあ、力があるのね」と褒めるのです。他にも、「あなたの目が好き」などの褒め言葉を言うだけでも相手の自信の向上に繋がります。
  3. 3
    相手にキスをして欲しいとお願いしましょう。時には単刀直入に気持ちを伝えるのも大切です。不自然な態度を取らずに、可能な限り多くのヒントを相手に与えてきたのであれば、そろそろ「キスをして欲しい」とお願いする時です。ただし、単刀直入に伝えるのにはメリットとデメリットがあります。メリットは、すぐに相手から返事を(上手く行けば、キスを)してもらえるという点です。しかし、デメリットは、相手から断られる可能性があるという点です。相手がとても恥ずかしがり屋な男性の場合、相手は自分のタイミングでしかキスができないかもしれません。もう一つの可能性として、自分が思っていたほど相手はキスをしたがっていないことも考えられます。そのような場合は、落ち込まないようにしましょう。キスの相手になり得る男性は、世の中にたくさんいます。
    • 今すぐにキスをして欲しいという気持ちを明確にしつつ、色っぽいねだり方をすることも可能です。相手の頬に付いたものを取るふりをする時(パート1参照)など、相手との距離が近い時に、相手の耳元に唇をそっと当て、「キスして」のような言葉を囁いてみましょう。あなたの唇の接触と大胆なお願いによって、男性が感じていた照れの気持ちが吹き飛ぶはずです。

ポイント

  • ワセリンやリップクリーム、リップグロスの塗り過ぎには気を付けましょう。ベタベタするキスになってしまいます。
  • キスをする際には、必ず目を閉じましょう。ほとんどの人が本能的に目を閉じるものです。しかし、仮に男性がキスの最中に目を開け、あなたも目を開けていることに気が付けば、相手は気まずさや不安を感じるかもしれません。
  • 男性とキスをしたいのであれば、それにふさわしいタイミングを待ちましょう。強引な態度は禁物です。
  • 焦らないようにしましょう。ゆっくりと進み、キスを長く堪能するのです。相手もキスを楽しんでいることが大切です。互いに楽しんでいるのであれば、更に強くキスをしてみましょう。
  • 上記のステップを試す前に、必ず相手が独身であるかを確かめましょう。相手に恋人や妻がいた場合、トラブルに巻き込まれる恐れがあります。
  • 相手がキスをしたがらない場合は、相手にプレッシャーを与えてはいけません。自然な流れでキスをしましょう。
  • 相手に強引な態度を取るのは禁物です。強引にキスをしようとすれば、男性はあなたを嫌いになるか、一緒にいるのが気まずいと感じるでしょう。
  • 相手からのアクションがあった場合、ぎこちない動きをしないように気を付けましょう。自然な動きが大切です。特に、心の準備がまだ出来ていない時にぎこちない動きを見せてしまうと、あなたの心情が露呈します。逆に、キスがしたいという必死な態度を見せるのも禁物です。相手を緊張させ、気持ちを冷めさせる恐れがあるからです。
  • 男性の頬にキスをすれば、相手とキスをしたいというヒントになるはずです。
  • 相手とキスをできなくても、拒否されたと思い込んだり、落ち込む必要はありません。相手はただ単にキスをする心の準備が出来ていなかったのか、あるいはあなたのことを恋愛対象として見ていなかっただけです。世の中には他にもたくさんの男性がいます。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む88人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 人間関係 | 恋愛関係維持

他言語版:

English: Get a Guy to Kiss You, Português: Fazer um Cara Beijar Você, Italiano: Farti Baciare da un Ragazzo, Español: hacer que un chico te bese, Français: donner à un garçon l'envie de vous embrasser, Deutsch: Einen Jungen dazu bringen, dich zu küssen, 中文: 让一个男生亲你, Русский: заставить парня поцеловать вас, Čeština: Jak přimět muže k polibku, Bahasa Indonesia: Membuat Pria Mencium Anda, ไทย: ทำให้ผู้ชายจูบคุณ

このページは 1,723 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?