男性不妊症を見分ける方法

共同執筆者 Spencer McCleave, MD

この記事には:男性不妊症の身体症状を見分ける男性不妊症検査男性不妊症の危険性があるか確認する33 出典

男性不妊症を見分けるのは難しく、一般的に両方のパートナーを検査した後に診断されます。[1] 不妊に悩むカップルのうち5組に1組は、男性の不妊症による不妊問題を経験しています。[2] 男性不妊症は遺伝的な影響による場合、または薬物乱用や感染症、それに精巣を熱に晒しすぎた場合などにより引き起こされることがあります。[3] 男性不妊症なのかを確かめるには、危険要因の確認と身体検査を行い、医師に男性不妊症検査について相談しましょう。

1
男性不妊症の身体症状を見分ける

  1. 1
    男性不妊症の多くに明らかな兆候は見られない 男性不妊症の人の多くは、通常通りに性生活を行い、精子も肉眼では問題ないように見えます。[4] そういった意味では、男性不妊症の身体症状を見分けるのは困難です。警告のサインは稀ですが、中には精巣付近のしこりや腫れ、胸の成長、勃起不全、呼吸器疾患などが見られる場合もあります。[5]
  2. 2
    精巣のしこりや腫れを確かめる 精巣にしこりや腫れ、痛み、不快感がある場合は、男性不妊症の症状かもしれません。
    • 鏡の前に立ち、精巣を確認します。まず右側の精巣を、親指を上にして掴み、ゆっくり転がして痛みや不快感がないか確認しましょう。次に左の精巣を掴み、同じように確認します。片側の精巣の方が若干大きい場合は、いたって正常ですので心配する必要はありません。[6]
    • 股に痛みや重さを感じる場合は病院に行きましょう。[7]
  3. 3
    胸が過剰成長していないか検査する 胸が非常に大きく成長(女性化乳房として知られる)している場合は、男性不妊症の症状かもしれません。
    • 胸が大きい場合は医師に相談しましょう。女性化乳房はよく脂肪過多の乳房組織と混同されることがありますので、医師に診断してもらいましょう。医師により乳がんや乳腺炎という乳房組織感染症の検査が行われる場合があります。[8]
  4. 4
    体毛やヒゲを確認する 男性不妊症が引き起こす症状の一つとして体毛の減少があり、これはホルモンバランスの乱れの兆候という可能性があります。体毛が著しく減少している場合は、男性不妊症の症状が出ている可能性があります。
  5. 5
    勃起状態を維持するのが困難か考える 勃起不全もまた男性不妊症の兆候という可能性があります。[9]この場合、勃起不全治療について医師に相談しましょう。
    • 一般的な勃起不全治療薬にはシルデナフィル(バイアグラ)、タダラフィル(ステンドラ)、バルデナフィル(レビトラ)などがあります。この種の薬は、体がペニスへの血流を増加しやすくする効果がありますが、治療法の選択肢の確認や、薬の服用許可を得るため医師に相談しましょう。特に、上記の薬剤による治療は低血圧や肝臓疾患、腎臓疾患がある方には危険です。[10]
  6. 6
    呼吸器系の問題や感染症がないか確認する 男性不妊症に伴う症状として、呼吸器系の問題もあります。呼吸に問題がある、または呼吸器官感染症になった経験が多い場合、男性不妊症に伴う症状かもしれません。[11]

2
男性不妊症検査

  1. 1
    精子の数を検査する 男性不妊症の人のおよそ3分の2は、精子の生産が困難になります。ここで言う精子生産の困難とは、単に精子の数の問題だけでなく、精子の質も含まれます。[12] 数で言うと、射精した精液1mm辺りに精子が1500万個以下の場合、精子の数が少ないと考えられます。[13] 精子数が少ないかもしれないと思ったら、医師に精子数を数える検査について相談してみましょう。[14] 自宅で精子検査をすることも可能です。
    • 自宅で精子検査をしてみましょう。オンラインショップや大型ドラッグストア、デパートなどで精子検査キットを購入できます。一般的に、これらの精子検査では精子数を正確に数えることができます。カップ内に射精して10分間待ち、結果を確認します。[15]
    • 自宅でできる精子検査キットは、男性不妊症であるかどうかを検査するものではありません。これらは精子の数を検査するのみで、精子の運動性や形、それに精子の質などの側面を検査することはできません。[16]
  2. 2
    男性不妊症検査の費用が保険適用になるか確認する 不妊症を診断するための検査費用は、保険適用されるものと、そうでないものがあります。[17]
    • 不妊検査や不妊治療に対して、国や自治体から助成金が出る場合もあります。
    • 不妊治療をカバーする民間の保険もあります。調べてみましょう。
  3. 3
    医師に男性不妊症検査を依頼する 医師により身体検査が行われ、薬の服用歴や性生活について質問を受けることになるでしょう。次のステップとして精子の分析が行われることになります。マスターベーションをしてカップに射精した精子のサンプルが研究施設に送られ、精子数の検査をすることになります。[18]
    • 精巣の超音波検査:精子検査だけでは不妊症と判断できない場合に受けることになるかもしれません。この検査は精巣静脈瘤(精巣の静脈瘤)などを検査するために使用されます。[19]
    • ホルモン検査:テストステロンに異常がないか確認します。[20]
    • 射精後の尿検査:この検査は、精子が間違った方向にさまよい、最終的に精巣に行き着いていないかを確認するために行われます。[21]
    • 遺伝子検査:精子検査で精子の数が非常に少ないことがわかった場合、症状が遺伝的なものかを確かめるために遺伝子検査を受けてもいいでしょう。[22]
    • 精巣生検:大変まれに、この検査が行われる場合があります。この検査により、問題が精子にあるのか、または射精経路にあるのかを特定することができるかもしれません。[23]
  4. 4
    不妊症の専門医に男性不妊症を確認してもらう 1年異常原因を見つけようとしてきたにも関わらず、現在の医師では原因を特定できない場合、専門医に診てもらった方が良いかもしれません。不妊症の専門医は不妊症状の詳細を調査し、必要であれば対象の検査を指示してくれるでしょう。[24]

3
男性不妊症の危険性があるか確認する

  1. 1
    病歴を振り返る 特に、生殖器官の病歴があるか確認しましょう。精巣付近を手術した経験がある人は、不妊症を医師に相談する際に伝えるようにしましょう。[25]
  2. 2
    職場で毒素に囲まれていないか確認する 環境有害物質に長年晒されてきていないかを考えてみましょう。鉛や農薬、その他の環境有害物質は、不妊症の発症リスクを高める可能性があります。[26]
  3. 3
    アルコールや薬物の摂取歴を綿密に調べる 薬物やアルコールを過剰摂取した経験がある場合、男性不妊症の発症リスクが高い可能性があります。[27]
    • 精子生産は、ステロイドやコカインの乱用、タバコ、マリファナの吸引による影響を受ける可能性があります。[28]
  4. 4
    停留精巣か確認する 停留精巣とは、体の下にぶら下がっていない精巣を言います。[29] この状態であれば精巣は1つしかありません。病院で検査を受ければさらなる情報がわかるでしょう。
  5. 5
    化学療法や放射線治療の経験がないか確認する 癌治療のため化学療法や放射線治療を受けた人は、不妊症の発症リスクが高い可能性があります。[30]
  6. 6
    精巣に過度の熱が加わったことがないか確認する 定期的にサウナを使用する、熱いお湯に浸かる、非常にぴったりとした服を着るなどして、精巣が熱くなりすぎたことがあるかもしれません。これにより不妊症の発症リスクが高まる可能性があります。[31]
    • 精巣のDNA生産は温度の変動に敏感です。[32] ジャグジー、サウナ、その他の熱い空間は精巣が熱くなりすぎる傾向があり、これにより不妊症になる可能性があります。[33]

出典

  1. https://www.andrologyaustralia.org/your-health/male-infertility/
  2. https://www.andrologyaustralia.org/your-health/male-infertility/
  3. http://www.hsadeghi.com/male-infertility
  4. https://www.andrologyaustralia.org/your-health/male-infertility/
  5. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/male-infertility/basics/symptoms/con-20033113
  6. http://tcrc.acor.org/tcexam.html
  7. http://tcrc.acor.org/tcexam.html
  8. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/gynecomastia/basics/tests-diagnosis/con-20028710
  9. https://www.andrologyaustralia.org/your-health/male-infertility/
続きを 表示する… (24)

記事の情報

この記事はSpencer McCleave, MDが共著しています。 マクリーブ医師はアリゾナ州在住の家庭医です。1977年にダルハウジー大学より医学博士号を授与されています。

カテゴリ: 性的関心

他言語版:

English: Recognize Male Infertility, Español: detectar la infertilidad masculina, Português: Identificar Infertilidade Masculina, Italiano: Riconoscere l'Infertilità Maschile, Русский: распознать мужское бесплодие, Deutsch: Unfruchtbarkeit bei Männern erkennen, Français: savoir si l'on est stérile (pour les hommes)

このページは 188 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?