多くのウェブサイトやアプリでは、ファイル名が.JPGで終わる画像(JPEGとして知られています)でなければ、ファイルのアップロードができません。アップロードしたい画像の拡張子が.GIF、.TIFF、.PNGやその他のものであれば、煩わしく感じるでしょう。画像の中には、JPEGに変換すると鮮明さが損なわれてしまうものもありますが、JPEGは、可能な限り小さなファイルサイズで最良の画像品質を保持できるフォーマットとして知られています。画像をJPEGに変換するのにパソコンのエキスパートになる必要はありませんが、変換のコツをいくつか学ばなくてはなりません。

方法 1 の 5:
Windowsでペイントを使用する

  1. 1
    ペイントを開く ペイントは、Windowsパソコンに最初からインストールされています。 Win+S を押して検索ボックスを開き、「ペイント」と入力しましょう。検索結果に「ペイント」が表示されたら、クリックします。
  2. 2
    画像をペイントで開く まず、パソコン上に画像が保存されていることを確認しましょう。「ファイル」メニューをクリックして「開く」を選択します。画像の保存場所に移動して、「OK」をクリックしましょう。
  3. 3
    「ファイル」をクリックして「名前を付けて保存」の横の矢印をクリックする JPEGを含む画像の種類のリストが表示されます。
  4. 4
    「JPEG」をクリックする クリックすると、新しいボックスが表示され、保存先フォルダを選び、ファイル名を入力して「ファイルの種類」を選択できます。後で思い出せるフォルダに移動し、「ファイルの種類」で「JPEG」が選択されていることを確認しましょう。
  5. 5
    必要な場合はファイル名を変更し、「保存」をクリックする これで、ファイルの変換ができました。
    広告

方法 2 の 5:
パソコンやスマートフォン、タブレットでオンラインコンバーターを使用する

  1. 1
    オンラインコンバーターを選ぶ この方法は、インターネットに接続しているデバイスであれば、スマートフォンやタブレットを含め、どのようなデバイスでも実践できます。インターネットで、「オンライン XXX JPEG 変換」(「XXX」の部分は、変換したい画像のファイルの種類で置き換えます)と検索し、使用できそうなサイトを見てみましょう。Online-Convert[1]のようなサイトには、変換可能なファイルの種類のリストが掲載されています。
    • 変換したい画像を扱うことができるサイトを選ぶようにしましょう。[2] RAWファイルなど一部の画像タイプは、ファイルサイズが大きいため、オンラインでの変換が難しい場合があります。
    • モバイルデバイスを使用している場合は、モバイル通信ではなくWi-Fiを使用しましょう。画像ファイルのサイズが非常に大きくなることがあります。
  2. 2
    画像をアップロードする 使用するコンバーターで、「ファイル選択」のようなボタンを見つけて、変換したいファイルの場所へ移動します。多くのコンバーターには、ファイルのサイズ上限が設けられていることに注意しましょう。
    • アップロードを始める前に、利用規約に目を通しましょう。
    • 一部のコンバーターではURLを入力できるようになっており、画像がインターネット上にある場合に便利です。
  3. 3
    コンバーターがアップロードしたファイルをJPEGへ変換できることを確認する ほとんどのコンバーターには、ドロップダウンメニューやボタンメニューがあり、そこを押して「JPEG」または「.JPG」(どちらも同じJPEGへの変換を意味します)を選択できるようになっています。コンバーターの中には、画面上でファイルサイズや品質の変更ができるものもあります。
  4. 4
    画像を変換する 「変換」や「保存」と表示されたボタンを見つけて変換を開始しましょう。変換処理には数分かかる場合があります。画像は、自動的に規定のダウンロードフォルダへダウンロードされるか、ダウンロード先を選択する画面が表示されます。処理が完了すると、JPEGに変換された画像を確認できます。
    広告

方法 3 の 5:
Macでプレビューを使用する

  1. 1
    画像をプレビューで開く[3] プレビューは、Macにプリインストールされているアプリで、ほぼすべての種類の画像を開くことができます。Ctrl を押しながら画像をクリックし、「プログラムから開く」を選択しましょう。そして、「プレビュー」を選びます。
    • プレビューで開けない画像や正しく表示されない画像があった場合は、オンラインコンバーターまたはGimpを試しましょう。
    • この方法を実行するには、パソコン上に画像が保存されている必要があります。画像をパソコンにダウンロードしていなければ、最初にダウンロードしなくてはなりません。
  2. 2
    「ファイル」メニューをクリックして「書き出す」を選択する 複数のメニューを含むボックスが表示されます。
  3. 3
    フォーマットをJPEGに変更する 必要な場合は、品質や解像度を調整することもできます。品質や解像度が高いほど、ハードディスク上で占める容量が多くなります。
  4. 4
    ファイルに名前を付けて保存する ファイルの名前が「.jpg」(大文字でも小文字でも構いません)で終わっていることを確認して、忘れにくい保存場所を選択しましょう。「保存」をクリックして、変換を完了します。
    広告

方法 4 の 5:
Windows、Mac、LinuxでGimpを使用する

  1. 1
    Gimpを入手する[4] 現在パソコンにインストールされてるソフトウェアではサポートされていない種類の画像を変換しようとしている場合、また単純により強力なオプションが欲しいと考えている場合、非常に人気があり無料で入手できるソフトウェアがGimpです。パソコンにGimpがインストールされていなければ、ダウンロードしてインストールしましょう。
  2. 2
    変換したい画像を開く[5] 「ファイル」、そして「開く」をクリックします。画像を選択して、もう一度「開く」をクリックしましょう。
  3. 3
    「ファイル」、そして「名前を付けてエクスポート」をクリックし、ファイル形式でJPEGを選ぶ[6] 選択可能な複数のオプションが入ったダイアログボックスが表示されます。「JPEG」をクリックしましょう。
  4. 4
    オプションを変更する JPEG画像に関するオプションが記載された別のダイアログボックスが表示されます。品質を調整する前に「画像ウィンドウでプレビュー」の横のボックスにチェックを入れましょう。プレビューの画像が最も良く見えるところにスライダーを動かします。
  5. 5
    「エクスポート」をクリックする 新しいファイル名と保存場所を指定するボックスが表示されます。忘れにくいフォルダを探し、必要であれば新しいファイル名をつけましょう。ファイルには.jpgという拡張子が既に付いているので、拡張子の部分はそのままにしておきます(拡張子の大文字と小文字は区別されません)。「保存」をクリックして変換を完了しましょう。
    広告

方法 5 の 5:
ファイルの拡張子を変更する

  1. 1
    拡張子の変更で何ができるか理解する 例えば、「.JPG」ではなく「.JGP」など、間違った拡張子が付いたJPEGファイルがある場合、この方法が適しています。この方法は、厳密には画像をJPEGに「変換」するものではありません。
    • 変更したい画像ファイルがJPEGファイルではなくなっている場合、拡張子を変更すると、ファイルが破損する可能性があります。JPEGではない画像ファイルをJPEGファイルに変更したい場合は、他の方法を参照しましょう。
    • ファイル拡張子では、大文字と小文字は区別されません。「.JPG」と「.jpg」は同じです。
    • この方法を始める前に、必要な時に元に戻せるよう、元のファイル拡張子を書き留めておきましょう。
  2. 2
    ファイルを探す ここで挙げる例のようにデスクトップ上にあるファイル、またはFinderやWindowsエクスプローラからアクセスできる別のフォルダにあるファイルでも構いません。
  3. 3
    ファイル名を変更可能にする[7] Windowsを使用している場合、この手順はスキップします。Macのユーザーは、画像を一度クリックして、「ファイル」そして「情報を見る」をクリックしましょう。「名前と拡張子」の横にある矢印をクリックして、「拡張子を隠す」のチェックを外します。そして「保存」をクリックしましょう。
  4. 4
    現在のファイル拡張子を削除する ファイル名の「.」より後ろの文字をすべて削除します。
    • Macの場合、画像を一度クリックして Return を押します。ファイル拡張子の最後の文字をクリックし、Delete を押してピリオドの前まですべて削除しましょう。
    • Windowsの場合、画像を右クリックして「名前の変更」を選択します。ファイル拡張子の最後の文字をクリックし、 Backspace を押してピリオドより後の文字をすべて削除しましょう。
  5. 5
    ピリオドの後ろに「JPG」と入力する 大文字でも小文字でも構いません。ファイル名は、「image.jpg」のようになっているはずです。入力したら、 Enter または Return を押しましょう。
  6. 6
    変更を確認する Mac、Windowsともに、拡張子の変更によりファイルが使用できなくなる可能性があることを警告するメッセージが表示されます。変更したければ、「.jpg を使用」または「はい」をクリックしましょう。これでファイル名が「.JPG」で終わるよう変更できました。
    広告

ポイント

  • JPEGファイルの名前は、「.jpeg」または「.jpg」で終わります。大文字小文字が区別されることはありません。
  • いずれの方法でも画像を変更する前に、必ずバックアップを取るようにしましょう。
  • 画像のアップロードやダウンロードを行う際は、データ通信料がかかります。

広告

関連記事

How to

Dellパソコンでスクリーンショットを撮る

How to

Adobe Flash Playerのブロックを解除する

How to

Excel でアルファベットの小文字を大文字に一括変換する

How to

Word文書をJPEGに変換する

How to

PDFに画像を挿入する

How to

iPhoneで動画をループ(繰り返し)再生させる

How to

画像ファイル(JPEG)のサイズ変更

How to

PDFに文字を書き込む

How to

Microsoft Word文書に電子署名をする

How to

RARファイルを開く

How to

Adobe Illustratorでハイパーリンクを挿入する

How to

Illustratorにフォントを追加する

How to

ピボットテーブルで列を追加する

How to

Photoshopにフォントを追加する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は68,889回アクセスされました。
カテゴリ: ソフトウェア
このページは 68,889 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告