異性を意識して戯れ合う方法

2 方法:本人を前にして戯れつく携帯メールかオンラインチャットで戯れ合う

「異性を意識して戯れつく」とは、突き詰めれば、ロマンチックな感情を抱いている相手に、その気持ちをおどけて見せることです。特定の人に対して、面白半分にからかってみたいと思っているなら、その相手に性的な魅力を感じ、人としても好きだという感情を抱いているはずです。しかし、実際に行動に移そうとすると、緊張しそうですが、怖気付く必要はありません。好きな人を前にして緊張するのは、当たり前です。それでも、自信たっぷりに振る舞いながら、戯れ合いを成功させる方法があります。手段としては、携帯メールや、オンラインチャット、あるいは、本人を目の前にしての実践など、色々ありますが、重要なのは、巧みに自分の感情を表しながら、相手の興味を引き続けることができるようにバランスを取ることです。この記事では、気軽に戯れつく方法や、気になる人と仲良くなるためのアドバイスを紹介します。

1
本人を前にして戯れつく

  1. 1
    視線を合わせる 戯れつく前に相手に視線を送ると、突破口がスムーズに開けます。相手の目を見つめながらも、張り詰めた雰囲気にならないように、時折、視線を逸らしましょう。次のように実践してみましょう。
    • 見つめていることを相手に気づかせましょう。しかし、凝視してはいけません。少しだけ視線を送る程度に留め、相手が気づくまで何度か試みましょう。視線が合ったら、笑顔を見せた後に、目を逸らしましょう。
    • 話している時に、相手の目を見つめましょう。また、相手を褒める時など、会話中、大事なポイントでは特に意識して、相手の目を見つめましょう。
    • 一目惚れの相手にウインクをしたり、眉毛を上げたりしましょう。多少軽薄な行為に思うでしょうが、控え目に行えば、上手くいきます。ウインクなら、部屋の端から距離を隔てた所にいる相手に向かって送ってみましょう。また、グループで話している時に、相手を話題に取り上げてみるのも良いでしょう。
    • 女の子なら、気になる男の子に視線を送った後にすぐに視線を下げ、間を置いた後に、もう一度、下まつ毛の間から相手を見るように視線を上げましょう。
  2. 2
    笑顔を見せる 好きな子と話をしている時には、自然に笑顔が溢れるでしょうが、会話に入る前に、白い歯を見せてニコッと笑うと、より効果的です。また、廊下などで気になる子とすれ違ったら笑顔を向けたり、同じ部屋にいる時には、笑いかけても良いでしょう。口が裂けんばかりに、大きく開けて笑う必要はありません。軽い自然な笑みが効果的です。笑い方には色々ありますが、次のような方法を試してみましょう。
    • ゆっくり笑いましょう。会話をしているわけではないけれど、誰かと目が合った時には、笑みが顔全体にゆっくりと広がるように、笑顔を作りましょう。急に笑顔を作ると、不自然な表情になります。注意しましょう。一般的に、ゆっくりと作る笑顔はセクシーだと考えられます。
    • 視線が合ったら、笑顔を見せましょう。唐突に誰かの目を見入ってしまう時にも、笑みを浮かべて、自分をアピールしましょう。(純粋な笑顔であれば、口元を確認しなくても、相手には通じます。純粋な笑顔とは、自然に目尻に皺ができ、デュシェンヌ・スマイルとしても知られる本物の笑顔です。)
    • 口だけではなく目も使って笑うと、顔全体が明るくなります。
  3. 3
    話しかける 自己紹介をしましょう。若しくは、自己紹介をせずに、謎めいたままのイメージを保っても構いません。戯れ合いたい相手をまだ良く知らないなら、自己紹介をすれば、その後スムーズに事が展開するでしょう。もちろん、自己紹介をせずとも、上手く運べます。ただし、軽薄な誘い文句などを放つのは避けましょう。「こんにちは」と挨拶した後に自己紹介するか、簡単な質問などをすると効果的で、わざとらしくありません。
    • あなたが社交的なタイプで、恋した相手が、まだあなたの名前を知らないなら、ある時点で自己紹介しましょう。「私は(xx)と言います。あなたは?」と、簡単に自分の名前を言い、相手の名前も必ず教えてもらいましょう。また、名前を聞いたら、「理恵子さんね。素敵な名前だね」などと繰り返して言うと、覚え易いでしょう。
    • 少し手強い相手だという印象を与えたいなら、しばらくの間、名前を伏せておくのも良いでしょう。相手があなたについて深く知りたいと思えば、周りの人に尋ねてみたり、あなたを追い求めてくるでしょう。
  4. 4
    会話を仕掛ける 相手と知り合いになっていても、いなくても、戯れ合いを進めるには、まず、ちょっとした会話をすると、効果があります。勇気のある人、または、自信に満ちた人だという印象も与えます。会話の仕掛け方については、次のガイドラインを参考にしましょう。
    • 相手のことをまだ知らない場合には、相手に尋ねる形で話しかけると、会話を上手く運べます。例えば、「今週どれだけ雨が降ったか、本当に信じられないよ。ね?」「ここは本当に混んでいるなあ。そう思わない?」などと言ってみましょう。重要なのは、会話の中身ではなく、相手に話す機会を与えることです。
    • 共通の話題を探しましょう。すでに知り合いになっているなら、共通の経験や趣味を元にして、話をしましょう。例えば、一緒に取っている授業や、通勤の電車などを話題にしましょう。繰り返しになりますが、話の内容が重要なのではなく、相手を会話に誘い入れることが目標です。
    • 相手の反応を見ましょう。好意的な反応があったら、会話を続けましょう。しかし、相手が他のことに気を取られていたり、楽しそうじゃなければ、おそらく、あなたとの戯れ合いには興味がないのでしょう。
  5. 5
    軽い会話を楽しむ 会話に個人的なことを持ち出してはいけません。最近見に行ったショーなど、周りの出来事などを話題にしましょう。宗教、金銭問題、対人関係、教育などの私的な話題は避けましょう。ただし、相手が感情的にならずに、知的討論を好むタイプなら、個人的な話も選択肢として挙げられるでしょうが、一般的には、あなたや、相手の信仰宗教など、プライベートな問題を避けるのが最善策だと言えます。また、両者に直接関係のない事を話題にしても安全です。
    • ペットや、テレビ番組、好きな旅行先といった、楽しく屈託のないトピックでおしゃべりをすると、簡単に戯れ合うことができるでしょう。「戯れ合うのだから話のレベルを下げなければ」と、考えてはいけません。しばらくの間は、リラックした気分でゆったりと構え、深い話題を避けた方が安全だ、という考えで臨むだけです。
    • 遊び心を持ちましょう。遊び心を持って振る舞うには、自分についてあまり真剣に考え過ぎず、くだらないことを言ったり、気になる相手におどけた振る舞いをしたり、あるいは、変わったことや、起こり得ないことを話してみましょう。会話中、自分にプレッシャーをかけ過ぎないことも、遊び心を持って振る舞うコツです。
  6. 6
    ボディランゲージを使って自分の意図を相手に伝える 言葉で表現するよりも、態度で示す方が、自分の気持ちを明確に伝えられる場合があります。自分の態度が、気持ちをきちんと表しているかを確かめましょう。次に紹介する方法を試してみましょう。
    • 「いつでも話を聞く」という姿勢を示すオープンスタンスを取りましょう。腕や脚を組むと、相手から離れたいというサインとして取られます。そのような姿勢は避けましょう。
    • 体を相手の方に向けましょう。戯れ合う相手に向かって立つか、座りましょう。足先を相手に向け、体を斜めに構えましょう。
    • ボディタッチができる距離を取りましょう。話しながら、相手の腕を触るなど、軽くボディタッチを試みましょう。若しくは、偶然を装って相手の側に寄り、歩きながら相手の体を軽くかするような仕草をしましょう。
    • 女の子なら、自分の髪を触ってみましょう。一般的に女性は、緊張している時に髪を触る傾向があります。好意を寄せている女性がこの仕草をしたら、彼女も興味を持っている証拠です。相手に関心を持っているので緊張してしまう、ということを知って欲しくて、女性は、髪を触ることがあります。意識してその気持ちを伝えるには、話しながら、髪の毛をゆっくりと指に巻きつけましょう。
  7. 7
    ボディタッチをする 初めてボディタッチを試みる際には、相手を掴まないように注意しましょう。タッチする場所にもよりますが、偶然の接触よりも、ほんの少しだけ長めにタッチすると良いでしょう。長い接触は避けましょう。また、腕や手を掴むのも避けましょう。腕などに触れるのであれば、付いている埃を払うようなジェスチャーが効果的です。若しくは、故意に自分の足や膝を相手にぶつけて、あたかも偶然ぶつかってしまったかのように振る舞って、すぐに引っ込めない、という方法もあります。
    • このようなボディタッチは、仮に拒否されても、恥ずかしい行為、または、相手に対して失礼な態度とは取られません。ですから、一目惚れの相手が、こういったボディタッチを受ける準備ができていなくても、完全に拒否することはないでしょう。
  8. 8
    会話の始めで相手を褒める 大胆過ぎると思うかもしれませんが、しっかりとした友情を築く前に、デートに行きたいという気持ちを相手に知らせることが、友達ゾーンを避ける最も簡単な方法です。自信を持って行動し、機会を逃してはいけません。次の機会がいつ来るか、分かりません。いくつかそのテクニックを紹介しましょう。
    • 褒める時には、相手の目を見ましょう。目を逸らすと、誠実さが感じられません。
    • 声の大きさと調子を下げましょう。普段の声よりも小さく低い声で囁くと、親密度が増し、セクシーに聞こえます。加えて、相手をあなたの方に引き寄せることもできます。
    • 相手の興味を、自分の有利になるように活用しましょう。相手が他の人とデートをしている、あるいは、その人に興味を抱いているのを知っているなら、その事実を自分の強みにできるように、彼女の恋の相手を褒めましょう。
    • 会話の中に相手への褒め言葉を織り込みましょう。例えば、彼女が、「今日は酷い1日だったわ」と言ってきたら、「君のように綺麗な人が不愉快な1日を過ごすなんて、見ていられないよ。僕にできることはないかな?」などと、それとなく相手を褒めましょう。
    • 相手の体型について褒めるのは避けましょう。相手が素敵な目をしていることに気づいて、褒めれば、素直に喜ばれるでしょうが、体型について褒めると、「気持ち悪い人」というレッテルを貼られるかもしれません。体の部位を褒めるなら、次の箇所に限定すれば安全でしょう。
      • 笑顔
      • 髪の毛
  9. 9
    相手との戯れ合いは短く明るいものにする 「需要を生むための鍵は、供給を少なめにすること」という考え方に従って、相手との戯れ合いの頻度を制限しましょう。毎日、話しかけるのを避けましょう。戯れ合いを特別なことして、週に数回程度に抑えましょう。
    • 会話は5〜10分以上引き伸ばさないようにしましょう。長くなればなるほど、気まずい沈黙に陥る確率が高くなります。
    • 相手を自分の方に引き寄せましょう。あなたから最初にアプローチをかけ、相手に興味を抱かせたのなら、次は少し引いて、相手があなたにアプローチをかけて来るのを待ちましょう。待つことで、相手の気持ちを探ることでき、同時に、2人の間に良い緊張をつのらせることもできます。
  10. 10
    次のステップに進む 戯れ合いが良い調子で進み、相手を更に深く知りたいと思うようになったら、デートへと進めましょう。そのためのアプローチを紹介しましょう。
    • 相手の予定を尋ねましょう。例えば「今週の土曜日の夜、何か予定入っているかな?」などと、「イエス」や「ノー」以外の返事が期待できる質問を投げかけましょう。そうすれば、情報をより多く得ることができます。当日の夜や翌日の予定ではなく、数日後の予定を訊くようにすれば、切羽詰まった感じを与えずに済むでしょう。
    • 特別なイベントがあることを知らせて、相手に興味があるかを尋ねましょう。グループデートを計画する時に、このアプローチはとても効果的です。「金曜日に、友達とみんなで映画に行くんだけれど、君も来てくれると嬉しいな」などと言って誘ってみましょう。
    • 率直に話しましょう。自分に自信があれば、言い訳なしに、単刀直入に尋ねられます。「君をデートに誘いたいと思っているんだけれど、いつが空いているかな?」とストレートに誘ってみましょう。

2
携帯メールかオンラインチャットで戯れ合う

  1. 1
    さり気なくアプローチをかける 緊張し過ぎて基本的な会話の技術を忘れてしまってはいけません。落ち着いて、プレッシャーのかからない方法で会話を始めましょう。相手とオンラインでチャットをしたことがないなら、チャットする理由を探すと良いでしょう。宿題について尋ねたり2人が好きなスポーツチームについて話したりしましょう。初めて携帯メールを送る時には、相手が自分のことを知っていることが大切です。知らない相手からの携帯メールは不気味です。次のやり方で、携帯メールやチャットを通して会話を仕掛けてみましょう。
    • 「どう、元気にしている?」
    • 「(2人が知っているイベント)見に行った?もう聞いた?」
    • 「今週はどんな具合に進んでいる?」
  2. 2
    自分のことばかり話さない ほとんどの人にとって、自分について話すのは、とても簡単なことです。なぜなら、自分のことを良く分かっているからです。しかし、簡単なことだからと、延々と自分のことだけを話すのではなく、相手にも相手自身について話す機会を与えましょう。また時折、相手に個人的なことを質問して、逆に相手からも同じ質問をしてもらえるように仕掛けましょう。会話を続ける鍵は、あなた関連の事柄であっても、会話の主導権を相手に渡すことです。
    • この方法は2つの目的を果たします。1つは会話を続けること、もう1つは、相手について深く理解することです。
    • この手順を踏むために、相手の情報を事前に得る必要はありません。知らなければ、尋ねれば良いことです。
      • 「今日はどんな1日だった?」
      • 「暇な時はどんな風に過ごしているの?」
    • 相手の趣味や興味について少しでも知っているなら、それらについて尋ねてみましょう。例えば、野球好きなら「夕べの試合見た?」、読書好きなら「最近、何か本を読んだ?」などと問いかければ、会話のきっかけが掴めます。
  3. 3
    更に多くの情報を聞き出すタイミングを心得る 個人的な話題に深く触れなくても、会話を快活に楽しくすることができます。例えば、一目惚れした子が、クロスカントリーが好きだと分かったら、クロスカントリーレースの、どういった所が好きなのかを訊いてみると良いでしょう。家族関係や、親しい友人との関係について深く尋ねるのは、この段階では早すぎて失礼に当たるでしょう。あまり真剣にならず、冗談まじりの気さくな言葉のやり取りを楽しむ気持ちで、臨みましょう。または、相手にインタビューするような形で楽しんでも良いでしょう。戯れつきながら次のような質問をすると、更に情報を得ることができるでしょう。
    • 「一晩中、インターネットをするつもり?それとも、今晩は、もっとワクワクするような計画があるのかな?」
    • 「今晩の試合で相手を打ち負かすつもりかい?」
    • 「君のプロフィールの写真に可愛い猫ちゃんがいるね。あの猫ちゃんと、いつも一緒に遊んでいるの?」
  4. 4
    会話の出だしで一目惚れの相手を褒める 怖気付いて、この手順を飛ばしてはいけません。難しそうに思えるかもしれませんが、とても重要です。褒めることで、デートに誘いたいという気持ちを伝えることができ、「おぞましき」友達ゾーンから抜け出すことができるでしょう。この手順を飛ばして、相手を褒めず仕舞いにすると、会話は常に友達レベルのままで続き、次回会った時には「すでに遅し」という結果になりかねません。さて、どのように褒めたら良いのか、その基本的な方法を紹介しましょう。
    • 知り合ったばかりなので、相手のことをもっと良く知りたいと思っている場合は、仲良くなれるような褒め言葉を考えましょう。例えば、「君は、とても話し易い人だね」「君のような面白い人と知り合えたなんて、信じられないよ」などと、褒めましょう。
    • 褒め言葉を会話に織り込みましょう。例えば、相手が「今日は、さんざんな日だったわ」と言ったら、「君のような素敵な子が、不愉快な思いをするのを見るのは残念だよ。僕にできることはないかな?」などと言ってみましょう。
  5. 5
    大胆になる これまでの方法のどれも「これだ!」とピンと来ないなら、「当たって砕けろ」の覚悟で大胆に褒めてみましょう。一目惚れの相手にぴったりの言葉を選ぶか、自分の気持ちを組み入れて、次のように褒めてみましょう。
    • 「君は、とても魅力的(または、美しい、驚くほど素晴らしい人、僕が一番好きな話し相手等)だ、ということを分かっていて欲しいな」
    • 「あまりにも唐突かもしれないけれど、これだけは言いたいんだ。君は、信じられないくらい素晴らしい(または、驚くほど素敵、本当に美しい等)よ」
  6. 6
    派手にやり過ぎない 早い段階で、感情を込めた褒め言葉を使うのは避けましょう。人の気持ちが完全に推し量れない時に、その人の神秘性や魅力が増します。要は、相手を「あの人が自分のことを好きなのかどうかが、全くわからない」という気持ちにさせるのはなく、「どれくらい自分のことを好きなのかが分からない」と思わせることです。単刀直入に、「君に恋しちゃった」または「君のことを魅力的だと、ずっと思っていたよ」と言ってしまうと、神秘的な印象を与えることできません。
    • どのように伝えるか、そのさじ加減を考えましょう。例えば、携帯メールやショートメッセージで「今日の新しいセーターとっても可愛かったよ」などと伝えたり、自分の気持ちを全面に押し出さずに、相手の気を引く素敵な褒め言葉を使ってみましょう。
  7. 7
    全面的に相手に仕掛けるのではなく、相手があなたを求めて来るように仕向ける 異性を意識して戯れつく目的は、相手に自分の気持ちを知ってもらうためですが、あなたが常に、全面的に行動を起こしてはいけません。ある程度戯れついて相手の気を引き、相手が、あなたの気持ちを推し量り始めたら、戯れるのをやめましょう。そのやり方として、相手を褒める際に、主観的な褒め言葉を使うのではなく、客観的な褒め言葉を使うと良いでしょう。その例を次に紹介します。
    • 例えば、「僕、君の目がとても好きだよ。本当に綺麗だね」という誉め言葉は、表面上何の問題もなさそうで、相手も喜んでくれるでしょう。しかし、「僕、君の(xx)がとても好きだ」という、ロマンチックな誉め言葉は、頻繁に使わないように注意しましょう。あなたが相手にゾッコンであることが、明白に分かります。すでに、しっかりとした関係が築けている場合であれば、頻繁に甘い褒め言葉を掛けるのは、素晴らしいことです。しかし、関係がきちんと築けていない段階で、恋心たっぷりの誉め言葉を何度も発すると、「あまりにも単純」だと思われてしまうでしょう。
    • その代わりに、「君は素敵な目をしているね。とても綺麗な目だ」と、言いましょう。前の言い方と意味は同じですが、この言い方では、自分の意見というよりは、観察の結果を伝えるだけに留めているため、相手を魅力的だと思っていることを示唆しつつも、その信憑性が明確に出ません。ですから、言われた当人は、嬉しく感じながらも、相手はどれくらい自分のことを好きなのか、と考え始めます。
  8. 8
    やんわりとからかう 携帯メールやオンラインのチャットでは、ボディランゲージを使うことができないため、ムードを明るく楽しいものにするのに、言葉に頼るしかありません。例えば、書き出しに、2人が参加したイベントに基づいた内輪ネタを使うと、トーンが明るくなるでしょう。あるいは、「寝起きの君は、きっと人食い鬼のように見えると思うよ;-」」などと、ちょっぴり皮肉めいたフレーズを挿入したり、「これは、君の方が100万倍も僕より上手だろうなあ!」などと、大袈裟な表現を使ってみましょう。
    • 冗談だということを明らかにしましょう。携帯メールの欠点は、言葉の裏に隠れた感情を、相手が常に読み取れるとは限らないことです。好きな子をからかって気を引こうと思うなら、まず、冗談だということをはっきりと分かってもらいましょう。スマイリーフェイスやびっくりマークを使うと、冗談が伝わり易いでしょう。ただし、絵文字を使い過ぎると、幼稚に思われる可能性があります。使い過ぎは禁物です。
      • メッセージを送ったあとで、誤解されるかもしれないと思ったら、すぐに、冗談だったことを知らせましょう。
  9. 9
    恋した相手に、もう少し話していたいと思わせる 永遠に携帯メールで繋がっていたいと思っても、会話に面白味がなくなる前に終えるようにしましょう。全ての会話は、いつかは飽きが来るものです。気まずい沈黙を避けるには、沈黙が起こる前にメッセージの交換を終えることです。会話を良いムードで終えることができると、相手は、次のおしゃべりを心待ちにすることでしょう。
    • チャットや携帯メールでのやり取りを終える前に、次のおしゃべりの機会を設定しましょう。「明日会えるよね」「またすぐに話そう」などと、メッセージを書きましょう。
    • オンラインのチャットでは、終える前に、会話が楽しかったことを伝えましょう。複雑に考える必要はありません。「面白かった!」あるいは、「君との話、楽しかったよ」とシンプルに伝えるだけで十分です。携帯メールなら、もう少し砕けた表現でも良いでしょう。
    • 恋した相手に対して、褒め過ぎないように注意しましょう。相手の長所全てを一様に褒めると、あまり効果がありません。逆に、相手が誇りに思っているスキルを取り上げて褒めるなど、相手にとって重要なポイントに絞ると、褒め言葉が一層意味のあるものになります。
  10. 10
    真剣に構え過ぎない 異性を意識した戯れ合いは、元来、楽しいものです。失敗したとしても、クヨクヨすることはありません。全てのやり取りが、完璧にいくとは限りません。1人に失敗しても、前向きに考えて、別の人に挑戦しましょう。全てに言えることですが、戯れ合いも練習次第で上手になります。戯れ合いは、最終目標ではありません。また、戯れ合いが全て、デートに繋がるとも限りません。最終的に彼女にしたいと期待して戯れ合うのではなく、単に楽しいからという理由で、戯れ合うのも悪くありません。
    • 戯れ合いを通して、新しい人と出会い、仲良くなり、交流の仕方を学ぶことができます。戯れ合いを意味のあるものにしよう、完璧なものにしようと意気込んで、自分にプレッシャーをかける必要はありません。

ポイント

  • 戯れ合う時に、不平不満を言ってはいけません。世界は、あなた中心に回っているのではありません。不平が多いと周りの人は重苦しく感じて、あなたを避けるようになるでしょう。また、自分を酷くこき下ろすことにも繋がります。そうなると、もはや謙遜ではなく、一種の自己陶酔です。
  • 戯れつく手段として、携帯電話のメッセージアプリなどを使ってはいけません。携帯電話を使えば、サイバースペースの中で人と話すのが好きな人だ、と思われるか、すでに恋人がいるのかもしれない、という憶測を呼びます。
  • 好きな女の子に対して、ボディタッチを夢見て戯れつく時には、完璧なマナーで行い、彼女の反応を伺いましょう。例えば、車の乗降時、あるいは、水たまりや、デコボコ道を通らなければならない時に、彼女がバランスを崩さないように手を貸して、彼女の反応を見ましょう。快くあなたの手を取りましたか。それとも、すぐに手を離してしまいましたか。
  • 自分の彼女にしたいと思わないなら、その相手に戯れつくのは避けましょう。ただし、相手があなたに対してロマンチックな感情を抱いていないと100パーセント確信が持てるなら、例外です。彼女にしたいと思っていないのに、その人と戯れ合いになると、相手に期待を抱かせることになり、後に、恥ずかしい思いや、ぎこちないやり取りを経験することになるでしょう。
  • いつでも、どこでも戯れ合って良いとは限りません。例えば、葬儀場での戯れ合いは、避けた方が良いでしょう。また、職場でも適切な行動ではないでしょう。職場で戯れ合うのであれば、きちんとした振る舞いを心がけましょう。相手が興味を示さない場合には、無理強いしてはいけません。
  • ガツガツした態度をとってはいけません。欲求を満たしたいという強い気持ちは、取り憑かれた状態へと発展する恐れがあります。何かに取り憑かれた人は、気持ち悪がられます。愛情に飢えた人は、揺るぎない自尊心を持つ人に比べ、幸せを他人の力で満たそうとするため、精神的に不安定です。「切羽詰まっている」という雰囲気を漂わせていれば、また、誰も、あなたの友達や恋人になりたいと思わなければ、戯れ合いを楽しくする軽快さは失われます。
  • その場に相応しい戯れ合いをしましょう。図書館やダンスホールなどでは、話を弾ませることはできないかもしれません。そのような場所では、笑顔を作る、興味のある素振りを見せる、あるいは、パンチボールが置かれている場所や、待合室などで偶然に会う機会が訪れるのを待ちましょう。ただし、緊張し過ぎて話しかけらないからと、相手の後をつけ回すのは避けましょう。きみ悪いと思われます。話す機会が訪れたら、次の機会を待たずに話しかけましょう。
  • 気恥ずかしくて、相手の電話番号を尋ねることができないなら、自分の電話番号を伝えましょう。あなたに興味があれば、電話をかけてくるでしょう。メールアドレスを渡しても良いでしょう。
  • 女性なら、髪の毛を払ったり、かがんで急に起き上がる仕草をしましょう。ただし、これらの仕草をする時には、髪の毛が相手の顔にかからないように注意しましょう。

注意事項

  • 状況によっては、戯れ合いが迷惑だとされる場合があります。望まれない戯れ合いは、セクハラ行為と考えられることがあります。セクハラは、相手の気持ちを傷つけるだけでなく、違法行為でもあり、少なくとも、職場や学校の方針に違反する行為です。

記事の情報

カテゴリ: 人間関係

他言語版:

English: Flirt, Español: coquetear, Deutsch: Flirten lernen, Português: Flertar, Italiano: Flirtare, Nederlands: Flirten, Français: flirter avec une fille ou un garçon, Русский: флиртовать, 中文: 调情, Čeština: Jak flirtovat, Bahasa Indonesia: Merayu Si Dia, العربية: مغازلة شخص ما, ไทย: จีบ, Tiếng Việt: Tán tỉnh

このページは 416 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?