PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

人は時として、自分たちの信念や習慣が正しいと盲目的に信じこんでしまうことがあります。他の生き方を理解し、受け入れるのは難しいと感じるものです。しかし、異文化について大いに学べる環境にいながら、心を閉ざしたまま、異なる考え方を受け入れようとしない態度は、建設的な生き方とは言えません。異文化を受け入れ、尊重することを学ぶことは、新しいことを経験したり、世界についてより多くの知識を得るために重要なステップです。

方法 1
方法 1 の 3:
自分の知識基盤を広げる

  1. 1
    自己を認識する 異文化を理解し敬意を示すためには、自分の信念、偏見を改めてじっくり考えることが必要です。私たちはそれぞれが「フィルター」を通して物事を見ています。フィルターは、私たちの世界観に大きな影響を与えます。
    • フィルターは、あなたが世界をどのように見るかを特徴付けるものです。そのフィルターには、様々な要因が影響を与える可能性があります。
    • ものの見方(またはフィルター)に影響を与える要因としては、民族的背景、宗教、年齢などが挙げられます。また、収入レベルや教育レベルにも影響を受けます。
    • 自分自身のフィルターについて考えてみましょう。「人を理解する上で、自分の収入はどう影響しているだろうか」「自分の信じる宗教のせいで、偏見を持って世の中を見てはいないだろうか」などと考えてみましょう。
    • 自己認識が深まると、自分が属する文化の新しい面が発見できます。結果として文化の違いに目を向け、異文化を理解しようという意識が高まります。
  2. 2
    本を読む 異文化に敬意を払うには、その文化に対する理解を深めることが重要です。調べることにより、知識が広がります。まずは、興味を持っている文化についての知識を深めましょう。[1]
    • 例えば、アメリカの文化に興味があるなら、アメリカの歴史に関する本を探しましょう。歴史の知識は、その文化を理解するのに役立ちます。
    • フィクションを読んでみましょう。異なる文化圏で書かれたフィクションを読むことで、そこでの生活がどのようなものかがより明確に理解できます。
    • ナイジェリアの生活に興味がある場合は、チヌア・アチェベの「崩れゆく絆」を読んでみましょう。また、エリザベス・ギルバートの「食べて、祈って、愛して」を読むと、イタリア、インド、インドネシアの様子を学ぶことができるでしょう。
    • 近隣の図書館を利用しましょう。司書や職員に、フィクション、ノンフィクションの両方で異文化理解に役立つ良い書物を尋ねてみましょう。
  3. 3
    宗教を学ぶ 宗教は多くの文化で重要な役割を果たします。未知の宗教について勉強してみましょう。自分の宗教以外の考え方などを理解するのに役立つでしょう。宗教について学ぶ計画を立てましょう。[2]
    • 色々な宗教行事に参加しましょう。カトリック信者であれば、伝統的なカトリックのミサしか経験したことがないかもしれません。
    • 参加したことのない宗教的礼拝に参加しましょう。ユダヤ教の会堂、シナゴーグを訪れたり、イスラム教の礼拝堂、モスクなどに行ってみましょう。
    • 礼拝に参加する前に、見学が許可されているかを尋ねる必要があります。また、服装や行動に関する規則についても尋ね、失礼のない行動をとりましょう。
    • 自分で調べてみましょう。様々な宗教に関する本や新聞記事などを読みましょう。例えば、「キリスト教信者であること」についての書物を読んでみると良いでしょう。
  4. 4
    講座を受ける 学問を深めることは、異文化を理解し価値あるものとして認めるのに良い方法です。地元の市民大学講座や通信講座などで、例えばロシア文学の講義を受けてみると良いでしょう。
    • 大学によっては、他の文化や国々の歴史や宗教についての授業や通信講座、無料の講座を開講しているかもしれません。
    • 友達を誘って一緒に受講してみましょう。一緒に外国語を一から学べば楽しく勉強できるでしょう。
  5. 5
    新しく出会う人たちと交流する 異文化の人と会話するよう努力しましょう。新しい人に出会ったり、知り合いと深い話をすることで、異文化に対する自身の知識をより深めることができます。さらに、その文化への敬意も深めることができます。[3]
    • 多くの文化圏の人々が集まるイベントに参加しましょう。大学では、異文化理解のためのイベントが開催されるかもしれません。積極的に参加しましょう。
    • 新しい友達を作る努力をしましょう。スポーツチームに参加したり、多様な文化圏の人が集まる地域や場所に行って、色々な人と会話を楽しみましょう。
    • 人と話す努力をしましょう。人の話や経験談を聞くのは新しい文化に触れる良い機会です。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
異なる習慣に敬意を示す

  1. 1
    異文化の支持者になる 他文化への敬意を示すには、その文化の支持者になることが一番効果的です。支持者になるとは、異文化の自主性を認め、その文化圏の人々の権利を守るために、いつでも声を上げる覚悟があるということです。学校、職場、地元コミュニティで異文化の支持者になりましょう。[4]
    • 文化的的少数者は、差別に苦んでいることが少なくありません。支持者として、いかなる形でも、差別は受け入れないと言う態度を示すことができます。
    • 例えば、職場で、特定の文化を軽視するような冗談を言う人がいるかもしれません。そんな人には 「悪気はないと思うけれど、そういうコメントは私も他の人も不快に思うよ」などと、意見をはっきり述べましょう。
    • 地元コミュニティの人々の権利擁護のために、行動を起こしましょう。例えば、地元でモスク建設を阻止しようとする動きがあれば、市議会に出席して意見を陳述しましょう。
  2. 2
    誤解を正す 異文化について、あらかじめ思い込みを持っていることがあるかもしれません。例えば、インドを旅行している最中で、「インド人は正直ではない」と考えてしまったとします。しかし、無遠慮な質問に対して、詳細に答えてもらうのは非常に難しいかもしれません。[5]
    • インドでは、質問に常に率直に答えることは、礼儀正しいとは考えられておらず、また一般的でもありません。インドの人々のやり取りをしばらく観察することで、少しは文化の違いを理解することができるかもしれません。
    • 例えば、イギリスでは「アメリカ人は正直ではない」と考える人もいます。アメリカ人は一般的に、他の文化圏の人々よりも外見上楽観的に見えるからでしょう。
    • 異文化の人と話すときには、膝を突き合わせて誠実に話しましょう。お互いに文化的な違いについて教え合うことができます。
    • 自身の持つフィルターのせいで、例えばヒジャブ(イスラム教徒の女性が顔を隠すために用いるスカーフ)を身につけた女性に近づくのに緊張するかもしれません。しかし、怖がらずに普通に歩み寄り、バスで近くに乗り合わせたら、「すみません、この席は空いていますか」などと声をかけましょう。
  3. 3
    質問をする 新しい文化について学ぶための最善の方法は、質問をすることです。習慣や信念などについて、恥ずかしがらずに尋ねましょう。ただし、敬意を持って接することが重要です。
    • 興味深い食べ物をお弁当に持ってくる同僚などいませんか。「何、食べてるの?美味しそうなにおいがするね」などと声をかけてみましょう。
    • 日常的に、人よりも遅く出社する同僚に気づいたら、「怠け者だ」などと勝手に思い込まず、気軽に本人に理由を尋ねてみましょう。朝の礼拝の習慣があり、上司にも認めてもらっていることが分かるかもしれません。
    • タイ出身の友達がいたら、手を合わせてお辞儀する習慣について尋ねてみましょう。喜んで自分達の文化を説明してくれるでしょう。
  4. 4
    偏見のない心を持つ 先入観で、他文化の人々を判断しないようにしましょう。偏見なく物事を見られるよう努力して、異文化の人々に敬意を示しましょう。新しいことを学べるように、新しいことに挑戦しましょう。[6]
    • 東南アジアなどに旅行に行くと、よく知らない食べ物をたくさん目にするかもしれませんが、勇気を出して味わってみましょう。
    • 自分とは違う行動をするからといって、人が自分より優秀なわけでも劣るわけでもないということを忘れてはいけません。例えば、中東の人々は非常に複雑な挨拶をしたり、日本人よりも頻繁に世間話をしたりします。
    • 新しい形の会話にも積極的に参加しましょう。そこで新しいことが学べ、楽しい経験にもなるかもしれません
    • 異文化への敬意を明確に示しましょう。見たことのない振る舞いや行動を目にしても、驚いた表情、呆れた表情、しかめ面をしてはいけません。
  5. 5
    子供に異文化に敬意を示すよう教える  敬意を育むには、小さい時に異文化を学ぶ機会に触れるのが最も効果的です。早い時期から異文化を知って成長すれば、大人になって差別意識を持つ可能性は低くなります。子供の教育のために、他文化を教える時間を設けましょう。[7]
    • 子供が学校から帰宅し、「どうして土曜日はあの子と遊べないの?」と聞かれたら、その友達の文化背景を教えるチャンスです。一部の信仰や文化では、土曜日を聖なる日と考えていることを説明しましょう。
    • 国際文化教育に力を入れている学校を探しましょう。子供を入学させる前に、外国語の授業があるか、また、子供が様々な芸術に触れる機会があるかを尋ねましょう。
    • 良い手本を示しましょう。親が優しさと敬意を持って人に接すれば、子供もその行動を真似るようになる可能性が高いでしょう。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
新しいことに挑戦する

  1. 1
    新しい食べ物を食べる 食べ物は文化の重要な要素です。食べ物から栄養を摂るだけでなく、歴史や伝統について学ぶ人もたくさんいます。他文化の食べ物を食べてみましょう。[8]
    • エチオピア料理のレストランに友達を誘って行きましょう。美味しい食べ物が味わえるだけでなく、手で食べる楽しい体験ができるでしょう。
    • ユダヤ正統主義を信条とする友達がいれば、お気に入りのコーシャー料理(ユダヤの戒律・慣習に従った、清浄な料理)について話してもらいましょう。また、調理の仕方についても尋ねてみましょう。
    • 毎週、新しい料理を作りましょう。世界各国の料理を夕飯に作り、異文化の探索と理解に家族も巻き込みましょう。
  2. 2
    異文化活動を体験する 文化が異なれば、余暇の過ごし方も異なります。ラグビーチームに参加する、パブでサッカーの試合を見るなど、新しことに挑戦しましょう。他文化の人たちとの交流できるかもしれません。
    • 新しいタイプの音楽を聴く:アフリカの部族音楽のリサイタルやイタリアのオペラを聴きに行きましょう。
    • 外国の映画を見る:地元の映画館で字幕スーパーで映画を観賞しましょう。
    • 異文化のアートに触れる:近隣の美術館でエジプトのアート展が開かれる場合は、是非行きましょう。
  3. 3
    新しい言葉を学ぶ 外国語が話せれば、その言葉を話す人たちとコミュニケーションが取れるようになります。また、外国語のキーフレーズをいくつか学べば、安心して外国旅行に行けるでしょう。
    • 異文化の挨拶の仕方を学びましょう。引っ越してきた隣人に、がんばって相手の言葉で「ボンジュール」「アンニョンハセヨ」などと挨拶すれば、相手も受け入れられていると感じるでしょう。
    • 外国語のクラスを取りましょう。地元の公民館などで、安くあるいは無料で外国語のクラスが受けられるかもしれません。そのような機会があったら積極的に利用しましょう。
    • オンラインコースを受講したり、翻訳アプリをスマホにダウンロードするのも良いアイディアです。
  4. 4
    旅行に出かける 異文化を理解するのに一番効果的な方法は、旅行に出かけることです。外国に行けば、新しい文化に身を置く機会が得られます。勇気を出して、新しい国や地域を探索する旅に出かけましょう。[9]
    • 旅行中は敬意を持った行動をしましょう。例えばアラブ首長国連邦に旅行する計画を立てたなら、女性は、控えめな服装をすべきとされていることに注意しましょう。
    • 旅行先では「地元の人」のすることに挑戦しましょう。旅行中は、観光客がよく訪れる観光地に行きたいと思うかもしれませんが、躊躇せずに地元の人にお気に入りの場所を教えてもらいましょう。
    • 安全面に気をつけましょう。旅行に行けば誰でも楽しみたいものですが、常に周囲に注意を払い、常識的な行動を心がけましょう。
    広告

ポイント

  • ボリウッド(インド)映画や古代の出来事に関する映画など、様々な国の映画を見るのは、ハッとする体験になり、異なる文化社会を理解し、敬意を払う上で役に立ちます。
  • お洒落が好きなら、色々な文化の服装やスタイルに挑戦してみましょう。
  • 異文化について紹介する雑誌は、たくさんあります。
広告

関連記事

オーラを見るオーラを見る
フリーメイソンに入会するフリーメイソンに入会する
チャクラを開くチャクラを開く
心を浄化する心を浄化する最高の方法
一晩で願いを叶える一晩で願いを叶える
イスラムの礼拝をするイスラムの礼拝をする
死者と会話をする死者と会話をする - wikiHow専門家からのアドバイス
過去世を思い出す過去世を思い出す
プラナヤマで呼吸するプラナヤマで呼吸する - wikiHow専門家からのアドバイス
テレパシー能力を高めるテレパシー能力を高める
アストラル投射を行うアストラル投射を行う
自己の探求自己の探求
インド占星術の星座を知るインド占星術の星座を知る
目で催眠術をかける目で催眠術をかける
広告

このwikiHow記事について

Alicia Oglesby
共著者 ::
スクールカウンセラー
この記事の共著者 : Alicia Oglesby. アリシア・オグレスビーはワシントンD.C.郊外にあるビショップ・マクナマラ高校のスクールカウンセラー兼大学入試カウンセリング責任者です。スクールカウンセリングに関し10年以上の経験を有し、専門は学業アドバイス、社会的・感情的スキルの向上、大学入試・就職カウンセリング。ハワード大学にて心理学の学士号を、チェストナット・ヒル大学にて臨床カウンセリングと応用心理学の修士号を取得。またバージニア工科大学にて人種学と精神衛生学を学びました。ワシントンD.C.とペンシルバニア州発行のスクールカウンセリング認定資格を保有。入学願書ワークショップ、保護者用情報ワークショップ、提出用小論文指導、入学願書査読活動、奨学金リテラシーイベントと5つのカテゴリーに焦点を当てた大学入試の総合カウンセリングプログラムを作成しました。 この記事は4,909回アクセスされました。
カテゴリ: 哲学・宗教
このページは 4,909 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告