大人になった息子や娘と疎遠になることは、非常に辛いことです。関係を修復することはできますが、時間がかかり、忍耐も必要になるでしょう。疎遠になった原因が自分にあると思っているかどうかに関係なく、関係を修復するためには、あなたの方から連絡を取るしかありません。あなたとの関係において子供たちが引いた境界線を尊重し、その境界線を押し戻そうとするのではなく、あなた自身も境界線を引きましょう。ありのままの我が子を受け入れ、自分で自分のことを選択できる、独立した大人であることを認めてあげましょう。

方法 1 の 4:
自分から子供に歩み寄る

  1. 1
    原因をはっきりさせる 子供との関係を修復しようとする前に、子供が動揺したり、怒ったりしている理由を理解します。子供に直接聞いても構いませんし、事情を知っている人から聞いたほうがよい場合もあるでしょう。心の垣根を取り去るために、まずは何が問題なのかをはっきりさせる必要があります。[1]
    • 原因がわかったら、少し時間を取り、息子や娘に伝えたいことを考えましょう。
    • 子供の気持ちに歩み寄り、怒っている理由を聞いてみましょう。例:「レネ、あなたが今、私と話したくないのはわかっているけど、私のどんな行動があなたを傷つけたのか知りたいの。どうか教えて。私と直接話したくなければ、手紙かメールをください。何が問題なのかわからなくて、どうすればいいのかもわからないの。」
    • 本人から聞き出せない場合は、事情を知っているかもしれない家族や、共通の友人に連絡を取ってみるのもよいでしょう。例:「ジャック、最近姉さんと話した?姉さんは私と全く話そうとしないのだけど、どうしてなのかわからないの。理由を聞いてない?」
    • 疎遠になった理由がわかる場合もありますが、わからない場合もあります。それでも、子供との関係修復をあきらめてはいけません。
  2. 2
    内省的になる 時間をとって疎遠になった理由について考えてみましょう。過去の出来事がきっかけでしょうか?または最近、きっかけとなるような大きな変化(家族の死、または子供の誕生など)がありましたか?もしかすると、あなた自身が子供とのコミュニケーションを拒否していた時期があり、そのことが原因で今、子供があなたとのコミュニケーションを拒否しているのかもしれません。
    • 大人になってから親と疎遠になる子供の多くは、両親の離婚を経験しています。こうした子供は、(たとえ離婚が最善の解決策であっても)親が子供の気持ちよりも親自身の幸せを優先することを経験から学習しています。また、離婚した親の中には、自分の発言が子供に影響するとは思わずに、元夫や元妻の悪口を言う人もいますが、それが子供に強い負の影響を与え、大人になってからの両親との関係悪化につながってしまうケースもあるのです。特に子供の成長過程で、片方の親がほとんど子供と関わろうとしなかった場合、子供たちは、親にとって自分は大切な存在ではないのだと感じ、苦しんでいるかもしれません。
  3. 3
    親としての責任を果たす 何か悪いことをしたかどうかに関係なく、疎遠になった子供と和解するための最初の一歩は、親の方から踏み出さなければいけません。不公平だと感じても、エゴは捨てましょう。子供との関係修復を望むのであれば、自分から歩み寄る必要があることを認識し、手を差し伸べ続けることが大切です。[2]
    • 14歳でも、40歳でも、子供は自分が親に愛され、大切にされる存在であると感じたいものです。子供との関係を取り戻すために努力を続けるという姿勢も、子供を愛し大切に思っていることを示す1つの方法です。関係修復のために背負う負担の不公平さに悩んでいる人は、このことを心に留めておきましょう。
  4. 4
    子供と連絡を取る あなたはすぐに会って話したいと思うかもしれませんが、電話やメール、手紙などで連絡を取った方が、息子や娘にとっては負担が少ないはずです。距離を置きたいという子供の気持ちを尊重し、彼らの好きなタイミングで返事をしてもらいましょう。子供から返事がくるまで、数日は辛抱強く待ちます。
    • 電話をかける前に、言いたいことを確認しておきましょう。また、留守電にメッセージを残す準備もしておきます。例:「トミー、直接会ってあなたの気持ちを聞きたいの。いつか私と会ってもらえないかしら?」
    • メールやショートメールを送りましょう。例:「あなたが今、多くの痛みを抱えていることはわかっています。そして私があなたを傷つけてしまったことも、本当に申し訳なく思っているよ。心の準備ができたら、私と会って話してくれるといいな。その時が来たらいつでも連絡をくださいね。いつもあなたを愛し、恋しく思っているよ。」
  5. 5
    手紙を書く 子供の方では、あなたと会うのを嫌がっているかもしれません。そうした場合は、手紙を書いてみましょう。手紙では、あなたのせいで子供を傷つけたことを謝罪し、傷ついた理由も理解していると伝えます。
    • 手紙を書くことは、あなたの心にとってもよいことです。自分の気持ちを明確にし、感情を整理できるでしょう。また手紙なら、必要なだけ時間をかけて、自分の気持ちを表す言葉を探すことができます。[3]
    • お互いの心の準備ができたら会いたいと提案してみましょう。例:「今はまだ落ち着かないだろうけど、そのうち会ってこのことを話し合えるといいな。私のほうではいつでも準備はできているよ。」
  6. 6
    子供の提示する制限を受け入れる コミュニケーションを取りたい気持ちがあっても、直接会って話す心の準備はできていないという場合もあります(つまり会うのはまだ早いのかもしれません)。子供がメールや電話だけでのコミュニケーションを望んでいる場合、彼らが罪悪感を抱かないように配慮しながら、いつか会える日まで受け入れる気持ちで待ちましょう。
    • 子供とメールをするだけの関係でも、前向きなメッセージを送りましょう。例:「最近はメールでのやりとりが多いので、とても嬉しい。直接会うのもプレッシャーにならないような、気持ちの良い関係になれればと思います。」
    広告

方法 2 の 4:
子供と会って話をする

  1. 1
    会う約束をする 子供と直接会う場合は、公共の場所で食事をしながら話しましょう。公共の場であれば、あなた自身も感情をコントロールしやすくなります。また食事を一緒に摂ることはコミュニティの基本であり、関係を構築していくうえでも良い効果を生むでしょう。[4]
    • 会うときには、子供と二人だけで会うようにしましょう。あなたの配偶者や他の人を連れて行ってはいけません。息子や娘に、警戒心を抱かせてしまう危険性があります。
  2. 2
    子供に会話をリードしてもらう 喧嘩腰になったり、身構えたりせずに、子供の心配事に耳を傾けましょう。子供が謝罪を期待して会いに来ていると感じたら、素直に謝罪します。[5]
    • 会って最初に謝罪し、彼らを苦しめたことを理解していると伝えることで、子供の方でも「対等な関係である」という感覚になることができます。謝罪後に、子供が今まで感じていたことをたくさん話してもらいましょう。
  3. 3
    批判せずに子供の話を聞く 同意できない内容でも、彼らの意見がすべてだということを忘れないようにしましょう。人は話を聞いてもらい、理解してもらえたと感じることで癒されるものです。子供の意見はすべて受け入れましょう。[6]
    • 批判せず、身構えずに話を聞いてもらえると、人は自分の気持ちに正直になることができます。彼らの話は、あなたにとって非常に辛い内容かもしれません。それでも子供はその話をすることで、感情を吐き出す必要があるのです。
    • 言葉がけの例:「私のせいで、こんな思いをさせてしまって申し訳ないと思っているよ。あなたの気持ちをちゃんと理解したいから、もっと話して?」
  4. 4
    責任を認める どれだけ子供を傷つけてしまったのかを自覚しない限り、子供と和解することはできません。子供たちは親に対して、言動に責任を持ってほしいと思っています。自分が悪かったと思っているかどうかに関係なく、責任を自覚しましょう。[7]
    • 息子や娘が怒る理由を理解できない場合でも、彼らが怒っているという事実を認めましょう。自分の言動を擁護しようとしてはいけません。その代わりに彼らの話をちゃんと聞き、苦しめたことを謝罪しましょう。[8]
    • 子供の視点を理解するよう努めましょう。共感を示すというのは、意見に同意するという意味ではなく、相手の視点や考え方を理解するという意味です。これは関係を改善する上でも重要なポイントになります。[9]
    • 言葉がけの例:「子供の頃にプレッシャーをかけ過ぎてしまったね。私はあなたに成功して欲しかっただけなの。でもそのせいで、私が自分と一緒にいても幸せじゃないと考えてしまった、あなたの気持ちもよくわかるわ。そんな風に思ってほしくはなかったし、それは事実じゃないけれど、私の言動によってそういう気持ちにさせてしまったのね。」
  5. 5
    現在の関係についての自分の気持ちは伝えない 不公平に思えるかもしれませんが、今は疎遠になったことで感じた、あなたの悲しみや痛みについて話すタイミングではありません。子供が彼ら自身の感情に向き合い、いろいろなことを整理するためには時間が必要です。あなたが悲しみや怒り、恨みの感情を持ち出すことで、子供は罪悪感にさいなまれ、関係を再構築することができなくなるかもしれません。
    • 言葉がけの例:「話ができなくて寂しい気持ちはあったけど、時間がかかるものだってことはちゃんと分かっているよ。」
    • よくない言葉がけの例:「連絡をくれなかったから、すごく悲しかったわ。」「あなたが連絡をくれなかったことで、わたしがどれだけ苦しんだかわかっているの?」
  6. 6
    謝罪する 謝罪の際は、(何が悪かったのかを理解していると相手に伝えるために)自分が悪かったとはっきり認め、反省の気持ちを示し、何らかの方法で償いたいという気持ちを伝えます。息子や娘に与えた苦痛を認め、心のこもった謝罪をしましょう。自分は間違っていないと思っていたとしても、きちんと謝罪します。重要なのは子供の心の痛みであって、誰が正しいか間違っているかということではありません。[10]
    • 謝罪の言葉の例:「ティナ、あなたをひどく傷つけてごめんね。私がお酒に逃げていた時、あなたにいろいろと迷惑をかけたことはわかっている。あなたが子供の頃に、わたしが多くの間違いを犯したことも、とても申し訳なく思っているわ。あなたが私と距離を置きたいという気持ちもよくわかる。それでも、何とか関係を改善できればと願っているの。」
    • たとえ自分の行動に正当な理由があると思っていても、謝罪の際に自分の行動を正当化しようとしてはいけません。例えば、「5年前に叩いてしまってごめんね。でも、あの時はあなたが口答えしたから叩いたのよ。」といった謝り方では、謝罪の気持ちは伝わらず、かえって相手を身構えさせてしまうことになります。
    • 相手の反応に対してではなく、自分の行動そのものについて謝罪しましょう。それが本当の謝罪であり、謝罪の気持ちも伝わります。例えば、「わたしのしたことで、あなたを傷つけてしまってごめんね。」という言い方をすれば謝罪の気持ちも伝わりますが、「もしも傷つけたならごめんね。」という言い方は謝罪になっていません。謝罪の際に「もしも」は絶対に使わないようにしましょう。[11]
  7. 7
    家族療法を受ける 子供が協力的であれば、一緒に家族療法を受け、専門家の前で自分たちの気持ちを話し合いましょう。アメリカには、結婚・家族療法士という専門家がいて、家族の機能不全の要因を特定し、それぞれの力で解決策を見つけられるよう、家族1人1人にアドバイスをしてくれます。日本でも家族療法を受けることはできるので、病院やクリニックの情報を集めてみましょう。家族療法を受けることによって、家族1人1人がお互いのつながりを感じられ、より強固な関係を築くことができます。
    • 家族療法は、家族を悩ませている1つの問題に集中して取り組み、短期間で終了します。あなたや子供が、それぞれの問題と向き合う必要がある場合には、個別にセラピストの診察を受けるように勧められることもあるでしょう。
    • アメリカの場合、結婚・家族療法士を探す際は、かかりつけの医師に尋ねる、コミュニティリソースセンターや保健所で聞く、あるいはネットで検索するなどの方法があります。日本には結婚・家族療法士はいませんが、家族療法を受けられる病院やクリニックを探してみましょう。
    広告

方法 3 の 4:
境界線を尊重する

  1. 1
    焦らない すぐに元の関係に戻りたいという衝動を抑えましょう。壊れた関係が一夜で修復されるなどということは、ほとんどありません。疎遠になったそもそもの原因が軽いものなのか重いものなのかにもよりますが、「普通」の関係に戻るには、数週間、数ヶ月、あるいは数年かかることもあります。新しい普通の形を見つけるというパターンもあるかもしれません。[12]
    • お互いが自分の気持ちを整理していく過程で、疎遠になったことについて何度か辛い話し合いをすることになる可能性もあります。1度話し合えば、すべてが元に戻るというわけではありません。
    • 徐々に会う機会を増やしていきましょう。最初は二人だけで、公共の場所で会うようにします。ホリデーパーティーのような家族の行事に招待するのは、子供の心の準備ができて、参加したいと思ってくれるようになるまで待ちましょう。
    • 言葉がけの例:「ホームパーティーにぜひ来てほしいけど、来たくないという気持ちもよくわかるよ。誘いを断ることで自分を責めないでね。時間が必要なのはちゃんとわかっているから。」
  2. 2
    子供も大人であることを認める あなたの子供も今はもう大人であり、自分で自分のことを決めることができます。彼らの決めることに同意できないこともあるかもしれませんが、子供が独立して、自分自身の人生を生きることを認めてあげましょう。子供の人生に干渉することで、彼らがあなたと距離を置くようになってしまうかもしれません。[13]
    • 余計なアドバイスはしないようにします。子供の人生に口を出したいという気持ちを抑え、失敗も自分で経験させましょう。
  3. 3
    子育てのアドバイスをしない 親というのは外からの子育てのアドバイスに動揺しやすいものなので、気を利かせたつもりの助言でも逆効果の場合があります。子供から尋ねてこない限り、アドバイスはしないようにしましょう。あなたはすでに子育てを終えました。今度は次の世代に子育てのチャンスをあげましょう。[14]
    • 子育ての価値観や希望を尊重することを子供に伝えましょう。例えば、テレビは1日1時間までというルールがある場合、孫が自分の家に遊びに来た時も、そのルールを守らせると子供に伝えます。例外的にルールを破らせなくてはいけないときは、まず子供に許可をとりましょう。
  4. 4
    自分のためにカウンセリングを受ける 疎遠になった子供と向き合うことは、人生の中でも非常にストレスの多い、痛みを伴う作業になります。自分の感情と向き合い、効果的なコミュニケーションの方法とストレスなどへの対処方法を見つけるために、専門家の力を借りましょう。[15]
    • 家族問題専門のセラピストを探してみるのもよいでしょう。親子で問題に向き合いたいという気持ちを、かかりつけのセラピストに伝えてみます。彼らが、家族問題に詳しい別のセラピストを紹介してくる場合もありますが、これは、専門家がどちらかに肩入れせず、客観的な立場でサポートできるようにするためです。
    • オンラインサポートグループのフォーラムに参加してみましょう。同じような問題に向き合っている人々と知り合い、自分の問題について話したり、成功体験を共有したりできるでしょう。
  5. 5
    粘り強く、かつ威圧的にならないようにする コミュニケーションを取ろうとしても、息子や娘が返事をくれない場合もありますが、あきらめずにがんばりましょう。誕生日やクリスマスにカードを送る、メールを書く、留守電を残すなどの方法で、彼らのことを思い、話をしたいと思っていることを伝えます。[16]
    • 子供たちにもある程度の時間を与え、プライバシーや距離感を尊重するようにしましょう。連絡を取る頻度は週に1回以下にし、子供の負担になっていると感じたら、連絡する回数を減らします。ただし、連絡は取り続けましょう。
    • 言葉がけの例:「こんにちは、マリッサ。ちょっと挨拶をしたくて連絡してみたの。あなたのことを思っているよ。元気にしているといいな。会いたいよ。話したい時はいつでも私の所に来てね。愛しているよ。」
    • 自分から会いに行こうとするのはやめましょう。彼らの引いた境界線を尊重し、負担にならない形で連絡を取り合うようにします。
  6. 6
    どうしても無理なら距離をとる 負担にならないように気を遣っているつもりでも、子供から見れば境界線を越えていたり、やりすぎになっていたりする場合もあります。あなたが自分の行為を認めて謝罪したからといって、子供もすぐに関わりを持ちたいという気持ちになるとは限りません。あなた自身の心の健康のためにも、すべてを受け入れ、子供との関係を修復しようとするのをやめたほうがよい場合もあるでしょう。
    • 連絡を取るタイミングを子供に委ねましょう。短い手紙を送るか、留守電にメッセージを残します。例:「ピーター、あなたが私に連絡するのを止めて欲しいと思っていることはよくわかったわ。私にとっては辛いことだけど、あなたの気持ちを尊重します。今後、私からは連絡しないようにするわね。あなたがまた連絡を取りたいと思ってくれたら、いつでも待っているから連絡して。ただ、あなたの意思を尊重して、わたしからは二度と連絡しないわ。愛しているよ。」
    • 薬物乱用や精神疾患、あるいは子供自身の結婚生活やパートナーとの不健全な関係(配偶者が支配的なタイプなど)が根底にあり、和解が難しい場合もあります。こうした問題のせいで関係が修復できないとしたら、これらの問題を子供自身が解決できるまで、あなたにできることは何もないかもしれません。
    • 子供から連絡を取りたくないと言われた場合、悲しみを乗り越えるために、セラピストの力を借りることも考えましょう。こうした状況を1人で乗り越えるのは難しく、専門家のサポートが必要になるかもしれません。
    広告

方法 4 の 4:
子供をありのまま受け入れる

  1. 1
    子供が自分とは違う考えを持っていることを受け入れる 同じ家に住み、ほとんど毎日一緒に過ごしてきた家族でも、ものの見方はそれぞれに全く違うことがあります。あなたと同じように子供にも、積み重ねてきた思い出があり、考え方があるのです。
    • 年齢や力関係、関係の近さなどによって、状況の受け止め方が全く異なる場合もあります。例えば、新しい街への引っ越しが、あなたにとっては素晴らしいことだったとしても、子供から見れば嫌でも従うしかなく、苦労の多い経験だったかもしれません。[17]
    • 現実の見え方が違うというのは、家族内ではよくあることです。例えば、あなたが子供の頃、両親が博物館に連れて行ってくれたことがあるとします。両親にとっては、興味深い展示物を見て、家族で楽しく出かけた思い出になっているかもしれません。一方であなたにとっては、コートを着ていて暑かった、恐竜の骨組みが怖かったなど、あまりいい思い出ではなかったりします。あなたの記憶も両親の記憶も間違ってはおらず、ただ見え方が違うだけのことなのです。[18]
  2. 2
    お互いの違いを受け入れる 疎遠になってしまうのは、どちらか一方または双方が、相手の人生の選択を認められないからかもしれません。あなたに対する子供の態度についてはどうすることもできませんが、何があってもありのままの彼らを受け入れることを、子供に示すことはできるでしょう。[19]
    • あなたの気持ちの変化を少しずつ示していきましょう。例えば、あなたの子供がゲイである場合、保守派の宗派から、よりリベラルで多様性を受け入れるタイプの宗派に改宗することで、あなたの気持ちを示すことができるでしょう。
    • 子供の視点を理解するために読んでいる本などがあれば、その本について子供に話してみましょう。
    • 子供があなたの人生の選択を受け入れられず、あなたと話したがらないという場合、関係を修復するのはかなり難しくなります。まずは、しっかりと自信を持ち、子供を愛していることを示し続けることです。彼らとコミュニケーションを取り続け、会って話すチャンスをもらえるように努力しましょう。
  3. 3
    子供が反論する権利を尊重する 自分の意見や信念を変える必要はありませんが、相手の意見や信念を軽視するような態度はやめましょう。誰かと意見が合わなくても、相手を尊重し、愛することはできます。すべての人が同じ意見である必要はないのです。[20]
    • 自分とは違う意見でも、できるだけ尊重するようにしましょう。例えば、あなたには信仰心があり、子供が無神論者である場合、彼らが遊びに来た週末だけは、教会に行くのをやめてみましょう。
    • 意見の合わない問題については話題にせず、別のことについて話しましょう。もし子供が、過去に口論になった話題を持ち出して来たら、「ウィル、今はこのことついて、意見が合わないことを認めよう。今はこの話をしてもお互いに嫌な思いをするだけだ。」と提案してみましょう。
    広告

関連記事

How to

彼氏がいることを両親に打ち明ける

How to

相手が自分を本当に好きかを知る

How to

相手のことを好きなのか寂しいだけなのか見分ける

How to

男性からの好意に気付く

How to

恋に落ちたか判断する

How to

フレンチキスをする

How to

彼女を自分とセックスさせたくする

How to

女の子を笑わせる

How to

女の子と両想いかどうかを確かめる

How to

彼氏の気を引く

How to

男性から好意を持たれているか知る

How to

誰かを好きになるのをやめる

How to

彼氏を信頼する

How to

女性の気持ちを知る
広告

このwikiHow記事について

Mental Health America
共著者
非営利団体
この記事の共著者 Mental Health America. 「Mental Health America」は精神疾患を抱かえながら生活している人達の援助、そしてすべての国民に向けて精神面の健康管理を推奨している国内有数の非営利団体です。Mental Health AmericaはBefore Stage 4 philosophy(身体疾患と同様、精神疾患も最も深刻なステージ4に進行する前に治療を行うべきであるという考え方)に従い、地域に根差した活動を展開しています。
カテゴリ:
このページは 93 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告