病人が病気から回復する際に受けるケアの質の高さは、回復段階において最も重要なステップの一つです。あなたの友人や家族の中にも、ひどい風邪や病気、感染症で苦しんでいる人がいるかもしれません。医師から投薬を受け、自宅で安静にして十分に休養し、回復するように指示されているでしょう。病人が一刻も早く回復するように、優しい言葉や慰めの言葉、思いやりのある行動でケアしてあげましょう。

パート 1 の 2:
行動でケアする

  1. 1
    病人が新鮮な空気に触れることができる、静かで快適な場所で休養していることを確認しましょう。発熱があると、寒すぎる部屋では冷えを感じたり、暑すぎる部屋では不快感を感じる場合があります。また、大きな音がしたり、風通しが悪いと、病人の調子は良くなるどころか悪くなります。病人が家の中の快適な場所にあるベッド、ソファ、または心地よい椅子に身を置いていることを確認し、部屋に新鮮な空気が入るよう窓を開けておきましょう。
    • また、特に風邪やインフルエンザにかかっている場合は、暖かい毛布や枕をたくさん使えるようにすると、快適に過ごせます。
    • 病気の時は最大10時間の睡眠が必要となることがあります。より良い回復のためにも、疲れているときには休むように促しましょう。
  2. 2
    病人に水やハーブティーなどで水分を与えます。多くの場合、病気をすると下痢や発熱などの症状によって脱水症状が起こります。水や心安らぐ温かいハーブティーを飲ませ、患者に十分に水分を補給させます。まずは軽く一口飲むように勧め、さらに水やお茶を少なくとも3〜4カップ飲み干してもらいましょう。病気のおかげで水やお茶を自分で飲むことができない可能性があるので、飲み物を与えるという簡単なことで、患者を安心させることができます。
    • 平均的な成人は、毎日240mlの水をコップ 8杯以上飲み、1日に少なくとも 3~4回排尿する必要があります。病気の人の水分補給レベルを測り、日中にあまりトイレに行っていない場合は注意しましょう。脱水状態のサインかもしれません。
  3. 3
    食べるとほっとするような食べ物を準備します。誰でも、おかゆやチキンヌードルスープなど病気の時に必ず食べたくなる食べ物があるでしょう。研究によると、アメリカで病人食とされるチキンヌードルスープは、鶏肉から摂取できるタンパク質、ビタミン、ミネラルが豊富な鶏ガラスープ、脂肪や麺で満腹感を保てるだけでなく、ビタミンや抗酸化物質を含むニンジン、セロリやタマネギなどの野菜が含まれているため、病人が好んで飲むということです。一般的に、スープは、暖かくて満腹感が得られて消化しやすいため、良い病人食となります。[1]
    • トランス脂肪酸やエンプティーカロリーが高く、栄養分の少ない不健康な食品を与えないようにしましょう。スープ、おかゆ、オートミール、フルーツスムージーなどの栄養価の高い食品は、気分が悪くて弱っている人にとって良い病人食となります。
  4. 4
    病人が清潔に過ごせるようにしましょう。病気の重症度によっては、入浴が困難だったり、身体を清潔に保ちにくいことがあります。より深刻な病気や感染症を避けるためには、病人を清潔に保つことが非常に重要です。重症の場合は、訪問看護師が入浴介助をしてくれる場合もあるでしょう。
    • 毎日布団の交換や、ベッドでの体位変換を手伝うと、病人の気分を良くしてあげることができます。体力のない人は、ベッドの中で寝返りを打つのが難しいことがあります。訪問看護師の補助をしたり、家の人に手伝ってもらったりして、最低でも1日1回は寝返りをさせ、床ずれの予防に努めましょう。
  5. 5
    好きなゲームや映画、テレビ番組を一緒に楽しみましょう。簡単に病人を元気づけるには、二人で好きなゲームをしたり、好きな映画やテレビ番組を一緒に見たりして、病気から気を紛らわせることです。簡単で楽しいことをして誰かと充実した時間を過ごすことで、活力が湧き、病気以外のことにも集中できるようになります。
    • 病気から気をそらして楽しんでもらうために、その人のお気に入りの小説を持って来るのも良いでしょう。
    • 何度か面会して、楽しい工作やちょっとした作品などを一緒に作るのも良いでしょう。これは、病人にとって楽しみとなり、その人とより頻繁に充実した時間を一緒に過ごすことができます。
    広告

パート 2 の 2:
言葉でケアする

  1. 1
    相手を元気にしたいという思いと共感の気持ちを伝えましょう。病人を訪問するときには、最初にあなたが病人を気にかけていることを伝え、回復を応援していると伝えることが大切です。また、明確で直接的な方法で相手の手助けを申し出ましょう。「何かできることはある?」や「何ができることがあったら言ってね」と伝えるのではなく、具体的な援助を申し出ましょう。例えば、「あとで食料品店に行くから、チキンヌードルスープを買ってきてあげるよ 」や「あとで薬局の近くに行くから、処方薬をもらってきてあげようか?」と聞いてあげることです。これにより、気を使うことなくあなたの申し出を受け入れやすくなります。[2]
    • 言葉で相手を励まそうとするときは、「ポジティブ思考で行こう」や「そのぐらいで済んでよかったね」というような言い回しは避けましょう。これらのフレーズは、善意から出たものではありますが、相手が病気であることに罪悪感を感じたり、自分よりも恵まれていない他の人がいるときに病気になる権利がないと感じたりすることがあります。
  2. 2
    相手の話を傾聴しましょう。大抵の場合、病人は、共感と理解を持って話を聞いてくれる人がいると、気分が良くなる傾向があります。見た目は大丈夫そうだとか、病気とは思えないと言うよりも、相手が病気や体調不良についての気持ちや感情を話すのを聞いてあげましょう。
    • 病気のことを話題にする前に、そのことを話したいかどうか本人の意思を確認しましょう。大丈夫なら、話を聞きます。しかし、問題を解決してあげようとするのではなく、前向きで、現実的な態度で話しましょう。
    • 「あなたの気持ちはよくわかるよ」は禁句です。気持ちは人それぞれですから。
    • その人に意見を押し付けるのを避け、代わりに共感を持って傾聴しましょう。少なくとも1日に1度は誰かが一緒に座って話を聞いてくれると分かっていれば、助けになると感じる病人は少なくありません。大抵、闘病とは退屈で孤独なものです。喜んで話を聞いてくれる人がいることで、病人は自分のことが認められ、大切にされていると感じられます。
  3. 3
    本を読んであげましょう。病人が弱っていて、話したり座ったりできない時は、その人の好きな小説や物語を音読してあげると喜ばれます。病人は、自分を気遣ってくれる人がいるのだから自分は一人ぼっちではないと感じることができます。
    広告

ポイント

  • 病人が明らかに重い病気の兆候を示している場合は、すぐに医師の診察を受けさせましょう。
  • 重症化した場合の症状としては、大量の出血、喀血や血尿、呼吸困難、失神や運動能力の低下、さらに12時間以上排尿がない、水分が全く摂れない状態が1日以上続く、激しい嘔吐や下痢が2日以上続く、強い腹痛が続く、強い痛みが3日以上続く、高熱が下がらない、または4~5日以上続くなどがあります。
  • 病気の人に会いに行きましょう。ただし、病気でなくても会いに行けば、相手が愛されていることを伝えることができます。うつや寂しさは病気の原因になります。帰り際には忘れずに手を洗い、病原菌から身を守りましょう。
  • 一般的な風邪の治療薬には、鎮痛剤(鎮痛剤)、抗ヒスタミン剤、鼻詰まりの薬、鎮咳療法(咳止め)、吸入剤、去痰剤(粘液を切る)などがあります。
  • 研究では、ペラルゴニウム・シドイデスの根には、風邪の症状を減少させたり、軽減したりする可能性があることが示されています。[3]
  • 抗生物質、ウイルス療法、抗ヒスタミン剤のみの使用には、風邪の治療効果はありません。
  • ビタミンとハーブ療法で風邪に効果があるとされるのはビタミンCとエキナセアですが、ビタミンDとビタミンEについてはさらなる研究が必要です。

広告

関連記事

How to

爪が割れたときの対処

How to

2週間でお腹周りの脂肪を落とす

How to

吐き気を止める

How to

自分で身長を測定する

How to

お酒の酔いを早く覚ます

How to

生理をはやく終わらせる

How to

勃起を抑える

How to

割れた足の爪を処置する

How to

声を低くする

How to

キスマークを偽造する

How to

胸骨をポキッと鳴らす

How to

嘔吐を誘発する

How to

マスターベーション依存症の克服

How to

早く酔う
広告

このwikiHow記事について

Ran D. Anbar, MD, FAAP
共著者 ::
小児呼吸器専門医、医療カウンセラー
この記事の共著者 : Ran D. Anbar, MD, FAAP. 小児医療カウンセラー、一般小児科医、認定呼吸器専門医のラン・D・アンバー医師は、カリフォルニア州ラ・ホーヤとニューヨーク州シラキュースにある「Center Point Medicine」にて臨床催眠医療とカウンセリングサービスを提供しています。 医療業務に30年以上携わっており、ニューヨーク州立大学アップステート医科大学では小児医学の教授と小児呼吸器科の最高責任者を務めました。カリフォルニア大学サンディエゴ校にて生物学と心理学の学士号を、シカゴ大学プリツカー医科大学院にて医学博士号を取得。マサチューセッツ総合病院とハーバード医科大学にて小児医学の臨床研修と呼吸器専門学のフェロー課程を修了。米国催眠療法学会の元会長、上級会員、認定コンサルタントでもあります。
カテゴリ: 健康
このページは 110 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告