軽い風邪でも深刻な病気でも、体調不良の彼女に言葉をかけるのは難しいかもしれません。彼女を元気づけるために、どんなメッセージを送ったらよいでしょう? ここでは、具合が悪い彼女を励ますメッセージの数々を紹介します。体調を確認する、助けを申し出る、彼女を大切に思っている気持ちを伝えるなどの思いやりのあるメッセージを送りましょう。

1
「心配だよ」

  1. 心配していることを知らせます。体調不良の彼女にどんなメッセージを送るにせよ、彼女のことを心配し、自分がついているということを伝えたいという思いは同じでしょう。[1] 「心配だよ」というシンプルな優しいメッセージを送り、彼女には自分がついていることを知らせて元気づけます。
    • 「会えなくて寂しいよ」
    • 「君がいないと毎日が味気ない」
    • 「大好きだよ」
    広告

2
「具合はどう?」

  1. 彼女の様子を確認しましょう。彼女に具合を尋ね、気にかけていることを知らせましょう。こうすると、「大切にされている」と感じてもらえます。できれば、「まだ喉が痛い?」などの具体的なメッセージを送り、彼女の体調に細心の注意を払っていることを示しましょう。
    • 「今日は、食欲ある?」
    • 「新しい薬は効いた?」
    • 「今朝病院に行ったよね。どうだった?」

3
「早く治して、またハイキングに行こうよ!」

  1. 冗談めかしたメッセージで彼女を元気づけましょう。彼女が重い病気でなければ、体調を楽観視するようなメッセージを送ると彼女も明るい気分になるかもしれません。会えなくて寂しい気持ちや彼女と一緒に過ごす時間を大切にしていることを知らせる良い機会でもあります。明るい調子で「すぐに元気になるさ」と伝えましょう。いちゃつくようなメッセージを送ってもよいでしょう。ただし、風邪をひいているくらいなら軽いメッセージを送ってもかまいませんが、深刻な病気にかかっている彼女に軽口を叩いたり気を惹くようなメッセージを送ったりすると、彼女の体調を軽視していると受け取られる可能性があるので注意が必要です。
    • 「君がいないとつまらないよ」
    • 「早くキスしたいから、病原菌に『出ていけ』って言って!」
    • 「君に会えないと僕も病気になっちゃうよ」
    広告

4
「ねえ知ってる?」

  1. 「笑いは百薬の長」と言われていますが、その通りです。[2] 体調が悪いと気分が落ち込むこともあるので、ダジャレや面白いなぞなぞを送って病気の彼女を元気づけましょう
    • 「クレヨンをくれよん」[3]
    • 「掃除が好きな鳥は?ちりとりだよ」[4]
    • 「フランスのパンはフランスパン。日本のパンはジャパンだよ」[5]

5
「この番組見た?」

  1. 彼女が楽しめるように、面白い番組を勧めましょう。特に家で1人で療養していると、退屈になるかもしれません。彼女が好きそうなテレビ番組や映画、ゲーム、本などを勧めましょう。動画や映画を同時視聴する、同じ本を読んで電話で感想を伝え合う、オンラインゲームで対戦するなどするとより楽しめるかもしれません。
    • 「僕が病気で休んだ時には、『コンフィデンスマンJP』を一気に見たよ」
    • 「ちょっと気分転換するにはこの本が最適だよ」
    • 「気になっているゲームがあるんだけど、一緒にやらない?」
    広告

6
「今日何があったか聞いた?」

  1. 彼女が病気で休んでいる間に起こったことを教えてあげましょう。彼女が数日間、または何週間も家で療養している場合は、取り残されたように感じるかもしれません。彼女は、自分が休んでいる間にあなたや共通の友達に起こったことを知りたがっているでしょう。彼女が休んでいる間の出来事を教えてあげると、喜ばれるかもしれません。
    • 「今日は新しいレストランでお昼を食べたよ。元気になったら一緒に行こう!」
    • 「この間のパーティーに君がいなかったからみんな寂しがっていたよ」
    • 「今日は古本市で本を買ったんだ。君にも何冊か選んだよ」

7
「ゆっくり休んで」

  1. やはり、笑いは2番目によく効く薬かもしれません。ほとんどの場合、病気を治すには十分な休息が必要です。[6] 彼女は、早く普段の生活に戻らなくてはいけないというプレッシャーを感じているかもしれません。必要なだけ休むように伝えて安心させましょう。
    • 「ゆっくり休め。トコジラミに噛まれないようにね!」
    • 「時間をかけてきちんと治そう。焦らなくていいよ」
    • 「仕事のことは心配しないで、今はゆっくり休め」
    広告

8
「お見舞いに行こうか?」

  1. 顔を見せに行くと喜ばれるかもしれません。彼女が家で療養している場合は、訪ねて行って一緒に過ごしたり看病をしたりすると励ましになるでしょう。ただし、お見舞いに行っていいかどうかを事前に必ず確認し、長居しないようにしましょう。彼女の具合が本当に悪い場合は、突然訪問したり長居したりすると負担になるかもしれません。[7]
    • 「仕事に行く前にちょっと寄ってもいいかな?」
    • 「何か持って行こうか?」
    • 「寄り添って映画を見ない?」

9
「電話で話せる?」

  1. 人の声に代わるものはありません。具合が非常に悪くて直接会えない場合、彼女は人との交流を強く求めているかもしれません。電話やビデオ通話で話せるか聞いてみましょう。[8] 共通の友達を誘い、グループビデオ通話をしてもよいでしょう。彼女にも喜ばれるかもしれません。
    • 「電話で話をしようよ。君の笑い声が聞きたいな」
    • 「君のかわいい顔が見たいな。ビデオ通話しようよ」
    • 「具合はどう?調子がよければ友達を誘うから、みんなでビデオ通話をしよう」
    広告

10
「何をしてもらいたい?」

  1. 「何かしようか?」と聞くのではなく、具体的に何をしてもらいたいのかを聞きましょう。[9] 軽い風邪でも、具合が悪いと普段のように生活できなくなります。彼女は、食事の用意や病院までの運転ができずに困っているかもしれません。遠慮して頼めないかもしれないので、こちらから聞いてあげましょう。彼女の助けになる具体的な方法を気軽に提案します。[10]
    • 「手作りのスープを届けるよ」
    • 「何が食べたい?デリバリーを頼むよ」
    • 「近くに来てるんだ。薬を買って持って行こうか?」
    • 「犬の散歩を代わりにしようか?僕の運動にもなるし」

11
「話を聞くよ」

  1. そばにいるだけで十分なときもあります。病気が深刻な場合は、あなたが心配して支えようとしていることを知らせるだけでも彼女の慰めになるかもしれません。[11] 彼女は、すぐに話をしたいとは思わないかもしれませんが、あなたにいつでも連絡できることを知れば安心するでしょう。
    • 「話したくなったらいつでも電話して。待ってるよ」
    • 「真夜中でも電話したりメッセージを送ったりしてかまわないよ」
    • 「スマホの電源はいつもオンになっているよ」
    • 彼女から連絡があったら、じっくり話を聞きましょう。「話をきちんと聞いてくれる」「私のことを理解してくれる」と彼女に感じてもらえるようにします。[12]
    広告

12
「君をどれほど大切に思っているか、言葉じゃうまく説明できないよ」

  1. 中身のないメッセージではなく、心からの言葉をかけましょう。病気の人を励ます言葉は決まっていません。「どんな言葉をかけたらいいのかわからない」と正直に言う場合でも、率直かつ誠実に話しましょう。[13] 特に彼女の病気が深刻な場合は、受け止めきれないかもしれません。あなたが心配していることと支えようとしていることを彼女に知らせましょう。[14]
    • 「君が僕の人生を変えたってことを知ってもらいたくて」
    • 「こんなことは初めてだから何て言ったらいいのかわからないけど、どんなときでも僕がそばにいるよ」
    • 「何て言ったらいいのかわからないけど、誰よりも君が好きだよ」

ポイント

  • ささやかなプレゼントやお見舞い品を贈って彼女を喜ばせましょう。 
広告

このwikiHow記事について

John Keegan
共著者 ::
デートコーチ
この記事の共著者 : John Keegan. ジョン・キーガンはニューヨーク市に住むデートコーチで、「The Awakened Lifestyle」を経営しています。人をやる気にさせる演説術と社会動学に関する専門知識を駆使して、デートの方法、相手を魅了する方法、相談者が交際相手を見つけるためのサポートを行っています。ロサンゼルスからロンドン、そしてリオデジャネイロからプラハと、世界の各地にてデート講座を開催しており、その業績はニューヨークタイムズ、Humans of New York、そしてメンズヘルスで取り上げられています。
このページは 79 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告