痛みなく卒乳する方法

3 方法:最初のステップお母さんの体のケア赤ちゃんが求めていることを予測する

全ての女性が卒乳の過程で痛みを経験しているわけではありません。特に、赤ちゃん主導で徐々に卒乳を進めていけばその傾向は強くなります。ですが、母乳または搾乳機を使った授乳を問わず、卒乳の際に不快な症状を経験する人もいます。痛みを抑えながら効率的に卒乳する方法がわかれば、楽に卒乳を迎えることができます。ありがたいことに、母乳育児ママの卒乳が少しだけスムーズに進められる簡単な方法があるので紹介します。

1
最初のステップ

  1. 1
    ゆっくり始めましょう。卒乳は徐々にゆっくりと行います。突然授乳をやめると、体が混乱して、乳房の痛み(もしくはさらに深刻な問題)の原因となります。急に授乳をやめると、体が急な変化にうまくついていけず痛みが出やすくなります。
    • 赤ちゃんが必要とする栄養と授乳回数に合わせて母乳は作られます。母親の体は急に母乳の分泌を止めることはできません。もう母乳は必要ないのだと体が理解するまでには時間がかかります。
    • 急に授乳をやめた場合の痛みを伴う副作用として、乳腺炎、強い圧痛を伴う乳房の張り、乳管の詰まりがあります。[1]
    • 徐々に卒乳した場合、母乳の分泌が止まるまで数週間から数ヶ月かかります。急に授乳を止めた場合、その時にどれだけ出ていたかによって、母乳が止まるまでの時間は変わってきます。母乳がたくさん出る人は、それでも数週間から数ヶ月かかるでしょう。[2]
  2. 2
    赤ちゃんの卒乳サインに注意しましょう。母乳卒業のサインは、固形食に興味を持つようになったり、授乳に関心を示さなくなったりと、赤ちゃんの方から教えてくれることが多いでしょう。ですが、少なくとも生後12ヶ月になるまでは、母乳、粉ミルクを問わず完全卒乳するべきではありません。また、生後12ヶ月になるまでは、牛乳も飲ませるべきではありません。
    • 赤ちゃん主導の卒乳の考え方に従って、食べ物に手を伸ばすようになったら、固形食(野菜などを柔らかく煮て小さく切ったもの)を食べさせてあげましょう。[3] 数ヶ月かけて徐々に母乳よりも食べ物を食べるようになります。
    • 赤ちゃんが卒乳の準備ができているか、お母さんの直感に従いましょう。母親が赤ちゃんの一番の理解者です。赤ちゃんの声を聞きましょう。
    • 赤ちゃんはそれぞれ皆違います。お母さんもまた人それぞれです。他の人の経験から学ぶこともありますが、自分とは違うかなと思う場合は、教科書のように信じる必要はありません。自分の実体験が一番のガイドです。
    • 生後5-6ヶ月頃の赤ちゃんは、歯が生えていなくても食べ物を食べたがることがあります。赤ちゃんが前よりもぐずるようになる、手を貸さなくても座っていられる、人が食べている姿を興味津々に眺める、口をモゴモゴさせるなどの仕草から離乳食を始める準備ができているか判断することができます。[4]
    • 歯が生えてきたら母乳をやめるべき、という考えは正しくありません。歯が生えてきても母乳を続けて大丈夫です。歯が生え出すと、授乳中におっぱいを噛んでしまう赤ちゃんもいますが、その場合は赤ちゃんにやめるように優しく伝えるだけで十分です。
  3. 3
    離乳食を始めましょう。最終的に食べ物から栄養を摂るというのが目標ですが、まずはゆっくりと始めましょう。赤ちゃんの消化器官はまだ発達段階にあり、生後12ヶ月頃までは母乳か粉ミルクが必要です。生後4ヶ月頃にベビーシリアルから始めて、段階を踏んで固形食に移っていきましょう。
    • 母乳だけで育ててきた赤ちゃんに初めて離乳食をあげる場合は、母乳を絞ってベビーシリアル(穀物1種だけのもの)に混ぜて与えましょう。そうすることで赤ちゃんの食べる意欲が増すとともに、物理的にも食べやすくなります。固形食は生後6ヶ月くらいで始めましょう。[5]
    • 生後4-8ヶ月の間に、ピューレ状にした果物、野菜、肉を与えてみましょう。
    • 生後9−12ヶ月の間に、ピューレ状ではない、手づかみで食べられる食べ物、例えばお米、赤ちゃん用ビスケット、ひき肉を与えてみましょう。
  4. 4
    授乳回数を減らしましょう。3時間おきに授乳している場合は、生後9ヶ月頃から4-5時間おきの授乳にしてみましょう。[6] もしくは、1日の中で赤ちゃんにとってあまり必要ではなさそうな授乳(または難しい授乳)をスキップしてみて、赤ちゃんが気づくかどうか観察しましょう。赤ちゃんが気がつかない場合は、そのままスキップしてしまいましょう。[7]
    • 数日後か数週間後にさらに1回授乳をスキップして、赤ちゃんが気づくかどうか観察しましょう。大丈夫そうならば、この調子で授乳をスキップする回数を増やし、最後の授乳に繋げていきましょう。
    • 早朝と就寝前の授乳は最後まで続けたほうが良いでしょう。睡眠中も母乳は溜まっていくので、朝の授乳は乳房の張りや乳管の詰まりの予防になります。また就寝前の授乳は、寝かしつけの日課になっている場合も多く、赤ちゃんもお腹いっぱいになると、よく寝てくれるようになります。たいていの場合、夕方から夜の授乳は最後まで続けます。[8]
    • 夜中の授乳を止めて、パートナーか家族など他の人に赤ちゃんをあやしてもらいましょう。[9]
  5. 5
    母乳の代わりに粉ミルクをあげましょう。赤ちゃんが生後12ヶ月になる前に授乳を止めたい場合は、母乳の代わりに粉ミルクを与えましょう。1日の授乳の中に、粉ミルクで代用する回数を少しずつ増やし、その習慣を数週間続けるとお母さんも赤ちゃんも段々と卒乳できるようになります。[10]
    • おっぱいから哺乳瓶に切り替えてみましょう。おっぱいで授乳している場合は、まずは哺乳瓶をあげてみて赤ちゃんの反応を見てみましょう。
    • もしくは、寝かしつけに授乳している場合は、赤ちゃんが寝入り始めたら、口からおっぱいを外し、代わりに哺乳瓶の乳首をあげてみましょう。そうすれば、赤ちゃんが違いに気づくことなく、味やゴム製の乳首に慣れてくれるかもしれません。
    • 赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がる場合は、違う方法を試しましょう。例えば、赤ちゃんが疲れているときに、母親以外の誰か(父親など)に哺乳瓶を与えてもらうか、シッピーカップに替えるなどしてみましょう。
    • 赤ちゃんが生後12ヶ月以上の場合は、母乳の代わりに牛乳をあげても良いでしょう。
  6. 6
    搾乳機を使っている場合は、少しずつ回数を減らしましょう。ほとんどの授乳に搾乳機を使っている場合でも、徐々に止めていくことが大切です。この場合も、おっぱいからの卒乳と同じ要領で、1日の搾乳回数を減らしていきます。最初のステップとして、搾乳を1日2回までに減らし、できればそれぞれ12時間空けます。[11]
    • 数日ずつ空けて搾乳回数を減らしていきましょう。
    • 1日2回まで減らすことができたら、1回あたりの搾乳時間を短くしましょう。
    • その後、搾乳を1日1回に減らし、数日はその状態を維持しましょう。
    • 最後は搾乳時間を短くしていきましょう。
    • 1回の搾乳あたり60cc-90ccほどしか出なくなったら、搾乳を止めましょう。
    • 圧痛を伴う乳房の張り、乳管の詰まり、その他の痛みがある場合も上記の方法を試してみましょう。

2
お母さんの体のケア

  1. 1
    圧痛を伴う乳房の張りには冷湿布を行いましょう。冷湿布には、ジェル状のアイスパックや、冷たく濡らした布を使用します。乳房を冷やすことで、乳腺組織からの母乳の分泌を抑えられます。また、痛みが和らぎ、体が楽になる効果があります。[12]
    • ジェルパック付きの市販のブラジャーもあります。凍らせたジェルパックを、ブラポケットから入れて胸を冷やすことができます。
    • お金を使いたくない場合、小さなタオルを氷水で濡らし、胸とブラカップの間に挟み込みます。体温ですぐに温かくなってしまうので、頻繁にタオルを取り替えるか、最初にタオルを凍らせると良いでしょう。
  2. 2
    搾乳したり乳首に刺激を与えないようにしましょう。赤ちゃんがおっぱいを飲んでいると体が勘違いし、さらに母乳を作ってしまいます。母乳を止めたいわけですから、搾乳や乳首への刺激は矛盾した行為です。[13]
    • 乳房が張って痛くてどうしようもない場合、母乳を溜めておくと乳管が詰まってしまう危険があります。その場合、痛みが和らぐ程度に手、または機械で搾乳しましょう。その場合、搾乳する量は少しだけにします。少量の搾乳であれば、そのまま母乳の分泌は減っていきます。[14]
    • 手で搾乳する際に、温かいシャワーを浴びると搾乳しやすくなります。だからといって、頻繁にすると母乳の分泌が多くなってしまうため、しょっちゅう行うのは控えましょう。
    • 乳房の張りがひどくなり母乳が漏れてしまう場合は、母乳パッドを使いましょう。母乳が洋服まで染みてしまって困っているという女性はたくさんいます。母乳パッドを使うと余分な母乳を効果的に吸収できます。
  3. 3
    キャベツの冷湿布を試してみましょう。キャベツの葉は、母乳の分泌を抑える方法として古くから使われてきました。キャベツ葉がブラジャーの中で動かないよう、睡眠中も使える胸の形にあったブラジャーをしましょう。小さすぎるまたは大きすぎるブラジャーだと不快に感じます。
    • キャベツの葉には、母乳の分泌を抑える酵素があります。酵素の力を引き出すために、キャベツの葉を折ったり、麺棒で丸めたりしてから使いましょう。[15]
    • 1枚の大きな冷やしたキャベツの葉を、左右それぞれのブラカップに入れます。24時間から48時間かけて葉が萎れてくるので、新しい葉に取り替えましょう。
    • ワイヤー入りのブラジャーは避けましょう。
    • キャベツの葉を数日試しても効果がみられない場合、痛みや母乳の分泌を抑える他の方法(冷やすなど)を探しましょう。
  4. 4
    乳房のマッサージをしましょう。しこりがある場合は、すぐにマッサージを始めましょう。しこりがあるということは、乳管が詰まっている可能性があります。しこりのある部位に注意して、念入りにマッサージしましょう。マッサージで詰まりを解消するのがポイントです。
    • 温かいシャワーを浴びると効果的にマッサージができますが、お湯で母乳の分泌が促進されてしまうため避けましょう。
    • マッサージの前に、温かく濡らした布などで乳房に温湿布をし、マッサージが終わったら氷嚢や冷たく濡らした布などで冷湿布を行いましょう。[16]
    • 痛み、肌の赤み、または熱が出ていないか観察しましょう。これらは乳腺炎の兆候です。
    • マッサージをしても、1-2日以内に詰まりが解消されない場合は、病院に行きましょう。症状が悪化し、発熱した場合は、乳管の詰まりが進行して乳腺炎になっている可能性があります。乳腺炎の疑いがある場合は、すぐに医療機関に相談しましょう。乳腺炎は早急かつ適切に処置しないと、重篤な合併症を引き起こすことがあります。
  5. 5
    痛み緩和のアドバイスをもらいましょう。痛みが耐え難くなり、家庭療法では効果がない場合は、鎮痛作用のあるイブプロフェンの服用について、医療機関に相談してみましょう。
    • アセトアミノフェン(別名パラセタモール) も鎮痛作用のある薬剤です。[17]
  6. 6
    気分にムラが出ることがあります。母乳の分泌を減らすと、ホルモンの関係で気分にムラが出やすくなります。卒乳は、精神的であると同時に身体的な体験です。卒乳中はどんな感情が出てきても良いのだと、自分を許しましょう。
    • 卒乳の過程で泣きたくなっても自分を恥じてはいけません。おそらくあなたは少し悲しいのです。赤ちゃんとの濃密な時間が終わってしまう悲しみを、涙が癒してくれるでしょう。
  7. 7
    健康的なライフスタイルを維持しましょう。バランスのとれた食事をし、水分をしっかり摂りましょう。身体機能を増進させるためにも健康には常に気を配りましょう。
    • 妊婦用のビタミン剤を引き続き摂取しましょう。これから起こる変化に対応するためにも、適切な栄養が必要です。
    • 毎晩しっかり睡眠をとるようにしましょう。大きな変化を迎えようとしている体には、あなたの力が必要です。睡眠は、体が元気を取り戻し、自らを癒す一番の方法です。
  8. 8
    医療従業者に相談しましょう。母乳の専門家、例えばラクテーションコンサルタントに相談してみましょう。ラクテーションコンサルタントは産科病棟、小児科、または個人のいずれかで見つけることができます。周りに聞くか、インターネットで探してみましょう。
    • あなたの状況に合った質問をしましょう。そうすれば、自分に状況に合った貴重なアドバイスを、一番正確な方法で試すことができます。
    • 多くの母乳育児支援センターは、卒乳に関するセミナー、ミーティング、クラスを行っています。母乳育児と卒乳のプロフェッショナルである母乳の専門家から、毎日の暮らしの中でのヒントなど、最も役立つ情報を得ることができるでしょう。
  9. 9
    先輩ママに話してみましょう。卒乳の過程で、答えがわからない問題に出会ったら、他のお母さんと話してみましょう。他のお母さんの卒乳はどうであったか聞いてみましょう。自分では思いもよらなかったヒントを得られるかもしれません。他のお母さん達と話すことで、授乳、卒乳、子育てに関する最高のヒントを得られることはよくあります。
    • 先輩ママ達が言っていたことを書き留め、彼女達のヒントを自分の卒乳過程の参考にしてみましょう。

3
赤ちゃんが求めていることを予測する

  1. 1
    赤ちゃんを安心させてあげましょう。赤ちゃんは変化に対応できず苦しんでいるかもしれません。赤ちゃんにとっては、お母さんのおっぱいだけでなく、お母さんとの安らぎの時間も失ってしまったのです。おっぱい以外の方法を見つけて、赤ちゃんを安心させてあげるようにしましょう。[18]
    • 赤ちゃんを抱きしめたり、肌をくっつけあったり、ハグやキスなどの愛情表現をする時間を増やしましょう。そうすることで、赤ちゃんはおっぱいに触れる時間が減ったことに徐々に慣れていきます。
    • 1対1の時間を増やしましょう。
    • 赤ちゃんとの時間の間は、テレビ、携帯電話のアプリや通話、読み物などあなたの気が散る刺激を避けましょう。
    • 肌を触れ合うスキンシップに時間を割き、毎日の日課にしましょう。日課にすれば忘れることがなく、その間は電話を触らないと決めることができます。
  2. 2
    赤ちゃんの気を逸らしましょう。赤ちゃんがおっぱいを欲しがらないように、赤ちゃんの気を逸らす方法を試しましょう。簡単にできる方法が色々あります。おっぱいから気を逸らすことができることならなんでも有効です。[19]
    • いつも授乳をしていた時間は、赤ちゃんと楽しいゲームをしたり、外出したりして、赤ちゃんがおっぱいのことを忘れるように仕向けましょう。
    • いつも授乳していた場所に座らないようにしましょう。
    • 毎日の日課を変えてみましょう。授乳していた時とは違う順番で家事など行ってみましょう。
    • 授乳していた部屋の家具の配置換えをしてみましょう。赤ちゃんが部屋と授乳を関連付けにくくなります。
    • 授乳の時間から気を逸らすために、例えば、授乳の時間にパートナーと赤ちゃんだけでお出かけしてもらうなど、赤ちゃんとのゲームや遊びをパートナーにも分担してもらいましょう。
    • 赤ちゃんが毛布やぬいぐるみに執着するようになってもそのままにしてあげましょう。これらの執着は、卒乳にあたって赤ちゃんの心の整理がつくよう助けてくれます。
  3. 3
    赤ちゃんがぐずっても忍耐強くいましょう。赤ちゃんや幼児は、卒乳の変化に反応してぐずったりイライラしたりしがちです。これも、いつか終わりが来ます。気が付く前にすでに、赤ちゃんとお母さんはすでに新しい子育ての章に突入しているのです。この変化の最中は、忍耐強くいることが大事です。
    • 赤ちゃん(または幼児)と遊びましょう。遊ぶことは、学び、体験、コミュニケーションを育む一番重要な方法です。[20]
    • 卒乳の過程で赤ちゃんが泣き止まなくなり、なおかつ授乳の時間でもない場合は、赤ちゃんをベビーベッドに寝かせて自分の時間を取る、パートナーに数分だけでも変わってもらう、赤ちゃんをベビーカーに乗せて散歩する、静かに歌いながら赤ちゃんの背中を優しく叩くなどしてみましょう。[21]

ポイント

  • ラ・レーチェ・リーグは母乳育児を支援する団体です。ウェブサイトには母乳育児に関する詳しい情報が載っています。新生児時代から卒乳まで、新米母乳ママにとって不可欠な情報が詰まっています。自分の家の近くでラ・レーチェ・リーグの集いがあるか、インターネットで調べてみましょう。
  • 赤ちゃんが病気、または具合が悪くなりそうな時に卒乳訓練をするのはやめましょう。赤ちゃんが病気の時は、授乳が水分補給と早い回復の為の一番の方法です。[22]
  • 卒乳以外で、赤ちゃんにとって大きな変化がある場合(例えば歯が生えてくる、弟や妹が生まれる、新しい家に引っ越しするなど)は、余計なストレスを増やさないように新しい変化に慣れるまで卒乳訓練を延期しましょう。
  • 卒乳訓練の間は、サポート力があり、なおかつ胸を締め付けないピッタリとしたブラジャーを着用しましょう。ブラジャーで胸が締め付けられると、乳腺炎や母乳の詰まりの原因になります。[23]

注意事項

  • 卒乳の過程で、気分の落ち込みが長く続き、激しくなっていく場合は専門家に相談しましょう。
  • 長時間にわたって温かいシャワーを浴びるのは避けましょう。母乳分泌が促進されてしまいます。
  • 乳腺炎の兆候がはっきりと出てきたら医療機関に相談しましょう。乳腺炎は適切な処置が必要で、絶対に放置してはいけません。通常は抗生物質を服用して対処します。乳腺炎の症状は以下の通りです。[24]
    • 38.5℃以上の熱
    • くさび型、またはくさび型状の肌の赤み
    • 乳房の腫れ
    • 乳房の圧痛
    • 具合が悪い/元気がない

出典と引用

  1. http://leadertoday.breastfeedingtoday-llli.org/sudden-weaning-for-medical-reasons/
  2. https://www.breastfeedingbasics.com/articles/lactation-suppression
  3. http://www.babyledweaning.com/
  4. http://www.lalecheleague.org/faq/solids.html
  5. https://www.aap.org/en-us/advocacy-and-policy/aap-health-initiatives/HALF-Implementation-Guide/Age-Specific-Content/Pages/Infant-Food-and-Feeding.aspx?nfstatus=401&nftoken=00000000-0000-0000-0000-000000000000&nfstatusdescription=ERROR%3a+No+local+token
  6. http://www.parents.com/baby/feeding/solid-foods/starting-solids-guide/
  7. http://www.llli.org/faq/weanhowto.html
  8. http://www.cyh.com/HealthTopics/HealthTopicDetails.aspx?p=114&np=302&id=1941
  9. http://www.cyh.com/HealthTopics/HealthTopicDetails.aspx?p=114&np=302&id=1941
  10. http://www.cyh.com/HealthTopics/HealthTopicDetails.aspx?p=114&np=302&id=1941
  11. http://exclusivepumping.com/weaning-from-the-pump/
  12. http://www.justbreastfeeding.com/weaning/how-to-dry-up-your-breast-milk-supply/
  13. http://www.justbreastfeeding.com/weaning/how-to-dry-up-your-breast-milk-supply/
  14. http://kellymom.com/ages/weaning/wean-how/weaning_mom/
  15. http://www.justbreastfeeding.com/weaning/how-to-dry-up-your-breast-milk-supply/
続きを 表示する… (9)

記事の情報

カテゴリ: | 子供 | 健康

他言語版:

English: Stop Breastfeeding Without Pain, Italiano: Smettere di Allattare in modo Indolore, Español: dejar de amamantar sin dolor, Português: Desmamar seu Bebê sem Dor, Français: arrêter d'allaiter sans douleurs, Русский: безболезненно прекратить грудное вскармливание, Deutsch: Schmerzfrei abstillen, 中文: 没有疼痛地停止哺乳, Nederlands: Borstvoeding stoppen zonder pijn, Bahasa Indonesia: Berhenti Menyusui Tanpa Rasa Sakit, हिन्दी: दर्द के बिना ब्रैस्टफीडिंग बंद करें, العربية: إيقاف الرضاعة الطبيعية لطفلكِ بدون ألم, Čeština: Jak přestat kojit bez bolesti, Tiếng Việt: Cai sữa Không Đau đớn, 한국어: 고통 없이 모유 수유 끊는 법

このページは 237 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?