痣を消す方法

共同執筆者 Luba Lee, FNP-BC

この記事には:痣の手当てをする民間療法を試す医療的治療を受ける19 出典

痣(打撲傷とも呼ばれます)は、皮膚の下の血管が破れてできます。典型的に、転んだり、物にぶつかったりボールなどが当たって、痣ができます。時間がたてば痣は消えてなくなりますが、早く治す方法がいくつかあります。

1
痣の手当てをする

  1. 1
    冷やします。氷嚢などをあてて冷やすと腫れが軽減し、早く治すのに役立ちます。氷嚢、氷を入れたジッパー付き袋や冷凍野菜をタオルで包み、10~20分痣にあてて冷やしましょう。痣ができてから2日間は、何度も繰り返し冷やします。[1]
    • 怪我を手当てするための、ジェルの入ったアイシングパックなどはスポーツ用品店で取り扱っています。アスリートはいくつか常備して、怪我に備えています。
  2. 2
    患部を高く上げます。重力を利用して患部への血流を減らすと、血液がたまることがなく変色を軽減できます。痣になった個所が、心臓から2~5㎝くらい高くなるようにします。[2]
    • 例えば、脚に痣ができたら、ソファに座って重ねたクッションの上に脚を置きましょう。
    • 腕に痣ができたら、腕をひじ掛けや重ねたクッションの上に載せると、心臓の高さかそれより高い位置になるでしょう。
    • 胴に痣ができたら、心臓より高くするのはあきらめて、代わりに冷やすことに専念しましょう。
  3. 3
    痣の部分を伸縮性のある包帯で巻きます。伸縮性のある包帯で巻くと、患部への血流が減り、血液が滞るのを防げます。また、腫れや痛みを緩和する効果もあります。ただし、きつく巻きすぎないように注意しましょう。患部周辺にふつうに巻き付けます。[3]
    • 包帯を巻くのは、怪我をしてから最初の1~2日間のみで十分です。
  4. 4
    できれば体を休めましょう。筋肉を動かすと血流が増すため、痣の治りが遅れます。仕事や作業を切り上げて、落ち着きましょう。これ以上の怪我を防ぎ、痣の治りを促します。[4]
    • ソファに座っています。映画を観たり、ゲームをしたり、本を読んだり、とにかく、体をなるべく動かさないことをしましょう。
    • 早めに寝ます。体が回復するには、睡眠が必要です。疲れを感じたらすぐに寝ましょう。
  5. 5
    必要に応じてアセトアミノフェンを服用します。痣が特に痛む場合は、市販の鎮痛剤を服用しましょう。用量・用法を守って服用し、用量以上に服用してはいけません。[5]
    • アスピリンやイブプロフェンを避けましょう。これらの薬には抗凝血剤の作用があり、痣が悪化する恐れがあります。[6]
  6. 6
    24時間経ったら、潤いを与えながら温めます。痣ができてから24時間ほど経ったら、潤いを与えながら温めると、痣を消すのに役立ちます。怪我には、乾燥した熱より湿気を含む熱のほうが適しているので、電気毛布などではなく、繰り返し使えるヒートパックや温めたタオルなどを使いましょう。[7]
    • 1回に2分ほどヒートパックで温めます。1~2日間、何回も繰り返しましょう。
  7. 7
    痣を長引かせるような食物を避けましょう。セイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)、オメガ3系脂肪酸、ビタミンE 、銀杏、高麗人参、アルコール、ニンニクなどの食物やサプリメントは痣を長引かせます。痣が消えるまでは、このような食物やサプリメントを控えましょう。[8]

2
民間療法を試す

  1. 1
    痣の周りをマッサージします。痣は見た目より実際は大きいことがあるので、すぐ周りではなく、痣の外側の周囲1~2㎝をマッサージします。痣を直接マッサージすると、刺激になり悪化するので気を付けましょう。[9]
    • 痣ができた当日から、このマッサージを1日数回繰り返します。体内で自然なリンパ液の流れを促進し、痣を消すのに役立ちます。
    • 痛みを感じるほど強くマッサージしてはいけません。痛くて触れなければ、マッサージは後日に延期しましょう。
  2. 2
    1日に10~15分程、日光を浴びましょう。赤血球が破壊されてできる成分「ビリルビン」は、痣の黄色っぽい色の原因です。紫外線はこのビリルビンを分解します。できれば、痣の部分を日光にあてて、残っているビリルビンの分解を促進しましょう。[10]
    • およそ10~15分間直射日光を浴びると、日焼けをすることなく、痣を消すのに十分な日光を浴びることができます。屋外で日光を浴びる場合は、痣以外の、日光にあたる部分には日焼け止めを塗りましょう。
  3. 3
    ビタミンCを多く摂りましょう。ビタミンC は、血管の周りのコラーゲンを増加し、痣を消すのに効果的です。オレンジ、濃い緑の葉野菜などを食べて、食生活にビタミンC を多く取り入れましょう。[11]
  4. 4
    アルニカ軟膏やジェルを毎日塗ります。アルニカは、痣に効果があると長い間使用されてきたハーブです。炎症と腫れを軽減する効果もあります。アルニカ軟膏はドラッグストアやインターネットで見つけられます。1日1~2回、痣の部分に塗りましょう[12]
    • アルニカ軟膏を、切り傷や開いた傷口に塗ってはいけません。
  5. 5
    パイナップルやパパイヤを食べましょう。パイナップルやパパイヤには消化酵素であるブロメラインが含まれており、怪我のあと、体の組織に液体をためるたんぱく質を分解します。パイナップルやパパイヤを1日1回食べると、治りが早くなるでしょう。[13]
  6. 6
    痣の周辺にビタミンKクリームを塗りましょう。ビタミンKには血液凝固作用があるので出血を止める効果があります。ドラッグストアやインターネットで見つけることができます。使用上の注意に従って使用し、痣を消しましょう。[14]

3
医療的治療を受ける

  1. 1
    痣の周りにひどい圧力を感じたら、救急車を呼びましょう。痣の周囲に、圧力、ひどい痛み、圧痛、筋肉の緊張、チクチクした痛み、ヒリヒリする痛み、脱力、感覚麻痺などがあれば、コンパートメント症候群を発症した恐れがあります。救急車を呼んで、直ちに医療機関で治療を受けましょう。[15]
    • コンパートメント症候群は、筋肉の区画内に腫れや出血個所があると、発症することがあります。筋肉の区画内の血圧が上がるためその部分への血流が減り、筋肉と神経が損傷します。
  2. 2
    痣の上にしこりができた場合も、医療機関で診察を受けましょう。痣の上のしこりは、血腫の疑いがあります。血腫から血液を排出する必要があるので、できるだけ早く医師の診察を受けましょう。[16]
    • 表皮の下に血液がたまると血腫ができて、腫れが生じます。[17]
  3. 3
    発熱や感染症の疑いがあれば、医師の診察を受けましょう。皮膚が破れ、痣の周りに発赤、熱、膿汁があると感染症の疑いがあります。同様に、発熱も感染症の症状の一つです。このような症状があれば、できるだけ早く医師の診察を受けましょう[18]

注意事項

  • 薬の服用をやめたり、新しく服用を始める前には、医師に相談します。
  • 前述の方法を試す前に、使用する(服用する)製品でアレルギー反応を起こさないか、必ず確認しましょう。
  • 思い当たることなく突然痣ができた場合は、医師の診察を受けます。
  • 民間療法で痣を手当てする方法は、他のあらゆる民間療法と同様に、医療的検査を受けたものではなく、不測のリスクを伴うことがあります。[19]

記事の情報

この記事はLuba Lee, FNP-BCが共著しています。 ルーバ・リーはテネシー州に住む家庭医療を専門とするナース・プラクティショナー(一定レベルの診断や治療を行うことが許可されている上級看護師)です。2006年にテネシー大学にて 看護学修士号を取得しています。

カテゴリ: 健康

他言語版:

English: Get Rid of Bruises, Français: se débarrasser d’un bleu, Italiano: Curare le Contusioni, Español: quitar moretones, Deutsch: Einen Bluterguss loswerden, Português: Se Livrar de Hematomas, Nederlands: Van blauwe plekken afkomen, 中文: 摆脱跌打损伤, Čeština: Jak se zbavit modřin, Bahasa Indonesia: Menghilangkan Memar, العربية: التخلص من الرضوض, Русский: избавиться от синяков, 한국어: 멍 없애는 방법, Tiếng Việt: Điều trị vết bầm, ไทย: กำจัดรอยฟกช้ำ

このページは 37,934 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?