痩せて見える方法

ジムに通うことなく、痩せて見えるような方法があるとしたらどうでしょう?もちろん試してみたいと思うはずです。短期間の急激なダイエットや極端な整形手術などのリスクを冒さずに痩せて見える方法はたくさんあります。ただし、きちんと計画して戦略的にこれらの方法を実行する必要があります。スリムな体を目指して、以下のステップ1から早速始めてみましょう。

パート 1 の 2:
着痩せする服を選ぶ

  1. 1
    サイズの合う服を着る まずは、体にきちんと合う服を選ぶことから始めましょう。サイズが小さすぎたり、大きすぎたりすると、着太りしてしまいます。体にピッタリとフィットする洋服は、体についた贅肉を強調してしまうのでやめておきましょう。逆に、服がダブついていると、そのボリューム感と、体の線を隠す服のラインのせいで、実際の体型よりも太く見えてしまう可能性があります。自分の体のサイズに合った服を着るのが一番です。きつくない程度に体のラインに軽くフィットするぐらいが、あなたの体に合ったサイズです。
    • 下着に関しても同じことが言えます。ショーツやブラジャーなども、サイズがきちんと合うものを選びましょう。サイズの合わないブラジャーを着けている女性は実はたくさんいます。ショーツがお尻の部分に食い込むのは、サイズが合っていない証拠です。ブラジャーの場合は、横側や上部から胸がはみ出さず、胸をきちんとサポートしてくれるものを選びましょう。
  2. 2
    ウエストがしまったタイプの服を着る 簡単に着痩せ効果を実感できるアイテムは、ウエストのラインに視線を集めるような服です。[1] 胴体の一番細い部分を強調します。ウエストのところでキュッとしめられるタイプのトップスや、ベルト、模様、素材や縫い目でウエストに視線を集めるようなタイプの服を選びましょう。
    • 例えば、ウエスト部分にギャザーなどのあるトップスを着ることで、より華奢な体型に見せることができます。
  3. 3
    胸やお尻を強調するアイテムを選ぶ 胸やお尻のサイズを強調することで、ウエスト部分をさらに華奢に見せることが可能です。お尻の辺りにボリュームのあるトップス、スカートやワンピースなどを着てみましょう。男性の場合は、カジュアルな場ではシャツの裾をズボンから出すスタイルを試してみましょう。また、胸を大きく見せるトップスを着るのも効果的です。プリーツなどの飾りの着いたトップスや、オフタートルの服などが良い例です。
  4. 4
    裾や袖をお直しする 目に一番つきやすい洋服の裾や袖の部分をお直しすることで、様々な目の錯覚効果を期待することができます。スカート、ジャケット、シャツ、その他のアイテムのカット部分を調節することで、着用時のあなたの体型の見え方も変化します。基本的には、ヒップ、胸、ウエスト部分のカットをキリッとさせて、全体のライン、裾や袖のラインはそのカットにできるだけ近いサイズに仕立てます。
    • 例えば、典型的な「旅行者」スタイルは避けた方が良いでしょう。こういったスタイルはボリュームが出過ぎだったり、ラインが美しくないことがよくあります。カプリパンツ、ミモレ丈のスカート、長めでブカブカのショートパンツなどは、[2]避けた方が無難です。
    • ストレートパンツやブーツカットのジーンズは、スタイル良く見せるのに優秀なアイテムだと言えます。女性なら、膝丈か、膝より少し上の丈のAラインのスカートを履くのも良いでしょう。
  5. 5
    目立つアクセサリーをつける 自分の求めるスタイルに近づけるためには、アクセサリーも慎重に選びましょう。身に着けるアクセサリーの種類によっては、目の錯覚を利用して、人があなたの体を見る時に実際よりも背が高く、スリムな体型に見せるものもあります。例えば、長めのネックレスなどは、スラッとした、スリムな体型に見せる効果のあるシンプルなアイテムの1つです。大きくてカラフルなブレスレットなどの派手なアクセサリーは、キュッと締まった手首に視線を集中させて、体全体を華奢に見せます。
    • ピアスやヘアバンドも、体の気になる部分から人の視線をそらすのに効果的です。特に、体の他の部分に比べて顔が小さく見えるのを気にしている人には便利なアイテムだと言えます。
  6. 6
    色や模様を利用してスリムな体型に見せる視覚効果を生む 身に着けるものの色合いや模様で体のラインをスリムに見せることができます。もちろん、「黒を着る」という定番のアドバイスが最も効果的です。黒いアイテムはあなたの味方だと思いましょう。黒や、他の暗めの色を着ることで、体のラインの陰影を目立たなくすることができます。さらに、暗めの色合いの服には、スリムな体型に見せる視覚効果もあります。ウエスト、手首、首や足元に明るい色味をアクセントとして加えましょう。そうすることで体がさらにスリムに見えます。また、洋服の模様を選ぶのにもちょっとしたコツがあります。
    • ストライプ柄のアイテムを着る 細めの縦縞模様には、実際よりも背が高くスリムに見せる視覚効果があります(具体的には、体の右端から左端までの幅が実際よりも狭く見えます)。
    • 大きめの柄、そしてその他ほとんどの柄物は避けましょう。柄物の服を着ると、華奢に見えるどころか着太りしてしまう可能性があります。着太りしないような柄の服を見つけるのはなかなか難しいので、柄物は総じて避けた方が無難と言えます。
  7. 7
    着太りする洋服は避ける 体の気になる部分にボリュームを出してしまうような洋服は着ないようにしましょう。自分の体のサイズに合わない服を着るのもそうですが、洋服のスタイルによっては、着太りしやすいものもあります。例えば、ハイウエストのトップスは、ウエストを必要以上に太く見せてしまうどころか、多くの女性はこのスタイルの服を着ると妊娠しているようにさえ見えてしまいます。厚めのセーターもまた、体の細いラインを隠して着太りしがちなアイテムです。
  8. 8
    補正下着を着けて体を細くする 補正下着と呼ばれる下着を着用すると、実際よりもずっと細い体型に見せることができます。海外では、補正下着の有名ブランドの名前から、「スパンクス」という呼び名でも知られています。収縮性のある繊維で作られたトップス、ショートパンツ、ボディースーツなどのことを指し、体を理想のラインにぴったり収めてくれます。体の気になる部分を隠したり、逆に自信のある部分を強調したりするために使用するものです。補正下着は、着用時にきつく、居心地が悪く感じることがありますが、その効果は抜群です。ほとんどのデパートやAmazonなどのオンラインストアでの購入が可能です。
    • 男性用の補正下着も売られています。通常は胸部を補正するものが多いですが、下半身の体型を矯正するものもあります。
    広告

パート 2 の 2:
体を調整する

  1. 1
    良い姿勢を保つ 姿勢良く立てばお腹周りが引き締まって見えるので、簡単に5キロ弱は痩せて見えます。背中をまっすぐに伸ばして、肩を広げましょう。普段から悪い姿勢に慣れている人にとってはつらい体勢に感じるかもしれませんが、姿勢良くするだけで見栄えはかなり変わります。
    • 夜、背中をまっすぐに伸ばして寝ることで、日中も良い姿勢を保ちやすくなります。
    • 姿勢を良くするためのアドバイスをさらに知りたい方はここから情報を見ることができます
  2. 2
    性別に関わらず、ヒール靴や厚底の靴を履く ヒールのある靴を履くと、自然と姿勢が良くなります。ヒップをきゅっとすぼめて、背中と肩をまっすぐに伸ばすのに靴が一役買ってくれます。また、脚を長く見せることで、プロポーションが良く、スリムな体型に見られます。女性の場合は、スリムな体型に見せるためにも、できる限りヒールのある靴を履きましょう。男性の場合、フォーマルな靴はかかと部分がある程度高くなっているので、女性のヒール靴ほどではないものの、同様の効果が期待できます。
  3. 3
    あごの角度を上げる まっすぐな姿勢で立つだけでなく、堂々と顔を上げるのも大事です。そうすることで、あご周りの贅肉がたるむのを防いで顔全体がきゅっと引き締まり、全体的にスリムに見せることができます。あご周辺がたるむと、痩せた人でさえ実際よりも太って見えることがあります。
  4. 4
    手足のポーズに配慮する 雑誌を開いてファッションモデルのポーズを参考にし、手足をどんな風に動かせばスリムに見えるかを研究してみましょう。例えば、座った時に脚を組むことで、パッと見た時に細く見える視覚効果を生むことができます。また、両手を腰に当てたりして、体から外側へ向けて腕を突き出すと、ウエストが細く見えます。腕を突き出すことで、実際よりも太って見えてしまう体の四角い視覚的イメージを壊すことができます。
  5. 5
    写真写りを良くするテクニックを活用する 写真を撮られる時には、気になる写真写りを良くするためのテクニックがいくつかあります。上の方から撮ってもらうなど、写真を撮る角度を調整することで、気になる体の部分をフレームから外して実際よりもスリムに見せることができます。また、写真を撮る際の照明にも気を配りましょう。贅肉やたるみの周辺に陰影がついてしまうことのないようなセッティングにします。照明の調節の仕方が分からない場合は、後から一番良い写真を選べるように様々な場所で写真を撮って選択肢を広げておきましょう。
    • ただし、あまり高すぎる位置から写真を撮ってもらうのは避けましょう。上方向からの角度の写真は「自撮り」っぽい雰囲気になってしまい、写りを良く見せようと頑張りすぎているように思われてしまう可能性があります。
  6. 6
    塩分を控える 塩分の多い食べ物を控えることで、実際に体型を細くするというやり方もあります。体内の塩分が増えすぎると、体は水分を保持してバランスを補おうとします。このために、体がむくみ、実際にはある程度スリムな体型でも太く見えてしまいます。もちろん、このプロセスは計画的に実行する必要があります。体が塩分過多の状態から通常状態に戻るのには数日を要するためです。
    • 加工された肉製品やベーコン、ポテトチップス、スープ類などの食品を始め、外食やファーストフードの摂りすぎも避けましょう。
  7. 7
    おなかの張りの原因となる食事を避ける 食品の中には、体内で消化する際にガスが発生しやすくなり、実際よりも太って見えるおなかの「張り」の原因となるものがあります。スリムな体型に見せるためには、このような食品の摂取は避ける必要があります。
    • おなかの張りの原因となりやすい食品には、豆類、にんにく、ブロッコリ、芽キャベツなどが含まれます。
    広告

ポイント

  • 体にぴったりとフィットするトップスを着ている時は、座った時に猫背にならないように注意しましょう。猫背でいるとお腹周りの贅肉やお腹の張りが目立ってしまいます。
  • 清涼飲料水の摂取は控えましょう。市販の清涼飲料水には過剰な糖分とカロリーが含まれており、体重増加に繋がります。
  • 適切な方法で減量しシェイプアップするためには、サイクリングや毎日のウォーキングを試してみるのも良いでしょう。健全な意識を持ってエクササイズに取り組むのは楽しく、何よりも結果が出るにつれ充実感を感じることができます。
  • 健康的な食事を摂り十分に水分を補給すると、気持ちも見た目も随分と変わるものです。栄養について学ぶことで、どんな食べ物が体に良く、逆にどんな食べ物が体に悪いか知ることができます。健康的な食事にも、美味しいものは沢山ある、ということを覚えておきましょう。自分の体が何を必要としているかを知ることで、簡単に美味しく健康的な食事を作ることができます。
  • 理想の見た目に近づくには、必ずしも細くなる必要はありません。重要なのは、着る服がきちんと自分の体に合っているか、そしてあなた自身がその服を楽に着こなせるかどうかです。服を買う時は、必ず自分の体のサイズに合ったものを選びましょう。
  • 毎日の食生活に、食物繊維の多い食品を取り入れ、アスパラガス、きゅうり、スイカなどの利尿作用のある食物を多く摂るようにしましょう。これらの食品は、水分過多による贅肉やむくみをスムーズに取り去る効果を発揮します。
  • 写真撮影やイベントのために、限られた時間の中で確実に結果を出したいのであれば、メイクアップを利用するのが良いでしょう。ピンク系のチークの入れすぎは禁物です。その代わりに、薄めのブラウンをこめかみの近くと首の側面に加えましょう。こうすることで輪郭をすっきり見せ、痩せて若々しい印象を与えることができます。
  • お腹が空いた時は水を飲みましょう。空腹感を感じても、実際には単に喉が渇いているだけという場合もあります。
  • ウエストのラインでベルトを締めましょう。ウエストにベルトがついたタイプのワンピースを着て、きつくない程度にキュッとベルトを締めるのが効果的です。このスタイリングは、ヒップとウエストを強調して、体のラインをとても細く見せてくれます。
  • 見た目がどうであるかに関わらず、健康的な食生活(ダイエット中だけでなく常に)、エクササイズ、そして健全な精神のバランスを取るよう心がけましょう。特に、健全な精神を維持することは重要です。心のケアが行き届いていなければ、どんなに頑張っても理想に近づくことができず駄目になっていくばかりという幻想にとらわれてしまう可能性もあります。何よりも、心身の健康が第一です。それは、食生活だけの話ではありません。

広告

注意事項

  • 自分が劣等感を感じてしまうような行動を取ったり、劣等感を感じさせられる相手と会ったりするのはやめましょう。雑誌や広告で見るモデルの写真はある程度修正が加えられています。モデルのような体型になれないことに悩む必要はまったくありません。
  • 減量するためにジムに通っている場合は、やり過ぎに注意しましょう。体を壊してしまっては元も子もありません。結果を出すのには時間がかかるものです。あまり自分を追い詰めすぎないようにしましょう。
  • ダイエットは慎重に実行しましょう。極端なダイエットは禁物です。栄養バランスの取れた食事を適量取ることを自分に誓いましょう。チョコレートを食べるのもかまいませんが、あくまでも適量を心がけましょう。
  • トレーニングをする時は、トレーニングプログラムを開始する前に専門の医師に相談しましょう。肥満度指数(BMI値)の高い人には、心臓に余計な負担がかかる激しいトレーニングは適していません。自分の体質に合ったタイプのトレーニングを医師に提案してもらいましょう。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む106人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
このページは 945 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告