黒い肌は有害な日光の光線から肌を守るために進化した特性ですが、文化や見た目の多様性により色白の肌を手に入れたいと願う人もいます。日差しを避けて肌のお手入れをすると、少しずつ自然に肌を明るくできるかもしれません。食生活の見直しと美白クリームを使って肌を白くした人もいます。ただし、元に戻らない可能性のある高額な処置を行わない限り、自然な範囲を超えるほど色白にするのは難しいということを覚えておきましょう。

方法 1 の 4:
日差しから肌を守る

  1. 1
    紫外線を避けましょう。赤道近くに暮らし、より多くの紫外線に露出するとメラニンが多く形成されます。紫外線からのダメージ予防のために作られる余分なメラニンが肌の黒い色素につながります。日差しを避けるとメラニンの形成過剰を防げるので、肌の色素が白く戻ります。ただし、もともと色が黒い場合は日差しを避けてもそれほど効果はないでしょう。
    • 日差しを避けましょう。とりわけ午前中遅くから午後の早い時間帯は日差しが強いので注意が必要です。[1] 日差しが強い時間帯に外で過ごさなくてはならない場合は日陰を選びましょう。
    • 傘を持ち歩いて日差しから肌を守ります。普通の黒い雨傘でも、紫外線を少なくとも90%遮断する効果があります。[2]
    • 日光や紫外線はコンクリート、水、砂、雪、その他のものに反射するので、それを考慮して肌を守りましょう。
  2. 2
    日焼け止めを塗ります。広域スペクトルで紫外線A波(肌のしわ・たるみの原因になる)と紫外線B波(日焼けを起こす)から肌を守る日焼け止めを選びましょう。[3] SPF(サンプロテクションファクター)30~50の日焼け止めを使います。SPFが50を超えるとそれほどの違いがないので、数字が1番大きい日焼け止めを探す必要はありません。[4]
    • 寒い冬でも紫外線は存在します。1年を通して毎日日焼け止めを使いましょう。特に標高の高い場所でウィンタースポーツを楽しむ際は注意が必要です。
  3. 3
    肌を保護する服を着ます。コットンなど夏の軽装の多くは、日差しを遮断する効果がほとんどありません。UPF(紫外線保護指数)が表示されている服を選びましょう。長袖で丈が長く襟が高い服が適しています。さらに、サングラス、手袋、つば広の帽子も役立ちます。
    • ビタミンDの生成には日光が必要ですが、ほとんどの人は20分間以上日光に直接あたる必要がありません。[5]
    広告

方法 2 の 4:
肌と体をケアする

  1. 1
    健康的な食生活を心がけます。自然食品、新鮮な果物、多くの野菜を含むバランスの取れた食生活は肌の健康に効果があります。健康な体に健康な肌が形成されます。健康な肌は、シミ、肌荒れ、色ムラ、肌の赤みや乾燥などの肌トラブルを起こしにくいでしょう。
    • 色とりどりのフルーツや野菜を食べて、多種のビタミン類やミネラルを摂りましょう。
    • ビタミンCを多く含む食品を摂ると肌の美白に効果があります。さらに、ビタミンCはコラーゲンの生成を助けるので、肌のハリにも効果的です。[6]
    • 抗酸化物質を豊富に含む飲食物を摂りましょう。肌のたるみ、変色、しわなど加齢による肌トラブルを防ぐアンチエイジング効果があります。[7]
  2. 2
    水分を摂ります。水を飲みすぎるということはありません。肌や体の健康のためには水分が必要です。のどが乾いたら運動中にも水を飲みましょう。水分補給は肌の乾燥を防ぎ、つややかな肌を作ります。[8]
  3. 3
    定期的に運動します。有酸素運動は心臓や肺に有益で血液循環を促します。適切な血液循環は肌の健康に不可欠です。さらに、運動にはストレス解消効果があるのでニキビや湿疹などの症状緩和につながります。
    • 酒さ、乾癬、湿疹などの皮膚疾患があれば、涼しい場所で運動して症状の悪化を防ぎましょう。運動の前後に肌を保湿して肌の健康を保ちます。[9]
  4. 4
    肌の清潔と保湿を心がけます。適切なスキンケアの方法は、低刺激の石鹸で毎日洗い保湿して、週に1~2回角質を除去することです。角質を除去し壊死した皮膚細胞を取り除くと、肌が再生されよりきれいに見るでしょう。汚れのせいで肌が黒ずんで見えることもあります。
  5. 5
    肌をマッサージします。運動と同じように肌をマッサージすると健康的な血液循環が促進されます。就寝前にローションやアロエベラを肌全体に塗りましょう。
    広告

方法 3 の 4:
民間療法や美白クリームを使う

  1. 1
    日焼けを取り除きます。日焼けした肌はメラニンの生成が増えるので色が黒くなりますが、日焼けした皮膚表面が乾いて剥がれると、日焼けした肌の色は自然に薄くなります。紫外線にさらされた肌の日焼けを「元に戻す」ことはできませんが、やさしく角質を除去することで皮膚の再生を促進できます。肌を傷める恐れがあるので、角質除去は1週間に2回を限度としましょう。
  2. 2
    乳酸を多く含む食物でスキンケアします。肌の乾燥や黒ずみを防ぐ効果があります。クリームのように塗って壊死した皮膚表層を取り除きましょう。[10] 就寝前に肌にプレーンヨーグルトを薄く塗り、10分間そのままおいてから温水で洗い流します。オートミール、トマトジュース、ヨーグルトを大さじ1杯ずつ混ぜてパックを作ります。肌に塗り30分間そのままおいてから洗い流しましょう。
  3. 3
    ビタミンCを使ってスキンケアします。柑橘系果物のしぼり汁などビタミンCを豊富に含む食物を直接肌に塗って、角質を除去しシミを薄くします。柑橘系果物のしぼり汁を顔に塗るのは控えましょう。また、肌に塗るのは週に1回を限度とします。[11] コットンなどに果汁を浸み込ませて肌に塗り、10~20分間そのままおいてから洗い流します。[12]
  4. 4
    ターメリックやひよこ豆粉で美白パックを作ります。ひよこ豆粉とローズウォーター又は、ターメリックときゅうりのしぼり汁を混ぜてペーストを作ります。塗り広げられる程度の固さに調節したペーストを肌に塗ります。そのまま30分間おいて洗い流しましょう。
  5. 5
    米の研ぎ汁に肌を浸します。米を研いだ後に残る汁を使います。また、生のじゃがいもで肌をこすると肌を明るくする効果があります。20~30分間そのままおいてから洗い流しましょう。
  6. 6
    市販のホワイトニングクリームを使います。ホワイトニングクリームは化粧品店やドラッグストアなどで扱っており、皮膚のメラニンを減らします。ただし、望みどおりに肌が白くなる保証はありません。[13] このような市販のクリームを使う前に医師に相談しましょう。また、使用方法を守って安全かつ適切に使いましょう。
    • 多くのホワイトニングクリームには有効成分としてハイドロキノンが含まれています。安全性に対する懸念から、ハイドロキノンの使用が禁止されている国もあります。日本では、2%を超えるハイドロキノンを含む製品の購入には医師の処方箋が必要です。[14]
    • 多くの国で化粧品への水銀の使用が禁止されています。ネットショップで販売されていることがありますが、このような製品を使うのはやめましょう。
    広告

方法 4 の 4:
メイクや服を工夫する

  1. 1
    ファンデーションやコンシーラーを控えめに使います。これらの化粧品は肌を白く見せるために使用されますが、肌色よりかなり明るいものを塗ると人工的に見えてしまいます。肌を白く見せたいなら、少しだけ明るめの色や自分の肌色に合う色を選びましょう。ファンデーションやコンシーラーで小さなシミなどを隠すと残りのメイクが引き立ちます。
    • BBクリームで肌の色を均等に整え、シミやくすみをカバーします。
  2. 2
    マニキュア、アイシャドウ、口紅に濃い色を使います。爪、目元、唇の色が濃いと対照的に肌が白く見えるでしょう。黒、えび茶色、濃い紫色、赤、青、藍色、コバルト色などを試してみましょう。
  3. 3
    ヘアカラーを検討します。濃いメイクやアクセントと同じように、髪の色が黒いと対照的に顔や首の色が引き立ちます。永久的な解決策ではありませんが、自然に肌が白く見えるでしょう。ヘアカラーに含まれる刺激の強い化学成分が苦手な場合や敏感肌には、ヘナを使ったヘアカラーも多くあります。
  4. 4
    色の濃い服を着ます。色白の人がパステル系や薄い色の服を着ると色あせて見えます。色の濃い服で肌の色と少し差をつけると、対照的に肌が白っぽく見えるでしょう。ただし、この方法は肌が比較的白い場合に限り効果的です。
    広告

ポイント

  • ムダ毛を処理すると肌がより白く見えるかもしれません。濃い色のムダ毛があると肌が黒く見えます。
  • 日焼け止めで常に肌を保護する場合は、ビタミン不足を補うためにビタミンDサプリメントを摂取しましょう。

広告

関連記事

How to

2週間で10キロ痩せる

How to

10日間で5kg痩せる

How to

手術なしで二重を手に入れる

How to

1日のスケジュールに従って行動する

How to

アニメ中毒を克服する

How to

顔の角質を除去する

How to

自傷跡を隠す

How to

自傷行為による傷跡を消す

How to

ミントの葉からオイルを抽出する

How to

胸を小さくする

How to

銀のネックレスをきれいにする

How to

1ヶ月で痩せる

How to

体毛を減らす

How to

唇の腫れを治す
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は2,388回アクセスされました。
カテゴリ: 生活習慣
このページは 2,388 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告