白い靴は、汚れがなく真っ白だと見栄えがいいものです。しかし、白い靴でおしゃれにキメるには、お手入れの仕方を知っておく必要があります。白い靴は素材に応じて、手洗いもしくは洗濯機で洗います。

方法 1 の 3:
手洗い

  1. 1
    洗面器にお湯を注ぐ 熱すぎないよう、お湯の温度には注意しましょう。洗面器が無い場合は、流しや浴槽を使っても構いません。
  2. 2
    石けんを含ませた布で拭く 布をお湯に十分浸し、しっかりと濡らします。布にたっぷりと石けんを泡立てた後、靴の白い部分をこすり洗いします。[1]
    • 白い靴のお手入れには、食器用洗剤や衣料用洗剤が適しています。
  3. 3
    ブラシで磨く 硬い毛のブラシを使って、靴の白い部分を丁寧に磨きます。汚れがひどい箇所は特に念入りに磨きましょう。[2]
    • なかなか落ちない頑固な汚れには、メラミンスポンジを使ってもよいでしょう。メラミンスポンジを使う際は、必ず手袋をはめます。
    • 歯磨き粉を研磨剤として使ったところ、汚れが落ちた例もあります。歯ブラシ等の柔らかいブラシを使って、円を描くように磨きましょう。
  4. 4
    すすぐ 清潔な布を石けんの入っていないきれいな水で濡らし、靴の表面に付いた石けんを拭き取ります。[3]
  5. 5
    干す 清潔なタオルの上に靴を並べ、自然乾燥させます。靴には、白い清潔なペーパータオルを詰めておきましょう。紙が水分を吸収し、乾くまでの時間が短くなります。また、乾く際に起こる靴の型崩れも防ぐことができます。[4]
    広告

方法 2 の 3:
洗濯機洗い

  1. 1
    落ちにくい汚れを部分洗いする 柔らかい布やブラシを使って、目に付いた泥やゴミを靴の表面から優しく落とします。汚れには染み抜き剤をスプレーし、剛毛ブラシで軽くこすります。
  2. 2
    靴ひもを外す キャンバス地の靴を洗う前に、靴ひもを外します。靴ひもは、同系色のものと一緒に洗濯機で洗うことが可能です。[5]
    • 靴ひもの色が白以外の場合は、靴に付けたまま洗濯機に入れてはいけません。靴ひもの染料が白い靴に色移りする恐れがあります。
  3. 3
    靴と靴ひもを洗濯機に入れる 洗剤を少量入れ、温水で洗濯します。服や他の靴と一緒に洗濯するのは避けましょう。[6]
    • 靴の内側に付いているタグを見て、洗濯表示を確認します。タグには、洗濯機洗いが可能かどうかが記載されています。
  4. 4
    乾燥機にかけるか、自然乾燥させる 衣類乾燥機を使えば、靴を早く乾かすことができます。靴の内側にある洗濯表示に目を通し、乾燥機を使っても問題がないことを確認しましょう。乾燥機が使用不可の場合は、靴をタオルの上に並べて干します。[7]
    • 自然乾燥させる場合は、靴に白い清潔なペーパータオルを詰めておきましょう。乾く際に起こる靴の型崩れも防ぐことができます。
  5. 5
    靴ひもを結び直す 靴と靴ひもが完全に乾いてから、靴ひもを結び直します。靴ひもが白以外の色の場合は、このことが特に重要です。生地が湿っていると、靴ひもの染料が白い靴に色移りする恐れがあります。[8]
    広告

方法 3 の 3:
スエード靴のお手入れ

  1. 1
    泥を落とす スエード用のブラシを使って、泥などを優しく落とします。ブラシは前後に動かすのではなく、必ず一定方向にかけましょう。[9]
    • スエード用ブラシの洗浄剤は、靴屋やインターネットで購入できます。
    • ブラシで上手く落とせない箇所は、ナイフでこすって生地を毛羽立たせましょう。
  2. 2
    擦り傷を消す 今度はスエード用ブラシを様々な方向にかけ、擦り傷を消します。擦り傷は、靴屋やインターネットで入手できるスエード用の消しゴムを使って消すこともできます。[10]
    • スエード地の汚れや擦り傷を消す際、染み抜き剤を使用してはいけません。
  3. 3
    水染みを取る スエードを変色させる恐れのある水染みを取るには、ネイルブラシで水を軽くひと塗りします。その後、スポンジや乾いた清潔な布で余分な水分を吸い取ります。スエードから拭き取る前に水分が乾いてしまわないよう気をつけましょう。水の働きで古い水染みが浮いてくるはずです。[11]
  4. 4
    乾かす スエード靴をタオルやシューズラックの上に並べ、乾かします。布やスポンジを使って、できる限り水分を取っておきましょう。乾燥による型崩れを防ぐため、靴にペーパータオルを詰めておきます。[12]
  5. 5
    スエードを保護する お手入れが済んだら、その都度スエード用の保護スプレーを靴に吹きかけておきます。必ず余分な泥を落としてから、スプレーをかけましょう。こうすることで、汚れや水染みが付きにくくなります。[13]
    広告

ポイント

  • 型崩れを防ぐために、乾くまでは靴に白いペーパータオルを詰めておきましょう。
  • 歯磨き粉を使ってもよいでしょう。まずスニーカーを水拭きしてから、歯ブラシを使って円を描くように磨きましょう。磨き終わったら、すすいで乾かします。
  • お手入れに取り掛かる前に、靴の素材を必ず確認しましょう。

広告

注意事項

  • 靴を洗う前に、タグに記載されている洗濯表示に目を通しましょう。
広告

必要なもの

  • 清潔な布
  • ペーパータオル
  • 柔らかいブラシ
  • バスタオル
  • 食器用洗剤
  • 温水
  • 染み抜き剤
  • スエード用ブラシ
  • 衣料用洗剤
  • 歯磨き粉

動画
このサービスを利用すると、一部の情報がYouTubeと共有される場合があります。


関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

VANSスニーカーをきれいにする

How to

スニーカーのサイズを広げる

How to

ビルケンシュトックの靴をお手入れする

How to

NIKEのニセモノを見抜く

How to

靴に塗料を塗る

How to

ドクターマーチンを履き慣らす

How to

靴ひもを隠す

How to

靴を滑りにくくする

How to

偽物のVANSのスニーカーを見極める

How to

コンバースの偽物を見分ける

How to

ナイキ(Nike)のスニーカーの型番を確認する

How to

靴底に付いたガムを取る

How to

靴紐の汚れを落とす
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は2,157回アクセスされました。
カテゴリ:
記事のサマリーX

白い靴を手で洗うには、まず硬い毛先の歯ブラシを使い、温かい石けん水で靴をこすりましょう。次に、靴底とゴムの部分全てをメラミンスポンジでしっかりと拭きます。そして、きれいなタオルで靴を軽くたたいて石けんの残りを拭き取ります。最後に、靴を風通しの良い場所に置き、自然乾燥させます。靴がキャンバス生地、メッシュ、布製の場合は、重曹とホワイトビネガーを用いてきれいにすることもできます。まず、同量の重曹、ホワイトビネガー、お湯を混ぜ合わせます。そして、歯ブラシでそのペーストを靴につけます。最後に、ペーストを3~4時間乾燥させてからきれいに拭き取りましょう。

このページは 2,157 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告