ハリウッド俳優のような輝く白い歯が欲しいけれど、何から始めたらよいのかわからずにいませんか。まずは歯科医師に相談することが大切です。

パート 1 の 3:
正しい衛生習慣を実践する

  1. 1
    定期的に歯を磨きましょう。歯磨きは最も大切なステップです。決して怠ってはいけません。歯磨きは一日3回、毎食後に行いましょう。
    • 奥歯の外側や内側、噛み合わせ部分など、歯ブラシが届くところはすべて磨きましょう。[1]
    • 歯と歯茎の境目にも歯ブラシを45度に傾けて当て、優しくマッサージしながらしっかりと磨きます。歯や歯茎を傷める恐れがあるため、歯ブラシをあまり強く押し付けてはいけません。[2]
    • 歯磨きは2分間行いましょう。
  2. 2
    歯磨きの前または後にはデンタルフロスを使いましょう。フロスには歯垢やバクテリアを除去する効果があり、輝く清潔な歯を維持できます。少なくとも一日に1回はフロスを行うとよいでしょう。
    • フロスは歯ブラシだけでは届かない部分にも入るため、磨ける表面積が33%増加します。[3]
    • フロスを行うと、硬化して歯石になる前の歯垢も除去できるため、さらに美しく健康な歯を維持することが可能です。[4]
    • フロスは30 cmほどを切り取り、両手の人差し指に巻き付けて使用すると最大限の効果を得られます。指と指の間は少なくとも5 cmは空けましょう。手を水平方向に動かしながら一本ずつ、すべての歯間にフロスを滑らせ、歯の上部から根元まで確実に通します。これを2、3回繰り返して歯垢をしっかりと除去しましょう。
  3. 3
    洗口液を定期的に使用すると、口内と歯を清潔に保つことができます。中には「漂白」成分が入った洗口液もあります。製品の詳細については、ラベルで確認しましょう。
  4. 4
    定期的に歯科検診を受けましょう。歯の定期検診は口内の健康維持に必要不可欠であり、歯科医師から詳しい情報や自分に合ったアドバイスを得られます。
    広告

パート 2 の 3:
ホワイトニング剤を購入する

  1. 1
    ホワイトニング歯磨き粉を試しましょう。通常は、こうした歯磨き粉で白くなるのは歯の表層部に限られますが、中には深層部まで漂白する強力な化学物質を含む製品もあります。[5]
    • ホワイトニング歯磨き粉を使用すると、歯の色が1段階ほど明るくなります。一方、歯科医師の指導の下で行うホワイトニング法(自分に適した方法を歯科医師に尋ねてみましょう)では、およそ3~8段階まで漂白することも可能です。
  2. 2
    ホワイトニング剤入りの洗口液を使用しましょう。こうした洗口液を使用すると、歯の色だけでなく口臭も改善します。ただし、洗口液が歯と接触するのはごく限られた短い時間であるため、後述するホワイトニングテープやジェルほどの効果は得られない場合もあります。[6]
  3. 3
    ホワイトニングテープやジェルについて調べてみましょう。こうした製品には過酸化水素が含まれており、これが化学反応を起こして歯を漂白します。通常、1回の所要時間はおよそ30分間(製品やホワイトニング方法により異なります)で、一日2回程度、数週間継続して使用します。効果の持続期間は数カ月間で、個人が購入できるホワイトニング剤の中では特に効果的です(日本国内では、過酸化水素を含むデンタル製品の販売は薬事法により規制されています)。[7]
  4. 4
    ホワイトニングに関するさらなるアドバイスや「オフィスホワイトニング」について、かかりつけの歯科医師に尋ねてみましょう。
    • 歯科医師によるオフィスホワイトニングの費用は確かに高額ですが、高い効果を期待できます。
    • オフィスホワイトニングでは、極めて高濃度の過酸化水素水を使用します(したがって、効果もそれだけ高くなります)。
    • 薬剤を歯に塗布する際に使用する器具は、個人の口と歯の形状に合わせた設計が可能です。処置に伴う口内のダメージを最小限に抑えつつ、できる限り広い範囲に薬剤が当たるように作製します。
    • 豊富な専門知識を持つ歯科医師であれば、口内の健康維持に関して一人ひとりに適した詳細なアドバイスをすることも可能です。[8]
    広告

パート 3 の 3:
ホワイトニング剤を自作する

  1. 1
    自作のホワイトニング剤を試す前に、かかりつけの歯科医師に相談しましょう。歯医者に通う費用を節約したいと思う人もいるかもしれませんが、歯や歯茎を傷めるようなことを行った場合に、長期的な出費はかえって高額になっていたということになりかねず、大変な痛みを生じる可能性もあります。自宅で行う予定のホワイトニング方法の安全性について、歯科医院に電話して確認するだけでも構いません。
    • 歯科医師に相談することなく行う家庭でのホワイトニングは危険な行為であり、歯や口内を損傷する恐れがあります。
  2. 2
    重曹で歯を漂白しましょう。歯ブラシに歯磨き粉を少し取り、その上に重曹を少々振りかけます。これで歯磨きを行いましょう。重曹には、歯の最表層であるエナメル質の着色汚れを除去する効果があります。この方法による歯磨きを定期的に行えば、今後もずっと輝く白い歯を維持できます。[9]
  3. 3
    過酸化水素水(オキシドール)で歯を漂白しましょう。重曹に過酸化水素水を加え、歯磨き粉程度の硬さになるまで混ぜます。このペーストで歯磨きを行います。ただし、あまり頻繁には使用しないようにしましょう。
    • 3%の過酸化水素水を使用しましょう。過酸化水素は、ホワイトニング剤として販売されている製品の多くに含まれる有効成分です。歯の漂白を促進する化学反応である「酸化」作用によって、ホワイトニング効果を発揮します。
  4. 4
    ココナッツオイルで10~15分間、口をすすぎましょう。ココナッツオイルにはラウリン酸と呼ばれる物質が含まれており、これがバクテリアによる歯の変色を防止します。「オイルでうがい」と言うと聞こえはよくありませんが、実際に試してみると、味はそれほど悪くありません。[10]
    広告

ポイント

  • 甘い食べ物や飲み物を口にした後は、必ず歯を磨きましょう。
  • あまり頻繁に歯を漂白すると、エナメル質が剥がれ落ちて歯がもろくなります。長い目で見たときに、ホワイトニングよりも予防(歯磨きと歯科医院での定期健診)のほうが口内の健康維持に大切なのはそのためです。
  • 有害性の有無がわからないものを歯に塗ってはいけません。事前に必ず、歯科医師に相談しましょう。
  • コーヒーやコーラ、ビールなどは飲まないようにしましょう。こうした飲み物は歯の変色を招くことで知られています。飲む際はストローを使用すると、飲み物の歯への接触を最小限に抑えることができます。

広告

注意事項

  • ここで紹介した方法は、(上記の方法で改善が可能な)やや黄色に変色した健康な歯に対して最も効果的です。
  • 詰め物をしている人や歯周病などの口内疾患を抱えている人は、ホワイトニングを行う前に歯科医師に相談しましょう。
  • 歯を漂白すると、深刻な知覚過敏を起こす恐れがあります。
広告

関連記事

How to

2週間で10キロ痩せる

How to

一日で体重を2キロ減らす

How to

10日間で5kg痩せる

How to

埋没毛を処理する

How to

低体重の人が体重を増やす

How to

一晩で体重を落とす

How to

10日で体重を減らす

How to

バレないように家の中でタバコを吸う

How to

食欲を増やす

How to

白血病の兆候に気づく

How to

消化を早める

How to

自分で抜糸する

How to

声をハスキーにする

How to

脳への血流を増やす
広告

このwikiHow記事について

Ken Miyazato, DDS
共著者 ::
口腔外科医
この記事の共著者 : Ken Miyazato, DDS. ミヤザト医師はサンフランシスコベイエリアのサンタ・クララ・バレー医療センターに勤務する歯科医です。2013年にザ・パシフィック大学で歯学博士号を取得後、2014年にルーサラン・メディカルセンターにて臨床研修を修了しています。 この記事は1,863回アクセスされました。
カテゴリ: 全般的健康
このページは 1,863 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告