白血病の兆候に気づく方法

共同執筆者 Chris M. Matsko, MD

この記事には:一般的な症状に気づく白血病の検査を受ける25 出典

白血病は、通常ならば感染症や病気と闘う役目を果たす白血球に影響を与える血液の癌です。白血病患者が持つ悪性の白血球は健康な細胞を攻撃して、深刻な症状を引き起こします。[1]白血病には進行の速いものや遅いものがあり、そのタイプも幾つかに分かれます。[2] 白血病の一般的な症状を理解して、いつ治療を受けるべきかを学びましょう。

1
一般的な症状に気づく

  1. 1
    インフルエンザに似た症状を確認する これらの症状は、発熱、疲労、悪寒などです。症状が数日後に治まり、体調が戻れば、インフルエンザにかかっただけかもしれません。それでもやはり、インフルエンザのような症状が治まらなければ、医者に行きましょう。白血病患者は、白血病の症状とインフルエンザや他の感染症の症状を混同することがあります。特に以下の症状に注意しましょう。
    • 継続的な衰弱感や疲労感
    • 頻繁に、あるいは大量に出る鼻血
    • 繰り返し起こる感染症
    • 原因不明の体重減少
    • リンパ節の炎症
    • 脾臓や肝臓の腫れ
    • 出血しやすくなったり、あざができやすくなる
    • 赤い斑点が肌にできる
    • 大量の発汗
    • 骨の痛み[3]
    • 歯茎からの出血 [4]
  2. 2
    疲労レベルを記録する 慢性疲労は白血病によく見られる初期症状です。疲労はよくある一般的な症状であるため、多くの患者がこの兆候を見落としてしまいます。疲労には衰弱間と脱力感が伴います。[5]
    • 慢性疲労は単なる疲れとは異なります。普段よりも集中できなかったり、記憶力が衰えたと感じたら、慢性疲労である可能性があります。他の症状には、リンパ節の腫れ、原因不明の新たな筋肉痛、喉の痛み、1日以上続くひどい疲労感があります。[6]
    • 手足などに脱力感を感じるかもしれません。日常生活に支障を来たすこともあります。
    • 疲労感や衰弱感と併せて、顔が青白くなっていると気がつくかもしれません。この変化は、血中ヘモグロビン濃度が低いときに起きる貧血が原因である可能性があります。ヘモグロビンは体の全ての組織や細胞に酸素を運びます。[7]
  3. 3
    体重の変化に注意する 明確な原因が無い大幅な体重減少は、白血病や他の癌によくある症状です。この症状は悪液質と呼ばれています。[8] この症状は判定しづらいこともあり、それだけでは必ずしも癌であるとは断定できません。それでも、食生活や運動習慣を変えずに体重が減っているのであれば、医者に行くことが重要です。[9]
    • 体重が経時的に上下に変動するのは普通です。何もしなくても自然に一定の体重が徐々に減っていく兆候に注意しましょう。
    • 病気が原因で体重が減る時には、体調がよくなったと感じることはなく、脱力感や衰弱感を覚えます。
  4. 4
    あざや出血に注意を払う 白血病の患者は、通常よりもあざができやすかったり、出血しやすい傾向にあります。白血病の患者の赤血球と血小板は通常よりも数が少なく、それが貧血につながることが理由の一つに挙げられます。[10]
    • 軽くぶつかるたびにあざができたり、小さな傷から大量に出血するようであれば、注意しましょう。これはとりわけ重要な兆候です。[11] また、歯茎からの出血にも注意しましょう。[12]
  5. 5
    肌に赤い斑点(点状出血)が無いか調べる この斑点は、エクササイズの後のできる普通の斑点やニキビ跡とは違い、異常がすぐに分かります。
    • 以前には無かった丸く小さな赤い斑点が肌にあるのを確認したら、すぐに医者に行きましょう。この斑点は、血というよりも発疹のように見えます。[13]また、皮膚の一箇所に集中して現われることがあります。[14]
  6. 6
    感染症にかかりやすいかどうかを判断する 白血病は正常な白血球数を減少させるので、感染症にかかりやすくなります。肌、喉、または耳の感染症に多くかかるならば、免疫力が低下している可能性があります。[15]
  7. 7
    骨の痛みを感じる 骨の痛みは一般的な症状ではありませんが、症状が出ることがあります。特に理由が無いのに骨に痛みを感じるならば、白血病の検査を受けることを検討しましょう。
    • 白血病に伴う骨の痛みは、骨髄内に過剰に白血球が増えるために起こります。また、白血病細胞は骨の付近や関節内に集積することがあります。[16]
  8. 8
    リスク要因を理解する 白血病にかかりやすい要因を持つ人がいます。白血病のリスク要因を持っているからといって、必ずしも白血病を発病するというわけではありませんが、リスク要因を認識することが重要です。以下に当てはまる(過去も含めて)場合は、リスクが高いかもしれません。
    • 化学療法や放射線治療などの癌治療を受けたことがある
    • 遺伝的障害
    • 喫煙経験者
    • 白血病にかかった家族がいる
    • ベンゼンのような化学薬品に暴露した経験がある[17]

2
白血病の検査を受ける

  1. 1
    健康診断を受ける 病院に行くと、医師は肌が異常に青白くないかを確認します。肌の青白さは、白血病に関連する貧血から来る可能性があります。また、医師はリンパ節の腫れをチェックして、肝臓および膵臓の肥大を確認する検査を行うでしょう。[18]
    • リンパ節の腫れはリンパ腫の顕著な特徴でもあります。[19]
    • 脾臓肥大もまた、単核症のような他の多くの病気の症状でもあります。[20]
  2. 2
    血液検査を受ける 医師は血液を採取します。医師はそれを自分で検査するか臨床検査室に送るかして、白血球と血小板の数を評価します。[21] 数値が著しく高い場合は、医師は白血病かどうかを診断するために、他の検査(MRI、腰椎穿刺、CTスキャン)を行うでしょう。[22]
  3. 3
    骨髄検査を受ける この検査のために、医師は細長い針を腰骨に刺して骨髄を採取するでしょう。医師はそのサンプルを臨床検査室に送り、白血病細胞が存在するかどうかを評価します。その結果によっては、さらなる検査があるかもしれません。[23]
  4. 4
    診断を受ける 医師はあらゆる角度から症状を検査したあとに、診断を下します。臨床検査室での検査時間に差異があるので、診断までには少し時間がかかるかもしれません。それでも、数週間のうちには結果を聞けるはずです。白血病ではない可能性もありますが、白血病である場合には、医師は、それがどのタイプの白血病なのかを伝え、可能な治療の選択肢についての話し合いを行うでしょう。
    • 医師は白血病の進行が早い(急性)か遅い(慢性)かを伝えるでしょう。[24]
    • 次に、医師はどの種類の白血球が悪性化しているのかを判断します。リンパ性白血病はリンパ細胞に影響を与えます。骨髄性白血病は骨髄性細胞に影響を与えます。
    • 大人は全てのタイプの白血病になる可能性があるのに対して、小児は急性リンパ性白血病になることがほとんどです。
    • 大人も子供も急性リンパ性白血病になる可能性がありますが、これは大人の中では最も症例が多く、数が増えている急性白血病のタイプです。
    • 慢性リンパ球性白血病と慢性骨髄性白血病は大人に発症して、症状が現れるまでに何年もかかる場合があります。[25]

出典

  1. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/leukemia/basics/definition/con-20024914
  2. http://www.cancer.org/cancer/leukemia/index
  3. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/leukemia/basics/definition/con-20024914
  4. http://www.cancer.org/cancer/leukemia-acutelymphocyticallinadults/detailedguide/leukemia-acute-lymphocytic-signs-symptoms
  5. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/leukemia/basics/symptoms/con-20024914
  6. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/chronic-fatigue-syndrome/basics/symptoms/con-20022009
  7. http://www.cancer.org/treatment/treatmentsandsideeffects/physicalsideeffects/anemia/anemia-in-people-with-cancer
  8. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/3292798
  9. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/leukemia/basics/symptoms/con-20024914
続きを 表示する… (16)

記事の情報

この記事はChris M. Matsko, MDが共著しています。 クリス・M・マツコ医師はペンシルバニア州在住の内科医です。マツコ医師は2007年にテンプル大学医学部から医学博士号を授与されています。

カテゴリ: 全般的健康

他言語版:

English: Recognize the Signs of Leukemia, Español: reconocer las señales de la leucemia, Italiano: Riconoscere i Sintomi della Leucemia, Português: Reconhecer Sinais de Leucemia, Deutsch: Anzeichen für Leukämie (Blutkrebs) erkennen, Русский: распознать симптомы лейкемии, Bahasa Indonesia: Mengenali Tanda Tanda Leukemia, Français: reconnaitre les symptômes de la leucémie, 中文: 识别白血病症状, Nederlands: De symptomen van leukemie herkennen, Čeština: Jak rozpoznat příznaky leukémie, 한국어: 백혈병 자가진단법, العربية: اكتشاف الإصابة باللوكيميا, ไทย: จดจำสัญญาณของโรคลูคีเมีย, Tiếng Việt: Nhận biết dấu hiệu bệnh bạch cầu

このページは 12,229 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?