白髪を見つけると急に歳をとった気持ちになるものです。あっという間に増えるのではという不安にかられる人も多いでしょう。白髪の生え始める年齢は遺伝と関連しているので不可抗力とも考えられますが、生活習慣を改善して進行を遅らせることは不可能ではありません。白髪が生えてきたからと言って暗い気持ちになることはありません。どうしても白髪を隠したいのであれば、白髪染めで対処するのも良いでしょう。継続できる方法で自分なりに白髪とつきあっていきましょう。

パート 1 の 3:
生活習慣を見直して白髪を遅らせる

  1. 1
    ビタミンを十分に摂取する 毛髪や肌の健康を保つには、B12も含めビタミンを十分に摂取することが不可欠です。ビタミン不足の状態が続くと毛髪の色素が失われ始めるだけでなく、亜鉛も不足していると抜け毛の原因にもなり、白髪だけでなく禿げてしまうことも考えられます。牛肉、鶏肉、魚、卵のほかに、フルーツと野菜、ナッツ類、乳製品をバランス良く食べるようにしましょう。
    • 若白髪が気になっているのであれば、マルチビタミンのサプリメントを併用すると良いでしょう。ただ、サプリメントだけで白髪は解決できないので、新しい白髪を増やさないための対策として取り入れてみましょう。
    • 完全採食主義(ヴィーガン)の人は動物性の食品に含まれるB12が枯渇しやすいので特に注意しましょう。必要に応じてサプリメントで補うと良いでしょう。ベジタリアンであれば、卵や乳製品から摂取できます。
  2. 2
    自家製の卵油[1] で頭皮をマッサージする マッサージは週2回の頻度で行いましょう。マッサージ後は油がついたままの状態で一晩おきましょう。卵油に含まれているルテインやゼアキサンチンなどのキサントフィル類色素には抗酸化作用があり、老化が早い人に効果的で、特に白髪の出始めに使用すると元の色に戻ることもあります。マッサージを行った夜は枕元をビニールシートで保護して就寝しましょう。落ち着かないかもしれませんが、翌朝に寝具の大掃除をせずに済みます。
  3. 3
    タバコをやめる 喫煙は30歳以前の若白髪の原因とされています。白髪がすでに気になっているのであれば、なおさら生活を見直し禁煙する努力をしましょう。時々タバコを吸う程度であれば自力での禁煙もさほど困難ではありませんが、ヘビースモーカーは禁煙外来を含む周囲のサポートが必要です。いずれの場合にも禁煙が早すぎるということはありません。様々な喫煙様式がありますが、煙草を含む製品は同様に有害です。
    • 喫煙によって髪の毛はつやを失い、もろくなります。傷んだ髪の毛は健康な髪の毛よりも抜けやすくなります。
    • 喫煙は肌の老化も早めます。見た目にも影響を及ぼし、肌全体のトーンが灰色になってしまう人もいます。
    • 喫煙が歯に与える悪影響も無視できません。歯そのものがもろくなるだけでなく、着色や歯周病の原因ともなり、エナメル質も傷ついてしまいます。結果的に歯が早期に老化し、抜けてしまうこともあります。
  4. 4
    日々のケアで抜け毛を防ぐ 不健康な髪の毛のほうが白髪になりやすいということはありませんが、健康な髪の毛よりも抜けやすくなります。再生した毛髪は元の毛よりも色素が薄い傾向があります。歳をとるにつれて、抜けた後に再生する毛髪の色素は薄くなっていきます。日頃のお手入れをどのように改善できるか検討し、髪の毛を強く健康に保ち、抜け毛を防ぐことが大切です。
    • ブリーチ、ヘアカラー、縮毛矯正などの施術を頻繁に受けている人は髪の毛が抜けやすくなります。
    • エクステなども、特に正しく装着されていない場合、抜け毛を起こしやすいと言われています。
    • ドライヤー、ヘアアイロンやコテの毎日の使用も抜け毛を起こしやすくします。ドライヤーの熱から髪の毛を守るヘアケア製品も売られていますが、自然に乾燥させ、熱を与えないことが一番です。
    • 絡まった髪の毛をブラシでほどこうとするのも悪影響です。特に濡れた髪の毛にブラシを使うと、絡まった毛が抜けたり、切れてしまうこともあります。髪は優しく扱うようにしましょう。ブラシの代わりに歯が広めのくしを使ってみましょう。
  5. 5
    自然療法で髪の毛を健康に保つ 白髪予防になるという確証はまだありませんが、インドなどでは即効果があると考えられている自然な栄養補助食品があります。毎日の食事に取り入れる際は、事前に医師や栄養士と相談し、自分に適しているかを確認しましょう。下記の食品などがよく知られています。
    • 糖蜜(モラセス)
    • 黒ゴマ
    • クロロフィル
    • イラクサ
    • わかめ、海藻
    • アムラ(アーユルベーダに用いられるハーブ)
    広告

パート 2 の 3:
白髪の都市伝説に惑わされないようにする

  1. 1
    白髪とストレスは直接関係していない ストレスで白髪が増える、というのは最も一般的な誤解の一つです。両親を怒らせて「白髪を増やさないで」と小言を言われた記憶のある人も多いでしょう。仕事、家族、睡眠不足など悩み事は尽きないものですが、実際のところストレスそのものが白髪の原因ではありません。
    • その一方でストレス性の抜け毛には注意が必要です。抜けたあとに新たに生えてくる毛髪は色素が薄いぶん、白髪になりやすくなるためです。抜け毛になるほどのストレスを抱えているのであれば、カウンセリング、瞑想など、自分に合った方法を見つけ、早めに対処しましょう。心身の健康が抜け毛を防ぐために不可欠です。
  2. 2
    白髪を抜いても増えることはない 白髪を抜いたら増えるというのも誤った認識です。科学的、医学的に実証されていません。人目につきやすい場所に白髪が生えて気になっているのであれば抜いてしまって大丈夫です。白髪が増殖するということはありません。
    • ただし、無理に髪の毛を抜く行為が無害というわけではありません。毛根に負担をかけるので新しい毛が生えにくくなります。生え戻ったとしても同じ毛根からは再度、白髪が生えてきます。また、白髪は徐々に増えていくものなので、ある程度の本数を超えると、すべて手で抜くのは困難です。
  3. 3
    ヘアカラーは白髪の原因ではない 長年ヘアカラーを使っていると早く白髪になりやすくなると忠告された人も多いでしょう。これも間違っています。ヘアカラーで白髪になるのではなく、ヘアカラーで毛根を傷め、抜け毛が増えてしまうことが白髪につながっています。再生した毛髪の色素は元の毛よりも薄くなるためです。
  4. 4
    紫外線をあびても白髪は増えない 紫外線をあびると髪の色が明るくなることはありますが、白髪にはなりません。白髪は色素のもととなるメラニンの不足から起こる[2] ので、日焼けといった外的要因との直接の関連性はありません。
    広告

パート 3 の 3:
生えてしまった白髪とうまくつき合う

  1. 1
    一時的な染毛剤を使用する 毛根部分から徐々に白くなりつつある毛髪が気になる場合、一時染毛剤を使ってみましょう。スプレーやパウダー、ジェル状のものなど、様々な製品があります。好きな色味のものを選びましょう。洗って乾かした状態の髪の毛の、主に根元部分に使用しましょう。シャンプーで完全に落とすことができます。
  2. 2
    永久染毛剤で染める 白髪が常に気になるのであれば、永久染毛剤を使用してみましょう。ただし日にちが経過すると毛根部分から地毛が伸びてくるので、定期的なリタッチや染直しが必要になります。様々な製品や色の選択肢があるので、染めてみる前にどのような仕上がりを求めているのかをよく考えましょう。
    • ヘアサロンでプロの施術をお願いしてみましょう。白髪染めに関するトレーニングを受け、専門知識を備えています。髪の状態を把握したうえで一人一人に合った色を提案してくれます。
    • あまりお金をかけたくない場合、薬局やドラッグストアで染料を購入し、自宅で染めてみるのも良いでしょう。オンラインの製品レビューに目を通すと、効果がより具体的に把握できます。 購入する前に白髪染めを目的としているものか確認しましょう。
  3. 3
    白髪を楽しむ 白髪に悩んだり無理に隠したりせずに、ありのままを受け入れている人も少なくありません。白髪だからと言って恥じる必要はなく、隠さずに楽しむのも良いでしょう。スタイリング次第で白髪もおしゃれ染めと同じように自分を魅力的に見せることができます。グレイヘアーや白髪専用のシャンプーやケア用品を使用して、つややかで健康的な見た目を保ちましょう。
    広告

注意事項

  • ハーブ類を含んだサプリメントを使用する前に、必ず医師に相談しましょう。
広告

関連記事

How to

爪が割れたときの対処

How to

手についたヘアカラーを落とす

How to

割れた足の爪を処置する

How to

自分でロングヘアを切る

How to

髪に付いたガムを取る

How to

酷く絡まった髪の毛をほどく

How to

ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす

How to

ネイルグルーを落とす

How to

髪を切るかどうか判断する

How to

肌に付着したヘアカラー剤を落とす

How to

髪を一週間で伸ばす

How to

ブリーチなしで髪を明るくする

How to

ブリーチシャンプーをする

How to

除光液を使わずにネイルを落とす
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む25人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 709 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告