PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

一般的に、白髪は年齢を重ねていく印として認識されているため、白髪をなくしたい気持ちはよくわかります。幸運なことに、白髪を隠す方法や白髪を増やさないようにする方法、さらには白髪から元の色に戻す方法まで存在します。以下のステップ1から始めてみましょう。

方法 1
方法 1 の 3:
白髪を防ぐ

  1. 1
    髪の健康に良い食事を摂る 髪の健康には、ヘルシーでバランスの良い食事を摂り続けることがとても大切です。白髪防止のため、髪に必要なビタミンや栄養は必ず全て摂るようにしょう。
    • 脂肪分の少ないタンパク質(髪はタンパク質でできています)、フルーツ、野菜、全粒穀物をたくさん摂るようにしましょう。また、水分もたくさん摂取するようにしましょう。
    • 普段の食事で十分摂取できていないと感じる場合、さらに細いところではビタミンB12とミネラル亜鉛をたくさん摂るようにしましょう。
    • また、十分な量のビタミンA、C、E、そして銅分、鉄分、葉酸などのミネラルも摂取しましょう。
    • ビオチン(別名ビタミンH)も健康的で自然に色づいた髪を作る上で重要な栄養素で、キュウリやオーツ麦、アーモンドなどに含まれています。
  2. 2
    低品質のヘア関連製品を使用しない 低品質のヘア関連製品には、髪を乾燥させ毛根を弱くする硫酸鉛や、リン酸、塩素、アンモニアなどの化学成分が多く含まれており、白髪になりやすくなります。そのため、ヘア関連製品はできるだけ自然の栄養分を豊富に含んだものを使用するようにしましょう。
  3. 3
    定期的にヘッドマッサージをする ヘッドマッサージをすることで頭皮に血液が循環しやすくなり、髪が健康的に育ちます。可能であればアーモンドやココナッツなどのナチュラルオイルを使って頭皮マッサージを行うことで、毛根の奥の方まで潤すことができます。
  4. 4
    禁煙する ある研究によると、喫煙者は非喫煙者の4倍、白髪や白髪混じりになる可能性が高いそうです。また、喫煙により髪がくすみ、脆くなるため抜け落ちやすくなります。
  5. 5
    白髪サプリを摂取する 白髪サプリは毛包のメラニン生成を促すことで髪を若返らせる効果があり、髪の色を取り戻したり白髪の発生を予防する効果が期待できるとされています。オンラインショップなどで様々な種類が販売されており、摂取量や効果は商品によって様々ですので、ご自身に合うものを探してみましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
白髪染めをする

  1. 1
    全体染めをする 全体染めは全ての白髪を染めるため、髪全体の40%以上が白髪の方にお勧めです。
    • 染め色が数週間持続する短期間用の毛染め剤、または一度染めると抜け落ちるまで色が定着する毛染め剤かを選択できます。
    • 地毛に合わせ自然な風合いに染めたい場合は、プロにお願いするのが良いでしょう。市販の毛染め剤を使用して自分で染めると、どんな色に染まるのか予測するのが困難です。しかし、毛染めをする必要が出てきたタイミングを、新しい髪色を試す機会として捉えている人もたくさんいます。
    • 自宅で毛染めを行う際は、髪を乾燥させてしまうためアンモニアを含んだ毛染め剤の使用は避けましょう。
    • 髪の毛を染めると、毛が伸びるたびに繰り返し毛染めする必要がある(少なくとも根元のタッチアップが必要)ため、手間が掛かることを理解しておきましょう。
  2. 2
    ハイライトを入れる ハイライトを入れるのも白髪を隠す方法の一つです。髪全体を染めるのではなく、毛束を選んでブリーチを入れたり染めたりすることで、ヘアースタイルに風合いを持たせ、活き活きと蘇らせることができます。
    • さりげなく色や輝きを加える、または大胆に広範囲に加えるなど、バラエティーとコントラストを加えることでとても素敵になることもあるでしょう。
    • ハイライトはプロのヘアスタイリストに行ってもらう必要があるため費用は掛かりますが、全体染めよりも少し長持ちする傾向があります。
  3. 3
    ヘナに挑戦する ヘナは自然由来の毛染め剤で、化学物質を含んでおらず、髪の調子を整え、輝きと潤いを与えます。
    • ヘナを使用すると、豊かな赤色に染まります。髪が明るければ明るいほど(または白髪が多いほど)明るい赤色になります。
    • ただし、ヘナは取り扱いが面倒かもしれません。ブロック状のヘナは溶かす必要があり、パウダー状のものはレモンジュースやお茶、コーヒーと混ぜる必要があります。泥のような質感をしており、染まるまで髪につけたまま数時間放置する必要があります。
    • 一つ注意しなければならないことは、ヘナを使用した髪には化学製品の毛染め剤を使用できません。そのためその後しばらくはヘナを使っていくことになりますので、慎重に選択しましょう。
  4. 4
    一次的な他の解決策を試してみる まだ毛染めをする決心がつかないのなら、他にも一次的な措置として白髪を隠す方法はあります。
    • ヘアマスカラを使用する:そのままの通り、髪のためのマスカラです。こめかみや生え際付近にぽつぽつと目立つグレー色を隠すのに最適です。シャンプーをするまで落ちることもありません。
    • 白髪隠しを使用する:白髪隠しはドライシャンプーのような方法で使用します。スプレー缶などの容器で販売されており、グレーや白髪になった毛の根元付近に吹き付け地毛の髪色に調整することができ、シャンプーで洗い流せます。
    • カラーシャンプーやカラーコンディショナーを使用する:カラーシャンプーやカラーコンディショナーは、地毛に近い色を白髪に与えることで周りの髪に溶け込ませ、目立たなくすることができます。一度カラーシャンプーやカラーコンディショナーを使用すると、髪を3回洗うまで色が保つでしょう。[1]
  5. 5
    ナチュラルヘアーリンスを使用する 自宅でできる白髪の改善方法は数多く存在します。その中には、異なる液体をブレンドしたもので髪を洗いながすことにより、色を与える効果が期待できる方法もあります。このような方法に本当に効果があるのかは議論の余地がありますが、試してみる価値はあります!
    • ローズマリーとセージ:カップ半分のローズマリーとセージを、水を入れた大きめの鍋に入れ30分間おきます。ハーブをこして取り除き、水を冷まします。水が冷えたら髪と頭皮にかけてから自然乾燥させ、その後自然由来成分のシャンプーで洗い流します。1週間に一度、繰り返し行いましょう。[2]
    • スグリ:たくさんのインディアンスグリ(アムラとして知られる)をココナッツオイルで黒くなるまで煮込みます。混ぜ合わせたものを少し冷ましてから髪と頭皮に塗布し、指でマッサージします。30分置いてから洗い流しましょう。
    • 黒クルミ:黒クルミの殻をいくつか割って実を取り出し、水の入った鍋に入れます。15分間煮詰め、冷めるまで待ちます。クルミを取り出した水を髪と頭皮にかけ、自然乾燥させてからシャンプーで洗い流します。1週間に2度行いましょう。
  6. 6
    グレーを受け入れる 白髪を隠したり無くそうとしたりするのではなく、受け入れることも考えてみましょう!白髪のお手入れをしっかりすることで、むしろおしゃれに見せることもできます。さらに、たくさんの時間とお金も節約することができます。
    • 最新のヘアスタイルを維持する:白髪のせいで老けて見える女性(男性も)はたくさんいますが、それはヘアスタイルがひと昔前のものだからということが少なくありません。プロのスタイリストに依頼し、新鮮で最新のヘアスタイル、短いボブや眉上バングなどに挑戦してみることで、ヘアスタイルを若くキープしやすいでしょう。[3]
    • 艶のある髪を保つ:白髪やグレーの髪の毛は乾燥しやすく、縮れたように見えやすい傾向があります。保湿成分を配合したシャンプーやトリートメント、またはオイル由来のヘアトリートメント(アルガンオイルやココナッツオイル等)を使用したり、ふわついた髪をヘアアイロンで馴らすことで、みずみずしく艶のある髪をキープすることができます。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
白髪を理解する

  1. 1
    白髪は遺伝的な影響が大きいことを理解する 多くの人は年齢を重ねるごとに白髪が出るようになりますが、どの人が何歳で髪色がグレーになっていくというような特定の年齢はありません。
    • 10代の頃に初めて白髪が出る人もいれば、中年になるまで白髪が出ない人もいます。白髪は遺伝的な影響が大きいため、両親が若い頃から白髪があったという場合、その子供も若い年齢から白髪が出始めるかもしれません。
    • 人種も影響します。白人の多くは35歳頃から、アジア人は40歳頃から、黒人は40代半ば頃から白髪が出始めます。
  2. 2
    白髪の原因はストレスではないことを理解する よくある勘違いとして、白髪はストレスが原因だという説がありますが、この説を立証する根拠はどこにもありません。
    • 毛根の色素を生み出す細胞が、メラニンなどの色素(これらが髪に色を与えます)を作らなくなったときに白髪になります。
    • 毛包周辺に過酸化水素が蓄積することにより、酸化ストレスで髪の色が抜け落ちるということも示唆されてきました。
    • しかしストレスは、その他にも健康に多くの悪影響(髪の毛の抜け落ちを含む)を与えるため、ストレスを減らすのは良いことです。
  3. 3
    疑いのある基礎疾患を確認する 若くして白髪が出始めた場合は、自己免疫疾患や遺伝子疾患によるものという可能性があります。
    • 白斑(甲状腺疾患)や貧血症などのいくつかの疾患は、稀に白髪の発生に関連していることがあります。脳下垂体の問題もその要因となる場合があります。
    • そのため、若くして白髪が出始め、さらに上記のような症状も見られる場合は病院に行くようにしましょう。
    広告

ポイント

  • 週に一度、自然由来のオイルを髪につけ1時間ほど放置し、その後洗い流すことで自然で、健康的な髪を維持できるでしょう。
  • ヘナは植物由来であるため、毛染め剤よりも髪の健康に良く、髪に艶とボリュームを与えることができます。
  • 今の自分に満足しましょう!髪は人生の全てではありません、どんなことがあってもあなたを愛してくれる友人や家族がいるのですから!
  • 自分で髪を染める方法がわからない場合は、ヘアサロンに行きプロに任せましょう。
  • シャワーをするときは、シャンプー後に良質のコンディショナーを使用することで髪が健康で艶やかになり、毛染めのダメージを減少します。
  • 毛染めをする場合は、あなたの肌色やスタイルに合う自然由来の毛染め剤を選びましょう。
広告

注意事項

  • 落ち込まないようにしましょう。どんな問題にも解決法はあります。
  • 白髪を抜いてはいけません。白髪が増える原因となります!白髪は2倍、またはさらに多くなってまた生えてきます!
広告

関連記事

手についたヘアカラーを落とす
割れた足の爪を処置する割れた足の爪を処置する
自分でロングヘアを切る
爪が割れたときの対処
ツインのお団子ヘアを作る
ネイルグルーを落とす
短い髪を編み込む(男性向け)短い髪を編み込む(男性向け)
お団子ヘアを楽しむ(男性)
UVライトなしでジェルネイルを硬化させるUVライトなしでジェルネイルを硬化させる
酷く絡まった髪の毛をほどく酷く絡まった髪の毛をほどく
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす最高の方法
ネイルグルーを使わずにネイルチップを付ける
髪を切るかどうか判断する髪を切るかどうか判断する
ドレッドヘアを洗うドレッドヘアを洗う
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む21人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は2,965回アクセスされました。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 2,965 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告