目の下のくまは、しわや白髪以上に老け顔を強調してしまいます。[1]しかし、くまを最小限に抑えることや、場合によっては完全に消すことも可能です。では、ステップ1から見ていきましょう。

方法 1 の 3:
原因を探る

  1. 1
    美容のために睡眠を取る 毎晩、十分な睡眠を取りましょう。睡眠不足がくまの原因になる理由はよく分かっていませんが、睡眠不足のせいで顔色が悪くなることはよくあります(そのため、目の下のくまが目立ってしまいます)。さらに、血液循環も滞ります。[2]また、横になる時間が少ないこともくまのできる原因だと考えられています。就寝前には必ず目の周りの化粧をすべて落としましょう。それを怠ると、晩年になって、常に疲れた目に見えるようになってしまいます。
    • 必要な睡眠時間を探りましょう(通常は7-9時間の睡眠が必要ですが、年齢や日常生活により個人差があります)。7-9時間程度の睡眠を2週間続けてみて、効果が現われるかどうかを見てください。
    • 飲酒や薬物の使用は睡眠の質に悪影響を与えます。摂取をやめるか、摂取量を減らす努力をしましょう。
    • 睡眠に効くビタミン類を十分に摂取しましょう。睡眠不足とビタミン不足が重なると、アドレナリンの働きが低下する傾向があります。アドレナリンの作用が低下するとビタミンB6がきちんと吸収されなくなります。ビタミンB6の減少はアドレナリン分泌の低下につながり、悪循環の繰り返しに陥ります。良質の睡眠と必要なビタミンの摂取、緑黄色野菜に多く含まれるカルシウムとマグネシウム(緑黄色野菜は乳製品より多くのカルシウムとマグネシウムを含んでいます)、ミネラル・サプリメントを取り入れることで、アドレナリンの働きを回復させましょう。
  2. 2
    アレルギー症状を治す アレルギーは目の下の皮膚を変色させる原因のひとつです。[3]アレルギーがくまの原因であるならば、治療するか、アレルギーの原因となるものを取り除きましょう。花粉症などの季節性アレルギーは、市販薬および処方薬で効果的に対処できます。
    • その他のアレルギーの最も効果的な対処法は原因物質を取り除くことです。常に目の下にくまができて腫れているようならば、食品アレルギー、あるいは家や仕事場で使う化学物質へのアレルギーがあるのかもしれません。皮膚科の医師に相談し、アレルギーの原因を突き止めましょう。アレルギーを持つ人はビタミンB6、葉酸、ビタミンB12が不足していることがあります。マルチビタミンのサプリメントを摂取すると効果があります。
    • グルテン不耐性 くまの原因となるもう一つのアレルギーにグルテン不耐性があります。グルテン不耐性は特に小麦粉にアレルギー反応を示します。深刻な場合ではセリアック病である可能性もあります。この病気かどうかを判断する血液検査を病院で受けましょう。グルテン不耐性の体質の人がすべてセリアック病にかかるわけではないことを覚えておいてください。
  3. 3
    鼻詰まりを治す 鼻詰まりにより鼻のまわりの静脈が膨張して濃く見えていることが、目の下のくまの原因になっていることもあります。[4]
  4. 4
    食事に気をつける 栄養バランスのよい健康的な食事と必要なビタミンを摂り、水をたくさん飲みましょう。顔色が悪い原因の多くはビタミン不足のせいであることがしばしばあります。くまとむくみはビタミンKと抗酸化成分の摂取不足で起こります。また、ビタミンB12不足(通常、貧血と関わりがあります)もくまの原因になります。
    • 果物と野菜をたくさん食べましょう。特にキャベツやほうれん草などの緑の葉物野菜に効果があります。必要に応じて日常的にビタミン剤のサプリメントを服用しましょう。血液循環を良くするために、十分な水分補給も忘れずに。
    • 塩分は控えましょう。過剰な塩分の摂取は体内の必要のないところに水分を蓄えるため、目の下が腫れる結果を招きます。塩分の摂り過ぎは血液循環を滞らせて、皮膚の下の血管を青く浮き上がらせてしまいます。
  5. 5
    煙草習慣を見直して禁煙を誓う 喫煙は多くの血管問題を引き起こします。致命的な問題から、血管を青く浮き上がらせることまで、禁煙には様々な問題があります。
  6. 6
    リラックスする リラックスすることには、睡眠、食事、休息を妨げるストレスや不安感を取り除く効果があります。リラックスの効果でストレスを減らして気分を楽にすると、目の下の肌の調子が良くなるでしょう。肌には心や身体の病気がすぐに反映します。ですから、リラックスすることの大切さを軽く考えないでください。
  7. 7
    変えられないことは受け入れる 残念ながら、くまを無くすことができない場合もあります。
    • 色素沈着 これは目の下のくまをさらに黒く見せる原因になることもあるでしょう。
    • 日焼け 日焼けによりメラニンの生成が活発になります。[5]
    • 加齢により肌が薄くなる 年齢を重ねると肌は薄くなり、皮下脂肪やコラーゲンの減少と共に静脈や毛細血管が透けて見えるようになります。[6]
    • 遺伝 目の下にくまが出るのは、しばしば遺伝によるものだと考えられています。家族の中に同じように目の下にくまがある人がいるか見てみましょう。[7]だからといって何もできないわけではありませんが、どんなに試しても効果が少ししか現れないのは、そうした理由があるからかもしれません。
    • 顔立ち 目の下が黒く見えるのは、もしかするとあなたの顔立ちが作り出すただの陰なのかもしれません。[8]この場合は化粧で上手にカバーするという以外にはあまりできることはないでしょう。
    広告

方法 2 の 3:
自然療法

  1. 1
    キュウリの輪切り キュウリは腫れを抑えて目の周りの皮膚の状態を活き活きとさせることで知られていますが、疲れて腫ぼったくなった目を早く元気づけます。キュウリの輪切りを一切れずつ目の上に置き、同時にくまを覆うようにしましょう。そのまま目を閉じて10-15分ほど横になることを毎日行ないます。
  2. 2
    冷やしたティーバッグか布に包んだ氷を毎日目に当てる ティーバッグに含まれるタンニンは腫れと変色を抑えます。なるべく朝に、冷えて湿ったカフェイン入りのティーバッグを目の上に載せて、横になって約10~15分間そのままにしてください。目は閉じたままにします。前の晩にティーバッグを冷蔵庫に入れておけば、翌朝すぐに使えます。
  3. 3
    食塩水を作る 2カップ半の水に塩小さじ4分の1を加えます。[9] 小さじ半分の重曹を片方の鼻孔内に入れ、頭を横に傾けて、食塩水を片方の鼻孔からもう片方へ抜けるように流します。この方法は鼻が詰まっているときによく効きます。
  4. 4
    ジャガイモを使う 生のジャガイモ1個をミキサーにかけ、どろどろの状態にします。ピューレ状のジャガイモを閉じた目の上に載せたら、横になり、30分間はそのままでいましょう。その後、ぬるま湯で洗い流します。この方法で効果が得られた人たちもいます。
  5. 5
    凍らせたスプーンを使う 冷凍庫の中にスプーンを10~15分ほど入れます。それを取り出したら、くまの部分に当てます。スプーンが温かくなるまでそのまま当てておきます。
    広告

方法 3 の 3:
化粧による対処法

  1. 1
    ビタミンKとレチノールを含んだアイクリームを塗る 目の下のくまはビタミンKの不足が原因でできているのかもしれません。原因に関わらず、ビタミンKとレチノールを含んだスキンクリームにはむくみや肌の変色を改善する効果があることを、多くの人が実証しています。[10]
  2. 2
    目元用のクリームを使う コンシーラーを使うと目の下のくまを隠すことができます。その際、あなたの肌色に合ったコンシーラーを使うことが重要です(くまの黒い部分には黄色か肌色を使います)。コンシーラーを塗った後は透明感のでるパウダーを軽くつけて肌色を整えましょう。
  3. 3
    パッチテストで肌に合うかどうかを確かめる 化粧品を使う前には必ず事前にパッチテストを行ないましょう。肌に刺激がある、蕁麻疹が出る、目が痛くなる、目が潤む、などの症状がある場合は使用を中止してください。
    広告

ポイント

  • 水を飲みましょう。水を飲むことは身体のためにとてもよいことですが、特に目の下のくまには効果があります。また水を飲むと落ち着くので、リラックス効果も期待できます。
  • 目をこすらないこと。アレルギーなどで目がかゆくなってこすってしまうことはよくありますが、そればかりが原因とは限りません。心配事があるときにこすってしまったり、反射的にしてしまうこともあります。どのような理由があるにしても、目をこするのはやめましょう。目をこすると皮膚を刺激し、皮膚の下の小さな毛細血管を壊してしまいます。その結果、腫れと変色が起こるのです。[11]
  • ビタミンC、D、Eを多く含んだ健康的な食事をしましょう。
  • 目の下の皮膚だけに集中しましょう。目の下の皮膚を触る時は優しく触ります。目の下の皮膚は体の中で最も繊細な場所です。
  • メラニンの変化から肌を守るために、サングラスをかける習慣をつけましょう。[12]
  • 就寝前に水分を摂り過ぎないように気をつけましょう。目の下がさらに腫れてしまいます。

広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

防犯タグを外す

How to

髪に付いたガムを取る

How to

お酒の臭いを消す

How to

ペニスを洗う

How to

全身をマッサージする

How to

爪を噛むのをやめる

How to

ジーパンをショートパンツにリメイクする

How to

えくぼを自然に作る

How to

絆創膏の粘着剤を落とす

How to

布地からマニキュアを落とす
広告

このwikiHow記事について

Laura Martin
共著者 by
認定美容師
この記事の共著者 by Laura Martin. ローラ・マーティンはジョージア州に住む認定美容師です。2007年よりヘアスタイリストとして働いています。2013年からは美容術の講師も務めています。 この記事は12,357回アクセスされました。
このページは 12,357 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告