目の下のたるみとクマを取る方法

3 方法:短期的対策法長期的対策法美容整形で解決する

目の下(下まぶたのすぐ下のクマができる部分)のたるみは、美容上、多くの人を悩ませています。これは見た目は非常に良くないものの、基本的に害はなく、加齢、アレルギー、寝不足などが原因で起こります。目の下のたるみを取るには、短期的対策法、長期的対策法、さらに美容整形があります。お好みで自由に選びましょう。

1
短期的対策法

  1. 1
    水をたくさん飲む 多くの場合、目の下のたるみは、この部分の高塩分濃度による水分の滞留によっておこります。塩分の多い食事をとった後や泣いた後、寝て起きた時に、たるみができていることがあります。それは、涙や食事に含まれる塩分によって顔に水分が引き寄せられ、目の下に溜まることが原因です。
    • 水を飲むことで余分な塩分を体内から流し出します。それ以降は塩分の多い食事を避けましょう。
    • コーヒーやアルコールなど、脱水の原因となる飲料も避けましょう。
  2. 2
    冷たいもので目を冷やす[1] 切ったキュウリを目に乗せるとたるみに効く、と聞いたことがあるかもしれませんが、実際にたるみを緩和するのは冷却の効果です。キュウリはたるみを冷却するのにちょうどいい形、大きさ、質感です。事前に冷蔵庫でよく冷やしておいたキュウリをスライスして、目の下に乗せてみましょう。
    • キュウリがなければ、濡らしたティーバッグを2,3個、冷蔵庫か冷凍庫で冷やしておいて、目に当てます。カモミールやペパーミントの爽やかなティーバッグを使うと、同時にアロマテラピーの効果も得られます。
    • また、冷やしたスプーンも使えます。スプーン2本を冷凍庫で一晩冷やし、目に10~15分程度当てます。
  3. 3
    コンシーラーを塗る 短期的な対処法の中では、クマやたるみをメイクで隠すのが最も手っ取り早く、効果的です。正しくメイクをすると、たるみがほとんど目立たなくなり、一日中若々しくいられます。コンシーラーの使い方は以下の通りです。
    • 肌色に合ったコンシーラーを選びます。黒っぽいクマとたるみには、1段階明るめの色を選びます。指先か綿球でコンシーラーを塗ります。皮膚にすり込むのではなく、軽くトントンと叩くように塗りましょう。コンシーラーを肌の表面に乗せる方が、より効果的にたるみを隠せます。
    • コンシーラーの上にパウダーファンデーションをひと塗りし、コンシーラーを落ち着かせて、一日中落ちないようにします。チークブラシを使って、マットなパウダー(光るものではなく)を目の下に少量付けます。
  4. 4
    ティーバッグを使う ティーバッグに含まれるタンニンで、目の下のたるみを緩和できる場合があります。
    • お湯を沸かし、ティーバッグを2袋入れる。
    • 完全に沈むまで上下に動かす。
    • 取り出して皿の上で冷やす。直接乗せるのが気になる場合は、顔、鼻、目をペーパータオルやタオルで覆う。
    • 快適な場所で横たわる。浸したティーバッグを1つずつ目の上に乗せる。足をクッションなどに乗せ、数分間リラックスする。
    • しばらく冷やしたら、ティーバッグを外す。うまくいけば、再度鏡を見た時に、たるみが少しはましになっているかもしれません。

2
長期的対策法

  1. 1
    アレルギーの治療をする アレルギーによって顔面に炎症が起こり、目の下のたるみの原因になることも少なくありません。[2]目の周囲は、皮膚がそれ以外の部分の皮膚よりも薄いため、体液が集まり、腫れやすい部分です。
    • アレルギーの治療薬で、花粉症やその他季節性アレルギーの手当てをしましょう。薬局などで市販の薬品を購入するか、かかりつけ医に処方薬を出してもらいましょう。
    • 花や植物、ほこり、動物などのアレルゲンのある場所で過ごすことは避けましょう。家の中はよく掃除機をかけ、寝具を頻繁に洗濯しましょう。
  2. 2
    就寝時の姿勢を変える[3] うつ伏せや横向きで寝ると、夜の間に体液が目の下に集まりやすく、起きた時にたるみができている確率が高くなります。横向きで寝る人は、寝る時に下になる側の目の下のたるみの方が、反対側よりも実際に大きいことに気付いているかもしれません。
    • うつ伏せや横向きではなく、徐々に仰向けで寝るようにしましょう。眠る姿勢を変えるのは簡単ではなく、始めは、仰向けで寝ることに少し抵抗があるかもしれません。身体の両脇に枕を置くなどして楽に仰向けで寝られるようにしましょう。
    • 元々仰向けで寝ている人は、枕を一つ増やしてみましょう。頭が少し下を向く角度になると、寝ている間に体液が目の下に溜まりません。
  3. 3
    顔の肌を優しく扱う 顔の皮膚、特に目の下の皮膚は薄く傷つきやすく、ダメージを受けるとさらに弱くなり、もっと大きなたるみの原因にもなります。以下の方法で、今までよりも丁寧に目の下の肌のお手入れを行いましょう。
    • メイクをしたまま眠ってはいけません。メイクを落とさず眠ることは、目の下のたるみの最も大きな原因の一つです。メイクに含まれる化学薬品が夜間に目に刺激を与えます。 就寝前の洗顔は、肌の衛生状態にとって非常に重要な役割を果たします。
    • 就寝前に必ずメイクをすべて落としましょう。マスカラとアイライナーが夜の間にシミになり、クマがより黒ずむことがあります。目元用メイク落としでアイメイクを丁寧にふき取り、数回水で顔を洗って、柔らかいタオルで軽く押さえるように拭き取ります。くれぐれも優しく行いましょう。こすり過ぎると、目の周囲の皮膚が弱くなります。
    • 毎晩保湿をしましょう。顔、特に目元に充分保湿をして、肌の弾力と強度を維持しましょう。毎晩就寝前に、顔用の保湿ローションやオイルを塗りましょう。
    • 毎日日焼け止めを塗りましょう。日光は目の周りの薄い皮膚をさらに傷つきやすくします。冬の間も、毎日日焼け止めを塗って目の下の皮膚を保護しましょう。
  4. 4
    食生活の改善をする 時々なら、塩分の多い食事にカクテル2,3杯を飲んでも構いませんが、塩分の多い食事とアルコールを毎日の習慣にしていると、長期的には目の下のたるみにも影響が及びます。何年も水分が顔面に滞留し続けることで、たるみが永久に伸び切った状態になります。こうならないためには、以下の改善を心がけましょう。
    • 毎日の料理で使う塩の量を減らします。半量にするか、一切使わないようにしましょう。塩をたくさん入れなくても、食べ物は驚くほど風味豊かです。 焼き菓子に使う塩も減量しましょう。また、就寝までに身体が塩分を調整する時間がないため、夕食時に一度に集中して塩分を摂らないようにしてみましょう。
    • アルコールの摂取量を減らす アルコールを飲むと水分の滞留が起こるため、アルコールの摂取が少ないほど、翌朝の目の下のたるみは小さくて済みます。アルコールを飲む場合は、アルコール飲料を一杯飲むごとに、同量の水を飲みましょう。また、就寝直前の一杯よりも、朝早くの飲酒をやめましょう。

3
美容整形で解決する

  1. 1
    ヒアルロン酸注射をする 加齢による目の下のたるみやクマは、生活習慣の改善では改善しませんが、ヒアルロン酸注入なら目の下部を美しく見せることが可能です。ヒアルロン酸を目の下から注入すると、眼窩の輪郭がより若々しく見えます。
    • 専門家以外がこの施術を行うと危険を伴います。ヒアルロン酸注射をする前によく調べましょう。
    • ヒアルロン酸注射は大抵数万円はかかります。また、あざになる、腫れるといった失敗例もあります。
  2. 2
    美容整形手術を受ける 年を取ると沈着脂肪が眼球から下へと移動し、目の下に蓄積してたるみとなります。下眼瞼脱脂術は蓄積した脂肪を取り除いたり、別の場所に移動させ、その後レーザーでその部分の皮膚を引き締める手術です。[4]
    • この手術は大抵30万円前後かかります。
    • 回復までに数週間かかります。

ポイント

  • 保冷剤を凍らせておき、薄手のタオルを巻いて目に当てましょう
  • 深呼吸をしましょう。酸素が不足すると、目の下の黒っぽいクマの原因になります。
  • キュウリを目に当てましょう。
  • 世界の全人口の25%の人には目の下に生まれつき黒いクマがあります。多くの場合、ビタミンDが不足している人に起こります。また、これは通常6歳から14歳の女の子に多く見られます。
  • かわりに緑茶を使ってみましょう。肌に水分補給をする働きがあります
  • スプーン(プラスチックでないもの)を2本、15分程度冷凍庫に入れます。取り出したら、スプーンの背を上にしてそれぞれの目に乗せます。スプーンを乗せたら目を閉じ、体温で温かくなるまで乗せておきます。
  • 睡眠時間を増やしましょう。深夜までテレビを見たり、明け方近くまでタブレット端末でゲームをすることはやめましょう。1週間夜更かしをやめれば、違いが判るでしょう。
  • 就寝前の水の飲みすぎは避けましょう。就寝中に水分が目の下に溜まってしまいます。
  • 冷蔵庫にスプーンを入れて、冷えたら目に乗せましょう。キュウリや冷たいティーバッグと同じ効果があります。
  • 目の下をこすってはいけません。目の下のクマが悪化する原因になります。

注意事項

  • はっきりした理由もなく大きなたるみやクマが目の下に出現した場合は、病気が原因かもしれません。生活習慣を改善しても効果がない場合は、医師に相談しましょう。

記事の情報

カテゴリ: ビューティー・ファッション

他言語版:

English: Get Rid of Bags Under Your Eyes, Italiano: Sbarazzarsi delle Borse Sotto gli Occhi, Deutsch: Tränensäcke loswerden, Español: quitar las bolsas de los ojos, Français: se débarasser des poches sous les yeux, Português: Acabar Com As Olheiras, Nederlands: Van wallen onder je ogen afkomen, Русский: избавиться от мешков под глазами, 中文: 摆脱眼袋困扰, Čeština: Jak se zbavit váčků pod očima, Bahasa Indonesia: Menghilangkan Kantung Mata, ไทย: กำจัดถุงใต้ตา, العربية: التخلّص من الانتفاخات تحت العينين, Tiếng Việt: Loại bỏ Bọng mắt, हिन्दी: आँखों के नीचे बैग्स से छुटकारा पायें, 한국어: 눈밑 처짐 없애는 방법, Türkçe: Göz Altı Torbaları Nasıl Giderilir

このページは 321 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?