PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

目の周りに腫れや隈、変色があると睡眠不足だと考えるかもしれませんが、目の腫れに関しては睡眠不足が主な原因になることは滅多にありません。幸いなことに、目の腫れは危惧するようなものではなく、家庭で対処することができます。しかし、残念ながら遺伝や加齢によって目が腫れることもあります。その場合、目の腫れを最小限に抑えることは可能ですが、完全に治すことはできないでしょう。ここでは、目の腫れの原因を突き止めて対処する方法を紹介します。

方法 1 の 7:
目の腫れの原因は?

  1. 1
    腫れている部分の色が周囲より少し濃い場合は、ほぼ確実に遺伝によるものです。目の下に隈があり、その部分の色が顔の他の部分より少し濃い場合は、眼瞼周囲の色素沈着という一般的な症状かもしれません。[1] 不安に感じるかもしれませんが全く害はなく、世界中で非常によく見られる症状です。[2] 残念ながらこれは遺伝的なもので、完全に治すことはできないかもしれません。しかし、腫れを最小限に抑える方法はたくさんあります。[3]
  2. 2
    加齢により目が腫れることもあります。目の腫れのもう1つの一般的な原因は加齢です。目の下の皮膚は顔の他の部分よりはるかに薄くなっています。[5] 年齢を重ねると薄い皮膚の下の脂肪が動きやすくなり、目の下に小さな隙間ができてしまいます。この隙間に水分が溜まるので、目が腫れているように見えます。[6]
  3. 3
    目が腫れたり腫れなかったりする場合は、アレルギーや塩辛い食品が原因かもしれません。鼻が詰まった時や花粉が飛ぶ季節に目の腫れが悪化する場合は、おそらくアレルギーが原因でしょう。[8] ナトリウムが過剰になると、体は水分を溜め込もうとします。目の下には水分が溜まりやすいので、塩分の多い食事が目の腫れを引き起こす可能性があります。[9] この場合は、アレルギーを治療したり塩分の多い食品を控えたりすると、目の腫れが簡単に治るかもしれません。
    • 場合によっては、目の周りの隈を引き起こす根本的な原因があるかもしれません。たとえば、目の周りの隈の原因となる甲状腺の病気がいくつかあります。目の腫れの他にも気になる症状があれば、念のため病院で診察を受けましょう。病気の可能性は低いかもしれませんが、病院で確認すると安心です。[10]
    広告

方法 2 の 7:
もっと睡眠を取ると目が腫れなくなりますか?

  1. 1
    よく誤解されていますが、睡眠時間を増やしても目の腫れはおそらく治らないでしょう。睡眠不足が目の隈の原因となる可能性があることは事実です。[11] しかし、睡眠不足による目の隈は睡眠を十分に取ると消える場合がほとんどです。睡眠を十分に取っていても目の隈が消えない場合は、睡眠時間を増やしても問題が解決する可能性は低いでしょう。[12]
  2. 2
    それどころか、寝すぎると目の腫れが悪化する可能性もあります。日中は目の下のたるんだ皮膚が重力で下に引っ張られていますが、横になって寝ると顔のその部分に余分なたるみが生じます。残念ながら、この皮膚のたるみは顔の水分が溜まるのに格好の場所となるでしょう。横になる時間が長いほど、目の下に水分が溜まる時間も長くなります。[13]
    • 朝起きた時に目の腫れが最も目立つのはこのためです。[14]
    • 目の下に水分が溜まりやすいのは、頭蓋骨の形にも原因があります。寝ころんだ時の頭の様子を思い浮かべてみましょう。眼窩は顔の中で窪んだ小さな谷のようになるので、すべての水分が目の下に少しずつ滴り落ちてきます。
  3. 3
    目の腫れに関係なく、7~9時間の睡眠を取りましょう。睡眠が不足しても過剰でも目が腫れる可能性があります。そのため、結論としては健康的な睡眠時間を確保するのが良いでしょう。免疫力と代謝を健康的に維持するには、睡眠をしっかり取ることが重要です。また、睡眠は記憶や記憶力にも大きな影響を及ぼします。毎晩7~9時間の睡眠を取るように心がけましょう。[15]
    広告

方法 3 の 7:
目の腫れを早く治す方法は?

  1. 1
    横になり、目の周りを数分冷やしましょう。横になり、布で包んだ氷嚢を目にあてます。目を閉じたまま、10~15分ほどリラックスしましょう。氷嚢をあてると炎症が鎮まり、目の下への血流が抑制されるので目の下の隈が目立たなくなるでしょう。[16]
    • 好みに応じて、冷たいキュウリの薄切りやティーバッグ、冷蔵庫で冷やしたスプーンを目にあてても良いでしょう。こうすると目の周りの皮膚が潤ったり緊張がほぐれたりするかもしれませんが、目に何をあてるかによって大きな違いはおそらくありません。重要なのは、目に冷たい物をあてることです。[17]

方法 4 の 7:
目の腫れを自然に治す方法は?

  1. 1
    頭を高くして眠りましょう。小さい枕に頭を載せて完全に平らになって眠るのではなく、枕をいくつか重ねて上半身を高くして寝ましょう。 こうすると水分が重力に引っ張られるため、目の下に溜まった水分が顔より下へ流れやすくなります。[18]
  2. 2
    アルコールの摂取量を減らし、水の摂取量を増やしましょう。水分が不足すると目の下に血液が溜まる可能性があるため、日中に水をたくさん飲むようにするとこのような目の腫れが軽減するかもしれません。[19] また、アルコールを摂取すると排尿の頻度が高まるため、夜に長時間アルコールを摂取した後は脱水状態になる可能性があります。[20] このような理由から、日中の水分摂取量を増やして就寝前のアルコール摂取量を減らすようにすると、いずれ目が腫れにくくなるかもしれません。
    • 就寝前1、2時間に水分の摂取量を減らすのも効果的かもしれません。ただし、喉が渇いて水を飲む必要がある場合には飲むべきですが、摂取量に注意を払いましょう。[21]
  3. 3
    皮膚の老化を最低限に抑えるために、禁煙しましょう。喫煙は健康に害を及ぼすだけでなく、皮膚にも悪影響を及ぼします。喫煙者が目の下の隈を治すには、禁煙が最善策かもしれません。[22]
    広告

方法 5 の 7:
家庭で目の下の隈を完全に治す方法は?

  1. 1
    家庭で治すことはできませんが、病院で治すことは可能です。目の下の隈を治す医学的治療法はいくつかありますが、家庭で行うことはできません。皮膚科で目の周りの皮膚を診察してもらいましょう。皮膚科では、年齢や皮膚の状態に応じて最適な治療法を勧めてくれるでしょう。[23] 目の下の隈を治す治療法は次の通りです。[24]
    • レーザーリサーフェシング。この治療法には、目の周りの皮膚を引き締めて腫れを軽減する効果があります。
    • ボトックス注射。この治療法には目の周りの筋肉をリラックスさせる効果があり、目の周りの筋肉が周囲の筋肉に引っ張られなくなるでしょう。
    • フィラー注入。美容整形手術で、目の下の脂肪と皮膚の間の隙間を埋めることができます。
    • 瞼の手術。眼瞼形成手術という手術で余分な脂肪を取り除き、瞼と皮膚の形を整えます。[25]

方法 6 の 7:
キュウリやティーバッグに目の腫れを抑える効果はありますか?

  1. 1
    薄切りにしたキュウリが冷たければ効果はあります。冷たいキュウリの薄切りには、目の周りの炎症を和らげる効果があります。[26] ただし、皮膚に対してキュウリが特別に効果的かどうかは不明です。目の腫れに関しては、キュウリの代わりに氷嚢を使ってもおそらく同じ効果が得られるでしょう。[27]
    • 目の腫れが遺伝による場合は、このような民間療法や自然療法に大きな効果は期待できないでしょう。しかし、害にはならないので、目の腫れを和らげるためにキュウリを使った民間療法を試したければ実行してみましょう。
  2. 2
    ティーバッグにも効果はあるかもしれませんが、おそらくキュウリと同じように冷たいからでしょう。紅茶には血管を収縮させるカフェインが含まれているため、目の症状緩和にティーバッグを使う人は多くいます。理論上は、カフェインには目の下の腫れを緩和する効果があります。しかし、カフェインが大きな影響を与えるという科学的証拠はなく、冷たいティーバッグは冷たいから効果があると考えられます。それでも、キュウリや氷嚢の代わりにティーバッグを使って目の腫れを軽減することはできるでしょう。[28]
    • これも害を及ぼさない方法の1つなので、自由に試してみましょう。
    広告

方法 7 の 7:
目の腫れに最も効果的なアイクリームは?

  1. 1
    レチノールやビタミンCを含むアイクリームであれば効果が期待できますが、その効果は一時的です。レチノールやビタミンC、カフェイン、抗酸化物質を含む目の保湿クリームには、目の周りの変色や炎症を軽減する効果があるかもしれませんが、[29] 残念ながらその効果は一時的なものとなる可能性が高いでしょう。アイクリームの使用方法に従って塗布しましょう。目の腫れが完全に治ることはないかもしれませんが、少しの間は腫れが軽減するでしょう。[30]
    • レチノールとビタミンCは酸性です。まず皮膚が敏感でない部分に塗って反応を確認しましょう。塗った部分に炎症が起きたら、目の周りに塗るのはやめましょう。[31]
  2. 2
    痔の薬を目の下に塗るのはやめましょう。目の隈に対処する方法として、痔の薬を用いたテクニックがよく紹介されています。このような薬には血管を収縮させて腫れを軽減する成分が含まれていますが、敏感な顔の皮膚には刺激が強すぎます。また、皮膚が炎症を起こして赤くなる可能性があり、かえって目の隈が目立ってしまうかもしれません。[32]
    • 一時的には効果があるかもしれませんが、このような薬は顔に塗るようには作られていません。また、目の近くに塗ることについての安全性は、科学的な研究で証明されていないので注意が必要です。[33]
    広告

ポイント

  • 目が腫れていると見た目が気になるかもしれませんが、ほとんどは危惧されるような症状ではないので心配はいりません。[34]
  • 加齢により目が腫れる人も多くいますが、目立つか目立たないかは人種によっても左右されるかもしれません。たとえば、インド人には彫が深く目が窪んでいる人が多いため、目の周りの腫れや変色が目立ちやすい傾向があります。[35]
広告

関連記事

2週間で10キロ痩せる2週間で10キロ痩せる
一日で体重を2キロ減らす一日で体重を2キロ減らす
10日間で5kg痩せる10日間で5kg痩せる
白血病の兆候に気づく白血病の兆候に気づく
埋没毛を処理する埋没毛を処理する
食欲を増やす食欲を増やす
低体重の人が体重を増やす低体重の人が体重を増やす
一晩で体重を落とす一晩で体重を落とす
自分で抜糸する自分で抜糸する
抜けにくいタンポンを取り出す抜けにくいタンポンを取り出す
バレないように家の中でタバコを吸うバレないように家の中でタバコを吸う
痩せる痩せる
脳への血流を増やす脳への血流を増やす
短期間で減量する(男性向け)短期間で減量する(男性向け)
広告
  1. https://www.hopkinsmedicine.org/health/treatment-tests-and-therapies/how-to-get-rid-of-bags-under-your-eyes
  2. https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/bags-under-eyes/symptoms-causes/syc-20369927
  3. https://health.clevelandclinic.org/how-to-get-rid-of-bags-under-your-eyes/
  4. https://www.health.harvard.edu/staying-healthy/baggy-eyes
  5. https://www.health.harvard.edu/staying-healthy/baggy-eyes
  6. https://healthysleep.med.harvard.edu/healthy/matters/benefits-of-sleep
  7. https://www.hopkinsmedicine.org/health/treatment-tests-and-therapies/how-to-get-rid-of-bags-under-your-eyes
  8. https://uamshealth.com/medical-myths/does-placing-cucumbers-or-wet-teabags-on-your-eyes-help-reduce-wrinkles/
  9. https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/bags-under-eyes/diagnosis-treatment/drc-20369931
  10. https://universityhealthnews.com/daily/energy-fatigue/the-dangers-of-dehydration-swollen-eyes-and-a-shrunken-brain/
  11. https://www.abc.net.au/science/articles/2012/02/28/3441707.htm
  12. https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/bags-under-eyes/diagnosis-treatment/drc-20369931
  13. https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/bags-under-eyes/diagnosis-treatment/drc-20369931
  14. https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/bags-under-eyes/diagnosis-treatment/drc-20369931
  15. https://health.clevelandclinic.org/how-to-get-rid-of-bags-under-your-eyes/
  16. https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/bags-under-eyes/diagnosis-treatment/drc-20369931
  17. https://www.hopkinsmedicine.org/health/treatment-tests-and-therapies/how-to-get-rid-of-bags-under-your-eyes
  18. http://japsonline.com/admin/php/uploads/20_pdf.pdf
  19. http://japsonline.com/admin/php/uploads/20_pdf.pdf
  20. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17147559/
  21. https://health.clevelandclinic.org/how-to-get-rid-of-bags-under-your-eyes/
  22. https://www.health.harvard.edu/blog/skin-serum-what-it-can-and-cant-do-2018061214029
  23. https://academic.oup.com/asj/article/25/6/618/188803
  24. https://academic.oup.com/asj/article/25/6/618/188803
  25. https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/bags-under-eyes/symptoms-causes/syc-20369927
  26. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3266803/

このwikiHow記事について

Chris M. Matsko, MD
共著者 ::
家庭医(かかりつけ医)
この記事の共著者 : Chris M. Matsko, MD. クリス・M・マツコ医師はペンシルバニア州ピッツバーグ在住の元内科医です。25年以上にわたって医学研究を続け、コーネル大学最優秀指導者賞を受賞しました。テンプル大学にて栄養科学の学士号を取得後、同大学医学部にて2007年に医学博士号を取得。2016年にha この記事は98,581回アクセスされました。
カテゴリ: 全般的健康
このページは 98,581 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告