相手がバイセクシャルかどうかを判断する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

相手がバイセクシャルかどうかを確認したい場合はどうすれば良いでしょうか。ゲイコミュニティの支援者になりたいと思っていたり、好きな人ができてデートに誘いたい時など、相手のセクシャリティが気になる時があります。人の性的指向は見た目では判断できませんが、本人の言動を注意深く観察すればある程度分かるかもしれません。ただ、最も確実なのは相手に直接尋ねることです。付き合ってみたいと思っているならデートに誘ってみてはどうでしょうか。あるいは、互いによく知り合えるようにまずは友達として付き合うのも一案でしょう。ただ1つ覚えておくべきことは、セクシャリティ(性のあり方全般)はプライベートな問題であるため、相手のプライバシーを侵害したり、告知(カミングアウト)するようにプレッシャーをかけたりしてはいけません。

方法 1 の 3:
相手の言動を観察する

  1. 1
    どんな人を魅力的だと思うかを確かめる バイセクシャルは男女両方の性に魅力を感じますが、誰にでも惹かれるわけではありません。相手がバイセクシャルかどうかを判断するには、人の体つきに関するコメントに注意を向けるとヒントになります。また、自分が魅力的だと思う人を指し示して、相手の反応を見るのも方法の1つです。[1]
    • 例えば、友達とビーチに行ったとしましょう。バイセクシャルの男性は「あの女の子いいね」と言った後で、「あの男子の腹筋、目が釘付けになっちゃうよ」などと言ったりもします。

    注意: 上記のようなコメントをしたからといって必ずしもバイセクシャルだとは限りません。人の体型について話すのが好きで気後れせずに自分の意見を言える人がいます。

  2. 2
    相手の過去の恋愛関係や一目惚れについて考える バイセクシャルであれば、恋愛話の1つや2つあるいは、女性男性問わず一目惚れをした経験があるかもしれません。これまでのパートナーや一目惚れの相手についてどんな話をするか注意して聴きましょう。加えて、デートに行きたいと思っている人がいることをあなたに打ち明けたことがあるかどうかも考えてみましょう。[2]
    • 例えば、相手が今男子と付き合っているとしましょう。しかし、以前は女子ともロマンチックな関係にあったとしたらバイセクシャルだと判断できそうですが、完全にそうだとは言い切れません。
    • また、女性と頻繁にデートに行く知り合いの男子が、あなたと共通の男友達についても「完璧なヤツだ」と褒めることがあるかもしれません。ただし、その場合はバイセクシャルだと言えそうです。
  3. 3
    デートの相手や一目惚れの相手に言及する時にどんな言葉を使うかに注意する バイセクシャルでまだカミングアウトしていない場合には、付き合っている相手や一目惚れの相手の性について誰にも知られたくないと思うことがあります。「彼」「彼女」という代名詞の代わりに、「その子」といった性の区別がつかない言葉を使うかもしれません。相手の言葉遣いに注意を払いましょう。[3]
    • 「この間元の恋人とばったり会ったんだ。その子、元気そうだった。でも、今でも別れて良かったと思っている」などと、彼、彼女という代名詞以外の言葉で相手に言及するでしょうか。
    • デートの相手は誰でも「その子」と呼ぶ習慣を持っている場合もあります。若しくは、「彼」「彼女」という性別代名詞を使うのが古いと思っているとも考えられます。相手の言葉遣いだけを取り上げてバイセクシャルだと判断するのは避けましょう。
  4. 4
    恋愛の話を避けるかどうかを確認する バイセクシャルは自分の性的指向について出来る限り秘密にしておきたいと思う傾向があるため、自分のデートの相手について話すのはあまり好まないかもしれません。あなたが直接尋ねても恋愛話には口を閉ざしてしまうかを考えましょう。相手から何も聞けない場合には、自分の恋愛について話し、相手が乗ってくるかどうかを確かめましょう。[4]
    • 「最近は全然デートに運がないよ。先週また新たにデートに行ったんだけれど、全く上手く行かなかった」などと言って相手の反応を確かめましょう。
    • 決して相手にプレッシャーをかけてはいけません。恋愛話をする準備ができていない場合もあります。また、「過去の恋愛話をしてくれないのはバイセクシャルだからだ」などと勝手に決めつけてもいけません。単に自分のことを話すのが好きではないのかもしれません。
  5. 5
    ファッションや話し方で相手の性的指向を仮定するのは避ける バイセクシャルの人々についてメディアはしばしば、男女両性を有した人と表現したり、性的特徴を大げさに描写したりすることがあります。しかし、これらはどちらも誤った描写で、その考え方はステレオタイプの典型例と言えるでしょう。着ている服、髪型、歩き方、所作、話し方で人を判断してはいけません。[5]
    • ショートヘアで男性っぽい服が好きな女子を見て、レズビアンあるいはバイセクシャルと判断してはいけません。
    広告

方法 2 の 3:
セクシャリティについて相手と話す

  1. 1
    セクシャリティには色々な種類があることを認識する セクシャリティは曖昧な部分がたくさんあるため議論が複雑なトピックです。男性女性両方の性に惹かれても、本人が自分自身をバイセクシャルだと定義するとは限りません。ゲイ、レズビアン、バイセクシャル、異性愛者に加えて、次のいずれかだと特定することも可能です。[6]
    • パンセクシャルまたはオムニセクシャル:男性、女性、トランスジェンダー を含む全ての性に惹かれることを意味します。
    • 性的流動性:性的アイデンティティが変わる可能性があることを意味します。
    • アンビセクシャル:両方の性に魅了され、両性愛(バイセクシャル)の代替用語として使用される可能性があります。
    • 無性愛者:どの性別にも惹かれていないことを意味します。
  2. 2
    自分の経験に言及しセクシャリティをトピックに持ち出す 自分のセクシャリティをオープンに話せば、どのようなアイデンティティであれ、相手をホッとさせ心を開いてくれるかもしれません。セクシャリティを話題に取り上げて相手がオープンに話してくれるのを待ちましょう。相手が緊張したり心を乱す様子がなければ、自分の性的アイデンティティについて語りましょう。[7]
    • 「ゲイとバイセクシャルについての素晴らしいテレビ番組を見てるんだ。見てる?登場人物についてどう思う?」 などと切り出しましょう。明るくポジティブな返答があれば、「私(僕)バイなの。その番組は既成概念に囚われていないところがいいと思うんだ!」などと続けましょう。
  3. 3
    ゲイ(LGBTQ +)コミュニティの支持者だと伝える バイセクシャルの人たちは、ゲイ問題について人がどう考えているか分からない時にはカミングアウトするのを躊躇するでしょう。しかし、あなたがゲイコミュニティの支持を訴えれば、相手のセクシャリティに関係なく、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー 、クィアなどに代表される性的マイノリティ、いわゆるLGBTQ +を支援するアライだと伝えることができます。自分の立ち位置を伝えて、いつでもLGBTQ +のために力になれることを知らせましょう。[8]
    • 「愛する相手に関係なく、愛はそれ以外の何ものでもない純粋な愛だと思う。だからLGBTQ +コミュニティのアライよ!」または「私は10代になる前に自分のセクシャリティに疑問を抱き始めたの。それで去年、自分がレズビアンだと気づいたのよ。今はLGBTQ +の人たち全てを応援するわ」などと伝えてみましょう。
  4. 4
    抵抗がなさそうなら相手にセクシャリティを尋ねる 相手がバイセクシャルかどうかを確かめる唯一の方法は本人に尋ねることです。相手が心を開いて話してくれそうだと思ったら、思い切って尋ねましょう。拒まれたら話題を変えて、相手のプライバシーを尊重しましょう。[9]
    • 「自分のセクシャリティについて考えたことある?」あるいは「自分がバイセクシャルだと思う?」などと尋ねてみましょう。
    • 答えたくなさそうなら「ああ、ごめん。気にしなくていいよ。ところでさ、最近仕事どう?」などと話題を変えましょう。
  5. 5
    カミングアウトは本人の意思に任せる 相手に善意で接していても、相手があなたに正直である必要はないことを覚えておきましょう。セクシャリティはプライベートな問題です。心の準備ができていない人にカミングアウトを迫ってはいけません。相手に時間と自由を与えましょう。また、相手がカミングアウトしないなら、あなたもしてはいけません。[10]

    ヒント: 相手からバイセクシャルだと知らされても、その情報は自分の胸にだけ留めておきましょう。第三者に友達のセクシャリティについて尋ねられたら、「知りたいなら、本人に聞いて」と返しましょう。

  6. 6
    人のセクシャリティを噂話にしない セクシャリティについて当人に尋ねるのは勇気がいることでしょう。それは当然です。ただ、特定の人のセクシャリティを本人以外の人と話したり、ある人を取り上げて「バイセクシャルだと思うか?」などと他人に尋ねたりしてはいけません。本人のいないところで本人の話をするのは陰口です。陰口は噂話となってすぐに広まり人を傷つけます。相手のセクシャリティに対して抱いている疑問や意見などは、相手に直接尋ねる覚悟が持てるまで自分の胸にだけ留めておきましょう。[11]
    • 「玲子と真奈が昨夜キスしたんだって!彼女たちバイかしら?」などと噂してはいけません。
    広告

方法 3 の 3:
相手をデートに誘う

  1. 1
    相手がカミングアウトしたらデートに誘う 相手がどちらの性別とも交際できると確かめられたらデートに誘ってみましょう。ロマンチックな関係を求めていることも伝え、2人が楽しめるアクティビティを提案しましょう。[12]
    • 次のように誘ってみてはどうでしょうか。「私、あなたと一緒に過ごすのが本当に楽しいの。友達以上になれたらいいなとも思っているのよ。金曜日にデートしない?一緒にミニゴルフに行きたいと思っているんだけれど、どうかしら?」

    ヒント:バイセクシャルだからといっても全ての人に惹かれるとは限りません。ロマンチックな関係に興味がない可能性もあることを覚悟しておきましょう。

  2. 2
    相手がバイセクシャルかどうかわからない場合は、友達になることを提案する 恋をしてしまった相手と友達としてしか付き合えないとしたら心が痛むでしょう。しかし、まずは相手との友情を育むことから始めましょう。その内に恋愛関係を築けるかどうかが分かります。共通の関心ごとを見つけて2人が楽しめるアクティビティを選び、「一緒にやってみない?」と友達感覚で気軽に誘ってみましょう。[13]
    • 2人とも地元のミュージックバンドのファンだとしたら、「今度の金曜日に(地元のバンドの名前)が演奏するのよ。聞きにいかない?」などと誘ってみましょう。
  3. 3
    一緒に時間を過ごして相手が自然に心を開いてくれるのを待つ 自然に友情を深められるように相手を誘い出しましょう。また、毎日携帯メールやメッセージを送って連絡を取り合いましょう。相手の心が徐々に和み、しばらくすれば自分のセクシャリティについて話してくれるかもしれません。[14]
    • 自分のセクシャリティについてオープンに語りましょう。そうすれば相手も同様に話してくれるかもしれません。
    • 「女の子に初めて一目惚れした時のこと、今でも覚えているわ。そういう経験ある?」などと尋ねてみましょう。
  4. 4
    気のある素ぶりを見せて相手が自分に興味があるかどうかを確かめる 相手のルックスを褒めましょう。「スタイル抜群!」などと褒めてみましょう。満更でもない様子なら、相手に愛称をつけて呼んでみて、相手も同じように自分を愛称で呼んでくれるか期待してみましょう。心の準備ができたら軽く触れて相手のガードを外してみましょう。[15]
    • 互いが自分の気持ちを段階ごとに確かめられるようにゆっくりと進みましょう。
    • 「そのトップスあなたのスタイルを引き立てて、とても似合っているわ!」「そのジーンズ、あなたのヒップが魅力的に見えるわ」などと褒めましょう。

    警告: 相手が不快感を示したら即、引きましょう。相手の心の境界線を常に尊重しましょう。

  5. 5
    拒否されたら他の友達と時間を過ごして傷心を癒す デートは常に上手く行くわけではありません。時には拒否されることもあるでしょう。そういう時には酷く落ち込みますが、あなたに非はありません。単に2人の相性が合わないというだけです。気分を変えるには、他の友達と出かけるのが効果的です。彼らに大切に思われていることが実感できて元気が出るでしょう。[16]
    • 自分の優れたところを書き出してリストにすると自信が湧いてくるでしょう。
    広告

ポイント

  • バイセクシャルの友人が本人と同性の人に興味があるという理由だけで、必ずしもあなたとの交際に興味があるとは限りません。相手に対して自分の行動パターンを変える必要はありません。[17]
  • 相手がバイセクシャルだとカミングアウトしたとしても、相手の承諾がない限り他言してはいけません。信頼できる人以外には告げていないかもしれません。
  • 相手も自分のセクシャリティについて悩んだり考えたりしているかもしれません。それ自体何の問題もありません。自分のセクシャリティについて本人が確信を持てるまで自分の勝手な判断で決めつけてはいけません。

広告

注意事項

  • 性的アイデンティティを元に人をいじめたり脅かしたりしてはいけません。誰かがいじめられているのを目撃した場合は、権威ある立場の人にすぐに報告しましょう。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 性的少数者
このページは 136 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告