相手が自分に気があるのか判断する方法

4 方法:ボディーランゲージを読む友人の気持ちを探るシャイで不器用なタイプを見分けるベタなアプローチを見分ける

相手が自分のことを好きなのか、簡単にはわからないものです。直接尋ねる勇気がなければ、自分に気があるのかどうかの見当をつけるための合図があるので、観察してみましょう。

1
ボディーランゲージを読む

  1. 1
    ボディーランゲージを理解する 人間のコミュニケーションの93パーセントは言語を用いないものです。[1]コミュニケーションは、声のトーン、顔、体、そして最後に言葉、と分類することができます。男性と女性とで共通のボディーランゲージもいくつかある一方で、無意識のものもあり、相手に気があるのかどうかを判断する際、参考になります。
  2. 2
    女性からの合図を察知する 女性は50以上の異なる合図をボディーランゲージで伝える能力があるとされています。その中には気づかれないものもある一方で、より見分けやすい特異なパターンもいくつかあります。例えば次のようなしぐさがデート中や会話をしている際に気づくべき見分けやすいサインです。
    • 袖を上げて手首を見せたら良好な合図です。女性の多くは自分がこのようなしぐさをしていることに気づいていません。これは、体で最も敏感で繊細な部分の一つを露出させるしぐさです。
    • 何らかの方法で二人の間の物理的距離を縮めようとすることもあるでしょう。女性が自分の飲み物や手元のメニューを相手の近くに置きなおすしぐさなど、複数の方法があります。[2]
    • 相手の体に触れるきっかけをつくろうとしている場合もあります。女性によってはとても自然に行う人もいます。例えば、「これ見て」と自分のスマートフォンのアプリを見せ、相手がのぞき込んだときにお互いの体が触れあいます。
  3. 3
    男性からの合図を察知する 男性のボディーランゲージの幅は女性ほど広くありません。気づくべきしぐさの一つとして、肩を後ろに引き、自分の胸に向かって息を吐くという例があります。また別の変わった例として、まるでカウボーイのごとくボトムズのベルトループに指を通す男性もいます。[3]
  4. 4
    アイコンタクトを待つ アイコンタクトは、たくさんの情報を伝えることのできる世界共通のボディーランゲージです。男性も女性も、好意を持った相手に対してアイコンタクトを用います。ただ、あまり長く見つめすぎないように気をつけましょう。せっかくの雰囲気が損なわれてしまうかもしれません。相手がこちらを見つめてきて、二人で一瞬見つめあい、さっと目をそらす、といった場面があれば、気持ちを明かしてしまったようなものです。[4]

2
友人の気持ちを探る

  1. 1
    友人も「友達以上」になることがあると認識する これはとてもよくあるケースです。自分はただの友達同士だと思っている間に、相手は特別な感情を抱いているというものです。
  2. 2
    明らかなしぐさを注意深く観察してみる 次のようなしぐさがあれば完全に相手は自分に恋しています。
    • 肩にふれてハグを求めるかもしれません。
    • 礼儀正しくセーターやコートを自分の肩にかけてくれることはありませんか?
    • 自分が現在つきあっている相手を茶化す傾向があります。
    • 何度も家へ招待してくるかもしれません。
    • 頬に軽くキスをする、あるいは求める人もいます。
    • 好きな人が誰か何度も聞いてくるタイプもいます。
  3. 3
    不安感を示す言動を注意深く観察する どのような人間関係でも見受けられる兆候ではあるものん、とくに仲間同士のやり取りで起こります。こちらの反応を何度も伺ってくる友人はいませんか?こうした人は例えば、ジョークを言うたびに相手が笑っているか確認しています。
    • 容姿に関する劣等感について話しているのを耳にしたら、気をつけましょう。自虐的なことを言いながら、こちらが気になっている人と自分を比べているのかもしれません。
  4. 4
    会話をする 自分も実際に好きだと認識したら、相思相愛です。相手に伝えましょう。また、友達同士でいたいと考えているのであれば、言動に気をつける必要があります。
    • 率直さがもちろん最善です。あいまいな伝え方は避けましょう。自分がどのような気持ちで、どれほど今の友情を感謝しているのか、正直に話しましょう。

3
シャイで不器用なタイプを見分ける

  1. 1
    シャイな人を見分ける このタイプは相手に心を開かず、好きだという気持ちも伝えません。時々雑談をする程度のタイプです。その人がこちらを見ていることですら、たまに気づく程度でしょう。
    • このようなシャイなタイプは交際することもあまりありません。誰かと実際に付き合うと長続きする傾向があります。
    • シャイなタイプの人間は多くの場合、複数の友人とつるんでいる時と、気になっている相手といる時の様子を比べることで、識別ができます。[5]
  2. 2
    自分に気がある兆候を探す シャイな人は故意にシャイに振舞っているわけではありません。もともと、あまり自信がない人もいるものです。ですが、それを理由に一方的にはねつけて良いということでもありません。シャイで不器用なタイプは例えば次のような場面で気持ちを伝えようとしていることがありまます。
    • 声をかけてきても余りに小さな声なので、ほとんど聞こえないこともあるでしょう。
    • 気になっている相手から話しかけたり触れられたりすると、顔を赤らめるかもしれません。
    • じっと見ているところを本人に気づかれてしまうこともあります。気づかれたとわかって目をそらしたら、こちらを見ていたということです。
    • 既に答えがわかっている案件について助けを求めてくることも考えられます。[6]
  3. 3
    気を引こうとしていることに気づく 好きな人に自分のことを気づいてもらおうとする人もいるでしょう。例えば、こちらが近くにいると声を大きくしたり、こちらが通りがかった時に友達と笑いあうといった様子があれば、気を引こうとしています。
    • ソーシャルメディア上では直接連絡をしてくることはないものの、様々な投稿で「いいね」をつけてくるといった場合もあります。
  4. 4
    拒絶されることを恐れている人もいると認識する 中には拒絶や失恋を恐れて自分の気持ちを全くといってよいほど示さない人もいます。
    • こうした傾向は、拒絶も人生にはよくあることだということにまだ気づいていない若い人に多く見られます。
  5. 5
    サインを読み取る このようなタイプが送るサインはわかりやすいとは言えませんが、好きだということを伝えるためのヒントを出していることもあります。次のようなサインに注目しましょう。
    • 軽くぶつかってくるときは体に触れようとしています。
    • 他にも空いた席があるにも関わらず、自分の隣に座ってくることもあるでしょう。勇気を出して徐々に近くに身を寄せてくる場合もあります。
    • こちらが怒っていたり悲しんでいる時、誰よりも先に気がつきます。いつも気にしているからです。[7]

4
ベタなアプローチを見分ける

  1. 1
    この手のタイプを判別する 時に「自分に気があるかどうか」といった駆け引きにお構いなしで、直球で攻めてくる人もいます。まったくシャイではない人もいるのです。また、このようなタイプは耳触りの良い言葉ばかりを並べることに長けた、いわゆる「遊び人」かもしれません。[8]
    • 相手がいくつも口説き文句を披露して、自分を操ろうとしているように感じられる場合は、遊び人ではないか疑いましょう。
  2. 2
    サインを見分ける 相手に自分を好きになってもらいたいかどうかに関わらず、敬意をもって状況に対応することが大切です。失礼な人を好きになる人などいません。次のような場合、直球タイプの相手が自分に気があることを示しています。
    • もう少しで鬱陶しいと感じるほど何度も話しかけてくる傾向があります。
    • こちらのどんな些細な言動にも赤面します。
    • こちらを見ていることに気づき見返すと、微笑みかけたり、変顔をします。
    • 会話を持ちかけることを恐れていません。
    • 今度一緒に遊ぼうと誘い、電話番号を渡すでしょう。[9]
  3. 3
    どちらが先に行動を起こすのかを決める 誰かを好きになったら待つ必要はありません。相手から誘われまで待つのは、あまり当てになりません。与えられている日々を存分に楽しみましょう。自分からお茶や映画に誘ってみると良いでしょう。
    • 相手が自分を好きだということがわかっていて、自分にその気がない場合、ただ無視をするという対応は控えましょう。率直に正直に自分の気持ちを伝えましょう。敬意をもって接し、相手をその気にさせたりする振る舞いは避けましょう。[10]

ポイント

  • 相手がシャイである場合、向こうから気持ちを伝えることは恐らくないということを覚えておきましょう。自分も相手が好きで、相手が自分のことを好きだという確信があるならば、尻込みをせず自分から話しかけてみましょう。
  • 相手から「女子についての相談」、「男子についての相談」をされることがあれば、じつは相談をしている張本人のことが好きで、その人を良く知りたい、彼氏・彼女としてどのように接してもらいたいと考えているのか知りたいと思って話しかけているのかもしれません。ただ、いつのこのパターンであるわけではないので、自分も相手のことが好きならば慎重になりましょう。
  • 相手がかなり鬱陶しい場合、話をしましょう。怒るのではなく、ただ話をしましょう。恐らく気持ちを伝えてくるはずですが、失礼な態度を取ろうとしているわけではないケースがほとんどです。この場で、だれも傷つく必要はありません。
  • 男性がこちらにやってきて、つま先を向けていたら、好きだと思ってよいでしょう。
  • 体が触れ合うことを恐れる必要はありません。ただし不適切な状況は避けましょう。からかいながら、はしゃぐ様に突っついたり、肩が少し触れるようにあえて近くを歩いたり、隣に座ってみましょう。相手の気持ちに確信があれば、何かを達成した際などのお祝いのタイミングでハグをしてみても良いでしょう。触れられた時に相手がどのような反応をするのかを見てみましょう。どれくらいの頻度で相手からも同じしぐさが返ってきますか?相手はそもそも同じしぐさを返してくれますか?
  • 相手に拒絶されてしまったら、同じ人に固執するのはやめましょう。前に進み、自分の人生を楽しみましょう。
  • 自分の直感を信じましょう。相手が自分を好きだと直感しているのなら、おそらく当たっています。気があるということを示す合図の「必要条件」をすべて満たしていないかもしれませんが、相手が自分のことを好きかどうか、自分の直感が教えてくれることが度々あります。

注意事項

  • 直感を信じるのであれば、相手の気持ちを読む際に、自分の信じたい内容のみに頼らないよう気をつけましょう。この点に気をつけることで、後でひどく落胆しないで済むでしょう。

記事の情報

カテゴリ:

他言語版:

English: Know when Someone Likes You, Español: saber si le gusto, Русский: определить, нравитесь ли вы человеку, Italiano: Capire Quando Piaci a Qualcuno, Português: Saber se Alguém Gosta de Você, Deutsch: Wissen wenn dich jemand mag, Français: savoir que l'on plait à quelqu'un, ไทย: รู้เมื่อมีบางคนชอบคุณ, Nederlands: Weten of iemand je leuk vindt, 中文: 知道有人倾心于你, Tiếng Việt: Nhận biết người khác thích bạn, Bahasa Indonesia: Mengetahui Apakah Dia Menyukai Anda, 한국어: 누가 날 좋아하는지 아는 법, العربية: معرفة إذا كان أحدهم معجب بك, हिन्दी: जानें जब कोई आपको पसंद करता है, Türkçe: Birisinin Senden Hoşlandığını Nasıl Anlarsın

このページは 318 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?