相手が本当に自分を愛しているかを確かめる方法はないですが、相手の何気ない仕草から、心を探ることはできます。思いを寄せる人が自分にも好意を寄せているのかを知りたいなら相手の言動に注意を払い、貴方と2人でいる時の相手の行動を観察してみましょう。愛の定義は人によって違うかもしれないですが、相手が真剣に自分を好きなのか、一目惚れしただけなのか、それともただ酔いしれているのかを確かめる方法は沢山あります。

パート 1 の 3:
相手の行動を見る

  1. 1
    相手が自分の前で自然に振る舞っているかどうかを見る 恋をしている時私達は、その相手に対して完全に心を開いた状態にあります。相手が普段人前では見せない姿を自分の前で出しているなら、恐らく自分に恋心を抱いているのかもしれません。たとえば、人前ではとても真面目で丁寧な態度を取るのに、自分の前では馬鹿をしたり戯けたりするなら、ありのままの姿を出している、また、貴方に恋をしている証拠です。
    • 心の奥に秘めた感情を気後れせずに曝け出している様子なら、貴方に恋心を抱いているのかもしれません。
    • 貴方の前で完璧でない姿を見せる、滑って転ぶ、歯に食べ物が挟まっても平気な様子でいるなら、相手は、貴方に全てを見られてもいいと思っているのでしょう。
  2. 2
    相手が自分と一緒にいて幸せかどうかを判断する 嫌な事があった日も例外ではありません。嫌なことがあっても自分に会った途端に明るくなるなら、貴方に恋をしています。貴方が好きなら貴方の顔を見ただけで、貴方の声を聞いただけで、それがほんの少しでも、相手は幸せな気分になります。
    • 相手の機嫌が悪い時や相手にとって嫌なことがあった日に、貴方の前でどのように振る舞うかを気にしてみましょう。
  3. 3
    相手が目をキョロキョロとさせておどけることがあるかどうかを確認する 嘘のように聞こえるでしょうが、相手の顔を見てチェックしましょう。ふざけた態度や甘えた態度、半泣き顔やぶりっこ顔など、目を見開いたキョトン顔を見せることがありますか。一緒にいると自然にそういう表情を見ることができます。なかなか見る機会がない場合は、朝や夕食のテーブルを囲んでいる時に注意して見てみましょう。
    • キョトン顔で貴方を見つめていることがあるかもしれません。
  4. 4
    相手が自分の前で有頂天になるかどうかを確認する 恋をすると人は舞い上がり、浮き浮きし、意味もなく笑ったりします。相手にそのような様子が見えたら、貴方に恋をしているのかもしれません。相手のテンションが高く嬉しくて興奮している様子、理由もないのに今にも笑いそうな時があるとしたら、恋をしているのでしょう。
    • 特に面白いわけではない貴方の言葉に相手が大笑いするなら、相手は恋患いにかかっている可能性があるでしょう。
    • 相手が貴方の近くで、神経質そうな素振りを見せたりそわそわしたりするなら、貴方を見て気が動転しているのかもしれません。
  5. 5
    貴方が憤慨している時に相手も同様に腹を立てているかどうかを確認する 信じ難い程の精神的苦痛を味わっている時、または、単に風をひいて元気がない時、そのネガティブな精神状態が貴方に恋をしている人に移ります。相手が本当に貴方を思っているなら、貴方のマイナスの感情を吸収し、相手も気落ちしてしまいます。できるだけ早く元の元気な姿を見たいと願っているからです。
    • 貴方の幸せを常に望んでいるので、そうじゃない貴方を見ると、相手に気落ちする理由がなくても影響を受けてしまいます。
    広告

パート 2 の 3:
相手の言葉に注意する

  1. 1
    自分と相手との未来を前向きに話すかどうかを確認する 本気で好きな人の未来を自分の将来に交えて考えるのは当たり前です。好きな人との将来を考えて憂いたり心配したりしません。1年後、2年後、または10年後に2人が何をしているか、その時の2人の生活はどんな感じかを想像して頻繁に話をするなら、貴方に恋をしている証拠です。
    • 他人への深い関わりを誓うということは、自分と相手との未来図を永遠に見続けることです。相手が将来の話をする時にいつも貴方を交えて話すなら、本当に愛していると言えるでしょう。
    • 貴方の子どもがどんな風貌か、2人の定年後の生活場所はどこか、ハネムーンはどこへ行くかなどを話題にするなら、貴方を愛している証拠でしょう。
  2. 2
    相手が意味のある言葉をかけてくれるかどうかを確認する 「そのヘアスタイルいいね」と「貴方はどんな時でも私を元気にしてくれる」とは全く違います。1人の人間としての良さを認め大切に思い、褒めてくれるなら、本当に愛している証拠でしょう。
    • 相手が頻繁に貴方を褒める必要はありません。大切なのは質であって頻度でありません。
  3. 3
    貴方に発する「愛しているよ」の言葉に、誠実さがあるかを確認する 「好きだよ!」と「愛している」には雲泥の差があります。相手が貴方の目を見つめ真剣に何の見返りも期待せずに「愛している」と言うなら、正直な気持ちと言えるでしょう。
    • 相手が紛れもなく貴方を愛しているなら、状況がそう言わせるからではなく理由もなくそう言うはずです。
  4. 4
    相手が自分に対して心を開いているかどうかを確認する 貴方に対して本当に心を開いているなら、自分の考え、気持ち、恐怖感、憧れなどを正直に告げるでしょう。相手が自分の子供時代や大きな後悔、辛かった事や未来のロマンチックな夢などについて語るとしたら、貴方のことを何でも気軽に話せる相手だと思っている証拠です。
    • 「誰にも話したことはなかった」と言って打ち明け話をするなら、貴方を信頼し心底愛している可能性が十分にあります。
  5. 5
    離れている時、相手が寂しく思うかを確かめる 2人が離れている時にメール、電話、メッセージなどのやり取りで相手が寂しいと伝えてきたら、貴方のいない生活が想像できないと思っている証拠です。3週間の休暇で留守にしている間、相手から全く連絡がないとしたら、愛されているかどうかは疑問です。
    • 相手が寂しく思う度に連絡を取るとは限りません。
  6. 6
    自分の間違いを訂正してくれる 貴方を本気で思いやっているのなら、貴方を偶像化しません。貴方の間違いや、筋が通っていないこと、不正な行為を気兼ねなく正してくれるでしょう。常に貴方を批判することはなく、時折建設的なアドバイスをしてくれるなら、貴方のことを裏も表も分かっていて、良い所と同じように間違いも受け入れている証拠です。
    • 相手と口論にもならず相手からの忠告もないとしたら、注意しましょう。本当に貴方を愛しているかを確認しましょう。貴方の理想像を追っている可能性があります。
  7. 7
    相手が自分の意見を尊重するかを確認する 貴方を本気で愛しているなら、新しく買った靴から政治的な立ち位置まで、どんなことでも貴方の意見を大切にします。また、意見を聞くのに多少照れくさがるかもしれませんが、事の大小にかかわらず貴方にアドバイスを求めるでしょう。
    • 全ての事柄に対して貴方の意見を聞くとは限りません。重要な事柄に関してのみです。
    広告

パート 3 の 3:
相手の行動に注意する

  1. 1
    話を聴いてくれる 相手が心底貴方を愛しているなら、貴方に心を開くだけでなく、貴方の言葉に真摯に耳を傾けるでしょう。過去に聞いたことがある話でも聴いてくれるはずです。貴方の言いなりになるペットにはならなくても、貴方の考えに常に耳を傾けてくれるでしょう。自分の好きな話題に切り替えることなく、思慮深く対応し最後まで話を聴いてくれるはずです。
    • 愛とは、話すだけでなく、ただ聞くことで十分な時もあります。
  2. 2
    貴方に常に寄り添ってくれるかを確かめる 相手にとって不都合な状況でも自分に寄り添ってくれるかを確かめましょう。飲みに行ったり美味しい物を食べに行ったりする時に貴方の側にいてくれるのは当たり前ですが、貴方が空港に迎えに来てほしい時、病気で犬の散歩に行けない時、親切に手を貸してくれるでしょうか。本気で貴方を愛しているなら、楽しい時と同様に辛い時にも貴方を思って親切にしてくれるでしょう。
    • 貴方が幸せで心も軽く、気分が良い時にだけ側にいて、貴方が寂しそうにしたり、機嫌が悪くなるとその場を去るようなら、愛ではありません。
    • 愛とはどんな時でも相手に寄り添うことです。相手のポジティブな面、ネガティブな面の両方を受け入れ、良い時も悪い時も相手に寄り添うことです。
  3. 3
    貴方のためにしてくれた良い事を考える 本気で愛しているなら、貴方が忙しい時に車にガソリンを入れてくれる、食料の買い出しに行ってくれる、病気の時には、スープを持って来てくれるなど、貴方を思いやって行動してくれます。こういった行動は常時取る必要はなく、また大げさにする必要もありません。本当の愛が根底にあると人は、相手の笑顔が見たい、元気になって欲しいと思って振る舞います。
    • 真の愛とは、相手から何かを得ようとするばかりではなく、相手に無償で与えることです。
    • 本気で貴方を愛しているなら、頼まれなくても優しく接してくれるでしょう。助けが必要だとほのめかすだけで十分なはずです。常に頼まないと分かってもらえないとしたら、本当の愛ではないかもしれません。
  4. 4
    相手がいつも貴方と一緒にいたいと思っているかを確かめる 愛とは、例えそれが難しい時でさえも、常に愛する人の側にいたいと思うことです。貴方を真剣に愛しているなら、いつも貴方の側にいたいと願うでしょう。金魚の糞のように人の背後について離れないということではありません。できるだけ多く貴方に会う機会を作るという意味です。
  5. 5
    1人の時間を与えてもらう 本気で愛しているなら、貴方の側にいつもいたいと思いながらも、貴方が自分のしたいことに集中できるように1人の時間を与えてくれるでしょう。相手が貴方の都合を無視して常に貴方の側にいたいと思うようなら、貴方への愛ではなく、貴方への思いに酔いしれているだけです。愛が成熟すると、お互いが其々に自分のことに従事する必要性を理解するようになります。
    • 相手が、起きている間は常に貴方の側にいたがるのであれば、本当の愛ではなく不安な気持ちの表れです。
  6. 6
    貴方を本当に理解しているかを確かめる 真の愛は真の理解を意味します。説得力を欠く表現ですが、本当に人を愛するには、その人を完全に理解する必要がありあます。貴方の気持ち、欲しい物や欲しくない物が全て理解でき、何が貴方を幸せにさせるのかを貴方自身が気づく前に理解できるなら、貴方への本当の愛だと言えるでしょう。
    • 相手に対して神秘的な所が多少あっても問題はありません。完璧に理解してもらえなくても、相手は大方、自分の見解を理解しているという感覚を持つことが重要です。
  7. 7
    貴方のために最善を願うかを確かめる 真の愛とは、自分にとって必ずしも良いことではなくても、相手にとって最善であるならそれを願うことです。本気で人を愛しているなら、自分にとっては最善の選択ではなくても相手がしなければならない、または、相手が自分と距離を置かなければならない状況を理解します。貴方が海洋生物学のキャリアのために夏を孤島で過ごさなければならない時、その状況を理解してくれるはずです。試験前に睡眠を十分にとりたいので早く帰宅したい、そのために夕方愛する人と時間を過ごせない、という状況を納得してくれます。
    • 相手が常に2人一緒の最善だけを望むとしたら、貴方を一定の義務を負い願望を持つ自立した人間だとみなしていない証拠です。
  8. 8
    貴方を応援してくれるかを確かめる 本気で貴方を愛しているなら、自分が楽しい時だけ貴方を応援するのではなく、貴方が目標を目指して前進するのもサポートしてくれるはずです。貴方のサッカーゲームの応援にかけつける、論文審査のためのサポートを惜しまない、仕事の面接に車で送ってくれるなど色々な形でサポートしてくれるでしょう。貴方が自分にとって大事な話をしたい時には側で聴いてくれるでしょう。
    • 本当に貴方を愛しているなら、あなたの目標が自分には全く関係なくても、達成のための応援を惜しみません。
    広告

ポイント

  • ひとたび貴方の思いが相手に分かると、相手の行動が変わります。貴方を違った目で見るようになり、貴方の側では常にニコニコしだします。
  • 貴方に話しかけてこないのは、貴方を愛していないという訳ではありません。単に恥ずかしがっているだけかもしれません。
  • 親しみを持った接し方と誘惑とを混同しないようにしましょう。傷つく結果になるかもしれません。
  • 必要以上に距離をおいてはいけません。相手を失ってしまう恐れがあります。
  • パートナーが貴方にべったりくっついて来る、貴方のことを常に心配しているとしたら、その理由を考えましょう。相手は自分自身のためにそう言った行動を取ることがあります。

広告

注意事項

  • 相手の態度から、まだ自分のことを本気で好きではないのではと不安に思う時があるかもしれません。しかし、それは貴方が悪いことをしたからではありません。相手がまだ、人生最大の決断ができていないからでしょう。
  • 貴方があまり興味を示さなかったり、迷惑がったり、あるいは、貴方に彼女、彼、配偶者など大切な人がいる場合、彼らとの深く関わりを否定するまで、相手は貴方との愛を犠牲にしようとするかもしれません。
広告

関連記事

How to

すぐに涙を出す

How to

恋人からの信頼を取り戻す

How to

ソシオパスかどうかを見抜く

How to

復讐する

How to

他者に依存しない

How to

キスが上手になる

How to

泣いている人を慰める

How to

敬意を持って人に接する

How to

女性をその気にさせる

How to

相手に嫌われていないかを判断する

How to

友達がゲイかどうか見分ける

How to

男性からの好意に気付く

How to

キスマークをつける

How to

落ち込んでいる友達を励ます
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む117人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は46,730回アクセスされました。
カテゴリ: | 人間関係
このページは 46,730 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告