相手に嫌われていないかを判断する方法

この記事には:相手の反応を見る相手が出している重要なサインを知る仲良く接する

他人に対する強い嫌悪感をはっきりと表に出す人もいますが、その感情を隠さなければならない場合も多いでしょう。「嫌悪感」は実に複雑な感情で、例えば、誰かに対して「人としては嫌ってはいないが、言動が好きになれない」と感じる人もいます。ここでは、自分が相手に嫌われているかどうかを判断する方法と、実際に嫌われていた場合の対処法を見ていきましょう。

1
相手の反応を見る

  1. 1
    相手の目に注目しましょう。相手が嫌悪感を抱いている場合、口には出していなくても、目を見れば分かることがあります。実際に、人間は感情によって、瞳孔の大きさが変わることもあるのです。これは、制御できるものではありません。相手が自分と話すことにイライラしているかどうかを判断するときは、まずは相手の目の動きを見てみましょう。
    • 目が上方向、あるいは右方向をずっと見ている場合、それは相手が退屈している証拠です。
    • 目の瞳孔は、興味があることに関しては開き、退屈になると小さくなる傾向があります。[1]
    • 相手が目を合わせてくれないというのは、相手が何かを隠している、信用していない、怖がっているなどの合図である場合があります。[2]
  2. 2
    相手の過剰な反応には、注目しましょう。相手の感情表現が激しくなるというのは、あなたとの関係性が上手くいっていない証拠かもしれません。しかし、いつも感情表現が激しい人なのであれば、気にする必要はありません。あくまで、普段の態度と自分と接しているときの態度の違いに着目するのです。また、自分にとっての普通の反応と相手にとっての普通の反応が同じではない可能性があることも覚えておきましょう。相手の反応に関して、以下のことに特に注目します。
    • 肩が強張っていないか
    • 退屈していそう、あるいは興味が無さそうではないか
    • 反応が過剰で芝居がかっていないか
    • 声のトーン
    • 反応速度が通常より速い、あるいは通常より遅くはないか[3]
  3. 3
    相手の普段の態度との違いを見極めましょう。人は、自分の言動に心がこもっているかどうかによって、態度が少し変わる傾向があります。本当はあまり話したくないことを話したり、嘘をついたりするときには、無意識に出てしまう咄嗟の反応があるものです。いわゆる「うそ発見器」を使うポリグラフ検査では、人が真実を話しているときと嘘をついているときの反応の小さな違いを見ています。[4] 日常の場面ではこのような機械は使えませんが、「嫌い」という感情を示す咄嗟の反応を見ることはできます。以下のことに着目してみましょう。
    • 嘘をついている、あるいは話を逸らそうとしている態度かどうかを見ましょう。人は嘘をつくとき、少し感情的になるので、それを隠そうとします。したがって、相手が感情を隠そうとしているかどうかに注目しましょう。[5]
    • あなたと接するときの態度と他者に接するときの態度の違いを見ましょう。
    • 話さざるを得ない話題について話すときと、話す必要がない世間話をするときの態度の違いを見ましょう。例えば、相手が職場の同僚であるとき、仕事の話と世間話をするときの態度に違いはありませんか?
    • あなたが相手の欲している物や情報を持っているときと、それ以外のときとの間に態度の違いがないかを見ましょう。例えば、優等生に対して、勉強を教えてほしいときは優しく接し、それ以外のときは冷たく接する生徒がいたとします。恐らくその生徒は、その優等生のことを嫌っているでしょう。
    • あらゆる状況での相手の態度の違いを見ましょう。相手があなたを嫌っている場合、良い態度を取ることにメリットがない限り、いつも同じような嫌な態度を取るはずです。しかし、状況によって相手の態度が変わるのであれば、あなたへの感情とは全く関係がない別の要因が絡んでいる可能性があります。
  4. 4
    「嫌い」という感情と別の感情の違いを見極めましょう。嫉妬、人見知り、恐怖、憎しみなどの感情は、傍から見ると、区別がつきにくいことがあります。区別をつけるためには、以下の点に注意しましょう。
    • 相手がいつでも静かで誰に対しても人見知りをするのかをチェックしましょう。
    • 自分は、相手が嫉妬するような地位や物を持っていないか考えましょう。
    • 自分は、相手に対して強引な態度や厳しい態度を取っていないかを確認しましょう。相手は、あなたの態度や反応を恐れている可能性があります。
  5. 5
    相手が自分に対してどれほど心を開いているのかを考えましょう。プライベートなことをどれほど開示するかは人によって違いますが、共通の関心事であるにもかかわらず、相手があまり話したがらない場合は、関係性に問題があると言えます。[6] 嫌われているわけではなく、ただ伝え忘れていただけかもしれませんが、相手がなぜ素直になってくれないのかを一度きちんと確認することは大事なことです。以下のことを相手が開示しているかを考えてみましょう。
    • 一緒に取り組んでいる仕事に関連する情報
    • あなたが仕事をする上で確実に役に立つ情報
    • 他者から預かったあなた宛ての伝言

2
相手が出している重要なサインを知る

  1. 1
    自分への個人攻撃であると早合点しないようにしましょう。常に相手の態度を見て、相手が誰に対しても失礼であったり、退屈そうな態度を取っていたりしないかを確認しましょう。あなたに対する感情とは関係がなく、普段から態度が悪い人間である可能性があります。
  2. 2
    相手の態度の傾向を分析しましょう。相手が初対面の人や、普段は嫌な態度を取らない人なのであれば、あまり気にする必要はありません。気分が乗らない日は誰にでもあり、そういう日には不機嫌になったり、きついことを言ってしまったりします。相手が自分を嫌っているかを確認するためには、一度や二度のことにこだわるのではなく、相手の態度を長期的に観察することが大切です。
  3. 3
    「嫌悪」と「思いやりのなさ」をはき違えないようにしましょう。あなたのことをあまり知らない相手であれば、あなたがどのような言動に傷つくのかを分かっていないだけかもしれません。空気を読めない人はたくさんいるので、あなたが嫌がっている素振りをしても、そのことに相手が気がついていない可能性があります。また、頭よりも先に口が動く人もいるので、後々後悔することを平気で言う人がいます。相手がそういうタイプの人間かどうかを判断するためには、普段から思いやりに欠ける発言をしていないかに注目しましょう。そういった発言が多い相手なのであれば、それはあなたを嫌っているのではなく、ただ空気を読めない人なのです。
  4. 4
    情報源には注意しましょう。誰かが自分を嫌っているということを他者から聞いただけなのであれば、その発信元が信頼できる人物なのかを考えましょう。なぜそのように思うのかを聞き、その理由が当てになるものかを考える必要があります。噂好きな人から聞いた話なのであれば、あなたのためを思って言ってくれたのか、人間関係をかき回したいだけなのかを考えましょう。
  5. 5
    自分の態度にも注意しましょう。自分が何か特定のことをするたびに相手の態度が悪くなるのであれば、相手が嫌っているのはあなたのことではなく、その特定の言動であるかもしれません。相手を怒らせる可能性がある態度を以下にあげます。
    • 特定の話題
    • 相手が失礼だと感じる言葉やシンボル
    • 相手が下品だと感じる冗談
    • 何かをしてほしいという相手への要求
    • 相手にとって大切な人へのあなたの態度
    • スキンシップの量(例えば、誰にでもハグをする人もいれば、特定の人としかしない人もいます。不満の原因は、あなたが相手に取るスキンシップにあるのかもしれません。)

3
仲良く接する

  1. 1
    直接質問をしてみましょう。相手がイライラした態度を示したとき、あなたの言動の何にイライラしたのかを優しく聞いてみるのです。態度を変えることを要求しているのではなく、あくまで理由が知りたいのだということを相手に伝えましょう。そうすると、話がややこしくならずに済みます。直接話すことに抵抗を感じる場合は、メモ書きや留守電を残すのも一つの手です。そうすることで、相手もすぐに反論するのではなく、問題解決のために考える時間を取ることができます。どんなに優しく言っても、相手があなたに暴言を吐く可能性があることは念頭に置いておきましょう。以下に質問の例をあげます。
    • 「いつも元気がないように見えるんだけど、私にできることはある?」
    • 「他の人と私に対しての態度が違うように見えるんだけど、どうしてかな?」
    • 「○○のとき、いつも怒っているように見えるんだけど、私に何かできることはある?」
    • 「私、あなたを怒らせることを何かしたのかな?私に怒っているように見えるんだけど、どうしてか分からないんだ。」
  2. 2
    相手の立場に立って物事を考えてみましょう。相手に取っている態度を自分が取られたらどう感じるかを考えます。その際に、以下のことを考慮してみましょう。
    • 仕事を多く与えすぎていませんか?
    • 相手といるときに、楽しんでいる態度より、イライラしている態度を取ることの方が多くはありませんか?
    • 相手の発言を否定することがありませんか?たとえ言葉では反対意見を言っていなくても、気持ちを隠しきれていないせいで、相手からの信用を失っているかもしれません。
  3. 3
    怒らないようにしましょう。怒鳴ったり暴言を吐いたりすることは、状況を悪化させるだけです。冷静さを保ち、お互いが納得できる妥協案を考えましょう。相手の態度をこちらが強引に変えることはできないという点は覚えておきましょう。お互いの意見の相違について相手が話しあう姿勢を示さなかった場合は、今後は相手とはあまり話さないでおきましょう。
  4. 4
    八つ当たりである可能性も考慮に入れましょう。不機嫌な人が、その怒りとは全く無関係な人に八つ当たりすることもあります。相手が怒っているのか八つ当たりをしているのかを判断することは難しいことですが、いずれにせよ、堂々とした態度で、相手に簡単には標的にされないという意思を示すのです。相手が文句を言ってきても、落ち着いた態度で以下のようなことを伝えましょう。
    • 「すごく意地悪な発言だね。」
    • 「どうしてそんなことを言うの?」
    • 「このドレスが気にくわないみたいで残念だけど、私の一番のお気に入りなんだよ。」(あるいは、もっと神妙なトーンで「これは去年亡くなった母の一番のお気に入りだったの」などといった発言でも問題ありません。)
    • 「気に障ることを言ってごめんなさい。怒らせるつもりは無かったんだ。」
  5. 5
    相手の気に障ることを言ってしまったのであれば、謝りましょうあなたのせいで関係性が悪化したのであれば、相手はあなたが問題解決のきっかけを作ることを望んでいるでしょう。どれだけ昔の言動がきっかけであったとしても、関係を修復することに遅すぎることはありません。

ポイント

  1. どんな態度を取っていようと、全ての人から好かれるのは不可能なことです。相手に気に入られるための手段をすべて実行しても問題が解決しないのであれば、最も手っ取り早い解決方法は、諦めることです。
  2. ストレスを感じさせるタイプの人間のことは放っておきましょう。相手があなたを好いていようがなかろうが、良いコミュニケーションが取れないのであれば、相手の態度は許して放っておくのが良い判断です。
  3. 相手が自分を嫌っているのではないかという悩みを大げさに他者に話すことはやめましょう。友達や家族、同僚たちは、そのような悩みを大げさに話されても良い気持ちにはなりません。
  4. 相手と考え方が合わず、妥協案が見つからないのであれば、相手を避けるのも一つの手です。相手が自分のことを嫌っていないかを必要以上に確認しようとするのはやめましょう。関係を修復しようとする行動が裏目に出ることもあります。

記事の情報

カテゴリ: 社交 | 人間関係

他言語版:

English: Tell if Someone Hates You, Español: saber si alguien te odia, Italiano: Capire se Qualcuno ti Odia, Русский: определить, что кто то вас ненавидит, Português: Saber se Alguém te Odeia, Bahasa Indonesia: Melihat Apakah Seseorang Membenci Anda, Français: savoir si quelqu'un vous déteste, Deutsch: Herausfinden, ob dich jemand hasst, Nederlands: Erachter komen of iemand een hekel aan je heeft, 中文: 判断别人是否讨厌你, العربية: معرفة إن كان شخص يكرهك

このページは 14,005 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?