PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

誰かに「距離を置きたい」と言われるのは心が痛むものです。その人を失うかもしれないという不安も生まれるかもしれません。距離を置きたいと言われて動揺するのは珍しいことではありませんが、その関係を今後も続けていきたいと思うのであれば、相手の気持ちを尊重することが大切です。相手が心の余裕を取り戻せるように、距離を置くという提案を受け入れつつも、そうするのはこの関係を維持したいからであることを伝えましょう。相手と距離を置いている間は、状況を緩和させることに集中し、関係の修復に努めましょう。

方法 1 の 3:
相手の気持ちを尊重する

  1. 1
    どのくらい距離を置きたいのか聞く お互いの状況を確認し合う日を設けるとしても、距離を置く期間は具体的に決めておきしましょう。また、相手があなたに何を望むのか(連絡を取る頻度を制限する、公共の場で会うのは避けるなど)も聞いておきましょう。そうすれば、相手の要望を満たすと同時に、2人の関係を傷つけるような誤解が生じるのを防ぐことができます。[1]
    • 「君が必要だと感じる期間、距離を置くのは構わないよ。君にとって距離を置くっていうのはどういうことなのか教えてほしい。君の要望を知っておきたいんだ」などと言ってみましょう。
    • 例えば、相手は数日間は連絡(テキストメッセージやSNSでのやり取り、対面での会話など)を取り合うのをやめたいと思っているかもしれませんし、1人の時間をしっかりともらえるのであれば、時折テキストメッセージでやり取りする程度なら問題ないと考える場合もあるでしょう。
  2. 2
    相手のことを想っているからこそ、距離を置くことを受け入れるのだと伝える 距離を置くことで生じる厄介な点は、相手が「この人は私のことなんてどうでもいいんだ」と思い始める可能性があることです。相手に構えば構ったで嫌がられるため、それが難しいところでもあります。距離を置くのは再び元の関係に戻る準備が整うまでの間だけだということを説明し、お互いの考えを一致させておきましょう。[2]
    • 「君は僕にとってとても大切な存在なんだ。君をそっとしておかなくちゃいけないのはよく分かるよ。だからしばらく距離を置こう。結果的に僕たちの絆が深まればいいなと思ってるよ」などと伝えましょう。
  3. 3
    距離を置いている間は電話やテキストメッセージをしない 距離を置くことになった理由にもよりますが、大抵の場合、数日間あるいは数週間は連絡を控える必要があります。この期間は、相手と同意した以上の頻度で電話をかけたり、テキストメッセージを送ってはいけません。約束を守らなければ、相手は自分の気持ちを尊重してもらえていないと感じ、不快になるかもしれません。[3]
    • 可能であれば、「君のほうから連絡してくれるまで、僕からは電話もテキストメッセージもしないほうがいい?」などと聞いて、相手の希望を確認しておきましょう。
    • 距離を置くというのは、相手と一緒に過ごさないことだけに限りません。テキストメッセージを送るのは、相手が必要としているスペースを与えていないことになります。

    ポイント:テキストメッセージや電話での連絡を避ける期間は、相手との間に起こったことや、相手がどの程度距離を置きたいと考えているのかによって変わります。

  4. 4
    相手のSNSを覗かない 相手の近況が気になることもあるでしょう。しかし、相手のSNSを覗き見るのは、お互いにとってよくありません。相手のことがますます気になるだけでなく、相手はあなたからしつこく監視されていると感じるかもしれません。そのような事態になるのを避けるためにも、相手のSNSは見ないようにしましょう。[4]
    • 相手の投稿に「いいね!」やコメントをしてはいけません。また、共通の友人に相手の近況を尋ねるのもやめましょう。

    ポイント:SNSで相手に直接向けた投稿をするのはやめましょう。相手がその投稿を見れば、気分を害する可能性があり、SNSを通して連絡を取ろうとしているのだと思われます。

  5. 5
    相手と出くわす可能性がある場所には行かない 一緒に住んでいる場合や同じ学校に通っている場合は特に、相手を完全に避けるのは難しいかもしれませんが、相手の職場やお気に入りのレストランなど、その人がよくいる可能性のある場所にはできるだけ行かないようにしましょう。そうすれば、相手と遭遇して気まずい雰囲気になるのを避けられます。[5]
    • 例えば、相手が行きつけのコーヒーショップで毎日コーヒーを買うのが好きなのを知っている場合、あなたがそのコーヒーショップにいるところを見られれば、意図的にその場に居合わせたのではないかと思われるかもしれません。
  6. 6
    近況を尋ねたり、行動を監視しない 相手が「距離を置きたい」と言うのは、1人の時間を過ごし、あなたとの関係に何を求めるのかを考える時間が欲しいからです。相手の行動を全て把握しようとすれば、相手が必要とする1人の時間を与えることにはなりません。事細かに説明を求めるのではなく、相手が自分にとって正しいと感じることをさせてあげましょう。[6]
    • 「誰と会う予定なの?」などと聞きたくなるかもしれませんが、このような質問をすると、相手は「私の気持ちを尊重してもらえていない」と感じるでしょう。
    • 距離を置く間に会ってもよい人、してもよいことなど、決まりを設けようとしてはいけません。
    広告

方法 2 の 3:
自分に焦点を当てる

  1. 1
    自分の感情に意識を向けつつも、左右されないようにする 大切な人と離れて過ごすのは簡単なことではありません。悲しみや怒り、不満や不安を感じるでしょう。自分の感情を認識し、日記をつけたり、芸術作品を作るなどして、健全な方法でその感情を表現しましょう。感情のままに行動しては、状況が悪化するだけです。[7]
    • 例えば、「親友のユミを失ってしまうかと思うと悲しい」などと言ってみると、気持ちを落ち着かせることができるでしょう。
    • 一方で、相手に電話をかけて自分の怒りの感情を吐き出すようなことをするのはよくありません。
  2. 2
    楽しいことをしたり、友人と時間を過ごすなどして気を紛らわす 相手が何をしているのか気にするのではなく、自分にとって大切なことをして時間を過ごしましょう。友人に会ったり、趣味に没頭したり、新しい趣味を見つけてみるのもよいでしょう。相手のことを考える暇がなくなるくらい、自分の自由な時間を楽しむのです。[8]
    • 例えば、月曜日は映画鑑賞、火曜日はゲームをして楽しむ夜、水曜日は絵画を描く、木曜日はトランプ手品の練習、金曜日は高校のサッカーの試合に行くなどと予定を立てるとよいでしょう。

    アドバイス:忙しくしていれば、寂しさから相手に電話をかけてしまう心配も減るでしょう。相手がいなくとも楽しい時を過ごすことで、相手が必要とする1人の時間を与えているのです。

  3. 3
    相手以外のことに考えを巡らす 相手のことを失ってしまうのではないかと心配しているかもしれませんが、それでは問題は解決しません。ますます惨めな気持ちになり、早く相手の元へ戻りたくなるだけです。読書やゲームをしたり、ドキュメンタリーを見るなど、何か夢中になれることをしてみましょう。そうすれば、相手のことを考えずに済むはずです。[9]
    • 例えば、昼休みに相手のことを考えている自分に気付いたとします。そんな時は、読書をして気持ちを切り替えましょう。
  4. 4
    感情を吐き出す必要がある時は、信頼できる人に話す 気が動転しているのであれば、感情を吐き出すと楽になるかもしれません。信頼できる人に今の状況を話してみましょう。その際、ただ話を聞いてもらいたいだけなのか、あるいはアドバイスを求めているのかも伝えましょう。[10]
    • 例えば、「今ね、辛い状況でさ、感情を吐き出したいの。彼に距離を置こうと言われたんだけど、別れることにならないか心配なんだ。彼に会えなくて辛い」などと話してみましょう。

    他の方法:誰かに自分の気持ちを吐き出すことはしたくないという人は、日記に書き出してみるとよいでしょう。

  5. 5
    最高の人生を送るためにセルフケアを取り入れる 自分自身をしっかりとケアすれば、気分が落ち着くだけでなく、あなたは自立した人間なのだと周囲に知らせることができます。健康的な食事や運動、日常的な入浴を心がけましょう。さらに、お気に入りのコーヒーを買う、お風呂に入ってリラックスする、近所に散歩に出かけるなど、自分のために何か良いことをしてみましょう。[11]
    • 辛い状況を乗り越えながらもセルフケアを怠らないようにするため、スケジュールを立てましょう。
    広告

方法 3 の 3:
関係を修復する

  1. 1
    相手が距離を置きたかった理由を理解する 「距離を置きたい」と言われる前に相手との間に起こったこと、距離を置くにあたってどのような要望を伝えられたかを思い出してみましょう。そして、どう対処すべきだったのか、今後は状況をどのように改善していくかを考えます。[12]
    • 例えば、喧嘩をしたり、相手に「しつこい人だ」と思われるような行動を取ってしまったことはなかったか、思い返してみましょう。
    • 相手の心の準備が整っているのであれば、相手が距離を置きたいと思った理由について話し合います。「あなたを遠ざけるようなこと、何かしてしまったかな?」などと聞いてみましょう。
  2. 2
    謝罪する お互いに相手を傷つける行動を取ってしまったと考えるのが妥当かもしれませんが、あなたがコントロールできるのは自分の行動のみです。自分たちの間に何が起きたのかを理解し、申し訳なく思っていることを伝え、今後は同じ過ちを繰り返さないようにする意志があることを説明しましょう。[13]
    • 「友達と過ごす時間が必要だと言うあなたのことを尊重してあげられなかったよね。私にコントロールされているような気にさせてしまって申し訳なく思ってる。これからは、私以外の人との付き合いにも時間を費やせるように調整するね」などと話してみましょう。
    • 「この前、パーティーであなたの元恋人と話してしまってごめん。嫌な思いをさせてしまったね。今後は私たちの友情をもっと大切にするよ」などと言うこともできるでしょう。
  3. 3
    関係修復後の楽しいイベントを計画する 初めのうちはぎこちなさが残っていたり、自分の気持ちを話したい衝動に駆られるかもしれません。しかし、元の関係に戻るには、相手と一緒に楽しい時間を過ごすことが最善策です。お互いに楽しめるアクティビティを選び、相手を誘いましょう。[14]
    • 腹を割って話さなくてはならない状況になり得るアクティビティは避けましょう。例えば、ボーリング、ミニゴルフ、ロッククライミング、コンサートなどがよいでしょう。
    • 共通の関心事を選べば、お互いに相手といることの楽しさを思い出すことができるでしょう。
  4. 4
    お互いが自立する時間を設ける 健全な関係を築けば、お互いに成長することができ、それぞれが自分の興味関心を追求し、相手以外の人との付き合いも楽しめるでしょう。お互いに満足のいく関係を築くために、それぞれが求めるものは何なのかを話し合って決めます。そして、両者が自立し、幸せでいられるよう、今までの習慣を改めましょう。[15]
    • 恋愛関係の場合は、1週間のうち2、3日は自分の趣味や友人との付き合いに時間を費やすとよいでしょう。
    • 友情関係ならば、相手には他の友人もいることを尊重し、相手の元恋人と会うことはしないなどと決めるとよいでしょう。
    • きょうだいなど、相手が家族ならば、パーソナルスペースを尊重する、毎日お互いに1人になれる時間を設ける、相手の物を無断で使わないなどと決めてみましょう。
  5. 5
    テキストメッセージや電話を通して、あるいは直接会って毎日話す コミュニケーションを取らずに良い関係を維持することはできないため、相手と連絡を取る方法を見つけることが大切です。ミームを送ったり、どんな一日を過ごしているか聞いたり、夜に話す時間を設けましょう。2人の関係において、良いコミュニケーションの形を決めるために、お互いの希望を話し合いましょう。[16]
    • 一緒に住んでいれば相手と面と向かって話す機会が多くなるかもしれませんが、離れている時間が多いのであれば、1日に数回テキストメッセージでやり取りをするのを好む場合もあるでしょう。
    • 相手がコミュニケーションの頻度を減らしたいと言うのであれば、その意見を尊重しましょう。
    広告

ポイント

  • 距離を置くことで相手との関係がより強固なものになることもあるため、心配しないようにしましょう。
広告

注意事項

  • 距離を置くなかで、相手があなたとの関係を続けていきたくないという結論に至る場合もあります。残念なことですが、時が経つにつれ、物事は良い方向に向かっていくでしょう。
広告

関連記事

壁の向こう側の会話を聞き取る壁の向こう側の会話を聞き取る
すぐに涙を出すすぐに涙を出す
げっぷするげっぷする
他者に依存しない他者に依存しない
恋人からの信頼を取り戻す恋人からの信頼を取り戻す
復讐する復讐する
キスが上手になるキスが上手になる
ソシオパスかどうかを見抜くソシオパスかどうかを見抜く
敬意を持って人に接する敬意を持って人に接する
笑ってはいけない時に笑いを止める笑ってはいけない時に笑いを止める
泣いている人を慰める泣いている人を慰める
自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する
笑い方を変える笑い方を変える
相手が自分を本当に好きかを知る相手が自分を本当に好きかを知る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 人間関係
このページは 305 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告