真の紳士になる方法

この記事には:見栄えを良くする礼儀正しく振る舞う女性には礼儀正しく接する恋人に紳士的に振る舞う出典

真の紳士とは周りの人全員に敬意を持って接する男性を指します。デートに誘いたいと思う女性であってもスーパーの買い物袋を運ぶのに助けが必要な年配の人であっても、分け隔てなく接することができる男性です。また非の打ち所がないように身だしなみをきちんと整え、誰に対しても礼儀正しく接することができ、恋人になれるチャンスがあるかないかに関係なく全ての女性に親切に振る舞える人です。真の紳士であるためには自己認識力を高く持ち責任ある行動が取れ、常に礼儀正しく振る舞えなければなりません。「騎士道」精神は既に廃れてしまったかもしれませんが、人に対する尊敬の念と他者を大切にする気持ちを示し続けることで、世の中をより住みやすい場所に変えることができるでしょう。

パート 1
見栄えを良くする

  1. 1
    自分自身の衛生管理を心がける 紳士は人前に出る時には常に見栄え良く、衛生面も良好でなければなりません。運動で汗をかいたとしても人前に出たら汗を感じさせてはいけません。体のケアを怠らず、外出前には必ず清潔であることを確認し身なりにも気を配って魅力的に見えるように努力しましょう。
    • 定期的にお風呂に入りましょう。
    • 体臭防止剤やコロンは控え目につけしましょう。きつい匂いはコロンやボディスプレーであっても人に不快感を与え、失礼になることもあります。
    • 整髪剤を使うのは結構ですが整髪用ジェルの使用には気をつけましょう。粘着性が強く時間が経つと固まってしまい髪の毛が硬くなります。うっかりすると「ベトベト頭」の印象を与えることもあります。[1]
    • 清潔感や清々しい香りがしなければどんなに魅力的であっても、またどんなに素敵な服装をしていても効果がありません。匂いや見た目で周りの人に不快感を与えないように自分の衛星管理をしっかりと行うことが重要です
    • トイレの後は手をきれいに洗いましょう。紳士であれば、病気が蔓延しないように自分の健康はもちろん他者の健康にも気を配るものです。また化粧室での手洗いを怠れば周りの男性はすぐに気づきます。
  2. 2
    自分の魅力を引き立てる服を着る 自分の体にフィットした服を着ましょう。派手な服やセンスのないファッション(例えば、野球帽を少し横に傾けて被るなど)は極力避けましょう。シンプルな服装は自分を引き立たせ、自分の見た目を変えることができます。決して服装だけが一人歩きしないように気をつけましょう。出来るだけシンプルな着こなしを心がければ上品で紳士らしく見えるでしょう。
    • 落ち着いた色、例えば黒、グレー、ブルー、ブラウンなどを多く用いましょう。真の紳士であれば、派手過ぎる色遣いをしなければどんな色でも着こなせますが、男性が一般的に好む明るくない色を選びましょう。
    • 一般的な男性の服装を選びましょう。スーツ、オックスフォードのシャツ、カーキ色のズボンなどが好まれます。
    • 運動着は運動する時にのみ着用しましょう。紳士であれば、アルプス山脈を登山したり柔術の黒帯を目標に練習したり、またテニスをする時などにスーツを着用することはありません。テニスをしに出かけないならテニスウェアを着ることもありません。
    • 「派手」の定義は文化や状況によって異なります。白いリネンのスーツにピンクのシャツは常夏の島ではオシャレだと認識されているかもしれませんが、企業の役員会などではかなり派手なものと見なされます。
    • 自分にフィットしたズボンを着用することが非常に重要です。また、ズボンが落ちないようにシンプル且つ素敵なベルトで調整しましょう。自分の外見に十分に気を配っていることを示しましょう。
    • 次回スーツが必要になった時には適当に選ぶのではなく、必ず自分の寸法を測ってもらった上で選びましょう。真の紳士は徹底的に外見にこだわり、自分にぴったりの服を探すための努力を惜しみません。実際よりもワンサイズあるいはそれ以上大きな服ではなく、ぴったりと合ったスーツを着ることで、身だしなみにかなりの労力を使ったことを示すことができるでしょう。
    • 靴を常にきれいに磨いておきましょう。女性が男性と会った時に最初に目が行くのが靴だという人がいます。出かける間際にサッと(ただし効果的に)靴にブラシをかけるだけでも、そうしない場合に比べて雲泥の差です。更に、出かける前に靴にブラシをかけることの重要なポイントは、一歩外に出たら人々の目が自分の靴に向くことを理解していて、彼らに対して失礼のないように準備したことを示すことにあります。
    • また、催し物や会合に相応しい服装を選ぶことも重要です。出かける際にはドレスコードを必ず確認してその場に合った服装を心がけましょう。職場であればオフィス・カジュアルの装い、結婚式であればフォーマルな服装を選びましょう。また、カジュアルかフォーマルかで迷った時には、カジュアル過ぎるよりも多少堅苦しいかなと思うくらいの服装を選ぶ良いでしょう。
  3. 3
    身だしなみを整える 真の紳士であるためには髪の毛を定期的にとかし、顔を剃って清潔に保つか顎髭がある場合にはきちんと整えておくことが重要です。無精ひげは避けて、毎朝きちんと顔を剃りましょう。さもないとだらしなく見えてしまいます。常に櫛を持ち歩き、忙しく1日を過ごし髪の毛が風で乱れたりボリュームがなくなったりした場合には、化粧室などを利用して解かすようにしましょう。
    • 爪を清潔に保つだけでも違いを生みます。きれいな手に見せるためにも、爪と指の間を清潔に保ち、毎日あるいは1日おきに爪を整えましょう。
    • 鼻毛のケアも怠らずに身だしなみを整えましょう。
  4. 4
    しっかりと握手する 真の紳士は本当の握手の方法を心得ています。将来の上司、恋人の父親、あるいは妹の彼氏に会う時には必ず相手の目を見てしっかりと握手を交わし、真剣さを示す必要があります。自分の力を見せつけようと強く握りしめてはいけません。丁寧にしっかりと握って相手への配慮を示せば、好印象を与えることができます。そうすることで、初めて会った人にも意識を向け相手の存在をきちんと認めることができる紳士であることを示すことができます。
    • 寛いでいる部屋に見知らぬ人が入ってきて自己紹介を受けたら、まず立ち上がって相手に敬意を示し、その後でしっかりとした握手を交わしましょう。
  5. 5
    人前での失礼な行動を避ける 公の場所では慎むべき行為があります。例えば、おならやげっぷをする、必要以上に大きな声で話す、過度な要求を突き付ける、股間をつかむ、酔っぱらうなどです。紳士は自分自身を制御することができるものです。常に自分の行動や感情をコントロールしています。しかしコントロールが効かなくなってしまう場合もあるでしょう。そんな時には何もなかったかのように振る舞わずに、謝罪することが重要です。
    • 真の紳士は醜態を演じることなく、また自分を辱めることなく人前に出ることができなければなりません。覚えておきましょう。
    • 自己認識を高く持つことが紳士であることの重要なポイントです。自分は周りにどのように見られているか、自分の行動は失礼だと判断されていないかを常に考慮しましょう。

パート 2
礼儀正しく振る舞う

  1. 1
    周りの人々の手助けをする 周りの人をいつでも手助けできるように気配りを心がけましょう。後ろから来る人のためにドアを開けたまま数秒待って、入りやすくさせてあげましょう。スーパーで買い物を終えた人に買い物袋を車まで運ぶ手伝いを申し出ましょう。無理をする必要はありません。難しい手伝いを申し出れば怪我をする危険もあります。例えば、重たいものをおぼつかない手で持っている時に、後ろから人が来たからと、わざわざドアを抑える必要はありません。最優先するべきは他者に敬意の念を表すことで、無理をしてまで助けることではありません。真の紳士は、好きな女性だけに焦点を合わせ、他の人は全て無視するといった態度を取りません。紳士になるということは、その精神や振る舞いを完全に自分のものにし、いつでも責任ある行動が取れ誰に対しても分け隔てなく接することができなければなりません。デートに誘いたい女性だけを特別扱いするのは紳士的とは言えません。[2]
    • 助けが必要なのだけれど、助けを求めることに躊躇している人がいないかを常に意識しましょう。トレイにたくさんのコーヒーを運んでいる人を目にしたら率先してドアを開けてあげれば、きっと喜ばれるでしょう。
  2. 2
    礼儀正しく会話をする 「今日はどんな1日だった?」「手伝おうか?」「取ってあげましょうか?」などと人に親切に問いかけたり、「それ、私がしますよ」などと優しい言葉をかけられるように日頃から周りの人に意識を向けましょう。どんなに急いでいても、ゆっくりと注意を払って話すように心がけましょう。また、時間をかけて丁寧に礼儀正しく話すことも学びましょう。隣人であれ物理の授業を一緒に取っている可愛い女の子であれ、人と話す時には笑みを浮かべ友好的な態度を示し、自分のことをオープンに軽く話せるように努めましょう。要点だけをズバリと言い放って去ってしまうのは紳士的な態度ではありません。紳士は時間をかけて人を理解しようと努めます。
    • 会話が上手に運べるということは、責任ある行動が取れる立派な態度と気品を備えているという証拠で、この2つの特徴は紳士であるために不可欠なものです。
  3. 3
    決して罵らない 悪態をついたり野蛮な言動をとったりしてはいけません。罵ることを一気に止められない場合には、声のボリュームを下げるようにしましょう。罵りは紳士の取るべき態度ではありません。誤って人に悪態をついてしまったら、すぐに謝罪し今後そのような行動を取らないように努めましょう。スポーツ観戦や交通渋滞など、感情的になって大声を張り上げてしまいがちな状況にいる場合でも完璧な紳士として見てもらえるように、十分に自分を戒めましょう。
    • 悪態に加えて、わいせつなコメントや下品な物言いも避けましょう。男子ロッカーなどの密室で話す仲間同士の話題は、付き合いたいと思っている女の子にとっては必ずしも相応しいものではないかもしれません。
  4. 4
    自分のことばかり話さない 初対面の人に自分を知ってもらうためには多少自分のことを晒さなければなりませんが、全てを事細かに伝えるのは暫くしてからにしましょう。控え目な態度は会話上手の魅力的な紳士という印象を与えるだけでなく、多少謎めいた男性だという印象も残すことができ、多くの女性たちを虜にすることができるでしょう。音楽、スポーツ、政治などの各分野で何が起こっているか、流行っているものは何かなど基本的な情報に敏感でいましょう。博識な人だというイメージを与えるでしょう。常に最新のニュースを把握しておくことで取り上げる話題が重要であることに確信を持つようにしましょう。
    • 会話では話者ではなく聴き手になるように努めましょう。相手の興味や趣味、将来の計画などについて質問をすると良いでしょう。自分のことよりも相手のことに興味を持っていることを伝えましょう。
  5. 5
    物議をかもす話題や不快なトピックは避ける 相手をよく理解できるまでは政治の話を避けましょう。また政治の話が取り上げられたら中立の立場を取れるように勉強しておきましょう。あるいは少し肩をすくめるようなジェスチャーをするだけでも十分かもしれません。紳士は周囲の人々を不快な気持ちにさせません。周りに同意することに焦点を合わせ、自分が正しく他の人たちの意見は価値がないといったことを証明しようとはしません。その場にいる全員が心地よく感じられるような空気作りをするものです。女性を印象づけようとして他人よりも優れていることを見せつける必要はありません。逆に人と仲良くできるところを示す方が好印象を与えます。
    • 常に自分の周りの人たちを理解するように努力しましょう。町工場で働く人にとっては面白いと感じるものでも、山の手や資本家階級の人には受け入れ難いものかもしれません。人々のニーズや興味ごとに敏感になりましょう。
  6. 6
    敬意を持って全ての人に接する 紳士であるということは、女性に対して礼儀正しく丁寧に接すればそれだけで十分だということにはなりません。男性や高齢者、子供に対しても敬意の念を持って接しなければなりません。真の紳士は人によって態度を変えることはありません。周りの人全員に親切に接し敬意を払うものです。また、人と話す時にはパーソナルスペースを尊重して相手に近づきすぎないようにします。人のプライバシーも尊重することも忘れません。興味本位に相手の肩越しにジロジロと詮索したり、個人的な質問をしすぎたりしないように注意しましょう。重要なのは人を心地よくさせ相手に自信を持たせることです。不当に扱うことのないように十分な配慮を心がけましょう。
    • すれ違う人たちに挨拶をしたり軽く会話を切り出したりしましょう。ただし、人によっては放っておいてほしい場合もあることを覚えておきましょう。
    • 周囲の人に敬意を払い、公の場や自宅でも大声を出したり大騒ぎをしたりしないようにしましょう。地球上には自分しかいないといった周りを無視した考えの元に振る舞うことは礼儀正しい態度ではありません。
    • 夕食を一緒にとる人に敬意を表し、食物は口を閉じて噛みましょう。
  7. 7
    殴り合いの喧嘩を避ける 相手を殴ったり暴行を加えたりすることが正当化される状況があるかもしれませんが、それは自分または他者を防衛する時のみです。とはいっても、実際に殴り合いが不可欠になる状況は滅多にありません。
    • 「紳士」とは「教養のある人」という意味です。つまり、解決策として暴力を用いることはしません。
    • 危険を感じたらその場を離れるのが最善策でしょう。適切だと判断できれば警察を呼びましょう
    • 武術に自己防衛の技術が存在しますが、暴力は最後の手段であることを強調しています。

パート 3
女性には礼儀正しく接する

  1. 1
    女性に敬意を払う 女性を上から下までジロジロ見るのは肉の品定めをするのと同じで最悪の行為です。女性も自分の考えや希望、目標を持った尊重すべき人間です。決してジロジロ見たり、自分の目を楽しませてくれるだけの物として扱ったりするべきではありません。初対面の女性には名前を尋ね純粋な気持ちで知り合いになりましょう。頭の中で女性の服を脱がすことを想像しながらじっと見つめてはいけません。
    • 紳士は敬意を持って女性に接しなければならないことを心得ています。安っぽい口説き文句で話しかけることはしません。愉快だけれども上品な言葉遣いを好みます。
  2. 2
    礼儀正しく行動する 女性のために車やビルのドアを開けたり、椅子を引いたりしましょう。ただし、女性によって反応が異なる場合があります。どのような紳士的振る舞いが相手の女性に対して失礼に当たらないかを察するようにしましょう。例えば、寒がっている女性に自分の上着を貸してあげることは一般的に紳士的な振る舞いだとみなされますが、彼女が「大丈夫」だと言ったら、無理に上着を着せようとしてはいけません。
  3. 3
    男性が車道側を歩く これは昔ながらの紳士的振る舞いです。男性が車道側を歩くことで女性を車から「保護」する形になります。これを実行するかどうかの判断はあなた次第ですが、それが紳士的な行動であることは常に意識していましょう。一度試して女性がそれを優しい行為だと取るか、時代遅れだと取るかを判断しても良いでしょう。
  4. 4
    女性にとって興味のない話題を避ける 特定の話題に女性が興味を示さない場合には、別の話題に切り替えましょう。
  5. 5
    女性を見下さない 少しからかう程度なら問題ありませんが、心無い行動をとるべきではありません。優しくからかう行為とは、下品な言葉を浴びせることではありません。冗談の口調でも、いわゆる「紳士」から汚い言葉を浴びせられれば女性は傷つくものです。また、男性だからという理由だけで女性に物事を「教える」ことができると考え、自分の方が色々なことを深く知っているといった傲慢な態度に出てもいけません。
    • 自分に対してロマンチックな感情を抱いていないと見るや否や、それまでの優しい態度を一変して相手の女性を見下すような態度に出るとしたら、紳士気取りしているだけに過ぎません。真の紳士は世の中の全女性が自分に恋するわけではないことを理解し受け入れています。相手の女性が求めるものに捉われず、優しさを持って女性に接することができるものです。
    • 相手の女性を格下に見る恋愛トークに「ネグ」や「いじり」と呼ばれるテクニックがありますが、このような手段を使ってはいけません。「ネグ」や「いじり」は軽い侮辱や嫌味混じりの褒め言葉などを使って女性の興味を引くもので「ナンパ」カルチャーに由来します。女性に敬意を表すことを避けるために女性の自信を失わせることを目的とし、結果として自分は女性には興味がなく、必死に口説こうとしているわけでもないように見せかけるという考え方です。人を馬鹿にした態度で非常にひねくれた考え方です。知性、教養、品位ある大人の女性は決してこのような態度を受け入れません。このような態度で接すれば、紳士とは程遠い、悪党、ポン引き、詐欺師、あるいは「遊び人」とみなされるだけです。
  6. 6
    夕方自宅に帰る相手の女性に敬意を払う 可能であれば彼女を自宅まで、または彼女の車まで送ることを申し出ましょう。彼女が自分の車を大学の寮や自宅から遠い場所に停めておかなければならない場合には、必ず迎えに行ったり送って行ったりしましょう。ただし、送り迎えは限度を越さずに紳士的に行いましょう。彼女に1人では外出できないかのように感じさせてはいけません。
    • 言うまでもなく、彼女と一緒に自分の家で過ごした後彼女が帰る際には、ソファーに座ったまま「またね」と言い放つのではなく、少なくとも自宅の玄関まで見送りましょう。彼女が車で訪れた場合には、彼女の車まで見送りましょう。
  7. 7
    古いしきたりには注意する 礼儀正しく振る舞おうと思っていても、従うべき習慣とそうでないものを見分けるのは難しいかもしれません。20世紀初頭に適切だとされていた習慣が現在のあなたの状況では相応しいものではない可能性があります。現代では自立した女性の感性に敏感になり、彼女たちが不快だと感じる行動を避けるのが無難でしょう。以前は紳士的と見なされていたもので現在では時代遅れとなっている伝統を次にいくつか紹介しましょう。[3]
    • レストランで勘定書に先に手を伸ばすこと。
    • 女性のコートの脱ぎ着を手伝うこと。
    • 女性が部屋に入ってきたら立ち上がること。
    • 女性に自分の席を譲ること。

パート 4
恋人に紳士的に振る舞う

  1. 1
    無視無欲になる 恋人と一緒にいる時には彼女のことを考えて行動しましょう。彼女が物を運んでいる最中に一度床に下ろしたら、「あ、僕が運ぶよ」と声をかけましょう。どんな物を運んでいようとも親切心を忘れずに彼女に代わって運んであげましょう。自己中心的な態度は魅力的ではありません。彼女が好きなテレビ番組やスポーツイベントを見ていたら、チャンネルを変えてはいけません。そのままにしておきましょう。あなたの思いやりに彼女はすぐに気づきあなたが想像する以上に感謝するはずです。
    • そうは言っても、彼女を無気力にさせてはいけません。また彼女のために全てを実践する必要があると考えてもいけません。彼女がイラっとするようなら、彼女のために荷物を持ったり手助けするのを控えましょう。表面的にいつでも手助けすれば良いという態度ではなく、彼女が実際にサポートが必要な時に支えるようにしましょう。
  2. 2
    彼女にサプライズでプレゼントをする 休日だけでなく普段の日にもカードや花を彼女にプレゼントすると喜ばれるでしょう。高価なものや派手なものである必要はありません。行動そのものが大切です。バラの花やラブレターを枕元で見つけたり、自分が読みたいと思っていた本や心からのキスを貰えばどんな女の子でも何日も幸せな気分になります。どんなに小さくてもプレゼントを贈ることで、離れていても彼女のことを常に考え、彼女のためにできることはないかと努力したことを示すことができます。
    • お菓子や花は素敵なプレゼントになりますが、彼女のニーズや望みを考えてのギフトはさらに素晴らしいものです。彼女が見たいと思っていた芝居のチケットを2枚用意したり、あなたが1人で行かなければならなかった場所で彼女のために買うお土産に彼女の名前を刻んでもらったり、あるいは彼女を思い出させるポスターなどをプレゼントすれば、彼女のことを考えていることを示すことができます。女の子が一般的に描くロマンチックなプレゼントよりも喜ばれることでしょう。
  3. 3
    彼女にたくさんの愛情を注ぐ 彼女のことを真剣に好きなら愛情のこもったボディタッチで気持ちを伝えましょう。公の場で手を繋いだり腕を彼女の肩にかけたり、タイミングを見て頬を軽くつついたりしましょう。2人きりの時には彼女の首にキスしたり、背中や太ももを摩ったりしましょう。もちろん、最初に彼女がそれを望んでいることを確かめなければなりません。真の紳士であるためにはゆっくりとした動作を心がけましょう。キス以上のことをしたいなら試みる前に彼女の準備ができるまで待ちましょう。
    • 真の紳士は、公の場所で彼女と一緒にいることにプライドを感じ、彼女への愛情表現をたくさん行います。たとえ友達が周りにいてもその態度は変わりません。仲間が現れた途端にそれまで繋いでいた彼女の手を離してはいけません。そうは言っても、人前で彼女といちゃつくのは紳士としてあるまじき行為です。
  4. 4
    彼女のために立ち向かう 彼女を流し目に見る人全員にパンチを食らわせることは避けるべきですが、誰かが彼女を睨めつけたり言い寄ってきたり、あるいは邪魔をしようとしたら彼女をかばいましょう。彼女の肩に腕を回して一緒に立ち去りましょう。または彼女の元に駆け寄るか、彼女のために声を上げましょう。彼女に優しく触れて安心感を与え、攻撃が彼女だけに及んだのではなく、もう1人の人間にも仕向けられたことを相手に認識させましょう。他の男性があなたの彼女に言い寄ったり下品な言葉をかけたりしてきたのに、何もせずにいるのは紳士的な振る舞いではありません。
    • その男性に向かって「命がないぞ」とばかりに脅したり罵ったりしてはいけません。正攻方をとりましょう。あくまでも紳士的に相手の男性が諦めて去らなければならないように仕向けましょう。
  5. 5
    自分の友達に彼女の悪口を言わない 真の紳士になりたいのなら、友達との会話で付き合っている女性について否定的なことを言ってはいけません。自分の彼女について不平不満を言ったり、彼女にぞっこんではない振りをしたりすることがクールなことだと思うかもしれませんが、実際には洗練されたやり方ではなく、彼女に対しても非常に失礼です。そして間違いなくあなたの発言は必ず彼女の耳に届き、惨めな思いをすることでしょう。友達に彼女の話をするのであれば、彼女を褒めることに終始するか、彼女との関係でアドバイスが欲しい時だけにしましょう。
    • 紳士になるための鍵は、分け隔てなくすべての人々に敬意を表すことです。笑いを得るだけだとしても、彼女との内輪の恥を公表することほど失礼なことはありません。
  6. 6
    彼女のあらゆる面を友達に伝えない 紳士になることを目指しているなら、もう1つ避けるべきことがあります。交際中の女性との性的関係について友達に話すのは避けましょう。「やっと彼女とセックスすることができた」などと話すのは紳士的な振る舞いではありません。ましてや彼女がベッドではどんな感じだったか、彼女のキスはどうだったかなどと話すのは論外です。この種のことは2人だけの間に留めるべきものであって、他人に伝えるべきことではありません。2人の親密な場所で起こった出来事を他人に話すことは相手の女性にとって最悪の行為です。
    • 彼女と真剣な交際をしているなら、あるいは何回かデートしただけだとしても、2人の親密な時間、場所での出来事は2人の間だけに留めておくべきです。あなたが友達に話したことを彼女が知れば、彼女は酷く憤慨することでしょう。そしてあなたは秘密を暴露する人間だとみなされることでしょう。
  7. 7
    彼女の気が進まなければ無理強いしない 真の紳士は女性の色々な面での限界を認識し尊重するものです。長く付き合っている、あるいは交際し始めたばかりの彼女が性行為の準備ができていないなら、あるいは結婚や2人の関係を保証する固い約束の前に性行為をするつもりがないなら、彼女の決意を尊重し無理強いを避けましょう。セックスやそれに近い親密な行為はあなたにとっては大きな問題ではないかもしれませんが、女性にとっては大問題です。自分の体を相手にさらけ出すことに対して自分なりのルールを設けている女性がほとんどです。彼女がそれ以上はしたくないと思っているなら無理強いしてはいけません。彼女が自分の意思を通すことを軽視してはいけません。また、彼女が気分を害するようなこともしてはいけません。
    • 真の紳士は女性に判断を委ねるものです。どこまで開放的になりたいかの判断を女性に任せ、その決断を尊重しましょう。自分がしたいことに同意しないからといって、彼女に罪悪感を持たせたり反省させたりしてはいけません。紳士ならじっくりと時間をかけて彼女の話を聴き、自分にとって価値ある女性だと思うなら、彼女の同意を忍耐強く待つことができるものです。

ポイント

  • 自分の衛生管理を怠らず身だしなみを整えることが重要ですが、紳士は見栄えにばかり気を取られるべきではありません。
  • 大勢の前で自己中心的な行動をとってはいけません。誰に対しても親切な振る舞いを心がけましょう。
  • 人には尊敬の念を払い自分が接してもらいたいように接しましょう。
  • 常に笑顔で話し相手とはきちんとアイコンタクトをとりましょう。2人の間に絆が生まれます。
  • 迎えに行ったデートの相手にクラクションで合図を送ってはいけません。彼女の家の玄関まで足を運びノックをするかブザーを鳴らしましょう。
  • 会話中、話し手に100パーセント意識を向けましょう。話し手が付け加えたいことがある場合には、常に良い聴き手になりましょう。
  • 侮辱されても仕返しをしないように最善を尽くしましょう。仕返しをすれば相手を挑発し口論になる危険を高めます。恐れずにその場から去りましょう。
  • 紳士らしく振る舞おうとしてオシャレをする必要はありません。オシャレが妨げになることはありませんが、日々仕事に勤しむ紳士の姿はとても魅力的です。
  • 握手はしっかりと交わしましょう。ただし力を込めすぎてはいけません。相手への威嚇行動だと取られる危険があります。弱々しい握手ではなく、かといって強すぎない、好印象を与えるしっかりとした握手をしましょう。
  • 「あなたは正しいかもしれません」と返すことで、簡単に白熱した議論を和らげることができます。
  • 建物の中では帽子は脱ぎましょう。
  • 周囲や自分の行動に意識を向けましょう。他者がどのように自分を見るかによって、自分がどう受け入れてもらえるかが決まります。

注意事項

  • 同意しないけれども譲歩することに決めた場合には、その問題はその場で忘れ再び持ち出すことのないようにしましょう。
  • 人の手助けをするのは良いことですが、横柄な態度をとってはいけません。
  • 紳士は威厳と誠実さを持っているものですが、同時に謙虚さと思慮深さも携えています。しかし紳士の特徴を理解し実践しているという理由で自分が他者よりも優れた人間だということにはなりません。そのような考えはすぐにやめましょう。また紳士を気取って周囲に見せつけるのも避けましょう。
  • 紳士は喧嘩に負ければそれを認識します。自分の権利のために立ち向かうことと、馬鹿げた真似をすることの違いを心得ています。
  • ドラッグを使用したり過度にアルコールを飲んだりしてはいけません。ドラッグやアルコールは判断能力を低下させます。また真の紳士は自分を常に制御することができます。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む109人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 社交

他言語版:

English: Be a Gentleman, Italiano: Essere un Vero Gentiluomo, Español: ser un caballero, Português: Ser um Cavalheiro, Deutsch: Sich wie ein Gentleman verhalten, Français: se comporter en gentleman, Русский: быть джентльменом, 中文: 做一位绅士, Bahasa Indonesia: Menjadi Seorang Pria, Nederlands: Een gentleman zijn, Čeština: Jak být gentleman, العربية: أن تكون رجلًا نبيلًا, हिन्दी: शिष्ट व्यक्ति बनें, ไทย: เป็นสุภาพบุรุษ, Tiếng Việt: Trở thành một Quý Ông

このページは 37 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?