PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

笑いをこらえようとしている時や、自分の感情を表に出したくない時に真顔を保つのは難しいものです。そんな時には顔に笑みが広がるのをこらえて表情を抑える努力をしましょう。また、笑いをこらえたり感情を誰にも知られたくない時に、気を紛らわせるという方法もあります。他には、相手の話に真剣に耳を傾けると会話の内容を真摯に受け止められるようになるため、真顔を保ちやすくなるでしょう。

方法 1
方法 1 の 3:
表情を抑える

  1. 1
    深呼吸をする 息を吸い込んでいる時に笑うのは不可能です。真顔でいられる自信がない場合は、深呼吸をしてゆっくりと息を吐き出します。笑いがおさまるまで、この動作を必要なだけ繰り返し行いましょう。[1]
    • 口を開けたまま大きな深呼吸をすると、笑いをこらえようとしているのがあからさまになってしまう可能性があるため、注意しましょう。代わりに鼻から深く息を吸うと、静かな呼吸になります。
    • 上手く深呼吸をするには、2〜3秒息を吸って3〜4秒息を吐きます。
  2. 2
    口をきつく結ぶ 口をきつく結ぶと、顔に笑みが広がるのを防ぐことができます。歯を食いしばって口をギュッと結びましょう。この状態のまま大声で笑うのは困難です。[2]
    • 口をきつく結ぶのがあからさまになるのが心配であれば、歯をきつく食いしばりましょう。両方を同時に行うと真顔を保てなくなるかもしれませんが、歯を食いしばる動作だけであれば、それほどあからさまには見えないでしょう。
  3. 3
    頬の内側を噛む 口をきつく結ぶのがうまくいかない場合は、頬の内側を噛んでみます。頬の肉が吸い込まれた状態では、真顔を保ちやすくなります。他の方法では効果がない時でも、この方法を試せば痛みにより感情が出るのを抑えられるでしょう。
    • 頬の内側を噛んでいる動作があからさまになるのが心配であれば、手で口をぬぐうふりをしてみます。そうしている間に頬の内側を噛みましょう。
  4. 4
    口元を隠す 笑いをこらえられないことがどうしても不安であれば、手で口元を隠します。その際、あからさまになりすぎないように気をつけましょう。指で口の端を隠すか、唇を指でつまみます。
  5. 5
    咳やくしゃみをするふりをする どうしても真顔でいられない場合は、咳やくしゃみをするふりをします。こうすると、口元と歪んだ表情を手で隠せるため、真顔でいられない時でも少々時間を稼げるでしょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
気を紛らわす

  1. 1
    別の場所を見る 思わず笑ってしまうものが目に入り、真顔を保てそうにない場合は目をそらします。笑いが漏れる対象物のすぐ上や脇にあるものに焦点を合わせます。こうすれば注意深く話に耳を傾けているように見えると同時に、無礼にも思われないでしょう。[3]
    • 授業中や社内会議など、目をそらすのが失礼にあたる状況では、自分のノートや手帳を見るふりをすることもできます。この動作は状況に適していると同時に、表情も隠しやすいでしょう。
  2. 2
    足元を見る 誰かとの会話中、またはゲームをしている時など、どうしても目をそらせない場合は、足元を見るようにしましょう。足元を見る動作は誰でもごく普通に行うため、その間に時間を稼いで顔の表情を元に戻せるかもしれません。
  3. 3
    他のことを考える 笑ってしまいそうで心配な場合は、何か悲しいことを思い浮かべましょう。大抵の場合はこうすればいつでも表情が穏やかになります。思い浮かべている内容に不安を感じている場合は笑いをこらえることができ、表情も読み取られにくくなるでしょう。[4]
    • 例えば、最近見た悲しい内容のコマーシャルを思い浮かべましょう。
    • 悲しい内容を思い浮かべた時の感情が出てしまうのが不安な場合は、他のことを考えてみます。大きい数字を逆に数える、数式などの複雑な内容を思い出したりしましょう。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
相手の話に耳を傾ける

  1. 1
    質問をする 人と話している際に真顔を保ちたければ、会話に集中する努力をしましょう。相手に質問をするのも1つの方法です。この方法は、思わず笑ってしまう事柄から話題をそらしたい時に利用できる方法です。[5]
    • 例えば、相手が仕事に関する話をしばらくしていたのに、思わず笑ってしまう話題に変わってしまった時には、仕事の話に戻せるような内容の質問をしてみましょう。
    • 「どのような勉強をすれば、その仕事に就けるのか教えてください」または「その分野の仕事は、どうやって始めたんですか?」などと聞いてみましょう。
  2. 2
    話す内容を練習する 面白い冗談を言う時や、ゲームをしている最中に真顔を保つのが困難な場合は、事前に練習しておきましょう。実際に冗談を言う際に真顔でいられるように、冗談の内容を繰り返し練習します。または、ゲームの最中に話せる内容の予行練習をして、実際のゲーム中に気を紛らわせて上手くポーカーフェースを保ちましょう。
    • ゲーム中に気を紛らわせたい場合は、まったく関連性のない話をしてみましょう。
    • 例えばトランプのポーカーをして遊んでいる時には、以前にしたポーカーの話をしないようにします。代わりに職場に関する内容や、買い物中に遭遇した出来事などについて話しましょう。
  3. 3
    今までに経験した似たような状況を思い浮かべる 自分の経験を踏まえて相手の話に同調すれば、相手は自分が正しいことを確認できるでしょう。自分の過去を思い浮かべると現状から意識をそらせるため、表情を抑えやすくなります。
    • 例えば、恥をかいた体験談を話している人が少し傷ついているように見える場合は、あなた自身の恥ずかしい話を共有しましょう。こうすれば笑いたくなる気持ちが消えるだけでなく、相手も自身の恥ずかしい体験に関して気が楽になるでしょう。
    広告

関連記事

ずる休みをするずる休みをする
夢精を止める夢精を止める
アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
親に怒鳴られた時に冷静でいる親に怒鳴られた時に冷静でいる
勃起を隠す勃起を隠す
誰かを好きになるのをやめる誰かを好きになるのをやめる
彼女を自分とセックスさせたくする彼女を自分とセックスさせたくする
未来の自分に手紙を書く未来の自分に手紙を書く
彼があなたのことを好きかどうか知る彼があなたのことを好きかどうか知る
見つからないようにこっそり家を抜け出す見つからないようにこっそり家を抜け出す
学校を楽しむ学校を楽しむ
女の子らしい女の子になる女の子らしい女の子になる
10代でも大人っぽく見せる10代でも大人っぽく見せる
ありのままの自分に満足するありのままの自分に満足する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,453回アクセスされました。
カテゴリ: ティーン
このページは 1,453 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告