着信拒否されたが、それでも電話をかけたいときは、電話をかける前になぜ着信拒否されたのか考えてみましょう。誰かに迷惑をかけたり、嫌がらせをしたりすることがないようにしましょう。この記事では、正当な理由で電話をかけるときに着信拒否を回避する方法をいくつか紹介します。

方法 1
方法 1 の 3:
自分の電話機から電話をかける

  1. 1
    発信者番号を偽装する 発信者番号を偽装することで、受信側の電話機では誰がかけてきたのかわからなくなります。こちらの電話番号は表示されず、発信者番号は「非通知」と表示されます。
    • iOS(iPhone)で発信者番号を偽装するには、「設定」アプリを開きます。次に、「設定」の「電話」を開き、「発信者番号通知」を選択します。選択したら、スイッチを「オフ」にしましょう。[1]
    • Androidの場合は、「設定」→「通話設定」→「その他の設定」→「発信者番号」の順に選択します。選択したら、「番号を非通知」を選択しましょう。電話をかけると、発信者番号非通知のまま着信拒否を回避できます。
  2. 2
    「*184」をダイヤルする この番号をダイヤルすることで、こちらの電話番号は非通知になり、電話をかけると「非通知」または「非通知設定」と表示されるようになります。この番号は、ダイヤルする電話番号の前に入力しましょう(「*184-XXX-XXXX-XXXX」)。この方法は、携帯電話機や家庭用電話機では通用するかもしれませんが、ビジネスフォンでは必ずしも通用するとは限りません。[2]
  3. 3
    ランダムに電話番号を生成できるアプリをダウンロードする スマートフォンを持っている場合は、ランダムに電話番号を生成できる無料アプリを1つダウンロードしましょう。この電話番号は、そのアプリ内でSMSを送信したり電話をかけたりする際に使用できます。また、そのアプリを使用していない人に電話をかける際にも使用できる場合があります。これは一般的に、着信拒否された相手に電話をかける確実な方法です。[3]
    • この方法の利点の1つは、市外局番もランダムに生成できることです。したがって、どこから電話をかけているのか疑われることはないでしょう。
  4. 4
    固定電話機に電話をかける 家庭用の固定電話機は、電話番号を非通知にできないものが多くなっています。相手の家庭用電話機の電話番号を知っている場合は、電話をかけてみましょう。
  5. 5
    電話番号を変更する 電話番号の変更については、契約している電話会社に問い合わせましょう。ただし、わずかながら手数料がかかるかもしれません。また、すぐに電話機を買い替える予定がない限り、これはそれほど簡単に選択できることではないかもしれません。なお、相手に理由を与えてしまうと、相手はいつでもこちらの新しい電話番号を着信拒否できるので注意しましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
別の電話機から電話をかける

  1. 1
    共有の電話機を使用する おそらく最も簡単な解決策は、着信拒否されていない電話番号で電話をかけることです。そうすれば、電話の相手が自分だと思われることはありません。たとえ電話を切られたとしても、少なくとも着信拒否は回避できるはずです。ただし、この方法は、相手が知らない電話番号からの電話に出なくなるまで、おそらく一度か二度しか通用しないので注意しましょう。
    • 公衆電話機が設置されている地域なら、硬貨数枚で足の付きにくい電話をかける方法があります。
    • また、ホテルの部屋にチェックインし、ホテルの電話機から電話をかける方法もあります。
    • 他にも、学校や職場の電話機を使用したり、お店やレストランで固定電話機を貸してもらったりする方法があります。
  2. 2
    友人の電話機を貸してもらう 友人に状況を説明し、その友人の電話機で相手に電話をかけてもよいか聞いてみましょう。友人の財産であることに配慮し、その電話機で嫌がらせや脅迫をしないようにしましょう。あまりに度が過ぎると、友人の電話機を使用したことでその友人を共犯にしてしまうかもしれません。
    • 共有の電話機の場合と同様に、同じ友人の電話機で着信拒否された相手に電話をかけ続けると、おそらく着信拒否された相手がその電話番号からの電話に出なくなってしまいます。また、友人の電話番号も着信拒否されてしまうかもしれません。
  3. 3
    代理人を通して話をすることを検討する 相手がこちらの声を聞くとすぐに電話を切ってしまうようなら、友人や親戚に台本を書いて、代わりに話してもらいましょう。代理人は共通の友人、つまり着信拒否された相手が信頼している人であると助かります。これは、着信拒否された相手を直接おびえさせることなく、伝えるべきことを伝えるのに適した方法かもしれません。このことは、台本の冒頭ではっきりと伝えてあげましょう。
    • 例:「やあ、○○。××だ。△△の代わりに話してる。短いメッセージを伝えておきたいんだ。それで、今日はこれで失礼するよ。彼はこう言ってる。[メッセージはこちら]。邪魔して悪かった。」
    • また、ボイスチェンジャーで声を変える方法もあります。ただし、着信拒否された相手の電話機には履歴が残っている可能性が高く、すぐに特定されてしまいます。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
意識を持つ

  1. 1
    電話をかける前によく考える 着信拒否されたことには、おそらく理由があります。相手に何らかの形で嫌がらせをしていないか確かめましょう。さもないと、問題を悪化させてしまうかもしれません。着信拒否された「理由」をよく考えてみましょう。この電話が実際に何か具体的な解決につながるのか、それとも自分の存在をアピールするための手段に過ぎないのか、自問自答してみましょう。
    • 相手の気持ちを考えましょう。本当に相手を不快にさせているのであれば、距離を置くべきです。物事はそのうちに解決するものです。ただし、状況を先送りしすぎると、その可能性がなくなってしまうかもしれません。
  2. 2
    どのような結果になるかを知っておく 電話をかけられたくない相手に電話をかけ続けると、相手がこちらに対して法的措置を取る根拠となってしまう可能性があります。それが頻繁に起こるようであれば、迷惑行為と見なされてしまうかもしれません。相手は接近禁止命令を取り、こちらから連絡を取るのを違法にしてしまう可能性があります。この1本の電話にそれだけの価値があるかどうか考えてみましょう。[4]
    • アメリカでは、2009年に制定された発信者番号通知法により、発信者番号の偽装を利用して危害を加えたり詐欺行為をしたりすることは犯罪となりました。電話番号を非通知にしたり偽装したりするサービスを利用する場合は、この力の使い方に十分注意しましょう。[5]
  3. 3
    別の方法を探す なぜその人に連絡を取る必要があるのか、そしてもっと邪魔にならない方法で間に合わせられないか考えてみましょう。わざわざ電話をかけて言いたいことを言ってしまいたくなるでしょうが、その相手がこちらと電話で話をすることを邪魔に感じるようであれば、これは最も建設的な作戦とは限らないかもしれません。
    • 単に自分の気持ちを伝え、区切りをつけたいだけなら、その相手に手紙やメールを書いてみましょう。手紙やメールを読んで返事をする時間があれば、相手も脅威を感じなくなるかもしれません。
    • 緊急で相手に連絡を取ったり相手を探したりしなければならない正当な理由がある場合は、共通の友人に連絡を取るか、警察に連絡しましょう。中立的な立場の人を探し、相手に連絡を取る手助けをしてもらいましょう。
    広告

関連記事

着信拒否されているか確かめる着信拒否されているか確かめる
スマートフォンで音声を録音するスマートフォンで音声を録音する
「SIMカードが挿入されていません」と表示されたときに対処する「SIMカードが挿入されていません」と表示されたときの簡単な対処法12選
携帯電話の歩数計をごまかす携帯電話の歩数計をごまかす
Instagramアカウントのロックを解除するInstagramアカウントのロックを解除する
スマートフォンに「緊急通報のみ」と表示される原因を解決するスマートフォンに「緊急通報のみ」と表示される原因と解決方法9選+α
Spotifyの再生時間を確認するSpotifyの再生時間を確認する
スマートフォンのスピーカーを掃除するスマートフォンのスピーカーを掃除する
iPhoneにGIF画像を保存するiPhoneにGIF画像を保存する
携帯電話を見つける携帯電話を見つける
隠しカメラを見つける隠しカメラを見つける - wikiHow専門家からのアドバイス
iPhone・Android間で位置情報を共有する「友達を探す」はiPhone・Android間でも使える?Androidユーザーと位置情報を共有するには
ポップソケッツを取り外すポップソケッツを取り外す
スマートフォンをGPS追跡するスマートフォンをGPS追跡する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む16人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 携帯電話・小物
このページは 63 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告